2DKで一人暮らし!インテリアを配置する際のコツとは?

一人暮らしをを考えた時、2DKであれば1Kや1DKなどと比べてゆとりある生活を送れそうですよね。

インテリアの配置を工夫することで、より広く快適に過ごすことができます。

この記事では、一人暮らしをする際に知っておきたいインテリアの配置方法や、おすすめのインテリアなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

木造アパートは騒音トラブルになりやすい!?対策を施そう!

アパートにも戸建と同様に、木造や鉄骨造などといった、さまざまな構造があります。その中でも木造...

長押と鴨居の違いって?賃貸ではどう活用するべき?

長押(なげし)と鴨居(かもい)、言葉自体を聞いたことはあっても、その違いを具体的にご存知でしょう...

1LDKを自分好みにコーディネート!快適な一人暮らしをしよう

1LDKで一人暮らしをする場合、せっかくなら、センス良くコーディネートされた部屋で快適に過ごした...

2DKで二人暮らし!各部屋の活用法を考えてから家具を配置!

アパートへの引っ越しを検討しているカップルや夫婦は、どのような間取りにするかもうお決まりですか。...

窓を素敵に飾りたい!簡単に手作りできる飾りをご紹介!

季節のイベントや誕生日パーティーのときなど、部屋を飾り付けすることがありますよね。近年では、市...

窓の遮光シートははがせるタイプで!貼り方とオススメ5選!

夏場、「クーラーをかけているのに、なかなか部屋が涼しくならない…」ということはありませんか?...

1LDKで子供との生活!レイアウトや暮らし方のコツを知る

「1LDKで子供と暮らすのは狭いのでは?」と感じる方もいるかもしれません。また、子供の年齢が...

狭い1DKの賢いレイアウト!キッチンスペースを無駄にしない

1DKはコンパクトで使い勝手がよく家賃が安いことも多いので、一人暮らしの方には持ってこいの間取りです...

1DKのレイアウトはどうする?暮らしに合わせた家具配置を

1Kには無いダイニングが備わっている1DKは、一人暮らしはもちろん、カップルの住まいとしても選ば...

窓に日陰を作る日よけシェード!特長や取り付け方をご紹介

夏場、自宅の窓に「日よけ」を行っている人もいるでしょう。窓は熱を通しやすい性質があり、室内温...

冬の窓に使う断熱ボードで冷気対策!簡単に効果を実感?!

冬になると、部屋は暖房で温めているのに、窓から「ヒヤー」っとした冷気を感じることはありませんか。...

1LDKの壁付けキッチンは収納が狭い!おすすめ収納術をご紹介

1LDKは1人暮らしやカップルの同棲にも人気の間取りで、多くの人が1LDKの賃貸物件に住んでいま...

窓の冷気は隙間テープでシャットアウト!効果的な貼り方は?

冬は、窓からの隙間風が辛い季節です。いくら部屋を暖めても、窓の隙間から入ってくる冷気で、部屋...

窓も重要!リビングダイニングをおしゃれにコーディネート!

マイホームを建てる際、部屋の内装をどのようにしようか、考えるだけでもわくわくしますよね。...

窓ロックで子供の転落事故を防ぐ!補助錠を付ける重要性とは

小さな子供が窓から誤って転落するという痛ましいニュースを耳にします。それらは窓に十分な対策を...

スポンサーリンク

2DKとは?

2DKで一人暮らしをする際のインテリアの配置方法についてご紹介するにあたり、まずは2DKについてお伝えしましょう。

2DKは6帖以上10帖未満のDK(ダイニング・キッチン)に2つの居室が付いた間取りのことです。

平均的な専有面積は、約45平方メートルといわれています。

2DKの間取りは、1980年代に多く取り入れられていたため、築年数が古い物件が多いといえるでしょう。

その分相場よりも家賃設定が低い傾向にあり、好条件な「掘り出し物件」が比較的多いようです。

また、築年数が古いものが多いことから、2部屋のうちの1部屋が和室であることも多いです。

昨今の古民家ブームなどからも分かるように、和室を「和モダンテイスト」などおしゃれにレイアウトする方も増えているので参考にしてください。

和室を寝室に割り当て、ロータイプのベッドやクッション、スタンドライトなどを配置して、自分好みの和モダンテイストな空間を作り出すことができます。

一人暮らしで1LDKではなく2DKの方が向いている人は?

「ゆとりのある場所で一人暮らしをしたい」と考えた時、2DKの他に思い浮かぶのが1LDKではないでしょうか。

1LDKとは、8帖以上のLDK(リビング・ダイニング・キッチン)に1つの居室がついた間取りのことです。

2DKは築年数の古い物件が多いため、1LDKに比べて家賃設定が低いことが多いです。

1LDKは、築浅の物件が多いため、2DKに比べて一般的に家賃設定が高めであるといえるでしょう。

一人暮らしで、1LDKではなく2DKを選んだ方が良い人とはどのような人でしょうか。

まずは、ゆとりあるスペースを確保しつつ、家賃を抑えたい方におすすめです。

あとは、生活に合わせて細かくスペースを分けたいといった方にも向いているといえるでしょう。

DKと2つの居室があるので、食事スペース・生活スペース・就寝スペースなど、目的ごとに部屋を分けることができます。

次の項では、部屋を広く見せるためのインテリア選びのコツや配置方法などをご紹介します。

リビングスペースを広く見せたい!インテリアの配置方法やおすすめ素材!

2DKの場合、DKで食事をとり、2つある居室のうち1つをリビングススペースとして使い、もう1つを寝室とするのが一般的でしょう。

リビングスペースとなる居室は、LDKなどに比べるとどうしても狭く感じてしまうようです。

配置するインテリア選びを工夫することで、広い空間を作り出すことができます。

ゆっくりとくつろぐために、リビングスペースにソファを配置したい方は多いですよね。

空間を広く見せるには、ソファを「ロータイプ」にすることをおすすめします。

背もたれの高さを75センチ以下にすることで、圧迫感を抑えることができます。

奥行きも少ないものにすることで、実際に部屋を広く使うことができます。

一人暮らしにぴったりの、場所をとらない「1人掛けソファ」も沢山販売されているのでそれを使ってもいいですね。

ソファは壁に沿わせて配置し、その前にテレビを置きます。

テレビは、壁掛けタイプのものを使用することでも部屋を広く使うことができるのでおすすめです。

「突っ張り棒」を使用すれば、賃貸でも壁に穴を開ける心配がないので安心です。

ソファとテレビの間に置くセンターテーブルも、背の低いローテーブルにしましょう。

ローテーブルのおすすめの素材は、ガラスなどの透明感のあるものです。

ガラス素材は、空間に「視線の抜け」を作り出し、広く見せる効果もあるので参考にしてください。

空間にこのような「視線の抜け」を感じさせるインテリアは他にもあります。

例えば、昨今人気のある「アイアン」など、脚の細い家具は視線の抜けがよくなるのでぜひ覚えておきましょう。

DKに配置するダイニングテーブルやチェアにもガラス素材やアイアン素材はおすすめです。

2DKの居室!インテリアの配色にもこだわってリビングスペースを広く見せよう!

2DKの居室の1つであるリビングスペースを少しでも広く見せるには、お伝えしたようにインテリア選びに工夫が必要です。

選ぶインテリアの色にもこだわることで、空間をを広く見せる効果があるのでご紹介します。

部屋の中で大きな面積を占める部分は、白・ベージュ・ライトグレーなど淡い色でまとめましょう。

カーテンやラグなどを、このような白系でまとめることで、部屋が広く見えます。

元々の床が濃いといった場合もあるでしょう。

そのようなときは、床全体を白系のラグで覆ってしまうことをおすすめします。

壁紙や天井は元々白系の場合が多いでしょう。

床・壁・天井とも白系のような明るい色で統一して広さを演出しましょう。

これに合わせてソファやローテーブルをベージュなどにすることで、より部屋が広く見えます。

アクセントカラーとして、赤などはっきりした色のクッションを配置すれば、おしゃれな部屋にまとまります。

寝室を広く見せたい場合も、このような配色を参考にしててください。

2DKで一人暮らし!仕事部屋を確保したい!

2DKで一人暮らしをするメリットの1つに、「部屋の使い方の自由度が高い」といった点が挙げられます。

前述したように、DKで食事をとり、2つある居室のうち1つをリビングススペースとして使い、もう1つを寝室とするのが一般的です。

しかし、ご自身の生活スタイルに合わせて別の使い方もできます。

快適に過ごせる空間を作り上げるために、インテリアの配置を工夫していきましょう。

自宅に仕事部屋を作りたいといった方も多いようです。

2DKのDKが広めで8帖以上ある場合は、DKにリビングスペースを作ることで、居室が2つ余ります。

2つの居室のうち1つを寝室とし、もう1つを仕事部屋として使うことができます。

では、DKにリビングスペースを設ける場合のインテリアの配置について、次の項でご紹介していきます。

DKに配置するインテリア!ダイニングセットは配置する?

2DKのDKにリビングスペースを作る際、「ダイニングテーブルとチェアをどうするか」という点で悩む人もいるでしょう。

いくら広めのDKであっても、ダイニングセットとソファの両方を配置すると、ゆとりがなく狭く感じてしまうかもしれません。

そこで、ダイニングセットの代わりにおすすめのものをご紹介しましょう。

●カウンターテーブル

奥行が少なく大変スリムな形状です。

壁に沿わせて配置することですっきり見えて、あまり場所も取りません。

脚の長いチェアと合わせて、おしゃれにレイアウトしましょう。

●ダイニングテーブルとソファ

ダイニングテーブルにソファがセットになっているものも昨今人気があります。

食事もでき、ソファとしてもくつろげることができるのでスペースが少ない場所にも最適です。

●折りたたみテーブルにチェア

昨今アウトドア用品で、折りたたんで収納できるおしゃれなテーブルやチェアが沢山販売されています。

使い終わったら、折りたたんで部屋の端に置いておけるので、スペースを広く使うことができそうです。

このように、食事スペースを工夫することで、リビングスペースを広く取ることができます。

ソファを配置する場合は、背が低く奥行の少ないものを選びましょう。

一人暮らしにぴったりで、場所をとらない「1人掛けソファ」もおすすめです。

このようなソファを壁に沿わせて配置してください。

ソファの前にはテレビを置きますが、前述したようなテレビを壁に掛けることでもスペースを広く使うことができますね。

インテリアの素材や色など意識することでも広く見せることができるのでぜひ参考にしてください。

インテリア選びとレイアウトを工夫してより快適な空間を手に入れよう!

2DKで一人暮らしであれば、とてもゆとりのある暮らしが送れることでしょう。

居室が狭い場合、配置するインテリアの素材や色、ソファの背の高さなどを気を付けることでゆとりあるスペースを演出できそうです。

また、2DKで一人暮らしであれば、レイアウト次第で自由に部屋を使い分けることができるのも大変魅力的です。

上手にインテリアを配置して、ご自身が快適に過ごせる空間を作り上げてくださいね。