1LDKで二人暮らしに向いている人と必要なインテリアとは?

1LDKの部屋で二人暮らしをしようと考えている人は多いのではないでしょうか。

どのような人が1LDKの部屋で二人暮らしをするのに向いているか気になりますよね。

また、メリット・デメリットはあるのでしょうか。

二人暮らしをする時に必要なインテリアについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2K、2DK、2LDK?同棲するのにぴったりな間取りは一体どれ?

これから同棲をスタートさせるときに、決めなければならないのがお部屋の間取りですよね。お部屋の...

1DKと1LDKの違いって何?どんな人におすすめの間取りなの?

アパートやマンションを借りる際、物件情報を見ていると、「1DK」や「1LDK」などと書かれていま...

駐車場をコンクリート舗装する際は厚さや施工方法に注意!

新築する際、外構のことを同時に考える必要があります。外構には多くの場合、駐車場が含まれていま...

アートなポスターで大変身!おしゃれにインテリアを彩ろう

部屋の模様替えをしたいけれど、雰囲気を変えるために家具をすべて取り替えるのは難しいですよね。...

木造住宅の柱を見直そう!構造上の間隔を上手に活かす方法

木造住宅に限らず、家にとって柱は重要な骨組みです。一定の間隔で柱を建てることで、安定した建物...

内装がポイント!?新築した家をおしゃれに見せるためには?

念願のマイホームを建築することになれば、こだわる部分はとことんこだわっていきたいですよね。...

2LDKのインテリアはどうする?家具の選び方や賃貸でのDIY術

2LDKは、一人暮らし・カップル・家族とどのような構成でも住むことのできる間取りです。比...

新築の駐車場を砂利にしたい!メリット・デメリットは?

新築の外構工事では、車を出し入れする駐車場の仕上げとして、どんな建材を使うか悩む方も多いでしょう...

納戸はクローゼットにもなる!有効使用で他家と違いを図る

住まいの中の、いわゆる居室と言われる場所は、ある程度の使用方法が決まっています。一方、使用方...

W造や2×4の意味は?メリット・デメリットについて解説!

住宅を建てるにあたり、W造や2×4(ツーバイフォー)工法などという言葉を耳にすることがないでしょ...

新築のマイホームは駐車場もおしゃれな外構でこだわりたい!

新しくマイホームを建てるのであれば、建物だけではなく外構もおしゃれにこだわりましょう。とくに...

新築するならどっち?木造枠組壁構法と木造軸組構法の違い

天然の木は調湿効果があり、湿気が多い日本の気候に合っていることから、多くの新築では木造住宅が採用...

2DKのインテリアは子育てに重要?成長に合わせて選ぼう

2DKの賃貸物件は、数が豊富にあり、2LDKの物件に比べて家賃が安い傾向があります。その2D...

2LDKに家族で暮らす場合の大阪の賃貸物件のおすすめ地域は?

大阪出身であったり大阪で暮らしたことがあったりする方は別ですが、転勤等で初めて子供を含む家族全員...

建物構造でよく見るRC造とS造とは?その見分け方は?

物件を探そうとするとき広告チラシなどを見てみると、建物の「構造」という言葉が出てきます。その...

スポンサーリンク

インテリア選びも楽しい二人暮らし!1LDKはどんな人が向いているの?

新生活を始める上で、1LDKの賃貸住宅を借りて二人暮らしをスタートさせる方もいることでしょう。

二人で新たな部屋に、インテリアをそろえながら新生活を始めるのはワクワクするものですよね。

また、1LDKの部屋と言えば、1DK・1Kの部屋と並んで一人暮らしでも選ばれることの多い部屋でもあります。

そんな1LDKの部屋での二人暮らしは、どのようなものになるのか気になります。

そして、どのような人であれば、1LDKの部屋での二人暮らしが向いているのかもチェックしておきたいところです。

まず、1LDKで二人暮らしをする上で重要になるのが、「二人の性格とライフスタイル」です。

1LDKの物件というのは、LDK(リビング・ダイニング・キッチン)と1つの居室のある間取りです。

おそらく起きている時間の多くをリビングルームで、夜は寝室として使う居室で過ごすことになるでしょう。

ここから想像できるように、部屋にいる間は、「一人になる時間」が確保しにくいということになります。

そのため、二人で長く一緒にいてもストレスに感じないという人には向いていると言えます。

また、その他にも以下に当てはまる人には1LDKでの二人暮らしが向いているでしょう。

・家事を分担している
・自宅で仕事をしていない
・二人で一緒の寝室でも問題ない
・比較的新しい物件に住みたい
・食事を摂るスペースと寝室ははっきり分けたい

インテリアにもこだわれる1LDKの二人暮らし!どんなメリットがある?

ここからは、1LDKの部屋で二人暮らしをするメリットについて、もう少し詳しくお話していきましょう。

まずは何と言っても、「ずっと二人で過ごせる」ということです。

先ほどもお話したように、LDK+1つの居室という間取りのため、自然と二人でいる時間が増えるでしょう。

また、来客があってもリビングスペースに招くことができるため、応対もしやすいこともあげられます。

多くの場合、寝室として使う居室とリビングルームの間には扉があるので、閉めてしまえば寝室の中を見られる心配はありません。

インテリアに関しても、ある程度であればこだわることができます。

やはり空間が限られていますから、大きなインテリアは配置するのは難しいですが、二人掛けソファやテーブルを配置することは可能です。

これらのインテリアがあるだけで、部屋をおしゃれにコーディネートすることができるでしょう。

二人暮らしをしているのがカップルで、いずれ結婚・出産をしても、子供1人であれば小学生くらいまでは子育てをすることも可能です。

このことを見越して二人暮らしでは、やや小さめの間取りである1LDKで、家賃の安い物件を探して貯金をするという方もいます。

ちなみに、1LDKの比較的新しい物件は、家賃が高い傾向にありますが、「駅から遠い」などの条件によっては家賃が平均より安いこともあります。

1LDKの二人暮らしはインテリアに工夫も必要?デメリットとは

1LDKで二人暮らしをするメリットについてお話しましましたが、メリットがあればデメリットも当然あります。

例えば、二人の就寝時間・起床時間が大きく異なる場合、同じ居室での寝起きはどちらか片方の負担になりかねません。

そのため、この場合は寝室を分けて使うことができるよう、居室が2つ以上ある間取りの方がいいでしょう。

また、1LDKの間取りは一人暮らしで選ばれることが多いので、収納も1人分のみの場合が多いです。

物件によっては、多めに収納がある場合もありますが、そうでなければ収納機能付きのインテリアを使うなどして、収納場所を確保するようにしましょう。

収納機能付きのインテリアの例としては、引き出しのついたベッドなどがあります。

この他にも、1LDKは自宅で仕事をする人には向かない間取りとも言えます。

と言うのも、リビングルームの一角で仕事をするのであれば問題は少ないかもしれませんが、やはり仕事は集中して行いたいですよね。

しかし、居室が足らないために、1LDKの部屋では仕事部屋を作ることができないのです。

1LDKで二人暮らし!インテリアレイアウトのコツは?

二人暮らしを1LDKでスタートさせる際に悩むのがインテリアのレイアウトですよね。

せっかくならおしゃれにコーディネートしたいものです。

インテリアをおしゃれにレイアウトするには主に4つのコツがありますので、順番にご紹介していきましょう。

【動線を確保する】

部屋にインテリアを配置する際には、動線を意識するようにしましょう。

こうすることで、部屋の行き来が楽になります。

イスを引いても余裕を持って通ることができるか、インテリアが通行の妨げになっていないかをチェックしましょう。

【背の高いインテリアは壁際へ】

1LDKの部屋でも、背の高い書棚などを置かなくてはならないこともあるでしょう。

こういった場合、部屋に圧迫感を与えやすいので、背の高いインテリアは壁際に寄せるように配置しましょう。

【奥行を統一する】

タンスやソファを配置する際、奥行きが同じくらいにすると、見栄えがスッキリとします。

また、インテリアの奥行きがバラバラだと、足をぶつけたり掃除が行き届かないことが考えられます。

【部屋のテーマを決める】

二人暮らしをするにあたり、インテリアを一から決めるということもあるでしょう。

こういった場合、部屋のテーマを決めておくとインテリアを選びやすく、コーディネートもしやすくなります。

1LDKで二人暮らしスタート!必要なインテリアはどんなものがある?

二人暮らしを1LDKでスタートさせる際、どのようなインテリアが具体的に必要になるのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで、おすすめのインテリアを「家電」「家具」それぞれをご紹介していきます。

【家電】

・冷蔵庫…やや大きめの2ドアタイプがおすすめです。

・電子レンジ…トースターの機能がついているのであれば、さらに便利です。

・炊飯器…5合炊き位がちょうどいいでしょう。

・洗濯機…45L以上あれば十分に使えます。

・ドライヤー…忘れてしまいがちですので、しっかりと準備をしましょう。

・テレビ…近年ではスマートフォンなどからも視聴することが可能ですが、二人暮らしをするのであればあった方がいいでしょう。

・掃除機…今後の生活でなくてはならないものと言っても過言ではありません。

引っ越しの際にも重宝しますので、用意しておきましょう。

・照明器具…物件によっては、購入しなければならないこともあるので、事前に確認をしておきましょう。

・エアコン…こちらも物件によっては、ついていないことがあります。

二人暮らしのインテリアでおすすめなものは?

引き続き、1LDKの部屋での二人暮らしに必要な家具についてご紹介していきます。

インテリアコーディネートにも関わってくるので、選ぶ際には、先ほどご紹介したようなコツを踏まえて選ぶことをおすすめします。

【家具】

・テーブル…食事に使うもので、大きさは2人がゆとりを持って座れるくらいの物を選ぶようにしましょう。

・イス…ダイニングテーブルを配置する際に必要となります。

背の低いテーブルでは必要ないでしょう。

・ベッド…二人暮らしであればセミダブルくらいがおすすめです。

物件によっては、ベッドが配置できないこともありますので、このような場合には敷き布団を用意しましょう。

・キッチンラック…キッチンに収納が少ない場合におすすめです。

・ソファ…二人掛けのソファがあると便利でしょう。

・カーテン…ほとんどの物件では、カーテンがついていません。

窓のサイズをあらかじめ採寸しておき、購入しておきましょう。

・タンス…1LDKの部屋でクローゼットが備わっていることもありますが、収納場所が足りない場合に重宝します。

・物干し竿…意外と忘れてしまいがちで、物件によっては備わっていないこともあります。

二人暮らしであれば2本ほどあると便利でしょう。

その他、キッチン用品、お風呂やトイレ用品も忘れずに準備しておきましょう。

1LDKの部屋で二人暮らしを快適にするために

1LDKの部屋で二人暮らしをするのは、収納場所が足りなかったり、少々手狭に感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そろえるインテリアを工夫することでデメリットを解決することもできます。

インテリアをレイアウトするコツを抑えることで、部屋を快適な空間にすることもできるでしょう。

二人暮らしで仲良く生活するためにも、これらのことはよく話し合いながら決めていくようにしましょう。