窓の防犯性をUP!遮光フィルムと100均グッズを併用しよう!

賃貸アパートやマンションで暮らしているのであれば、防犯対策は大切です。

例え高層階に住んでいたとしても、空き巣などはあらゆる手を使って室内に侵入してきます。

そこでここでは、賃貸物件にも使える防犯対策として、窓に貼る遮光フィルムをご紹介していきます。

この遮光フィルム単体でも防犯効果が得えることができますが、100均グッズを併用することでより窓の防犯性を高めることができますので、これについてもお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1DKは同棲するには狭い?レイアウトを工夫して快適空間に!

今同棲しているカップルもいれば、これから同棲をしようと考えるカップルもいるでしょう。同棲する...

窓からの隙間風を阻止!ボードや隙間テープで対策してみよう

寒い季節になると、隙間風が気になる方もいるでしょう。外の冷気が室内に入れば、当然室温にも影響...

1LDKで一人暮らし!より快適に過ごすためのレイアウト!

1LDKで一人暮らしであれば、ゆとりある快適な暮らしがイメージできるでしょう。一人暮らしなの...

窓のビートとはどのパーツ!?カビ取りや交換方法もご紹介!

窓のパーツの中にはビートというものがありますが、それについて詳しくご存知ない方も多いでしょう。...

窓を素敵に飾りたい!簡単に手作りできる飾りをご紹介!

季節のイベントや誕生日パーティーのときなど、部屋を飾り付けすることがありますよね。近年では、市...

防音したい方必見!賃貸アパートで気になる騒音をdiyで対策

賃貸アパートに住んでいると、周りのお宅の生活音が気になるものです。また、周りから音が聞こえて...

1DKのレイアウトはどう決める?一人暮らしの参考例もご紹介

新生活がはじまると同時に、一人暮らしもはじまる方もいるかと思います。はじめての一人暮らしとな...

窓の防犯対策に面格子を後付け!選び方や取り付け方は?

近年、家の防犯においては「窓の防犯」も重要であると言われています。そのため、窓の防犯対策...

2DKレイアウトをご紹介!ファミリーで快適に暮らすポイント

間取りが「2DK」の賃貸アパートにファミリーで住むのは、少し手狭だと感じる人も多いでしょう。...

内窓に飾り棚!DIYでリメイクして窓をおしゃれで実用的に

今DIYで、おしゃれな窓枠を作り、インテリアと一体感をもたせたリメイクを楽しむ人が増えています。...

木造アパートでは音が響く!?床にできる防音対策は?

賃貸暮らしで最もトラブルが起きやすいのが、騒音問題です。特に木造アパートでは床や壁から音がも...

アパートの部屋の防音対策!ドアは隙間テープとゴムで塞ごう

アパートの部屋にいると、ドアから冷気や隙間風を感じた経験はありませんか。ドアは構造上、どうし...

窓をおしゃれなものにすると家の外観もおしゃれに!

家には欠かすことのできない「窓」ですが、その窓をおしゃれなものにすると家の外観もおしゃれになりま...

1LDKで二人暮らしは収納が足りない!?工夫で収納力を上げる

これから二人暮らしをする予定のカップルの方で、物件の間取りが1LDKという方は、収納について考え...

窓のプチプチの剥がし方はこれで決まり!実はこんなに簡単

防寒対策や防音対策で貼った窓のプチプチの剥がし方で困ったことはありませんか。窓にプチプチを貼...

スポンサーリンク

住まいの防犯効果をUPさせるなら!窓に目を向けよう

賃貸アパートで生活をしている方は、窓の防犯に意識を向けたことはあるでしょうか。

窓は住まいの中でも、空き巣などに侵入されやすい場所のひとつです。

そのため、窓の防犯性はとても重要です。

ところが、多くの方が行っている窓の防犯対策は、「出かけるときは窓を必ず施錠する」ことくらいではないでしょうか。

しかし、空き巣もプロですから一般的な窓の鍵であれば、簡単に開錠することができるのです。

ですから、そのほかの防犯対策が窓に求められるというわけです。

窓の防犯対策としてはいくつか挙げられますが、そのなかのひとつに「遮光フィルム」も挙げられます。

遮光フィルムはホームセンターはもちろんのこと、100均ショップでも購入が可能です。

遮光フィルムと聞くと「日よけ」が連想されますが、近年の遮光フィルムは防犯対策としても使えるものが増えてきています。

賃貸にも使える窓の防犯におすすめの遮光フィルムを、この記事では2つご紹介していきます。

窓の防犯におすすめ!曇りガラス調の遮光フィルム

近年では100均ショップでも取扱いのある遮光フィルムですが、日よけだけでなく防犯にも役立ちます。

どのように役に立つかというと、遮光フィルムのなかには窓に貼ると室内を見えにくくしてくれるものがあります。

室内が見えにくくなることで、空き巣などに狙われにくくすることが可能なのです。

意識しないと分からないことではありますが、アパートの外から窓を見てみると、意外と室内の様子がはっきりと見えます。

そのため、アパートの窓から見える室内の様子などから、空き巣に狙われる可能性が高くなるのです。

しかし、反対に考えれば室内の様子をわかりにくくすることで、狙いをそらすことにもつながります。

ですから、室内を見えにくくする遮光フィルムを窓に貼っておくことで、防犯性が高められるのです。

では、1つめにご紹介するおすすめの遮光フィルムはこちらです。

【HOMEIN:窓 めかくしシート(曇りガラス調)】

曇りガラス調になっている遮光フィルムで、窓から20cm以上離れていれば室内の様子は見えにくくなります。

静電気吸着タイプですので、水さえあれば簡単に窓に貼りつけることが可能で、賃貸にお住みでも安心して使えるものです。

また、紫外線を96%カットするするため、アパートの内装の色あせなども防いでくれます。

サイズも5種類展開していますので、お部屋の窓に合ったものを選べるでしょう。

注意しなければいけない点もあり、平滑な窓には使用可能なフィルムですが、凹凸のある窓には不適用とされているので使用は避けるようにしてください。

見た目がおしゃれで防犯効果にも期待!おすすめ遮光フィルム

2つめにおすすめの遮光フィルムはこちらです。

【Rabbitgoo:窓用フィルム 目隠しシート (遠花火)】

こちらも先ほどと同様、水で貼りつけることができるので、賃貸にお住みの方にも安心して使える遮光フィルムです。

花火のようにキラキラとした模様が特徴的で、太陽に当たると虹色になったりと、天気によってお部屋の印象を変えてくれます。

目隠し効果も期待でき、こちらも20cm程度の間があれば室内を見えにくくしてくれます。

そして、表面が滑らかな窓ガラスであれば、どの窓にも使用可能です。

お部屋をおしゃれな印象にしつつ防犯効果も高めたい方であれば、この遮光フィルムはおすすめです。

以上、2つの遮光フィルムをご紹介しました。

しかしこういった遮光フィルムは、安くても1,000円程度かかるため、なかには「まずは100均で試したい」と思う方もいるかもしれません。

先ほどもお話ししましたが、遮光フィルムは100均ショップでも購入できます。

多くは「UVカットフィルム」と表記されていて、曇りガラス調になっているものもあります。

室内の見えにくさは、ご紹介した遮光フィルムよりも劣るかもしれませんが、何もしないよりは防犯性に期待できますので試してみてください。

防犯性を高めるなら!遮光フィルムと100均グッズを併用しよう

室内を見えにくくしてくれる遮光フィルムを窓に貼ることで、窓の防犯性を高めることが可能です。

しかし、空き巣などの侵入を防ぐためには、遮光フィルムだけでは万全とはいえません。

より窓の防犯性を高めたいのであれば、遮光フィルムと防犯用グッズを併用することをおすすめします。

併用する防犯グッズは100均ショップでも購入可能で、100円という安さなのに優秀なものが豊富にそろっています。

二重で防犯対策をしておけば、より空き巣などに侵入される危険性も低くなりますから、遮光フィルムと一緒に使用してみましょう。

次の項からは、数ある防犯用グッズの中でも、100均ショップで購入できるおすすめの防犯グッズをご紹介していきます。

はじめは、補助鍵のご紹介です。

防犯効果UP!100均のサッシ用の補助鍵で二重ロック!

ここからは、遮光フィルムと併用することで、窓の防犯性を高められる100均グッズをご紹介していきます。

はじめにご紹介するのは、「サッシ用の補助鍵」です。

サッシに本体をはめこむだけで、補助鍵として機能します。

そのため、工具や接着剤不要で設置することができますので、賃貸アパートやマンションにお住みの方にも安心して使えるグッズです。

一つ設置するだけでも窓の防犯性は高まりますが、おすすめは上下に一つずつ設置することです。

100均ショップの中には、上専用のサッシ用補助鍵もありますので、上用と下用を用意してそれぞれ設置してみましょう。

より窓の防犯性を高めることができますよ。

ただし、この補助鍵には、「窓を割られたときに、そこから手を突っ込まれて補助鍵を外される可能性がある」という弱みもあります。

しかし、補助鍵と一緒に曇りガラス調の遮光フィルムが窓に貼ってあれば、どこに補助鍵があるかを早い段階で突き止めることが難しくなります。

空き巣などは侵入に時間がかかるのを嫌いますから、なかなか窓から侵入することができなければ侵入を諦める可能性も高まります。

ですから、一つだけ設置するのではなく、複数のグッズを併用することが防犯性を高めるためにはおすすめです。

100均の窓用防犯ブザーをプラスしてより防犯性の高い窓に!

遮光フィルムとサッシ用補助鍵を併用することで、窓の防犯性は高まります。

しかし、より高い防犯性の窓にするならば、100均の「窓用防犯ブザー」も用意すると良いでしょう。

これは、窓が開くとブザー音が鳴る仕組みとなっています。

こちらも工具不要で設置可能で、両面テープなどを使って窓枠に装着します。

そのため、簡単に設置することができるのですが、賃貸物件の場合、両面テープを剥がした後のことも気になるでしょう。

テープ跡が残る可能性もありますから、両面テープの使用をためらうのも理解できます。

そんなときは、装着する部分にマスキングテープを貼っておき、その上に両面テープを貼るようにしてみてはいかがでしょう。

そうすれば、窓枠にテープ跡が残りにくくすることができますよ。

しかし、ずっと放置しておくと今度はマスキングテープの跡が窓枠に残ってしまう可能性もありますので、定期的にマスキングテープの貼り替えをおすすめします。

ご紹介した3つのグッズを併用して、賃貸のお部屋の窓の防犯性を高めてみてください。

防犯グッズを併用して空き巣の侵入を阻止しよう!

曇りガラス調などの遮光フィルムを貼るでも窓の防犯性を高められますが、ほかの防犯グッズと併用することで、より高い防犯性にすることができます。

防犯グッズは100均でも購入可能で、ここでは2つのグッズをご紹介しました。

特別な工具も不要ですから、賃貸物件にお住みでも安心して使用することができます。

ぜひこれらを使って窓の防犯性を高め、空き巣などの侵入を阻止しましょう。