窓の遮光シートははがせるタイプで!貼り方とオススメ5選!

夏場、「クーラーをかけているのに、なかなか部屋が涼しくならない…」ということはありませんか?

そんなときは、窓から強い日射しが入り込んでいないか、今一度チェクしてみて下さい。

もし、窓際に設置している物や床などを触ってみて、熱いと感じた場合、遮光シートの使用をおすすめします。

今回はDIYで簡単に貼れる遮光シートの中でも、はがせるタイプのものをまとめてみました。

部屋が暑いという方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKはソファのレイアウトで印象が変わる!?参考例をご紹介

1LDKのアパートやマンションにお住みの方もいれば、これから入居する方もいるかと思います。こ...

2LDKの賃貸アパートで2人暮らし!家具の配置はどうする?

カップルや夫婦が賃貸アパートに住むのなら、2LDKの間取りを選ぶことをおすすめします。ま...

窓の防犯対策に面格子を後付け!選び方や取り付け方は?

近年、家の防犯においては「窓の防犯」も重要であると言われています。そのため、窓の防犯対策...

賃貸一人暮らしの窓防犯対策には防犯ブザーが効果的!

賃貸アパート・マンションは、大家さんの許可を得ないと窓自体に手を加えることはできません。防犯対...

2DKレイアウトをご紹介!ファミリーで快適に暮らすポイント

間取りが「2DK」の賃貸アパートにファミリーで住むのは、少し手狭だと感じる人も多いでしょう。...

ベランダの洗濯物にカメムシが!虫除けネットなどで対策!

二階建ての家や、アパートなどに住んでいる場合、ベランダに洗濯物を干している方は多いものです。...

1LDKを自分好みにコーディネート!快適な一人暮らしをしよう

1LDKで一人暮らしをする場合、せっかくなら、センス良くコーディネートされた部屋で快適に過ごした...

窓からの泥棒の侵入を防ぐ!「窓ロック」を種類別にご紹介!

泥棒や空き巣の侵入経路の多くは窓からだと言われています。ガラスを少しだけ割って、鍵を外し、窓...

アパートの部屋の防音対策!ドアは隙間テープとゴムで塞ごう

アパートの部屋にいると、ドアから冷気や隙間風を感じた経験はありませんか。ドアは構造上、どうし...

窓の冷気は隙間テープでシャットアウト!効果的な貼り方は?

冬は、窓からの隙間風が辛い季節です。いくら部屋を暖めても、窓の隙間から入ってくる冷気で、部屋...

2LDKで3人暮らしは可能?配置に注意しながら家具を選ぼう

家族3人で暮らすには、どのくらいの間取りが理想なのかご存知ですか。例えば、現在夫婦で2L...

窓の防犯性をUP!遮光フィルムと100均グッズを併用しよう!

賃貸アパートやマンションで暮らしているのであれば、防犯対策は大切です。例え高層階に住んでいた...

1LDKで同棲を始める!快適に暮らせるレイアウトとは?

1LDKは一人暮らしだけでなく、同棲カップルにも人気の間取りです。人気の間取りですが、一人暮...

ベランダ用窓のカーテンの長さは?カーテンの採寸と選び方!

カーテンを選ぶとき、窓の大きさに合わせて選ぶことが多いですよね。では、ベランダ用窓のカーテン...

木造アパートの防音問題!隣がうるさいと感じたときの対策!

古い木造アパートは、隣の生活音がよく伝わり、うるさいと感じることがよくあります。しかし、そのこ...

スポンサーリンク

窓の遮光シートにははがせるタイプのものがオススメ!

夏場のクーラーが効かない場合に注意して意識していただきたいのが、窓からの日射です。

日光が差し込んで、光が当たっている部分が熱くなり、その熱で部屋の温度が上がってしまいます。

例として、暑い夏の日に車を駐車場に駐めて数時間放置したときを想像してください。

車内はかなりの暑さになってしまいますね。

この時、シートが火傷するくらいに熱くなっている場合が多いかと思います。

これが日射熱による気温上昇の分かりやすい例です。

これは、建物の部屋においても同じ理屈で起こります。

天気の良い日に、窓際のチェストがかなり熱を持っていた、という経験はございませんか?

そんなときは窓の遮光シートを使用すると良いでしょう。

窓の遮光シートは、日射を遮ることにより、部屋の気温の上昇を押さえる効果があるからです。

部屋を真っ暗にすることが目的では無いため、光を適度に取り入れながら遮光・遮熱ができます。

ただ、遮光シートは、窓に貼り付けて使用します。

よって、後ではがすことを考えた場合、接着剤を使うシールタイプの遮光シートは気が引ける方も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、接着剤を使わないはがせる遮光シートです。

あとで簡単にはがせる窓の遮光シートは吸着タイプと水で貼るタイプ

遮光シートを貼る場合、プロの業者に頼むか、DIYで施工するかのいずれかの方法があります。

プロに依頼する場合、それなりに費用がかかりますが、職人の技がなすところとなり、かなりキレイに仕上がるでしょう。

プロに依頼した場合、ほとんどが接着剤を使用したシールタイプの遮光シートで施工されます。

よって、問題は、後で剥がすことを考えていません。

透明な窓ガラスを遮光性のある窓ガラスに「交換する」のと同じコンセプトで施工しますので、言ってみればあたり前のことです。

ちなみに、接着剤で貼り付けられた遮光シートも、「はがすことなど絶対に不可能」ということは一切ありません。

やり方を間違えずに取り掛かれば、ちゃんとはがせるのです。

ただ、かなりの手間はかかります。

では、自分でシートを貼る場合、後ではがせる遮光シートとはどのようなものがあるのでしょう?

大きく分けて、そのまま貼れる吸着タイプの遮光シートと、水だけを使って貼る遮光シートの2つに分けられます。

それらについては次項からご説明します。

そのまま貼れて後ではがせる吸着タイプの窓の遮光シート

では、それぞれのタイプの具体的な商品を見ていきましょう。

まずご紹介するのは、何も使わずそのまま貼れる、後ではがせる窓の遮光シートです。

吸着タイプは、スマホのディスプレイ用のフィルムなどでおなじみの仕組みとお考え下さい。

○アサヒペン:ガラス用遮熱シート 幅92cm×長さ1m 参考価格 2,368円(税込)

数多くある吸着タイプと同じように、何度もはがしながら貼っていくことが可能です。

日射を80%カットしてくれるので、日射熱による温度上昇は格段に軽減してくれます。

その他、紫外線はなんと98%もの量をカットし、さらに割れたときの飛散も軽減してくれる効果があるので安全です。

凹凸ガラス、ザラザラしたガラスには使用できません。

○LINTEC:遮熱シート(凸凹ガラス用 )92cm×90cm ホワイトタイプ(ツヤあり) 参考価格 2,250円(税込)

凹凸ガラス、網入りガラス、複層ガラスにも貼れるすぐれものです。

光を通しつつ、遮光、遮熱効果も高いので、エアコンを利用する際の省エネにもなります。

さらに、目隠し効果が高い他、湿気の多い浴室やトイレにも貼れるので、プライバシー保護にも期待できます。

ただし、曇りガラスなどのザラザラした面のガラスやLOW-Eガラスには貼れません。

水だけで貼れる!後ではがせる窓の遮光シート

続いては、水だけで貼るタイプの、後ではがせる窓の遮光シートを2点ご紹介します。

水を使う分吸着タイプよりも手間がかかりますが、吸着タイプに比べて、目に見えないホコリが比較的に入りにくいというメリットがあります。

○壁紙屋本舗:レトロ ガラスフィルム 幅92cm×長さ1m(1m単位で切売りOK) 販売価格 1,998円(税込)

貼るだけでアンティークな雰囲気が出せるレトロなデザインの遮光シートです。

スタイリッシュなデザインなので、窓ガラスだけではなく、食器棚などにも利用できます。

見た目だけでなく、紫外線を99%カットしてくれるのでUV効果も絶大です。

目隠し効果も高いため、外からの視線も気になりません。

賃貸にお住まいの方で、おしゃれにお部屋をアレンジしたいという方には最適な遮光シートといえるでしょう。

○男前モノタロウ:遮熱&遮光フィルム 96cm×2m スモークタイプ 販売価格 1,393円(税込)

こちらの商品は、最小サイズが長さ2mとなり、他の製品のように1m程度のサイズのものがありません。

ただ、お値段はかなりリーズナブルです。

スモークタイプの遮光シートとなるため、遮光はおろか採光をほぼ遮断してしまいます。

よって、「光は必要ない」という場所には最適な遮光シートといえるでしょう。

例えば、工場や作業場等、常に電気を付けている場所の窓であれば、最もオススメの遮光シートとなります。

つるつるな表面のノーマルなガラスにのみ使用可能です。

そのため、くもりガラス、凹凸ガラス、網入りガラス、複層ガラスなどには使用できません。

また、浴室などの湿気が多い場所での使用もできない仕様となっています。

最初が肝心!後ではがせる窓の遮光シートを貼る前の準備作業

では、後ではがせる遮光シートを貼るときの注意点をご紹介します。

まずは準備段階です。

これは、吸着タイプ、水で貼るタイプ、両方に共通した方法となります。

○用意するもの

・窓拭き用のグッズ(洗剤、クリーナー、布、新聞紙等)
・遮光シート
・カッターナイフ

手順は以下です。

①窓ガラスをピカピカにキレイにする

汚れが少しでも残っていると、貼った遮光シートははがれてしまいます。

まずは窓ガラスをピカピカでシミひとつない状態にしましょう。

中性洗剤やガラスクリーナーなどを使っても良いですが、二度拭きなどで薬品はキレイに拭き取るようにして下さい。

ここでオススメなのが新聞紙です。

ガラスに霧吹きで水を吹きかけ、それを新聞紙でこする感じで拭き取ります。

面白いように汚れがとれますのでぜひ一度試してみてください。

②遮光シートをサイズに合わせてカットする

窓のサイズに合わせて遮光シートをカットします。

あらかじめサイズを測ってカットをしますが、1mmでも隙間を開けたくないという人は、多少大きめにカットし、貼り付けた後、カッターで切ると良いでしょう。

ハサミよりもカッターの方がキレイにカットできます。

③カットした遮光シートを窓ガラスに貼っていく

その後、カットした遮光シートを窓ガラスに貼ってください。

水で貼るタイプの遮光シートは、次項で詳しく説明します。

準備が完了すればあとは貼るだけ!後ではがせる窓の遮光シートの貼り方

続いて、水で貼るタイプの後ではがせる遮光シートの貼り方をご紹介します。

○用意するもの

・先程カットした遮光シート
・霧吹き
・カッターナイフ
・タオル(比較的キレイな布)

①霧吹きでガラス面に水を吹きかける

ガラス部分全体に、霧吹きで水を吹きかけます。

もし、ガラスの窓部分が簡単に取り外せるのであれば、作業がやりやすくなるため、窓を外しての作業がオススメです。

なお、水を吹きかけるとき、外側と内側を間違えないように注意してください。

まれに屋外用のシートもありますが、遮光シートは基本的に室内用となります。

②シート貼り、全体に水をなじませる

貼った保護フィルムの上を、布で軽くなでる感じでフィルム全体に水をなじませていきます。

四隅までまんべんなく水が行き渡るようにして下さい。

③遮光シートを窓に吸着させる

やや力を入れてタオルを押し付け、中央から外側に動かす要領で遮光シートを窓に吸着させます。

このとき、時気泡が発生しますので、同じ要領で、外側に押し付けて下さい。

また、窓からはみ出している部分があれば、カッターでカットします。

作業全体の中で、ここが一番大変な作業かもしれませんが、キレイに貼る一番重要な部分です。

④余計な水を拭き取って乾けば完成

タオルで余分な水を拭き取り、乾かします。

可能であれば、直射日光のあたらない場所で乾かして下さい。

なぜかというと、製品にもよりますが、仕上りが悪くなる可能性があるためです。

その後、乾いたら完成です。

自分の環境に合わせたタイプとデザインを選んで快適な居住空間を!

今回は後ではがせる窓の遮光シートについてご紹介しました。

持ち家、賃貸にかかわらず、後ではがせるタイプの遮光シートはDIYでも簡単に貼り付けることが可能です。

また、遮光シートには吸着タイプと水で貼るタイプがあり、デザイン性にもすぐれた商品も多数あることがお分かりいただけたかと思います。

使用される環境やお好みに合わせた遮光シートを選んで、快適なお部屋を実現していただければ幸いです。