木造の新築住宅でも気になる!騒音対策はどうしたらいい?

木造の新築住宅に住むことになったときに、騒音について心配になることはありませんか。

木造住宅は、鉄筋コンクリート造の住宅に比べ遮音性が低いため騒音が気になってしまうことがあります。

では、快適に暮らしていくためにはどのような対策をしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長押と鴨居の違いって?賃貸ではどう活用するべき?

長押(なげし)と鴨居(かもい)、言葉自体を聞いたことはあっても、その違いを具体的にご存知でしょう...

アパートの部屋の防音対策!ドアは隙間テープとゴムで塞ごう

アパートの部屋にいると、ドアから冷気や隙間風を感じた経験はありませんか。ドアは構造上、どうし...

窓のレール部分に隙間が!原因と隙間風の対策方法をご紹介

部屋で過ごしていて、窓から隙間風を感じることはないでしょうか。窓をしっかり閉めているはずなの...

窓を開けて換気をしたい!安価で網戸を取り付けるには?

窓に付いていることの多い網戸ですが、網戸がない場合は取り付けを考えることもありますよね。この...

木造の新築は音漏れしやすい?防音対策をして快適な住まいへ

木造住宅は、重量鉄骨やコンクリート造の建物と比べると音漏れしやすい傾向にあります。それは木材...

2DKで同棲を始めよう!より快適に暮らせるレイアウトとは?

同棲を始めようと考えたとき、2DKであれば居室が2つあるので、十分ゆとりある生活がイメージできる...

窓の暑さ対策!手軽な100均グッズで電気代を節約しよう!

日差しが強くなる季節になると、窓からの熱気が気になりませんか。窓を閉め切ってエアコンを使って...

2DKにおすすめレイアウト!2人暮らしの方も試してみよう!

アパートなどの賃貸物件で生活を送っている方も多いかと思います。中には2DKで2人暮らしをして...

窓のカーテンレールを交換する!カーテンレールの必要性とは

カーテンレールを、新しいものに交換しようとお考えの方もいるでしょう。長年使い続けたことでビス...

窓からの泥棒の侵入を防ぐ!「窓ロック」を種類別にご紹介!

泥棒や空き巣の侵入経路の多くは窓からだと言われています。ガラスを少しだけ割って、鍵を外し、窓...

2DKで一人暮らし!インテリアを配置する際のコツとは?

一人暮らしをを考えた時、2DKであれば1Kや1DKなどと比べてゆとりある生活を送れそうですよね。...

1LDKを自分好みにコーディネート!快適な一人暮らしをしよう

1LDKで一人暮らしをする場合、せっかくなら、センス良くコーディネートされた部屋で快適に過ごした...

人目が気になる窓に目隠しルーバーをDIYで取り付けてみよう

窓は換気や採光のために必要なものですが、お風呂やトイレ、キッチンなどの窓が人通りの多い道路に面し...

1LDKの賃貸住宅を快適にするレイアウト!悩み別にご紹介!

1LDKの賃貸住宅で、新生活をスタートさせるという方も多いでしょう。はじめて賃貸で暮らすとい...

1LDKで「二人暮らし」!快適に過ごせるレイアウトとは?

夫婦やカップルで二人暮らしを始めるとき、お互いがストレスなく快適に過ごせるように部屋のレイアウト...

スポンサーリンク

新築木造住宅のメリットとは

騒音対策についてお話しする前に、新築木造住宅についてのメリットについてご紹介していきます。

【家賃が安い】

これは、木造アパートに当てはまることです。

木造の住宅というのは、鉄筋コンクリート造の住宅と比較すると建設費が安価です。

そのため、木造住宅のほうがコストを低く作ることができます。

このことから、家賃が比較的安く済むのです。

【部屋が快適】

木造住宅は、読んで字のごとく「木」を使って作られています。

木には断熱性が高いという特長があります。

そのため、冬の寒い時期でも温かく部屋を保つため、快適に過ごすことができます。

また、吸湿性も兼ね備えているため、梅雨の時期や夏場のジメジメした湿気を緩和してくれます。

つまりは「夏は涼しく、冬は暖かい」という住宅になるのです。

【健康的な住宅】

鉄筋コンクリート造の住宅には、健康に影響を及ぼす可能性のある化学物質を使用している場合があります。

これらの物質はシックハウス症候群を引き起こすことがあります。

このようなことは、大人はもちろんのこと、小さい子供のいるご家庭では特に避けたいことなのではないでしょうか。

木造住宅には、これらの物質が使用されているということが比較的少ないので、快適に暮らすことができるでしょう。

騒音はどうなの?新築木造住宅のデメリットとは

続いて、新築木造住宅のデメリットについてご紹介していきます。

【火に弱い】

やはり、このことは想像に難くないでしょう。

材料が木材ですので、鉄筋コンクリート造の住宅などと比較すると、燃えやすいです。

【耐震性は低い】

新築木造住宅であれば、ほとんどの場合問題がないのですが、現行の耐震基準に適合されていない可能性のある住宅に当てはまることになります。

耐震補強が行われているかしっかりと確認を行いましょう。

【騒音】

木造住宅に使われている木材は、音を通しやすいです。

このことから、鉄筋コンクリート造の住宅に比べ、生活音や階段を上がり降りする音が響きやすいと言えます。

これらのことが、デメリットとして上げることができます。

では、生活に直結してくる「騒音」ですが、どのようにして対策を行えばいいのでしょうか。

新築木造住宅で騒音はあるの?

「木造住宅の騒音」と聞くと古い木造住宅を思い浮かべがちではないでしょうか。

「新築の木造住宅は騒音なんてしない」と考える方も少なくはないはずです。

では、本当に新築の木造住宅は騒音はしないのでしょうか。

その答えは「騒音は多少なりとしてしまう」ということです。

近年では、木造住宅を新築する際に騒音対策として石膏ボードなどを使って床や壁に厚みを持たせて音を通りにくくするといった方法が取られていることもあります。

そのため、比較的騒音の少ない部屋となり、住みやすくはなってきています。

しかし、鉄筋コンクリート造の住宅に比べると、やはり騒音の問題は起こりやすいと言えるでしょう。

その原因は、材料に使われている「木材」にあります。

木材は、コンクリートよりも密度が低いです。

音というものは、物体の密度が高くなると通り抜けることが困難になります。

つまり、密度の低い木材はコンクリートに比べ音を通しやすいということなのです。

新築木造住宅で出来る!騒音対策①壁

新築木造住宅で簡単にできる騒音対策についてご紹介していきます。

音は壁や床から伝わってきます。

そこでまずは、壁への騒音対策です。

対策としては、簡単なリフォームをしてしまうことが最大の対策と言えます。

そのリフォームとは、吸音材や遮音材を壁に貼るというものです。

吸音材や遮音材はホームセンターやネット通販で購入することができます。

吸音材などを貼るのが困難な場合には、背の高い書棚などを音の聞こえてくる壁に配置してみましょう。

このときに、壁にピッタリつけてしまうのではなく、少し間を開けるのがポイントです。

こうすることで、書棚が吸音材などの代わりになるため、騒音対策になります。

また、壁に騒音対策を行うついでに、窓への騒音対策も行っておきましょう。

窓は、壁と違い開け閉めを行うこともあり、厚さもありません。

そのため音が入ってきてしまうこともあるのです。

窓へは、防音機能のついたカーテンをつけることがおすすめです。

新築木造住宅で出来る!騒音対策②床

新築木造住宅に住んでいる家庭で、小さな子供がいると「子供の足音が下の階に響いてしまう」ということを気にしますよね。

このような場合の騒音対策にはコルクマットなどを床に敷くことがおすすめです。

こちらもホームセンターやネット通販で購入することができ、近年では100円ショップでも購入することができます。

部屋一面にコルクマットを敷くことでその効果を得ることができます。

また、原状回復のことを考えると、このようなマットを敷いておくことで床にキズをがついてしまうことを防ぐこともできます。

コルクマットを1枚敷いておくことでも効果がありますが、2枚重ねにして敷くとその効果をより実感することができるでしょう。

コルクマットの他にも、「防音マット」というものも販売されています。

こういったものとコルクマットと組み合わせて使ってみるのもいいでしょう。

新築木造住宅で出来る!騒音対策③人間関係の構築

ここまで、新築木造住宅で行うことの出来る騒音対策についてご紹介してきました。

しかし、完全に音を無くすというのは、なかなか難しいことです。

そこで、物理的な騒音対策以外の策を講じるというのはどうでしょうか。

この場合大切になってくるのが「近隣の住民との人間関係を構築しておく」ということです。

一見すると、騒音対策には関係のないように感じますね。

人間関係を築いておくことで、多少の音であれば「お互い様」と思うことができるのです。

小さい子供のいるご家庭でも、普段から付き合いを大切にしておくことで、子供が走って音が響いてしまっても「小さい子供がいるから仕方ない」と思うことができます。

そのため、騒音が原因で大きなトラブルに発展してしまうことが少ないのです。

近年では、「隣にはどんな人が住んでいるのか、わからない」というくらい関係が薄くなっていることが増えてきています。

新築の住宅であれば、「人間関係を作っていくのもこれから」と前向きに考えることができるでしょう。

毎日、顔を合わせたら挨拶を必ずするといったようにして、人間関係を構築していきましょう。

新築の住宅で快適に暮らそう

新築木造住宅は、木の香りがする温もりのある部屋での生活になることでしょう。

しかし、騒音がしていては、快適に暮らすのは難しくなってしまいます。

ご紹介してきた方法で騒音対策を行い、近隣住民とも仲良く暮らしていくことで、快適な生活がおくれることでしょう。

注意して頂きたいのが、「騒音対策を行い過ぎない」ということです。

騒音対策はやりすぎると、大掛かりなものになってしまいますので、気を付けましょう。