毎月の家賃は口座振替が便利!退去のときは解約が必要?

賃貸物件に住む場合、毎月の家賃を支払うことが必須となります。

毎月、忘れずに家賃の支払いをしなければならないことから、口座振替の手続きをする方も少なくないでしょう。

また、口座振替ができない場合は自動送金という手段もあります。

では、家賃支払いの口座振替や自動送金について、申し込みの手続きから、退去時の解約についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

敷金・礼金なしの賃貸物件は退去時費用の負担が大きい?!

賃貸物件を探していると、初期費用が思いのほかかかる現実に直面し、できるならばなるべく初期費用をお...

賃貸連帯保証人でも負いきれない?トラブルによる解除の可否

賃貸契約における連帯保証人が決定することは、借主にとって一つの安心材料となります。しかし、賃...

私道と公道の定義と見分け方のポイントは?

住宅街を車で走っていると、そこが私道なのか公道なのか分からなくなることがありませんか。初めて...

土地を分筆することで生じるメリットとデメリットとは

広い土地を親から相続したので売却したい、土地の一部の地目を変更したいなど、土地を分けたいというよ...

家賃引き落としには手数料がかかる!お得な支払い方法とは?

家賃の支払い方法は、銀行口座からの自動引き落としや口座振込、手渡しなどがあります。その中でも...

敷金を返還してもらえるのはいつ?返還に関する注意点は?

賃貸物件に入居するときに、家賃の他にも敷金と礼金を支払うのが一般的です。敷金は賃貸借契約にお...

物権と債権!2つの意味の違いとは?比較して見てみよう!

不動産を取り扱う場合には、様々な権利が発生します。その中で一番基本となり、知っておかないといけ...

1LDKで赤ちゃんを迎える!この間取りで狭くない?

結婚してから、新生活を1LDKの間取りの部屋でスタートさせるという方もいるのではないでしょうか。...

管理会社と賃貸借契約を直接結ぶメリットとかかる費用

賃貸物件を探そうとするとき、管理会社や取引様態など見慣れない言葉を目にすることが多くあります。...

賃貸で気を付けなければいけない床の傷!原状回復の範囲は?

賃貸に住んでいると、床を傷付けないよう気を付けて生活しますよね。それでも、不注意で傷を付けて...

登記手続きの流れ!地目変更登記に必要な書類と費用とは?

所有する土地の用途が変わっても、自動で登記上の地目が変更されることはありません。この場合、自...

賃貸物件の家賃は前払い?後払い?どちらが多いの?

賃貸物件を借りる際、気になるのが家賃の支払いでしょう。そのタイミングが、前払いなのか後払いな...

複数の用途地域にまたがる土地!有効採光面積の算出方法とは

マイホームを建てるためには、土地も購入しなくてはなりませんね。土地を購入する際に注意しなけれ...

住宅の火災保険の正しい選び方!失敗しないためのポイント

新築すると、万が一に備えて火災保険に入る方がほとんどです。不動産会社や融資を受けた銀行に...

家賃の値上げは更新時が多い?!確認すべきことは?

家賃は毎月の固定費として考え、生活をやりくりする方が多いでしょう。ところが、契約の更新時に家...

スポンサーリンク

家賃の口座振替って?

賃貸物件に住むことになると、家賃は必ず支払わなければなりません。

家賃の支払いは、多くの場合で「振込」の手続きが必要になります。

借主は、毎月家賃の支払いを指定された口座へ振込の手続きをしなければなりません。

滞納のないように期日までに振込の手続きをしなければなりませんから、忙しい方や忘れっぽい方は特に注意が必要になります。

そこで、便利なのが口座振替です。

管理会社によって取り扱いは異なりますが、口座振替の手続きをすることによって、家賃の支払い日に自動的に引き落としされるようになります。

わざわざ毎月振込の手続きをしなくてもいいので、とても便利といえます。

とはいえ、自動的に引き落としされるので、残高不足にならないようにしておかなければなりません。

また、退去が決まったときには管理会社に早めに伝えて口座振替の解約の手続きをしてもらう必要があります。

口座振替の手数料は?

便利な口座振替を利用する場合、気になるのが手数料ではないでしょうか。

口座振替を利用するとなると、口座振替を利用する手数料と振込手数料がかかることになります。

その金額は、金融機関によって違いがあり、数十円から千円弱と幅があります。

しかし、毎月の支払いとなるのですから、手数料が少ない方が理想ですね。

手数料を少なくするためには、振込先の口座と同一の金融機関の口座を利用することです。

さらに同一の金融機関、同一支店となる場合、手数料をかなり安くすることができるでしょう。

他の金融機関からの振込や口座振替となると手数料は倍程度、高くなってしまいます。

すでに家賃を支払っていて、高い手数料と感じるならば、他の金融機関の口座からの口座振替を解約し、振込先である金融機関と同一支店からの口座振替を利用することで手数料の負担をかなり軽くすることができます。

家賃の支払いは長期間であることが多いので、振込先の口座である金融機関の口座がない場合、口座を開設するのがおすすめです。

家賃の口座振替の手続きとは?

ここでは家賃を口座振替にするために必要な手続きをご説明します。

まず、「口座振替依頼書」を記入しましょう。

口座振替依頼書は、支払先である管理会社が用意しています。

口座振替依頼書は、毎月決められた期日に自動的に引き落としする手続きを銀行に委託するということを依頼する用紙となります。

この口座振替依頼書に下記の必要事項を記入、届出印を捺印します。

・金融機関
・支店
・預金種類
・口座番号
・口座名義

書き方の見本が添えられている場合がほとんどですから、記入前に確認し、記入後は訂正箇所がないか、記入漏れがないかをチェックします。

また、届出印ははっきりと押しましょう。

手続きが完了するまでは通常2~3ヶ月程度かかるでしょう。

しかし、記入漏れや印鑑相違、印鑑不鮮明などの場合は、口座振替依頼書が戻ってきてしまいますのでさらに時間がかかることになります。

このようにならないためにも、提出前にはしっかりと確認することが大切です。

なお、口座振替の手続きが完了するまでは、家賃の滞納がないよう、家賃の振込手続きをしなければなりません。

そして、退去が決まった際には解約の手続きが必要になります。

退去が決まったら家賃の口座振替が停止するように解約の手続きを!

口座振替は、家賃を決まった期日に引き落としされるのでとても便利です。

ただし、賃貸物件を退去することが決まった場合、口座振替の手続きを停止させなければなりません。

早目に申し出ないと、自動的に家賃が引き落としされてしまいます。

ほとんどの場合、退去後に家賃が引き落としされることはないようですが、管理会社によっては、2ヶ月や3か月後に余分に引き落としてしまった場合、家賃を返金してくる場合もあるようです。

返金されるとはいえ、退去後はスムーズに家賃の引き落としが停止してほしいものですね。

ですから、退去が決まった際には、早めに貸主に伝えることが重要となります。

退去が決まったら、解約の書類を早めに提出するようにしましょう。

また、口座振替だと思っていたら自動送金だったという場合もなかにはあるようなので、退去の際はしっかり確認する必要があります。

自動送金については次項でくわしくお話しします。

自動送金の場合も解約の手続きを忘れないようにしよう

管理会社は金融機関に家賃の引き落としを委託しています。

しかし、なかには口座振替の手続きができない管理会社もあります。

その場合、毎月振込手続きをしなければなりませんが、口座振替のように自動的に引き落としをしてくれた方が、楽だと思う方も少なくないでしょう。

その場合、「自動送金」の手続きをすることで自動的に家賃を振り込むことができます。

これは、毎月指定された日に決まった額を決まった口座に振込むというもので、金融機関で「定額自動送金依頼書」を記入し申し込み手続きをします。

・支払口座の通帳
・届出印
・振込口座(金融機関、支店、預金種類、口座名義)

このようなものが必要になります。

はじめは少し手間がかかりますが、毎回振込手続きをする手間を考えれば、後々は楽になりますね。

そして、退去が決まったら、必ず金融機関に自動送金解約の手続きをしなければなりません。

解約の際は

・支払口座の通帳
・届出印
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・契約時の控え(定額自動送金依頼書)

などが必要になりますので、解約手続きに行く前に、前もって金融機関に確認しましょう。

インターネットバンキングなら自動送金の申し込みも解約も楽!

自動送金は、口座振替のように家賃が自動的に送金されるので、とても便利ということはお伝えした通りです。

しかし、申し込みや解約といった手続きは管理会社ではなく自ら金融機関での手続きをしなければなりません。

そこで便利なのが「インターネットバンキング」です。

このインターネットバンキングを利用できるようにしておくと、金融機関によっては、自動送金の申し込みや解約などを金融機関に出向かなくても手続きができるのです。

例えば、前項にてご紹介した申し込みや解約に必要なものですが、インターネットバンキングならそれらを持参しなくても手続きができるので、とても手軽ですね。

金融機関の営業時間内に手続きに行くのが難しいという方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

なお、申し込みや解約は、日時に余裕をもって手続きを完了させるようにしてくださいね。

家賃の口座振替や自動送金は退去前に解約を忘れずに!

毎月の家賃を支払うのは、口座振替や自動送金がとても便利です。

家賃が自動的に引き落としされるので、振込手続きをしなくてすみますね。

退去が決まったら、早めに伝えることで、賃貸契約の解約とともに口座振替も停止します。

また、自動送金の場合は、自ら解約手続きしなければなりませんから、日時に余裕をもって行いましょう。