盛土をくわしくご紹介!締固める目的は不同沈下を防ぐため?

家を建てる前に盛土をすすめられ、「土を持ってきて盛って締固める」という説明をされたものの、その目的や安全性についてもっとくわしく知りたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

盛土について調べると、「地震に弱い」などの気になる情報を見つけて不安になることもあるかもしれません。

「一時的に締固めたとしても、後で地盤が変化するのであれば意味がないのでは」と考えることもあるでしょう。

今回は、盛土の種類や過去の被害例、また沈下についての基礎知識などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

土地の価格が知りたい?実勢価格(時価)の調べ方とは?

不動産売買をしたい場合や、支払う税金を知りたいときなどに土地の価格を調べることがあるでしょう。...

教養ある大人として覚えておきたい!住所の正式な書き方

住所の書き方を意識する場面は少ないでしょう。住所は伝わりさえすればいいものだと考えている...

仲介手数料を節約!土地の売買は個人で行い希望価格で売却

土地を売ろうと計画している方の中には、仲介手数料を節約したいと考える方もいるでしょう。も...

【境界トラブル】塀や樹木の越境はどう対処すべきなの!?

住居の密集している地域では、土地の境界をめぐるトラブルが起きやすいとされています。もし隣地か...

地目変更登記をしたい!手続きなどを分かりやすくご紹介!

土地の登記簿を見ると「地目」の記載があります。地目とは、登記簿上の土地の種類を示し、土地の利...

土地の購入前に要チェック!土地購入の際の注意点とは?

新築一戸建てを建てる際の土地は、親や祖父母などから譲り受ける場合や購入する場合などがあります。...

境界線上のブロック塀によるトラブル!解決するためには?

家を建てればご近所との付き合いも大切になり、良い関係を築いていきますよね。特に隣人とは良好で...

地目が畑の土地は地盤が不安?地盤調査で安全な家を建てる!

土地の地目と聞いても、あまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか。しかし、家を建てる...

地目が公衆用道路!建築はできる?さまざまな「道路」の定義

公衆用道路として使われている道路を所有している場合、建築は可能なのか気になる方もいるようです。...

擁壁のある住宅を購入する前に!水抜き穴の構造チェック!

夢のマイホームの購入を検討しているとき、擁壁という言葉を始めて耳にする方もいます。擁壁は、斜...

この土地の名義人はだれ?調べるにはどうすれば良いの?

あるとき、「この土地の名義ってだれなんだろう?」と疑問に思うこともあるでしょう。このとき、ど...

土地の境界に「塀」を立てるとき!種類や高さはどうする?

隣地や道路との境界を仕切る「塀」は、目的・設置環境によって選択していく必要があります。この記...

地目が雑種地の土地に家を建てるのは可能?その流れと注意点

注文住宅で家を建てようと考えている場合、土地を探すことからはじめるでしょう。土地ひとつひとつ...

角地は外構がないと侵入される?通り抜け防止の方法とは?

角地は人気のある土地です。その土地にこだわりのマイホームを建てたなら、外構にもこだわりたいで...

地目変更手続きはどこで何を行う?専門家に依頼した際の費用

地目変更の手続きは、必ずしもプロに依頼しなければいけないというものではありません。自分で行え...

スポンサーリンク

盛土の目的とは?

子供のころに泥だんごを作ったことがあるなら、石などの異物を混ぜた泥だんごが壊れやすいのはご存知ではないでしょうか。

水分を抜くことで硬くなり、摩擦をかけても亀裂が入らない大きな泥だんごを作ることができます。

土の質も大切で、固まりやすい土と、水を含ませて強く握っても固まらない土があります。

盛土を簡単にご説明すると、傾斜があったり低くなっている土地に土砂を盛り、地盤を上げて凹凸のない状態にすることです。

土砂を盛ったら、しっかりと締固めて長い期間をかけて強い地盤になるのを待つことが多いでしょう。

硬い泥だんごを作るのも大変ですが、盛土で強い地盤を造るのはもっと大変です。

盛土には、造成地盛土、道路盛土、鉄道盛土、河川堤防、海岸堤防などの種類があります。

交通荷重に耐える、家を支えるといった目的の他にも、川や海沿いの止水や防水のために行われています。

さらには、貯水という役割を担う場合もあります。

盛土計画を立てる際には、形や大きさだけでなく、崩壊・沈下が起きた場合の被害や復旧の難易度なども考える必要があります。

「建物を支える」という目的であれば、「支えるための力が十分にあるか」「のり面が安定しているか」「沈下量や不同沈下が少ないか」ということが条件になります。

日本において盛土が盛んに行われてきたのは、「山地が多い」「使える土地が限られている」といった理由があります。

盛土を締固める目的

盛土を締固めるためには、難しい計算式を使って安定性を確かめながら作業を行う必要があります。

その後検査が行われ、地盤が落ち着くまで期間を置きます。

過去、盛土にどのような問題が起きたのか知らない方は、締固める理由、目的について知りたいと思うこともあるかもしれません。

「そんなに厳しく行う必要があるの?」と疑問に思うのも無理のないことです。

しかし、震災時に深刻な被害が見られたのが、大規模盛土造成地と言われる高度経済成長期に造成された土地です。

当時は、盛土の傾斜角度や締固めの基準などが細かく定められていなかったため、軟弱な地盤の上に家が建てられたり、道路が造られたりしていました。

地震の被害をニュースなどで見た際に、高速道路に亀裂が入って崩落しているところを見たことがあるのではないでしょうか。

高速道路の盛土は駿河湾地震や東日本大震災、熊本地震などで、たびたび崩落しています。

盛土を締固める目的は、経年や震災による崩壊や沈下を防げる強い地盤にすることなのです。

締固めてから盛土が安定するための期間とは

盛土では地面に砂を打ち込む作業(サンドパイル)で地盤改良し、土を盛り、場合によっては排水パイプを埋め込んで土の水分量を調整するなどして、しっかりと締固めていきます。

安定するためには3年~5年かかるとも言われていますが、これはあくまでも目安です。

異物が土に混じっていて、なかなか地盤が安定しないこともありますし、建物を建ててから地盤が変化し、数年後に沈下が起こってしまった事例もあります。

耐震性を向上させる目的で、さまざまな基準が設けられた後に造成された盛土でも、不安要素がゼロになるとは言えません。

浅い盛土の1m程度の表層崩壊であれば、盛土の機能に大きな影響を及ぼすことは少ないですが、深い盛土崩壊や基礎地盤ごと崩壊するような場合には重大な被害が懸念されます。

盛土を締固める目的の一つ「沈下」

どのような盛土でも、しっかりと締固める目的を理解して、可能な限り地盤を安定させることが必要です。

ここまで、何度か沈下という言葉を使ってきましたが、どのようなことなのか詳しくご説明します。

その言葉通り「地盤が沈んで下がる」ということで、水分を多く含む地盤で発生することが多いです。

樹木を抜いた後やゴミ捨て場跡、池などの埋め立て地でも沈下のおそれがあります。

所有する土地の隣に、高いビルなどが建っていて、地盤に強い負荷がかかっている場合も注意が必要です。

特別な重さがかかるほうに地面が傾いていき、沈下が起こることもあるでしょう。

建物に影響を及ぼす部分が、すべて均一に沈んでいくのであれば建物の崩壊にはつながりませんし、住んでいる方も最初のうちは気が付かないかもしれません。

しかし、建物を支える地盤の一部分だけが沈下し、それによって建物が傾いてしまい、ゆがみが発生することがあります。

これを不同沈下と呼びます。

気が付くと、床が傾いていたりドアが閉まらなくなったりするなど、建物が変形していくのです。

盛土と切土の境にある家はリスクが高い

盛土を締固める目的、意味について調べていくと、盛土への不安感が高まっていくかもしれませんね。

しかし、盛土は「宅地造成工事規制区域」のような、危険性の高い場所で安易に行われることはありません。

災害時に被害が大きくなる可能性のある土地に盛土をする場合には、都道府県による許可・認可が必要になります。

また、周りの土地よりも低くなっている土地に、浅い盛土を行うような場合は、盛土して何年も待たずに建物を建てることができます。

危険と言われているのは、盛土と切土の境界に建てた家です。

切土は、他から土を持ってくるのではなく、斜面などの土を削って凹ませて平らな地盤を造る方法で、盛土よりも安全性が高くなります。

盛土と切土の境に家がある場合、盛土の部分だけが沈下・崩壊して切土の部分は状態は変わらないという事態になることも考えられます。

それにより、被害が広がる恐れもあるでしょう。

しっかりと締め固めた盛土のメリットも知っておこう

盛土でしっかりと締固める目的や、沈下についてのご説明をしてきました。

厳しい基準をクリアして、安全性が高い盛土を造ったとしても、震災の規模が大きければ絶対に崩れないという保障はありません。

しかし、建物の倒壊という視点で見れば他の地盤でもリスクはあります。

また、道路の盛土には大きなメリットがあります。

高速道路は高架構造にすれば安定感が強くなりますが、工費がかかることはもちろん、景観を損ねます。

その点、盛土なら工費が安く抑えられます。

地震が起きた際に、盛土が津波をせき止め、住民の避難場所となった例もあります。

道路や堤防なら、震災で崩れたとしても復旧しやすいと言えるでしょう。

盛土は土を持ってきて締固めるだけだからです。

駿河湾地震の時、東名高速は5日間の速さで復旧しました。

このように、日本において盛土は欠かせないものであり続けるでしょう。

盛土には一定のリスクがある

盛土は耐震性に不安要素があると言われており、安定させるためには経験と技術と時間が必要です。

しかし、今は細かい計算式などで基準を導き出すことができますし、調査も行われます。

マイホームを建てる前に業者の提案に不安を感じるようなことがあれば、よく話し合って納得してから進めるようにしてください。