借主が家賃を延滞!延滞金の計算方法は?督促はどう行う?

賃貸物件を所有していると、借主が家賃を延滞してしまうリスクが少なからずあります。

もしも、借主が家賃を延滞してしまった場合は延滞金を請求することができます。

その延滞金の計算方法をご存知ですか?

また、借主に対して家賃や延滞金の督促はどう行うのでしょうか。

この記事では、借主が家賃を延滞した場合の延滞金や対応方法について解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

容積率・建蔽率とは?前面道路の幅員規定や角地緩和を解説

家を新築する際、建築基準法や都市計画法に則って住宅の大きさなどを決めなくてはなりません。...

私道の駐車違反をどうにかしたい!通報しても大丈夫!?

私道に駐車された車が通行障害となり、困っているという経験をしたことがある人も多いのではないでしょ...

敷金は支払い・返金で領収書の有無が違う?代わりの証明は?

敷金については、賃貸契約時の支払いによる貸主からの領収書、また退去時であれば返金による借主からの...

家賃の日割りとは?どう計算すればよいかを確認しよう!

「日割り家賃」という言葉を聞いたことがありますか?日割り家賃のことを入退去の際にしっかり...

新築時の登記とは?手続きの流れと必要なものを把握しよう!

新築の建物が完成した際には、登記をする必要があります。新築住宅の完成ともなると、他にもさまざ...

登記の名義変更のやり方!結婚で氏が変わった時はどうする?

不動産を所有し、所有権を行使するために不動産登記を行います。しかし結婚や相続などを理由に、登...

建築基準法で定める採光基準!店舗の場合はどれくらい必要?

建築物を建築する場合、建築基準法という法律に適合した建物でなければ建築することができません。...

登記の中でも地目変更登記って何?必要書類はあるの?

不動産登記のひとつには、「地目変更登記」というものがあります。土地には地目が決められており、...

仲介手数料は値引きできる?賃貸アパートの場合は?

アパートなどの賃貸物件を契約する際に、不動産会社に支払うものの1つに「仲介手数料」があります。...

家賃の日割り計算は退去の時にも必ず行われるのか?

賃貸マンションやアパートに月の途中から入居した時、その月の家賃を日割り計算して支払った方が多いと...

耐震性は大丈夫?住宅の基礎部分にできるひび割れの基礎知識

地震が多い日本では、耐震性が重要視されています。住宅の基礎となるコンクリート部分にひび割...

マイホームに関わる建ぺい率・容積率とは?計算方法を知ろう

マイホームを購入する際、家づくりに必要な知識を少しでも深めておくことは、理想的なマイホーム実現へ...

土地や建物の登記簿謄本の取り方は?

不動産を調査する際や不動産業を行う上で重要なのが、登記簿謄本です。登記簿謄本では、土地や建物...

「私道持分」について不動産売買で気を付けることとは?

不動産売買で気を付けなければならないことのひとつに「私道持分」があります。一見、公道と思われ...

準防火地域のサッシ問題!シャッター付きで安い?前向きに

防火地域や準防火地域に建物を建てる場合は、耐火性についての基準を満たさなければなりません。ガ...

スポンサーリンク

家賃の延滞金請求は民法でも認められている!

賃貸物件を所有していると、借主が家賃を延滞してしまうことがあります。

その理由は、うっかり振り込みをし忘れてしまったり、何かの事情で家賃の支払い期日までに入金ができないなどさまざまです。

しかし、どのような事情があるにせよ、物件を貸している側からすれば家賃の延滞は損害でもあります。

そのため、家賃が延滞されてしまったら、延滞金を借主に請求する場合が多いのです。

家賃の延滞が続いてしまうリスクを少しでもなくすという意味でも、延滞金の請求は仕方のないこととも言えるでしょう。

民法第419条では、「金銭給付を目的とする債務不履行について、その損害額に関しては法定利率によって定める」とあります。

つまり、これを読み解くと延滞金の請求は民法上認められているということですから、借主と賃貸借契約を取り交わす際に延滞金について記載する場合も多いのです。

それでは、その家賃延滞金はどのように計算されるのでしょうか。

まずは、家賃延滞金の計算に必要な利率についてお話ししていきます。

家賃延滞金を計算する際の利率はいくつ?

民法でも定めがあるように、家賃の支払いが期日までにない場合、借主に対して延滞金の請求を行うことができます。

賃貸借契約書に家賃延滞金について記載がある場合は別ですが、特に記載がない場合でも延滞金を請求することができます。

このような場合の延滞金の利率は年5%となります。

この年5%という金利に関しても、民法404条で定められています。

ただし、事業として賃貸物件を所有している場合(複数の賃貸物件を所有しているなど)は、年率6%の延滞金を請求することができます。

これは、商法第514条に定められているので参考にしてください。

また、事業として賃貸物件を貸し出している場合の利率については、2020年4月以降は法改正されることになりますのでご注意ください。

ここで疑問が生じますが、賃貸借契約書に延滞金について記載する場合、延滞金の利率に上限はないのでしょうか。

実は、延滞金の利率には上限が定められており、年率14.6%となります。

このことに関しては、消費者契約法第9条で定められています。

ただし、当該賃貸物件が法人に対して貸し出している場合など、例外もありますのでご注意ください。

それでは、次項で家賃延滞金の計算方法をご説明していきます。

家賃延滞金の計算方法

家賃延滞金を計算する際の利率についてだいたいわかったところで、延滞金の計算方法をご説明していきます。

計算式は以下の通りです。

●家賃×利率×延滞日数÷365日(もしくは366日)=延滞金額

例えば、家賃5万円で7日間の滞納、賃貸借契約書で定めている利率が14.6%とします。

50,000円×14.6%×7日÷365日=140円

この例からすると、7日間滞納分の延滞金は140円となります。

もしも、賃貸借契約書に延滞金に関しての定めがなく延滞金を請求する場合は年率5%となりますので、計算は以下の通りとなります。

5万円×5%×7日÷365日=48円

また、家賃延滞金に関しては非課税となることもあわせて覚えておくといいでしょう。

さらに、上記の延滞金計算例からもおわかりいただけるように、数日の延滞であれば金額は少ないです。

そのため、延滞金を請求する手間や書類を郵送する際などの費用のことを考えると、2か月ほどの延滞で請求する場合が多いようです。

延滞金計算などの手間賃「督促手数料」

借主が家賃を延滞した際に請求することのできる家賃延滞金の計算方法についておわかりいただけたことと思います。

家賃の延滞金を請求することは、手間や費用、精神的な面から考えてかなりの負担になります。

そのため、場合によっては家賃の延滞金の他に「督促手数料」を請求することもあるようです。

ただし、督促手数料に関しては、家賃延滞金を大幅に超えるような金額であれば無効となる可能性があります。

これは、消費者契約法によるものからです。

消費者に対して一方的に不利な契約に関しては認められていません。

家賃延滞金を請求する作業はかなりの労力なので督促手数料をある程度受け取りたいとは思いますが、督促手数料に関しては注意して設定する必要があります。

家賃の督促を貸主自身が行う際の流れと注意点

もしも、所有している物件の管理を自分自身で行っている場合、家賃の延滞金の計算や請求についても自ら行う必要があります。

ここでは、借主に対して家賃の督促を行う際の流れと注意点についてご説明していきます。

①電話や直接訪問をして家賃の督促を行う

電話や直接訪問するのが一般的な家賃督促方法です。

ただし、早朝や深夜などの督促は法律上禁止行為とされていますので、くれぐれも非常識な時間帯での電話や訪問は避けるようにしましょう。

また、しつこく電話をしたり、同じ日に繰り返し訪問し督促することも禁止行為です。

②電話や直接訪問でも連絡が取れない場合は督促状を出状する

電話や直接訪問をしても連絡が取れない場合は、督促状を出状します。

督促状を作成する場合は、以下の項目を記載するようにします。

・督促状の作成日
・借主氏名
・貸主氏名、住所、電話番号
・当該物件名、部屋番号
・期日までに入金がなかった旨
・支払い金額
・支払い期限
・入金先
・支払いが期日までなかった場合についての説明

督促状の文面は柔らかい印象に!家賃滞納がひどい場合は催告書送付も手段の一つ

前項では、家賃督促の流れと注意点をご説明しましたが、督促状を作成する際に記載する項目についてもう少し詳しくご説明いたします。

まず、「支払い金額」については、

・未払い家賃
・延滞金
・督促手数料

を計算し、合計した金額を記載します。

次に、「支払い期限」は1週間程度を目安に設定するといいでしょう。

「入金先」は、記載漏れがあると、借主から「入金先が不明だったため、期日までに入金できなかった」と言われる可能性があります。

そのため、忘れずに記載するようにしましょう。

また、円満に解決するためにも、なるべく柔らかい印象の文面にするようにしましょう。

あまりにも強く高圧的な文面では、円満にことが運ばないことも考えられます。

賃貸物件を保有されているのであれば、貸主側が賃貸借契約を一方的に解除できないことが法律上定められていることはご存知かと思います。

しかし、家賃未納期間が数カ月単位など、あまりにも家賃滞納がひどければ、「催告書」を作成するという手段があります。

催告書は督促状とは性質が異なり、「期日までに支払いがされなければ法的手段を取ります」という内容のもので、「内容証明郵便」で送付します。

ただし、これはあくまでも家賃滞納がひどいケースのときの対応策ですので、基本的には電話や訪問、督促状の送付で家賃を回収することが望ましいです。

家賃滞納の際は延滞金の請求が可能!しかし請求時の対応には気をつけよう

もしも、所有している賃貸物件の借主が家賃を延滞してしまった場合は、法律上延滞金を請求することができます。

また、場合によっては督促手数料を請求することも可能ですが、家賃延滞金を大幅に超えるような請求額は認められない可能性があります。

そして、家賃の督促を行い場合は電話や訪問、督促状の出状が一般的ですが、電話や訪問の際は時間帯などにはくれぐも気をつけるようにしましょう。

さらに、督促状を出状する際の文面にもできるだけ気をつかい、円満に家賃回収できるようにすることをおすすめします。