一人暮らしなら1LDKマンションの中古物件購入がおすすめ!

長く一人暮らしをしていると、賃貸マンションは自分の資産として残ることがなく、もったいないと感じることもあるでしょう。

もしも、マンション購入をお考えであれば、1LDKの中古物件がおすすめです。

どうして一人暮らしで1LDKの中古マンションがおすすめなのか、解説していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

意外と知らない!マンション売却時にかかる費用と注意点

マンションの売却は、購入した金額を上回れば損しないとお考えではないでしょうか?しかし、マンシ...

お悩み解決!マンションのリビング・レイアウトの基本

マンションのリビングにはさまざまな形があります。縦型や横型など、部屋の形状によって家具の...

マンションポストに表札を付けるメリットとデメリットは?

以前は当たり前にあった表札ですが、最近はポストに表札をつけていないマンションが増えてきました。...

賃貸アパートの退去費用!6年間住んだ場合はどうなる?

アパートに長く住んで退去する場合、部屋のクロスなどに傷が目立ったり汚れがひどい時「退去費用はどの...

マンションは水漏れ事故に遭いやすい?損害賠償はどうなる?

マンションなどで多い水漏れトラブルは、集合住宅である分厄介な問題です。誰もが被害者にも加害者...

中古マンションをリフォームして好みの部屋に間取り変更

近年では、中古マンションを購入して、間取り変更のリフォームをする方が増えてきています。中古マ...

新築現場の差し入れはどのくらいの頻度?喜ばれる物は?

新築の作業が始まったら、大工さんへの差し入れも同時に始まります。施主側としては、自分が現場で...

新築マイホームで失敗しないために!ブログから情報を得よう

「夢のマイホームといったら、新築一戸建て!」と熱望する方も多いのではないでしょうか。さらには...

マンションの火災報知器が誤作動!一体なぜ?対処方法は?

マンションなどの住宅には、火災報知器が設置されています。そんな火災報知器が誤作動を起こし、火...

マンションの退去連絡はいつする?連絡後にしておくこととは

賃貸マンションから退去する際には、退去することを不動産会社などに連絡しなければなりません。し...

アパートのメゾネットなら足音の騒音が気にならない!?

アパート物件の中では、メゾネットタイプの物件があります。メゾネットとは簡単に言うと、2階や3...

新築マイホームの引っ越し前後をスムーズにするための準備

新築でマイホームを購入し、引っ越しの日が近付いてくるとワクワクしますね。引っ越しは非常に労力...

アパート・マンションで一人暮らし!間取り情報はブログから

賃貸マンションで女性が一人暮らしを始めようと物件探しをするとき、頭に浮かぶのが「間取り」という方...

アパートの管理費に消費税はかかる?何が課税対象になる?

アパートを借りると、毎月家賃と一緒に管理費も支払いますね。ではそんな管理費に、消費税はかかる...

マンションか戸建てかはランニングコストを比較するのも手!

いつかは手に入れたいと思うマイホーム。マンションがいいか、それとも戸建てがいいか、悩む方も多...

スポンサーリンク

一人暮らしで1LDK中古マンションがおすすめの理由

冒頭にもありましたように、一人暮らしの場合、どうして1LDKの中古マンションの購入がおすすめなのでしょうか。

まず第一に、「1LDK」に注目してみましょう。

一人暮らしであれば、1Rや1K、1DKでもいいような気がしますよね。

ちなみに、1Rは居室とキッチンが同じ空間にある間取りです。

居室からキッチンが独立しており、そのキッチンの広さが4.5帖までであると1Kという間取りになります。

キッチンの広さが4.5帖~8帖までの広さとなると、1DKという間取りになります。

1LDKに関しては、キッチンが8帖以上の広さの間取りのことを指します。

1LDKはキッチンが8帖以上と広いので、食事をするにしてもゆったりとしたスペースを取ることができるのが特徴とも言えます。

さらに、家具の配置や居室の使い方を工夫することで、その人に合った生活空間をつくり上げることができる間取りでもあるでしょう。

例えば、1LDKの間取りの場合は、リビングダイニングキッチンではないもう一つの居室を寝室にするパターンが多いかと思います。

しかし、仕事を自宅で行う機会が多い方であれば、その居室を書斎にすることもできます。

そして、背の高い家具でリビング部分を仕切れば、玄関からは見えにくい部分を寝室にすることもできるのです。

これは、1Rや1Kなどの間取りでは難しいです。

ですから、マンションを「購入する」ことを考えると、可変できる可能性を持ち合わせている1LDKの間取りはおすすめできるというわけなのです。

1LDKのマンションは収益性が高い!?

ずっと一人暮らしなのであれば、1Rや1K、1DKでもいいかもしれません。

しかし、いずれもしかしたら結婚するかもしれないことを考えると、マンションを購入する場合は1LDKが望ましいのではないでしょうか。

一人暮らしでマンションを購入した場合、もしかしたらそのマンションでお相手の方と一緒に暮らすこともあれば、結婚を機にマンションを売却したり賃貸に出したりすることもあるかもしれません。

そのことを想定しても、1LDKの間取りはおすすめと言えます。

と言いますのも、昨今では1LDKの間取りであるマンションは「コンパクトマンション」とも呼ばれ、中古市場で人気の間取りでもあるからです。

そのため、賃貸に出しても収益性がいいとされているのです。

つまり、「人気が高い物件=需要が高い物件」となるので、価格が下がりにくいとも言えます。

ですから、将来の自分の資産の一つとしてマンション購入を検討されているのであれば、1LDKはおすすめの間取りと言えるのではないでしょうか。

なぜ中古の1LDKマンションがおすすめ?

どうして1LDKの中古マンションの購入がおすすめなのか、次は「中古マンション」であることに注目してみましょう。

まず、新築マンションは希望する立地にはなかなか建築されない現実があります。

立地条件のいい土地には、マンションや商業施設がすでに建設されていることが多いので仕方のないことかもしれません。

また、立地のいい場所にある中古マンションは値下がりしにくくもあります。

つまり、将来的に売却することや賃貸に出すことを考えてもおすすめであると言えるのです。

新築マンションの場合は購入直後に2~3割は価値が下落すると言われていますので、その点から考えても中古マンションは魅力的なのではないでしょうか。

さらに、購入時の価格面からしても新築とは大きな差があります。

例えば、立地や間取りなどが同じだと仮定したとして、新築マンションと中古マンションでは購入価格はかなりの差があります。

多くの方は限られた予算の中で物件を購入しますから、安く購入できることに越したことはありません。

安く購入できた分で好きな家具や家電を購入することができるのも、中古マンション購入のおすすめの理由の一つです。

マンションは中古物件を安く購入してリノベーション!

新築マンションの場合、内装も設備も最初から決められた中から選ぶしかないことがほとんどです。

タイミングによっては、内装や設備などすべて決められてしまっていることもあるかもしれません。

しかし、せっかくマンションを購入するのであれば、自分の好きなようにアレンジしたくなるのが心情ではないでしょうか。

そのようなことを考えると、中古マンションを安く購入してリノベーションすることは魅力的でもあります。

おしゃれな内装や使いやすい設備にすると、毎日の生活が潤うのは言うまでもありません。

また、やはり将来的に売却や賃貸に出すことを想定するのであれば、おしゃれにリノベーションされたマンションは付加価値が高いのではないでしょうか。

1LDKの間取りのマンションをどうリノベーションするか考えることは、楽しくもありますよ。

中古マンションはどのような管理状態なのか把握がしやすい!

マンションがどのように管理されているかは実はかなり重要なポイントです。

マンションの管理とは、共有部分の清掃等もそうですが、設備の保守点検や防犯面の管理、マンション修繕に関することなど、たくさんの内容が含まれます。

管理状態によっては、築浅のマンションでも価値が下がることもあります。

新築マンションの場合はこれから管理が始まることから、購入してみないと分からないというのが現実です。

しかし、中古マンションの場合は管理状態を自分の目で実際にチェックできるのです。

そのため、マンションの管理面でのリスクを最小限に抑えることができるとも言えます。

これは、1LDKの間取りじゃなくても言えることですが、たくさんの人が暮らす集合住宅において管理の質はかなり大切です。

マンションの管理状態を購入前に確認できる中古物件がおすすめである理由がおわかりいただけるのではないかと思います。

マンション購入にはデメリットもある

どうして1LDKの中古マンション購入が一人暮らしの方におすすめなのか、「1LDK」「中古マンション」それぞれ分けて解説してきました。

ただし、マンションを購入することにはデメリットがあるのも正直なところです。

マンションを購入する際、多くの方が金融機関でローンの借り入れをすることと思います。

そのため、それが心理的に大きな負担になることもあります。

また、賃貸のように簡単に住み替えができなくなりますので、万が一転勤などの可能性がある方にはおすすめしにくくもあるのです。

これらのことに不安がある方は、価値が下がりにくい物件を購入するといいでしょう。

価値が下がりにくければ買い手も見つけやすいからです。

ただし、ローンを返済中にマンションを売却する場合は、残債を一括で清算しなくてはなりません。

そのため、ある程度の貯金を用意しておくか、もしくは、新たにマンションを購入するのであればそのマンション購入費用に充てる住み替えローンを利用して返済する形になります。

1LDK中古マンション購入は大きな魅力

賃貸物件だと、毎月家賃を支払っても手元に何も残りません。

しかし、マンションを購入してしまえば、物件は資産として手元に残すことができます。

そして、一人暮らしであれば応用のききやすい1LDKの間取りはおすすめです。

さらに、立地などの諸条件や価格面などから考えると、中古物件は大きな魅力があると言えるのではないでしょうか。