防音したい方必見!賃貸アパートで気になる騒音をdiyで対策

賃貸アパートに住んでいると、周りのお宅の生活音が気になるものです。

また、周りから音が聞こえていると同時に、自分の出している生活音も、周りのお宅に騒音となって聞こえている可能性が高いです。

しかし、防音工事を業者に依頼するのは時間もお金もかかる上、賃貸物件では自由に行えないことが多いでしょう。

今回は「diy」で、お金をかけずに部屋を防音する方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKのリビングにおすすめ!ソファを配置してくつろごう!

1LDKに住んでいる方は、リビングでソファを利用していますか。もし使っているようであれば、ど...

窓の防犯対策に面格子を後付け!選び方や取り付け方は?

近年、家の防犯においては「窓の防犯」も重要であると言われています。そのため、窓の防犯対策...

1DKで一人暮らし!快適に暮らすための「家具の配置」とは?

1DKで一人暮らしであれば、1Rや1Kに比べてゆとりある生活が送れるでしょう。家具の配置を工...

窓サッシの色はどう選ぶ?色決めのポイントや注意点をご紹介

注文住宅のメリットは、間取りや外観、仕様など、様々な要望を実現できる自由度が高いことにあります。...

2DKで同棲を始めよう!より快適に暮らせるレイアウトとは?

同棲を始めようと考えたとき、2DKであれば居室が2つあるので、十分ゆとりある生活がイメージできる...

窓の結露防止対策にはプチプチがおすすめ?種類や貼り方とは

窓の厄介事として結露がありますが、それを放置することで様々な問題がに繋がります。そのため、何...

1DKのレイアウトはどう決める?一人暮らしの参考例もご紹介

新生活がはじまると同時に、一人暮らしもはじまる方もいるかと思います。はじめての一人暮らしとな...

内窓に飾り棚!DIYでリメイクして窓をおしゃれで実用的に

今DIYで、おしゃれな窓枠を作り、インテリアと一体感をもたせたリメイクを楽しむ人が増えています。...

納戸を有効に使おう!DIYで棚作りに挑戦!

納戸を活用できていますか?「どこに何があるかわからない」という人や「どう使うのが良いのかわか...

1LDKの間取りでも種類がある!レイアウトのポイントは?

1LDKの間取りの部屋にこれから住むことを考えている方も多いことでしょう。あまり意識はしない...

木造の新築は音漏れしやすい?防音対策をして快適な住まいへ

木造住宅は、重量鉄骨やコンクリート造の建物と比べると音漏れしやすい傾向にあります。それは木材...

人目が気になる窓に目隠しルーバーをDIYで取り付けてみよう

窓は換気や採光のために必要なものですが、お風呂やトイレ、キッチンなどの窓が人通りの多い道路に面し...

賃貸一人暮らしの窓防犯対策には防犯ブザーが効果的!

賃貸アパート・マンションは、大家さんの許可を得ないと窓自体に手を加えることはできません。防犯対...

窓をステキにリメイク!内扉をDIYで取り付けよう!

お部屋を今以上に快適な空間にしたい人や、リーズナブルにお部屋の印象を変えたい人もいるのではないでし...

1LDKを自分好みにコーディネート!快適な一人暮らしをしよう

1LDKで一人暮らしをする場合、せっかくなら、センス良くコーディネートされた部屋で快適に過ごした...

スポンサーリンク

騒音となる「音」の種類とは

賃貸アパートに住んでいて、周りから聞こえてくる音はさまざまなものがあります。

気になる騒音はdiyで防音対策をとりたいものです。

ところで、部屋に伝わる「音」には2つの種類があるのをご存知でしょうか。

それぞれの音を理解することで、より効果的な防音対策をとることができるでしょう。

●個体音

これは個体が動くことで伝わる音のことを指します。

部屋の中で走ったり、飛び跳ねたりすると、壁や床が振動し、アパートの構造体を通して素早く別の部屋へと伝わる音です。

発生した振動を止めることはできないため、アクションを起こさずに過ごすことで、伝わる音を防ぐことが可能です。

●空気音

空気音は、話し声やスピーカーから出た音といったように、空気で伝わる音を指します。

個体音と比べると、振動するスピードは遅く、範囲も広くはありません。

しかし、部屋の壁や床に空気音が当たると、個体音へと変わって他の部屋に伝わります。

隣の部屋の話し声が聞こえる場合は、「空気音が個体音となり、建物の構造体を伝ってきた」と考えられます。

賃貸アパートで防音する場所は?

周りからの騒音や、自分の生活音を防ぐためにも、賃貸アパートの防音対策はしっかり行いたいものです。

diyで対策する場合、部屋のどの部分を防音すればよいのでしょうか。

いくつかに絞って、ポイントをご紹介していきます。

●床

防音の基本となるのが床になります。

歩いた際の音も響くため、普通に生活しているだけで騒音となってしまう場所です。

●壁

薄さにもよりますが、壁は個体音も空気音も伝わりやすい場所になります。

薄ければ薄いほど、騒音が他の部屋へ届きやすくなるでしょう。

●ドア

ドアの開閉の際に発生する音は響きやすい傾向があります。

また、基本的にに壁よりも薄いため、個体音と空気音を両方伝えてしまうでしょう。

●窓

ドアと同じように厚みがないため、個体音と空気音をともに伝えてしまいます。

●家電

テレビやパソコン、洗濯機など、騒音となる家電は部屋にたくさんあります。

これらの家電の使い方しだいで、音をぐっと抑えることができるでしょう。

賃貸アパートで「床」の防音対策をdiyしよう

ここからは、diyで賃貸アパートの部屋を防音対策する方法をご紹介していきましょう。

まずは「床」からです。

●カーペットを敷く

足音を防ぐためには、カーペットを床の上に敷くことが効果的です。

カーペットがあれば、高い場所からものを落とした場合も音が響かず、床が傷つくこともないでしょう。

また、カーペットはクッション性のあるものがおすすめです。

毛足の長いシャギーラグなども防音効果が高いため、選択肢に入れても良いでしょう。

●ジョイントマットを敷く

カーペットの代わりにジョイントマットを敷くことで、防音効果が期待できます。

タイルのように組み合わせて敷いていくため、部屋の大きさに合わせて設置できます。

カーペットの下に敷いて2重で使用すれば、高い防音効果が期待できるでしょう。

●スリッパを履く

スリッパを履いて移動すれば、足音をスリッパが吸収するため、音が響きません。

大き目のスリッパではパタパタと音がしてしまうため、自分にちょうど良いサイズを選ぶようにしましょう。

賃貸アパートで「壁」の防音対策をdiyしよう

続いては、部屋の「壁」をdiyで防音対策していきましょう。

賃貸アパートで手軽にできるものばかりになります。

●家具を置く

壁側に背の高い家具を置くことで、防音効果を期待できます。

本棚やタンスを壁際に置くと、空気音や個体音が伝わることを緩和することができるのです。

ポイントとしては、壁に家具をつけずに、少し離して空間を作ることです。

こうすることで防音効果がより高まります。

●遮音シートを貼る

遮音シートとは、基本的に「壁の内側に設置する建材」です。

効果が高いため、壁に直接貼りつけても防音効果が期待できるでしょう。

しかし、見た目があまり良くないため、インテリアを重視する人にはおすすめできません。

●段ボールを貼る

段ボールやポスターを壁に貼ると、壁との間に空間ができるため、防音効果があります。

段ボールの場合は、構造上すでに空気の層がいくつもできあがっています。

そのため、壁に貼ることで防音することに繋がるのです。

賃貸アパートで「ドア」と「窓」の防音対策をdiyしよう

続いては、賃貸アパートの「ドア」と「窓」をdiyで防音対策していきましょう。

まずは「ドア」からです。

●隙間テープを貼る

窓サッシに貼るイメージの強い隙間テープですが、実はドアにも使用することができます。

ドアの下には隙間が空いていることが多いですが、その部分を隙間テープで塞ぎます。

こうすることで、部屋の中の音が外に漏れることを防ぐことができるでしょう。

続いては、「窓」になります。

●厚いカーテンをする

カーテンには「防音カーテン」という種類のものがあり、高い防音効果が期待できます。

カーテンを2枚重ねにしても音が伝わりにくくなるため、おすすめの方法です。

●遮光フィルムを貼る

直射日光を防ぐために窓に貼る遮光フィルムですが、窓の振動を少なくすることができるため、音に対しても有効です。

遮光フィルムはホームセンターや100均ショップでも購入することができますよ。

●プチプチシートを貼る

遮光フィルムよりも防音効果が高いのがプチプチシートです。

プチプチシートには空気の層がたくさんついているため、音が伝わりにくい構造となっているためです。

自分でできる防音対策とは?

ここまで、diyで賃貸アパートの防音対策をする方法をご紹介してきました。

では、自分自身が行える防音対策とはどのような行動なのでしょうか。

それは、「なるべく大きな音を出さない」ように気をつけて生活することに尽きます。

歩き方1つをとっても、どたどたと音を立てて歩くのではなく、つま先から地面につけて歩いてみましょう。

すると、かかとからつけるよりも静かに歩くことができるのです。

忍び足のように歩く必要はありませんが、少し歩き方を意識してみてください。

また、生活音を出す時間にも注意しましょう。

洗濯機や掃除機は、なるべく夜は使用しないのは前提として、テレビも必要以上に大きな音にしないように注意することが大事です。

話し声も、時間によっては小さな声で話します。

夜中や早朝は静まり返っているため、小さな音でも響きやすい傾向があるのです。

騒音トラブルへと繋がるため、一般的に人が寝ている時間帯に大きな音を立てることは避けましょう。

賃貸アパートは防音対策をすることが大事

アパートで生活していて、周りから聞こえてくる生活音は、どうしても気になるものです。

特に自分がリラックスしている時間帯は、ストレスでしかありません。

しかし、自分の出している音も、周りのお宅で「騒音」ととらえられている可能性もあるのです。

diyでお金をかけずにできる防音対策はたくさんあります。

ご紹介した防音対策をとり、快適な空間を手に入れてください。