窓にアルミシートを貼って熱を遮断!暑い夏を乗り切ろう!

年々夏の暑さが厳しくなってきています。

朝から窓に注ぐ日差しが強く、エアコンを使う頻度も高くなっていることでしょう。

それに伴い、エアコンの電気料も気になるところです。

そこで、猛暑対策の優れもの「アルミシート」をご紹介しましょう。

車の暑さ対策はもちろん、家の暑さ対策にも力を発揮しますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

面倒な窓や網戸の掃除に便利グッズを活用して効率もアップ!

年の瀬が近くなると、気になるのが大掃除ですよね。中でも、キッチンのレンジフードや水回りの排水管...

防犯のために窓をロックするなら100均グッズを活用しよう!

現在、借り手がいなくて空いている部屋の、防犯は万全でしょうか?部屋の中には何もないからと安心...

長押と鴨居の違いって?賃貸ではどう活用するべき?

長押(なげし)と鴨居(かもい)、言葉自体を聞いたことはあっても、その違いを具体的にご存知でしょう...

築年数の古いアパートでもおしゃれにすれば借り手は付く!

築年数が古いアパートの入居者を増やすのは、簡単なことではありません。大家さんは住んでほしくて...

1LDKの部屋を暮らしやすくおしゃれにコーディネート!

1LDKでは、一人暮らし、カップルや夫婦での二人暮らし、子供と夫婦の三人暮らし…など、場合によっ...

暖房コストを抑えて冬を越す!窓へのプチプチ防寒法とは?

寒い冬には暖房器具が手放せませんよね。しかし、暖房器具にはコストがかかり、家計の節約にも響い...

窓の隙間は隙間テープで防ぐ!正しい貼り方で保温・防音効果

冬、暖房をつけても部屋が温まりにくかったり、風が入り込むような感覚を感じたことはありませんか。...

窓のレール部分に隙間が!原因と隙間風の対策方法をご紹介

部屋で過ごしていて、窓から隙間風を感じることはないでしょうか。窓をしっかり閉めているはずなの...

一石二鳥?1LDKの壁付けキッチンとリビングは家具で仕切る!

1LDKの賃貸物件に住んでいる方の中には、キッチンが壁付けになっているという方も多くいることでし...

冬の窓に使う断熱ボードで冷気対策!簡単に効果を実感?!

冬になると、部屋は暖房で温めているのに、窓から「ヒヤー」っとした冷気を感じることはありませんか。...

2DKで一人暮らしを始める前に部屋の使い方を知りたい!

一人暮らしを始めるとき、「2DKに住みたいけど、部屋をどのように使えばいいの?」と考える方も多い...

2DKは家具配置に悩まない?一人暮らしはタイプ別適正判断を

2DKで一人暮らしをする場合、その広さから「家具配置などに悩まない」という印象があります。家...

2LDKのレイアウト!4人家族の暮らしのコツとは?

2LDKというと、新婚の夫婦が住み始める広さの間取りとしてポピュラーではないでしょうか。...

1LDKの間取りでも種類がある!レイアウトのポイントは?

1LDKの間取りの部屋にこれから住むことを考えている方も多いことでしょう。あまり意識はしない...

1LDK賃貸をレイアウト!赤ちゃんが過ごしやすい空間を目指す

夫婦で1LDKの賃貸に住んでいた場合、赤ちゃんを授かったという理由で、慌てて引っ越す必要はありま...

スポンサーリンク

暑い夏!窓にアルミシートはどんな効果がある?

夏の暑い時期になると、フロントガラスにアルミシートを貼っている車をよく見かけます。

その理由は、少しでも日差しを遮断して、車内の熱を抑えるためです。

車は窓が多いので、炎天下の中で駐車していると、車のダッシュボードは70度以上になることもあるそうです。

そこで、アルミシートを貼っておくと、ダッシュボードの温度は50度くらいに抑えることが出来ると言われています。

このアルミシートは、日差しを遮るだけでなく熱放射率が低いので、冬は暖かい空気を外に逃がさず、夏は熱い空気を中に入れない働きをしてくれます。

そのため、車のフロントガラスにアルミシートを貼ることで、効率よく日差しを遮断し、車内温度の上昇を抑えられるのです。

このことを利用して、家の中でもアルミシートを使うことで、夏の暑さを乗り切ることが出来ます。

ちなみに、車のフロントガラスにアルミシートを貼る場合は、車内で一番早く温度が高くなるダッシュボードを隠すようにしてください。

もう少し詳しく!アルミシートの断熱効果について

では、アルミシートについてもう少し、詳しく見ていきましょう。

アルミシートは、断熱効果のあるポリエステルやポリエチレンに、熱や光を反射させるアルミを蒸着させてシート型にしたものです。

この外側がアルミ、内側がポリエチレンやポリエステルという構造が、断熱効果を発揮します。

したがって、家庭にある料理などに使う「アルミホイル」を窓ガラスに張ったのでは、強い夏の日差しの熱や光を多少反射出来るかもしれませんが、断熱までの効果は期待出来ません。

ポリエチレンやポリエステルと合わせて使うことで、遮熱が出来るのです。

冬に床とカーペットの間にアルミシートを敷いて、床からの冷気を遮断しますが、夏はこれを逆に利用して、窓からの熱気を遮断するのです。

暑い夏に!手軽な窓用アルミシート&カーテン!

それでは、アルミシートを利用して、夏の強い日差しを遮断する方法をご紹介しましょう。

【100均のアルミシート】

100均で販売されているアルミシートをレースカーテンの内側に付ける方法です。

レースカーテンの上部に目玉クリップでアルミシートを留めるだけなので、手軽ですし、すぐに外せます。

付ける際は、アルミ側を外側に向けて吊るしましょう。

劇的な効果は期待出来ませんが、窓への日差しを遮ることで、室温の上昇を遅らせることが出来ます。

【アルミカーテン】

100均のアルミシートは「手軽だけど見た目がイマイチ」と思う方には、UVと遮光が出来る「アルミカーテン」がおすすめです。

一見、ふつうのカーテンのように見えますが、アルミシートをカーテンにしたもので、裏側が「アルミ蒸着ポリエステル」加工されています。

夏は強い日差しを遮断し、冬は外の冷気を遮断するので、夏冬どちらでも使えて便利です。

取り付け方は簡単で、付属の専用クリップをカーテンに付け、アルミ面が外になるようにして、カーテンレールに留めるだけです。

今使っているカーテンと一緒にアルミカーテンを使うと、室内温度の上昇はかなり抑えられるでしょう。

大きさにもよりますが、価格も千円台からとリーズナブルなのもうれしいですね。

ご紹介した、アルミシートとアルミカーテンですが、取り付けると日差しを遮断すると同時に、室内が暗くなってしまうという難点があります。

そのことも考慮して試してみてください。

窓ガラスにアルミシートをピタッと貼って夏を乗り切ろう!

先程、ご紹介したアルミシートとアルミカーテンは手軽ですが、夏の外気熱を遮断するには、まだまだ足りません。

それは、窓ガラスとアルミシートやアルミカーテンの間に隙間があるので、そこに熱がこもってしまうためです。

家の窓に日が当たると、ガラスが熱せられるため、室内の温度が上がります。

冬は暖かくなるので良いですが、夏はより暑くなります。

熱がこもらないようにするためには、「アルミシートを窓ガラス一面に隙間なく貼る」ことです。

前述したように、窓ガラスとアルミシートの間に空間が出来てしまうと、熱がそこにこもってしまうため、出来るだけ隙間を作らないように貼ることが重要なのです。

100均のアルミシートを窓ガラスにぴったり貼り付けて、真夏にマイナス5度下がった事例もあるそうです。

しかし、100均のアルミシートも手軽で良いですが、今は専用のアルミシートが販売されているので、次項ではそれをご紹介しましょう。

おすすめ!日差しを遮断する窓専用のアルミシート!

それでは、早速、夏の日差しを遮断する窓専用のアルミシートをご紹介しましょう。

【ニトムズ 遮熱・断熱アルミシート90×90】

・アルミの反射効果と空気層で遮熱、断熱効果アップ

・UVカット率:約99%

・水貼りなので簡単に貼れ、剥がした後もきれい

・冬の結露も防止し、オールシーズン対応

・熱線カット:貼り付け効果約12度

・遮熱効果:日射カット率 約63%

【楽天市場 アルミ断熱・遮光シート2枚組】

・アルミ蒸着ポリエステルシート

・専用の吸盤付きフックで簡単取付け

・UVカット率:約99%

・断熱効果:約12度

・サイズ:約幅80×高さ180cm

【ベルメゾン 遮光・UVカット窓用アルミシート2枚組】

・腰高窓用と掃き出し窓用の2種類

・腰高窓用:幅約83cm、長さ約120cm×2枚

・掃き出し窓用:幅約83cm、長さ約185cm×2枚

・PETフィルム、アルミ蒸着、発泡ポリエチレンの3層構造

・UVカット率:約99%

・使い方は3通り

・付属フックでアルミカーテンとして使用

・付属の吸盤フックかファスナーテープで窓ガラスに密着させて使用

夏だけじゃない!窓専用アルミシートはオールシーズン活躍!

ご紹介してきたように、アルミシートは夏の日差しを遮断し、室内温度の上昇を抑えます。

いつも使っているカーテンやブラインドと併用して使うことで、効果アップも期待出来ますね。

さらに内側からだけでなく、外側に日よけを付けるなど工夫するとより良いでしょう。

また、夏だけではなく、冬に利用することで、冷たい外気を遮断し、室温を保つことが出来、結露予防にもなります。

窓ガラスのサイズに合わない場合でも、ハサミやカッターで楽に切れますし、価格もお手頃で、取り付けも簡単に出来るのもうれしいですね。

また、窓ガラスにアルミシートを貼ることで、断熱だけではなく、紫外線も遮断出来るので家具やカーテンなどの色あせ防止にもなります。

このように見てみると、アルミシートはオールシーズン使えて、冷暖房効果を簡単に高めることが出来る、優れた省エネアイテムと言えるでしょう。

窓専用アルミシートは省エネの強い味方!

窓ガラスは外気の影響を受けやすいので、夏は暑く、冬は冷たい外気が入りやすくなっています。

しかし、窓ガラスにアルミシートを貼ることで、夏は日差しを遮り、室温の上昇をかなり抑えることが出来ますし、冬は外気を遮り、結露も防止することが出来ます。

省エネ効果が高く、お値段も手頃で取り付けも簡単なアルミシート。

是非、お試しください。