アパートの窓にすだれを設置!フックを用いた方法をご紹介!

一戸建て住宅では、暑い夏が訪れると、窓にすだれを設置する家が多いですよね。

すだれを窓に設置するだけで、暑さ対策に大いに活躍が期待できますので、ぜひ使いたいものです。

ではこのすだれですが、アパートの窓にも設置することはできるのでしょうか。

この記事では、フックを用いた、アパートの窓にも可能なすだれの設置方法をご紹介していきます。

さらに、よしずの設置方法についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2DKレイアウトのポイント!幼い子供との3人暮らしには2DK!

家族3人暮らしで賃貸物件を探す際、どのような間取りにしようか悩まれることかと思います。しかし...

窓の遮光シートははがせるタイプで!貼り方とオススメ5選!

夏場、「クーラーをかけているのに、なかなか部屋が涼しくならない…」ということはありませんか?...

木造と鉄筋コンクリートそれぞれの魅力とは?音対策もご紹介

昨今の戸建てやアパートなどを見ると、様々な工法で建てられていることが分かります。住宅の構造と...

2LDKのレイアウトは2人暮らしの生活リズムから考えよう

恋人との同棲や新婚生活の住まいとして、よく選ばれるのが2LDKです。単身者向けの1LDK...

カーテンの機能性を高めるリターン!やり方次第で効果上昇?

私たちがよく目にするカーテンは、多くの機能が備わったものが販売されています。また、その機能を...

1LDKの部屋を暮らしやすくおしゃれにコーディネート!

1LDKでは、一人暮らし、カップルや夫婦での二人暮らし、子供と夫婦の三人暮らし…など、場合によっ...

マイホームの窓から隙間風が!新築を購入する上での注意点!

新築物件は「夢のマイホーム」とも言われるように、私達に夢の暮らしを与えてくれます。しかし、せ...

納戸を有効に使って収納しよう!アイデア次第で家が変わる

あなたは納戸を上手に活用できていますか?収納力を上げて、室内をスッキリさせるためには納戸をど...

窓のカーテンレールを交換する!カーテンレールの必要性とは

カーテンレールを、新しいものに交換しようとお考えの方もいるでしょう。長年使い続けたことでビス...

おすすめ納戸収納術!3畳の納戸の活用法もご紹介

皆さんは納戸を有効に使えていますか?納戸と一口に言っても広さは様々で、0.5畳ほどの狭いもの...

1DKの間取り!レイアウトのコツを知って2人暮らしを快適に

1DKの間取りで2人暮らしというと、「少し狭いかも」と思う方は多いでしょう。しかし、レイアウ...

1LDKの部屋にソファーを配置!暮らしやすいレイアウトとは?

1LDKの部屋で新生活をスタートさせる時に欠かせないのが、インテリアの配置ですよね。様々なイ...

1LDKで赤ちゃんが寝る場所はどこ?快適な空間作りの工夫!

夫婦2人暮らしには十分な広さの1LDKですが、赤ちゃんが産まれるとどうでしょうか。少し手狭に...

機能的な納戸をつくろう!マンションで賢く収納する方法

マンションの間取りでよく見かける納戸は、押入れやクローゼットと比べて収納スペースが広いことも多く...

賃貸一人暮らしの窓防犯対策には防犯ブザーが効果的!

賃貸アパート・マンションは、大家さんの許可を得ないと窓自体に手を加えることはできません。防犯対...

スポンサーリンク

暑さ対策に効果的!すだれの効果とは?

夏本番をむかえると、多くの戸建て住宅の窓にすだれが設置してあるのを目にしますよね。

暑さ対策に効果的ともいわれているものですから、ぜひ使いたいアイテムともいえるでしょう。

では実際に、すだれにはどんな効果が期待できるのでしょうか。

まずすだれについてご説明すると、細く切った竹などを編みつないだものをいいます。

すだれの主な使い道は、部屋の仕切りや日よけです。

しかしこれを窓の、特に屋外側に設置することで、暑さ対策への効果が期待できます。

なぜなら、太陽の光がすだれに直射したとしても、そこから室内に熱は伝わりにくくなるからです。

すだれの隙間にできる空気の層が、熱を通しにくくしつつ通気性を良くするため、室内に熱がこもりにくくなるのです。

この効果が発揮されれば、2~3度ほど室温が下がるともいわれています。

そのため、戸建て住宅ではすだれが多く設置されているというわけです。

しかし、暑いのは戸建てだけではなく、アパートも同様ですよね。

アパートの窓にもすだれを設置することはできるのでしょうか。

入居者には原状回復義務もありますから、うかつに設置することができませんよね。

そんなアパートにお住みの方におすすめの、すだれの設置方法を次項からご紹介していきます。

フックがあれば簡単に設置できますので、ぜひ試してみてください。

アパートの窓にすだれを!フックを用いた設置方法①

ここからは、アパートの窓にも可能なすだれの設置方法をご紹介していきます。

工事も不要で、壁などを傷つけずに簡単にできますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アパートの窓にすだれを設置する方法はいくつかありますが、ここではフックを用いた方法をご紹介していきましょう。

フックの中にも種類があり、

・サッシに挟むタイプ
・接着式タイプ
・マグネットタイプ
・熱で貼りつけるタイプ

などが挙げられます。

この中でも、賃貸物件でも安心して試せるものは、「サッシに挟むタイプ」と「マグネットタイプ」でしょう。

この2つのタイプについてお話ししていきます。

サッシに挟むタイプは、その名のとおり、屋外側のサッシに挟んで取りつけるフックをいいます。

ネジを回すだけで取り付けられるので、傷をつけずにフックを設置することが可能です。

設置したフックにすだれをかければ完了です。

また、窓の上部に金属部分があれば、マグネットタイプのフックがおすすめです。

磁石部分が窓の上部の金属にくっついてくれるので、こちらでも傷をつけずにフックを設置できます。

そこにすだれをかければ、完了です。

アパートに窓にすだれを!フックを用いた設置方法②

ほかにも、フックを使ってすだれを設置する方法がありますのでご紹介します。

ここでは、フックはフックでも、S字フックを用いた方法です。

先ほどの2つは、窓の屋外側に設置する方法でしたが、アパートによっては屋外側にすだれを設置することが難しい場合もありますよね。

そのような場合は、窓の室内側にすだれを設置するのです。

窓の上部にS字フックをかけられるところがあれば、そこにS字フックを設置してすだれをかければ完了です。

カーテンレールにも設置することは可能ですが、すだれの重さによってはカーテンレールが歪んでしまう恐れがありますので避けましょう。

屋外側に設置するよりは効果が薄れるかもしれませんが、室内側に設置するでも、暑さ対策への効果は期待できます。

しかし、すだれをアパートの窓に設置する際は注意しなければならないことがありますので、次項でお話ししていきます。

すだれをアパートの窓に設置する際の注意点!

フックを用いたアパートの窓に、すだれを設置する方法をご紹介してきました。

暑さ対策への効果が期待できますので、ぜひとも試していただきたいものです。

しかし、設置する際には注意しなければならないことがありますので、ここでお伝えします。

まず、使うフックによって耐荷重が変わるという点です。

耐荷重とは、物や部材がどのくらいの重さまで耐えることができるかを示した数値をいいます。

そのため、選んだフックの耐荷重によっては、すだれの重さに耐えきれない場合もあるのです。

ですから、フックとすだれを用意する際は、フックは耐荷重、すだれは重量を確認しておくことが重要です。

また、すだれを特に屋外側に設置したときですが、夏の強い日差しや雨・風に当たりますので、劣化することが考えられます。

お手入れをしていても、2、3年で買い替えるのが良いとされていますので、それを目安に買い替えを検討するようにしましょう。

フック不要!すだれではなくよしずを設置しよう

フックを用いた、アパートの窓に可能なすだれの設置方法についてご紹介してきました。

しかし、アパートによって窓の構造は変わってきます。

中には、すだれを設置するために使うフックがつけられない窓である場合もあるでしょう。

フックがつけられないのであれば、別の方法を検討しなければなりません。

ここでは、そんなときにおすすめの、フック不要で設置できる「よしず」をご紹介していきます。

よしずがどのようなものか簡単にご説明すると、細く切った竹で編みつないだすだれに対し、よしずは葦(あし)で作られています。

よしずの効果はおおよそすだれと一緒で、窓に設置して水をかけておくと、室内に涼しい風を取り込むことが可能です。

設置方法は、すだれよりもさらに簡単で、窓の外側に立てかけるだけで設置完了です。

よしずを設置する場合も注意しなければならないことがありますので、次項でご説明します。

よしずをアパートの窓に設置する際の注意点!

よしずをアパートの窓に設置する場合も、注意しなければいけないことがありますのでご説明していきます。

まず、よしずを用意する前に確認しなければならないのが、ベランダの広さです。

先ほどお話ししましたように、よしずはフックなどを用いず、窓に立てかけて設置するものです。

そのため、よしずを置ける広さのあるベランダであることが必須といえます。

また、風の強い日や台風の日には、しっかりとよしずを固定しなくてはなりません。

風の強い日には飛ばされてしまうことも考えられますので、ほかの住人に迷惑のかからないよう、重石などで固定しておくようにしてください。

さらに、すだれと同じく、よしずも徐々に劣化していきます。

こちらもしっかりお手入れしたとしても、2、3年くらいで買い替えるのがおすすめです。

これらの注意点を把握しておき、暑い夏を快適に過ごせるようにしてみてくださいね。

すだれやよしずで暑い夏を快適に!

アパートの窓にも可能な、すだれやよしずの設置方法をご紹介してきました。

これらは暑さ対策への効果が期待でき、効果が発揮されれば2~3度ほど室温を下げることもありますので、ぜひアパートでも活用したいものです。

すだれなどをお住まいのアパートの窓に取り付ける際は、お話しした注意点を参考に設置し、暑い夏を快適に過ごせるようにしましょう。