私道の駐車違反をどうにかしたい!通報しても大丈夫!?

私道に駐車された車が通行障害となり、困っているという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

私道であれ公道であれ、駐車違反車は他の車の邪魔になったり、視界が狭くなるため思わぬ事故に繋がったりとマイナス要素ばかりです。

私道で堂々と駐車違反されていては、気分が良くないものですよね。

そういった迷惑駐車車両は通報してしまってもいいのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

建蔽率(建ぺい率)・容積率オーバーの中古物件のデメリット

「あれ?どうして、こんなに安いんだろう」と疑問に思って確認したところ、実は建蔽率・容積率オーバー...

家賃の値上げは更新時が多い?!確認すべきことは?

家賃は毎月の固定費として考え、生活をやりくりする方が多いでしょう。ところが、契約の更新時に家...

トラブルを防ぐために…木造家屋の防音性能を考える

木造の家は日本の風土によく合い、落ち着く空間での暮らしを実現することができます。木造のニ...

登記の事前通知書の返送期限!資格者代理人の制度も紹介

不動産の登記識別情報を忘れた場合に利用できる制度として、事前通知制度と資格者代理人による本人確認...

賃貸契約の解約連絡は1ヶ月前では遅い?出費は最低限に!

管理会社や大家さんに賃貸契約解約の連絡をするのは、1ヶ月前が一つの目安にはなりますが、臨機応変に...

賃貸物件の家賃は「先払い」なのか?「後払い」なのか?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件の家賃は、毎月決められた期日までに支払う...

賃貸物件を東京で探そう!家賃相場が安いのはどの駅?

東京での賃貸物件を探す決め手は、やはり家賃の金額は大きなポイントとなるでしょう。家賃は毎月支...

賃料の値上げに応じる必要はある?納得した上で更新しよう

数年暮らしたアパートやマンションの更新時期に、賃料値上げの連絡がくることがあります。毎月支払...

長押裏の隙間から虫や隙間風が!埋めるためにはどうする?

昔ながらの日本家屋の特徴として、長押(なげし)が挙げられます。長押あっての和室とも言え、...

新築時に必須といえる登記!どのタイミングで行えばいいの?

一戸建てを新築すると、行わなくてはいけないものが「登記」です。しかし、はじめて新築した方の多...

1K賃貸住まい!家具のレイアウトやインテリアのお悩み解消!

1K賃貸住まいの方、家具のレイアウトやインテリアにお悩みではないですか?1Kの物件だと部屋が...

マンション最上階の角部屋は夏暑い?原因と対策を知ろう

マンションは、階数が上がるほど「夏の暑さが過酷」とも言われます。特に最上階の角部屋ともな...

アパートの家賃の目安はどのくらい?手取り15万円を例に解説

社会人としての生活がはじまる際、同時に一人暮らしがはじまる方もいることでしょう。そのとき賃貸...

家賃の自動引き落としを停止する場合の手続きと注意点

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件を解約する場合、家賃の支払いも解約する月...

土地や建物の登記簿謄本の取り方は?

不動産を調査する際や不動産業を行う上で重要なのが、登記簿謄本です。登記簿謄本では、土地や建物...

スポンサーリンク

私道では駐車違反をめぐるトラブルが多発!

実は、私道での駐車違反をめぐるトラブルはかなり多いのが現状です。

これは駐車をする運転手と被害者の認識の違いが大きな要因と言えます。

運転手が私道の持ち主かその家族、知人である場合、その私道に駐車するのを当然の権利と考えていることがあります。

一方、通行することも自身の立派な権利だと考える被害者は、私道に駐車するのを当然の権利とは思わないのです。

このように両者の認識が大きく違う場合、当事者同士の話し合いではなかなか解決することができません。

中には直接話し合いすることを避けるために「警察へ通報する」という方法を選択する人も多いようです。

駐車違反をする当事者と被害者は、私道の場合にはご近所さん同士であることが多く、トラブルになるのを恐れて我慢する被害者もいます。

私道の駐車違反のトラブルについて裁判になるケースもあり、悩ましい問題となっていることは間違いありません。

駐車違反はどうやって通報する?

私道の駐車違反を通報する場合、どこに通報するのが正しいのでしょうか?

基本的には、最寄りの交番に通報することになります。

駐車違反は現行犯である必要があるため、近くであればすぐに対応してもらえるでしょう。

しかし交番に警官がいない時などは、その地域を管轄する警察署に通報しても大丈夫です。

交通課や地域課の警察官が対応してくれます。

管轄の警察署については、都道府県の警察本部のホームページなどで確認することができます。

駐車違反によって重大な危険が及ぼされるなど緊急性がある場合などは110番で通報しても構わないのですが、基本的には警察署に通報する方が良いでしょう。

私道に駐車違反している車を通報する場合は

・車両ナンバー
・車種
・色
・どれくらいの時間駐車されているか

などの項目を警察官に告げることで、スムーズにいきますので通報前にメモをしておいてください。

通報の際に身元を明かすよう促されることもありますが、警察が駐車違反者に通報者の身元を明かしてしまうことはありませんので安心してください。

私道での駐車違反は通報しても無駄!?

「駐車違反を通報したのに取り合ってもらえなかった」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

これはほとんどの場合、「駐車違反された場所が私道である」からだと思われます。

これは私道によっては道路交通法が適用されない可能性があるためです。

私道は公道と違い、駐車禁止の場所はありません。

しかし駐車禁止でなくても、一定の条件を満たせば駐車違反で取り締まることは可能です。

ただしこれは道路交通法が適用される場合に限った話となります。

道路交通法が適用されない場所で、警察官が駐車違反者に処分をすればそれは大問題となるのです。

だからこそ私道での駐車違反者に対する処分は慎重さが求められ、積極的な取り締まりはされていません。

通報しても「私道だから」という理由で、取り締まってもらえないことがあるようです。

道路交通法が適用される私道とは?

では道路交通法が適用される私道とは、どのような私道を指すのでしょうか?

道路交通法第2条には「一般交通の用に供するその他の場所」を道路として定めています。

従って、私道であっても人や車が自由に通行できる道は、道路交通法上の道路とみなされることになります。

私道が道路交通法上の道路として認められるためには、一般交通の用に供していなければならないわけです。

例えば公道との出入りを遮断し、所有者しか通行しないような私道については民地内通路とみなされてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

「私道につき通行禁止」などの看板により通行を制限している場合なども同様です。

このような私道については道路交通法上の道路と認められず、駐車違反について通報しても取り合ってもらえないことが多いのが現状です。

逆に私道が道路交通法上の道路と認められれば通報することで、駐車違反として取り締まってくれる可能性が高まります。

道路交通法が適用されなくても駐車違反は取り締まることができる?

もし駐車違反で困っている私道が道路交通法上の道路ではない場合、警察に通報しても取り合ってもらえないことも多いでしょう。

だからといって駐車違反に困っているのに、我慢するしかないのでしょうか?

私道が道路交通法上の道路ではない場合、道路交通法で駐車違反を取り締まることはできなくても「保管場所法違反」を問うことができるかもしれません。

「自動車の保管場所の確保等に関する法律」の第11条には以下のことを禁止する記載があります。

・道路上の場所を自動車の保管場所にする行為
・道路上の同一の場所に昼間12時間以上、夜間8時間以上駐車する行為

従って日常的に私道に駐車している場合や長時間駐車している場合は、通報すれば保管場所法違反で取り締まってもらえるわけです。

保管場所法違反の場合、行政処分として点数が累積されます。

しかし反則金が適用されないため、検挙された場合には確実に刑事手続きが行われ刑事罰を受けなければなりません。

保管場所法違反の罰則は「3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金」、長時間駐車の場合の刑事罰は「20万円以下の罰金」です。

刑事罰を受ければ前科がつきますので、「たかが駐車違反」とは侮れないことでしょう。

通報せずに駐車違反を改善させる方法はある?

駐車違反されている私道が道路交通法上の道路でもなく、保管場所法違反でもない場合には通報などの手段ではなく自ら対処する必要がでてきます。

そこで駐車違反に効く対処方法をご紹介しましょう。

【コーンを置く】

繰り返す駐車違反にはコーンを置いてみましょう。

よく工事現場などで使われている赤いタイプのコーンです。

ネット通販などでは「駐車禁止」と書かれたコーンも販売されています。

わざわざコーンをどけてまで駐車違反をする人は少ないでしょう。

複数のコーンを置くことで効果が期待できます。

【張り紙を貼る】

「警察に通報します」などと明記しておけば、余程のことがない限り駐車違反することはなくなるでしょう。

しかし苛立ったからと言って、車に直接ガムテープなどで貼り付けるような行為は避けてください。

逆に器物損壊で訴えられてしまう可能性があります。

【監視カメラの設置】

度重なる迷惑駐車には監視カメラの設置も有効的な対処方法です。

車種やナンバーが判別できるほか、どのくらいの期間、時間、駐車しているのか分かるため証拠として活用することができます。

監視カメラが設置されているだけで、気分的にも駐車違反しにくくなるはずです。

駐車違反は通報を!

駐車違反が日常的に行われている場合、私道だからと言って我慢する必要はありません。

本来なら私道であっても路上に駐車することは危険な行為です。

しかし当事者同士の話し合いではなかなか解決しづらいため、トラブルに発展するケースが多くなります。

私道の駐車違反に対する対処方法もご紹介しましたが、私道が道路交通法上道路である場合や保管場所法違反の場合、やはり通報するのが一番良い方法だと言えるでしょう。