新築住宅の電気工事の費用は?工事内容や費用の抑え方も解説

念願のマイホームを新築する時、心配なのは建物本体ばかりではありません。

電気工事についても気にかかるところでしょう。

特に費用については、相場がわからず困っているという人も多いはずです。

そこでここでは、新築住宅の電気工事にどれくらいの費用が必要なのかについて、詳しく解説していきます。

また、電気工事の費用を抑える方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンション暮らしを東京で!条件に合う賃貸物件を探そう!

東京で賃貸マンションを探すとき、通勤・通学に合わせて物件を探すことが多いのではないでしょうか。...

マンションのドアは自分で修理可能?業者依頼の費用負担は?

マンションで生活していて、玄関ドアの調子が悪いと感じたことはないでしょうか。ドアが故障した場...

マンションのハウスクリーニング費用相場!快適に暮らそう

忙しく働いている人や掃除が苦手な人のお助けサービス、ハウスクリーニング。特別な人をお招きする...

アパートのベランダでバーベキューはダメ!子供にも教えよう

「外が騒がしいと思って窓から見てみたら、ベランダで和気あいあいとバーベキューをやっていた…」...

マンションの大規模修繕の進め方!その工程と注意点とは

大規模修繕は、マンションの管理組合にとって避けては通れない大きなイベントです。しかし、大規模...

こだわりの新築一戸建て!駐車場のデザインもおしゃれに!

新築一戸建てをこだわりぬいて建てるなら、外構のデザインにもこだわって、おしゃれなものにしたいです...

マンションの購入を後悔しないために!注意すべき点はどこ?

多くの方が、一生に一度の大きな買い物としてマンションの購入を検討しているのではないでしょうか。...

新築に引っ越し!挨拶はどこまで?品物は?挨拶の疑問解決!

新築に引っ越したら、今後の生活も考えて近隣の方に挨拶に伺う方が多いことかと思います。しかし、...

一戸建ての購入費用の目安とその内訳は?

住宅購入の際にはかなりの費用がかかりますが、いくらくらいあれば一戸建てを手に入れる事ができるのか...

マンションの管理組合を機能させ理事会で問題を解決しよう!

マンションの「管理組合」や「理事会」などと言うと、「面倒くさそう」「できればやりたくない」などの...

アパートの賃貸契約書を紛失してしまったらどうなる!?

アパートの「賃貸契約書」はきちんと管理をしていますか。退去時まで大事に保管しておかなけれ...

賃貸アパートの名義変更!結婚する際に知っておきたいこと!

賃貸アパートに住んでいる場合、何らかの事情で名義変更が必要になることもあるでしょう。結婚...

新築一戸建てへの引っ越し作業をスムーズにする準備と段取り

完成した新築一戸建てへの入居はわくわくするものですが、それに伴う「引っ越し」そのものは案外面倒で...

一戸建てにはかからないマンションの管理費はもったいない?

マンションに住むと、別途管理費が発生します。一戸建て物件とマンションのどちらを購入するか迷っ...

マンションを床暖房にリフォーム!床暖房の基礎知識と注意点

暖房機器がエアコンしかないと、寒い季節は家の中でも厚着をしないと体の芯から冷えてしまうことがある...

スポンサーリンク

そもそも電気工事とは

新築住宅に限らず、ほとんどの建物で必要になるのが、電気工事です。

現在の生活において、電気のない暮らしはほとんど想像できません。

照明や空調はもちろん、食事、洗濯、掃除やお風呂、トイレに至るまで、ほとんどの場所に電気が必要になります。

電気工事は、そうした電気の供給のために行われるものです。

電気工事の種類は、建物によっても変わってきますが、主なものでは照明の設置や配線などがあります。

電気工事は危険を伴うため、一般的に「電気工事士」の資格を持つ人が行うようになっています。

素人が自分で工事を行うことは、火災や感電の原因となるため、原則として禁じられています。

もしも違反した場合には、罰則が科されることもあります。

新築住宅の場合、電気工事は工務店が手配した業者が行うのが通常です。

しかし、施主が自分で業者を選ぶことも、もちろん可能となっています。

これは分離発注というやり方で、業者選びの手間はかかるものの、費用が下がるかもしれないなどのメリットがあります。

電気工事の内容

新築の電気工事費用も気になりますが、工事の内容についても知りたいところです。

それでは、電気工事とは具体的にどんなことをするのでしょうか。

電気工事の内容は建物の用途によってさまざまですが、新築の場合は主に次の4つになります。

・配線工事
・空調工事
・照明器具工事
・通信関係工事

順番に見ていきましょう。

配線工事は、住宅の室内へ電気を引き込むための工事です。

具体的には、コンセントやスイッチといったもののケーブル類を繋ぐ作業になります。

空調工事は、文字通りエアコンを設置する工事で、照明器具工事は、各部屋に照明器具を設置する工事です。

そして通信関係工事は、テレビや電話、インターネットの回線を繋ぐ工事になります。

近年は光ケーブルの設置など、通信関係の工事の種類は増える傾向にあります。

この他にも、防犯カメラなど防犯関係の工事や、太陽光発電のための回線工事などがあります。

新築住宅の電気工事の費用相場

新築住宅の電気工事では、工事の内容も気になりますが、やはり費用についても知りたいところでしょう。

一体、新築の電気工事の費用はどれくらいかかるのでしょうか。

これについては、条件によって変わるというのが実際のところです。

住宅の大きさがどれくらいかにも左右されますし、設備内容によって工事の種類や規模も変わります。

また、地域や業者によっても金額が異なりますから、一概にどれくらいということは難しくなっています。

電気工事の費用の相場を知りたい時には、相見積もりを取るのがおすすめです。

複数の業者から見積もりを取ることで、ご自分の住宅の電気工事にいくらぐらいかかるのか、適正な金額が見極めやすくなります。

ただし、その際はどの業者も同じ条件で見てもらうことが大切です。

新築住宅の電気工事で気をつけたいこと

新築住宅では欠かせない電気工事ですが、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

注意点は、大きく分けて3つあります。

1点目は、新築住宅特有の配線工事についてです。

新築の電気工事では、前述のように、各部屋へ電気を送るための配線を行います。

そのために分電盤を設置したり、電圧の調整等を行うのですが、こうした配線はもちろん、表に出ているわけではありません。

配線類は全て、壁の中に収めることになります。

そのため、万が一配線を間違えて工事を行い、後でそれが発覚した場合、壁を取り壊して配線し直さなくてはなりません。

こうしたことのないよう、しっかり気を配らなくてはなりません。

2点目は、木造とRC(鉄筋コンクリート)造の構造の違いです。

木造住宅の場合、配線工事の実施後に内装工事を行うため、後で配線ミスが発覚しても、比較的容易に手直しできます。

一方、要注意なのがRC造の住宅です。

こちらはコンクリート壁の中に配線が埋設されるため、後でやり直すことが非常に難しいのです。

そのため、RC造の場合は、配線ミスには特に気をつける必要があります。

そして3点目が、坪単価という表示です。

建築工事を行う際には、坪単価で大体の費用を求めることが一般的です。

しかし、一口に坪単価といっても、それが表す内容は場合によって異なります。

電気工事や設備工事を含んだ数字の場合もありますが、業者によっては建築工事のみの表記という場合もあるのです。

ですから、坪単価に電気工事費が含まれると思っていると、後で別途料金を請求されるということもあります。

こうしたことのないよう、坪単価の内にどういった費用が含まれているのか、あらかじめきちんと確認しておくことが必要です。

新築住宅の電気工事費用を抑えるには

新築の電気工事は、なるべく少ない費用で行いたいというのが実際のところでしょう。

では、どうすればできるだけ費用を抑えられるのでしょうか。

それには、コンセント類の個数や配置について、あらかじめしっかり考えておくことが大切です。

実は、電気工事で最も費用がかかるのは、後でコンセントやスイッチの数を増やす時なのです。

新たに設置する個数や場所に応じて費用がかかりますし、分電盤の交換も必要になることから、さらに費用はかさみます。

そのため、後で増設する必要のないよう、前もって配線についてよく考えておいた方がよいでしょう。

そうすることで、余計な費用をかけずにすみます。

また、複数の業者に見積りを依頼するのも有効です。

何社かを比べてみることにより、優良な業者を選んでコストを抑えることができます。

ただしあまり安すぎる業者を選ぶと、後で追加料金などを請求されることもあるため、注意が必要です。

あくまで適正な価格で、かつ良心的な業者を選ぶようにするのが大切です。

リフォーム時の電気工事費用の注意点

新築住宅を建てた後、リフォームで電気工事を行う場合もあります。

この時には、どんな点に気をつけるべきなのでしょうか。

前述のように、後でコンセントやスイッチなどを増やそうとすると、その分費用がかかります。

その際、新設か増設かによって費用が変わってくるのです。

新設とは、いままでコンセントが無かった場所に、新たなコンセントを設ける作業です。

一方、増設とは、コンセントの差込口を増やす方法になります。

これは、コンセントはあっても口数が足りないため、タコ足配線になっていたという場合などに行われます。

このうち増設は、現在の配線に新たな回路を繋ぐ工事のため、完成後の建物でも比較的容易に行えるようになっています。

しかし新設の場合は、現在のものとは別の配線を、新しく設置しなくてはなりません。

そのため、増設よりも手間がかかり、その分費用もかさんでしまいます。

その他、配線を壁の中に引くか外に出すかでも、手数や費用は変わってきます。

リフォームの場合はこうした点を考え、適切な方法で電気工事を行うようにしましょう。

新築住宅の電気工事は慎重に

以上、新築住宅の電気工事の費用等について、ご紹介してきました。

費用の相場については、さまざまな条件がからんでくるため、ひとくくりで言えない部分が多くなっています。

そのため、ご自身の住宅でどれくらいの工事費がかかるかについては、相見積もりを取るのが一番適当な方法でしょう。

また、建築後に配線ミスが発覚すると、手直しに大きな手間がかかるため、工事には細心の注意が必要になります。

そのようなことのないよう、信頼できる業者かどうかについても、事前にしっかりチェックしておくことが大切です。