1LDKの寝室を快適にレイアウト!ベッド配置のコツとは?

1LDKの間取りは、一人暮らしにはもちろん、同棲するカップルや新婚の夫婦に人気のある住まいです。

リビングやダイニング、キッチンから独立した寝室は、プライベートを確保しつつ疲れた体を癒す特別な空間です。

そんな寝室は、ベッドの配置一つで部屋の使い勝手がガラリと変わる空間でもあるため、特に二人暮らしの場合は生活スタイルに合ったレイアウトにすることがおすすめです。

この記事では、1LDKのリラックス空間である寝室のレイアウトについて、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

木造アパートは騒音トラブルになりやすい!?対策を施そう!

アパートにも戸建と同様に、木造や鉄骨造などといった、さまざまな構造があります。その中でも木造...

窓を断熱して防寒対策!効果の高い断熱シートを窓に貼ろう

冬に部屋の中を暖房で温めても、窓の近くに行くとひんやりとして寒くありませんか。窓は壁や屋根と...

窓の結露を簡単にキャッチ!結露取りワイパーでピカピカに!

寒い冬の季節に近づくと、窓ガラスに結露が現れ始め、気付いたらカビが発生していることがあります。...

2DKに多い悩み!ダイニングキッチンのレイアウトのポイント

賃貸物件には2DKという間取りの物件も多数あります。現にいまお住みの方も多いでしょうが、「ダ...

窓の柵を手作りで簡単におしゃれに変身させるポイント

皆さんのご家庭では、どのような窓の柵を使っていますか。地域や環境によっては、防犯用の窓の柵を...

窓の暑さ対策!手軽な100均グッズで電気代を節約しよう!

日差しが強くなる季節になると、窓からの熱気が気になりませんか。窓を閉め切ってエアコンを使って...

窓の遮熱シートは100均がスゴイ!エアコン効果が絶大に!

夏場のエアコンが効かなくて困っていませんか?調べても、エアコン側には問題が無い場合、いったい...

おすすめ納戸収納術!3畳の納戸の活用法もご紹介

皆さんは納戸を有効に使えていますか?納戸と一口に言っても広さは様々で、0.5畳ほどの狭いもの...

1LDKで一人暮らし!家具を配置する際に知っておきたいこと!

一般的に1LDKで一人暮らしであれば、ゆとりある生活が送れるでしょう。家具にもある程度こだわ...

窓の落下防止柵は手作りできる!対策をして事故を防ごう!

テレビや新聞で小さな子どもの落下事故のニュースを見かけます。ニュースを見たときは「気を付けない...

窓のレール部分に隙間が!原因と隙間風の対策方法をご紹介

部屋で過ごしていて、窓から隙間風を感じることはないでしょうか。窓をしっかり閉めているはずなの...

2DKで同棲を始めよう!より快適に暮らせるレイアウトとは?

同棲を始めようと考えたとき、2DKであれば居室が2つあるので、十分ゆとりある生活がイメージできる...

窓のサッシは隙間風に注意?対策方法と隙間風の原因

窓が原因と言われるトラブルの中に、サッシの隙間による隙間風が挙げられます。隙間風は特に、冬な...

窓からの虫の侵入を防ぐには?虫対策のテクニックをご紹介!

気温が上がってくると、だんだんと虫が活発に活動してきます。そんな虫が家の中まで侵入してくるの...

気になる黒カビ対策!知って得するユニットバスの扉の外し方

ユニットバスを使っていると、どうしても気になるのが知らない間に発生する黒カビです。こまめ...

スポンサーリンク

ゆったりとリラックスできる1LDKの寝室はベッドのレイアウトが最優先

一人暮らしでもカップルでも、これから新たな住まいとして1LDKの間取りを選ぶ方は多いことでしょう。

1LDKはリビング・ダイニング・キッチン+1部屋という間取りですが、プラスアルファの部屋は一般的に寝室として使われることが多いです。

これまで食事や就寝を一つの空間で完結させていた方にとって、全く独立した寝室が手に入るということは、生活や睡眠の質を上げる大きなステップと言えます。

いざ新たな生活を1LDKでスタートする際、リビングにしても寝室にしても、インテリアに優先してこだわってしまう方が多く見られますが、まず優先して考えたいのはレイアウトです。

と言うのも、レイアウトを深く考えずに、インテリアばかりを重視してしまえば、せっかくの寝室に不便を感じたり、リラックスできなかったりと、睡眠の質を上げるどころか逆効果になってしまう可能性があります。

「たかがベッドの置き場所くらいで」と思うのではなく、寝室で過ごす時間を充実させることができるレイアウトを考えていきましょう。

1LDKでより快適なベッドのレイアウト!まずは寝室とベッドの採寸

1LDKで寝室のレイアウトを考えるとき、そのメインとなるベッドの配置は頭を悩ませるところです。

まず、ベッドを配置する上でチェックしておきたいポイントは、寝室とベッドのそれぞれの大きさを測っておくことです。

新しくベッドを購入する場合、なんとなくのイメージでベッドのサイズを決める方も多く、それがレイアウト以前の失敗に繋がるケースがあるからです。

特に、1LDKで多い二人暮らしで、ダブルベッドやクイーンサイズのベッドを選ぶ際には注意が必要です。

例えば、部屋のサイズに対してベッドが大きすぎると、生活動線を確保できなかったり、それ以前に搬入することさえできない場合もあります。

無理やり搬入しようとすれば、床や建具を傷つける可能性もあり、賃貸の場合原状回復費用として大きな負担になることも考えられます。

そのため、ベッドを購入する前には、部屋の採寸はもちろん、あらかじめ寝室の出入り口の大きさも測っておくことで、失敗しない寝室に合ったベッドを選ぶことができます。

面倒がらずに、まずは寝室とベッドの採寸から始めましょう。

ベッドの設置には動線の確保を!ダブルベッドを設置するレイアウト例

1LDKの寝室レイアウトでは、生活動線の確保も忘れてはいけません。

人が生活に要する動作をするには、家具と家具の間に最低でも50~60cmの空間が必要と言われています。

さらに、ベッドと収納間の場合、少なくとも90cmの空間を設けることで、生活に支障のない動線を確保することができます。

逆に、こういった生活動線の空間を考慮しておかないと、通行や掃除など何をするにも手狭でストレスを感じる寝室になってしまいます。

では、生活動線の空間確保を踏まえ、例として6畳の寝室にダブルベッドを設置する具体的なレイアウトを見ていきましょう。

もし、二人の起床・就寝時間が異なる場合、コーナーに合わせてダブルベッドを置いてしまうと、壁側に寝る人は相手を気遣って寝起きしなければなりません。

しかし、ベッドの両サイドに空間を確保したレイアウトにすることができれば、部屋の使い勝手も良くなります。

それに対し、二人の起床・就寝時間が同じ場合は、コーナーに合わせてベッドを置くことで、動線をひとつにまとめることができます。

そうすれば、よりゆったりした生活動線を確保することができ、家具アイテムを置く余裕もできるでしょう。

1LDKで二人暮らし!シングルベッドのレイアウトもおすすめ

前項では、生活動線を意識した1LDKの寝室について、ダブルベッドのレイアウト例を見てきました。

一般的なカップルの二人暮らしでは、ダブルベッドを検討される方が多いですが、それぞれのシングルベッドをレイアウトするのもおすすめです。

メリットとしては、ダブルベッドなどに比べて部屋への搬入がしやすい点が挙げられます。

例えば階段やエレベーターを使った搬入が困難なことがあり、吊上げて搬入しなければならないケースも出てきます。

しかしシングルベッドであれば、苦労することなく部屋へ搬入することができます。

また、シングルベッドが特におすすめなのが、二人の起床・就寝時間が異なる場合です。

お互いのベッドを用意することで、気兼ねなく自分の時間に起床・就寝することができ、睡眠の質も上げることができます。

ただし、2台のシングルベッドはその分設置範囲が大きくなるため、バランス良くレイアウトできる6~8畳の広さが必要になります。

したがって、コンパクトな広さの寝室には不向きと言えるので、寝室の面積にはあらかじめ注意してください。

生活リズムが異なる二人暮らしに便利なベッドアイテム

前述してきたように、1LDKで二人暮らしをする場合、特に二人の生活リズムが異なるケースは、寝室のベッドレイアウトが重要になります。

お互いに独立したシングルベッドは、生活リズムの違いから生じるストレスをカバーしてくれますが、ダブルベッドのままでも、ハーフタイプのマットレスを使うことで、お互いの睡眠を守ることができます。

ハーフタイプのマットレスは、通常の一枚のマットレスを半分に分割したものです。

寝返りはもちろん、寝起きに伴うマットレスの振動が伝わりづらく、お互いの睡眠を妨げることはありません。

そのため、生活リズムが異なる二人暮らしには、便利なベッドアイテムと言えます。

さらに、ダブルベッドの便利なアイテムとしては、ベッドサイドのテーブルランプが挙げられます。

ベッドの両サイドにそれぞれのランプを置くことで、わざわざ寝室全体の照明を付ける必要もなくなります。

ベッドレイアウトをよりイメージしやすく!3Dシミュレーションサービス

これまでに、1LDKのベッドレイアウトについて詳しくお話してきました。

しかし、実際にベッドレイアウトを考えるとき、寝室の広さやベッドの大きさ、動線を意識した配置など具体的にイメージすることは難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、3Dシミュレーションサービスです。

3Dシミュレーションとは、間取りに合わせて家具サイズや配置のコーディネートができるネットサービスで、3D画面で生活動線などのチェックもできます。

生活のメインとなるリビングはもちろん、寝室などのコーディネートも可能です。

また、ベッドのレイアウトだけでなく、床や建具の色に合わせたインテリアコーディネートもできるので、思い描くイメージを再現しながら検討できます。

このようなシミュレーションサービスは、ネット上で無料で提供されているので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

生活スタイルに合わせたベッドレイアウトを

1LDKの間取りでは、独立したベッドルームの確保ができるからこそ、生活スタイルに合わせたレイアウトが重要です。

特にベッドは寝室の大きな部分を占めるため、いい加減な配置をすると、使い勝手も部屋のバランスも悪くなります。

新たな住まいでは、インテリアをどうしても優先してしまいがちですが、まずはレイアウトから考えていくようにしましょう。