2DKに多い悩み!ダイニングキッチンのレイアウトのポイント

賃貸物件には2DKという間取りの物件も多数あります。

現にいまお住みの方も多いでしょうが、「ダイニングキッチンのレイアウトに悩んだ」という声を多く聞きます。

では2DKの顔とも言える、ダイニングキッチンはどのようにレイアウトすれば良いのでしょうか。

この記事で、レイアウトを考える際のポイントと、レイアウトの例をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKで快適な寝室を作る!レイアウトで気を付けることとは?

賃貸物件で、リビングダイニングともう一部屋ある1LDKの住まいは、ひとり暮らしなら広々としてゆっ...

2LDKで同棲!協調性を高めるのは家具のレイアウト次第!?

2LDKで同棲カップルが暮らす場合、ただ自由に楽しい時間だけを過ごせるわけではありません。違...

1LDKで子供1人のレイアウト!家事が楽で人を呼べる部屋へ

幼い子供にとっては、家が狭いということは大きなストレスではないでしょう。いつも親を近くに感じ...

2LDKのレイアウトに悩む方必見!一人暮らしする際のポイント

2LDKの間取りの部屋で、一人暮らしをするという方もいるでしょう。一般的に2LDKは、一...

賃貸でも簡単にできる窓の防寒対策と100均で揃えられる物

寒い冬の時期は、「部屋の中が寒い」「部屋が温まるのが遅い」「窓から隙間風が入る」「暖房を消すとすぐ...

窓を素敵に飾りたい!簡単に手作りできる飾りをご紹介!

季節のイベントや誕生日パーティーのときなど、部屋を飾り付けすることがありますよね。近年では、市...

2LDKでメリハリある一人暮らし!レイアウトのコツと注意点

「自分だけの居場所で誰にも邪魔されずにくつろいだり、好きなことに没頭したい」といった願いをかなえ...

アパートの部屋の防音対策!ドアは隙間テープとゴムで塞ごう

アパートの部屋にいると、ドアから冷気や隙間風を感じた経験はありませんか。ドアは構造上、どうし...

木造アパートの防音問題!隣がうるさいと感じたときの対策!

古い木造アパートは、隣の生活音がよく伝わり、うるさいと感じることがよくあります。しかし、そのこ...

1LDKのキッチンとリビングを仕切りたい!おすすめの方法は?

1LDKのアパートやマンションは、くつろぐためのリビングがキッチンと同じ一部屋におさまっています...

窓に冷房を取り付けたい!窓の冷房の使い心地はどう?

暑い夏には必須アイテムになる冷房ですが、一般的によく使われている壁掛けのエアコンが使えない場合も...

1LDKの壁付けキッチンは収納が狭い!おすすめ収納術をご紹介

1LDKは1人暮らしやカップルの同棲にも人気の間取りで、多くの人が1LDKの賃貸物件に住んでいま...

長押と鴨居の違いって?賃貸ではどう活用するべき?

長押(なげし)と鴨居(かもい)、言葉自体を聞いたことはあっても、その違いを具体的にご存知でしょう...

マイホームの窓から隙間風が!新築を購入する上での注意点!

新築物件は「夢のマイホーム」とも言われるように、私達に夢の暮らしを与えてくれます。しかし、せ...

2DKで二人暮らし!共有スペースのレイアウトをご紹介

2DKの賃貸物件で二人暮らしをする場合、共有のスペースはダイニングとなることが多いことでしょう。...

スポンサーリンク

2DKに住むメリット・デメリット

まずは2DKについてのご説明からしていきましょう。

2DKとは2つの居室と、ダイニングキッチンがある間取りのことをいいます。

DKとはダイニングキッチンのことで、食事する場所と調理する場所が1つの空間にあることを意味します。

2DKの場合、DKの広さは6畳以上10畳未満です。

そんな2DKで暮らすメリットは、以下のとおりです。

・寝室とダイニングが分かれているので、就寝の際食事のにおいが気にならない

・2DKで一人暮らしの場合、広々と使える

・1LDKと比較すると、家賃が安いことが多くある

反対にデメリットについても見てみると、

・築年数が長い物件が多い

・エアコンの範囲が広くなる(電気代がかかる)

・一人暮らしの場合、広くて使いこなせないこともある

こういったことが挙げられます。

そして実際に2DKに住んだことがある方の意見を見てみると、「ダイニングキッチンのレイアウトに悩んだ」という方も多くいます。

この記事の後半では、ダイニングキッチンのレイアウト例についてお話をしていきますので、ぜひ参考にしてください。

次の項では、2DKのダイニングキッチンに備わるキッチンの種類についてお話をしていきます。

キッチンは大きく2パターンある

マンションだけでなく、一戸建でもキッチンは大きく2パターンに分けられます。

1つめは「対面キッチン」です。

これは、キッチンに立ったときにリビングやダイニングを見渡すことができるつくりのキッチンのことです。

小さなお子様がいるご家庭であれば、家事をしている間も子供の行動を見守ることができるので、近年では多くの住宅で対面キッチンが採用されています。

2つめは「壁付けキッチン」です。

こちらは、キッチンの前面が壁に接しているつくりのキッチンです。

壁とキッチンの間に空間をつくらないので、有効にキッチンスペースを使うことができます。

そのため、こちらも多くの住宅で採用されているキッチンです。

ただし、リビングやダイニングに背を向けることもあるので、料理をつくりながら家族の様子を見ることができない場合もあります。

2DKの物件に住んでいる方も、おそらく上記のどちらかのキッチンが備わっていることかと思います。

キッチンの種類がどちらかで、ダイニングキッチンのレイアウトも変わってきますので、レイアウトを考える前にまずはキッチンの確認からしてくださいね。

ダイニングキッチンのレイアウトを考える際のポイント

では、ダイニングキッチンのレイアウトを決める際、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

ここでポイントをお伝えしていきます。

まず1つめのポイントは、「家具の配置をどこにするか」です。

家具を配置した様子をイメージし、どこにダイニングテーブルやソファを配置したら、過ごしやすいダイニングキッチンにできるかを考えましょう。

2つめのポイントは、「窮屈感がないか」です。

2DKにはリビングスペースがありませんから、ダイニングキッチンをリビング兼用にしようとすると、どうしても窮屈になってしまうことが多いです。

そのため、窮屈さを感じないようなスペースのとり方を工夫するなどして、配置する家具をすると良いでしょう。

レイアウトのポイントで特に重要な「動線」

3つめのポイントは、「どこに通路があれば動線がスムーズか」です。

1つめのポイントでもお話しした家具の配置をイメージしておくと、通路がどこになるかもイメージがしやすくなるかと思います。

その通路が実際に生活したときに本当にスムーズな動線になるのかを考慮しておくと良いですね。

また2DKの物件の中には、ダイニングキッチンが狭いと感じる物件もあるでしょう。

この場合は、「どこに通路があれば動線がスムーズか」を考えるよりも、「動線をいかにコンパクトにまとめるか」がポイントとなってきます。

見た目はすっきりとした配置であっても、実際にご飯をつくるときに複雑な動線になっていては元も子もありません。

そのため、ご飯をつくるときに必ず通る「シンク・コンロ・冷蔵庫・カップボード」などの配置を、可能な限りまとめることが大切です。

この中でも特に相性が良いのは「シンク×冷蔵庫」「コンロ×カップボード」の組み合わせですので、これらのレイアウトを考えると、あまり広くはない2DKのキッチンでも便利に利用することができるでしょう。

以上の3つのポイントを意識して、2DKのダイニングキッチンのレイアウトを決めて行きましょう。

2DKのキッチンが対面式!その場合のレイアウトは?

ではここから、ダイニングキッチンのレイアウト例をご紹介していきましょう。

まずは、2DKのキッチンが対面式の場合です。

対面式の場合、キッチンにカウンターが付いていることがほとんどです。

そのため、そのカウンターを食事スペースとして使うのも手といえます。

カウンターにおしゃれな椅子を配置すれば、あとはリビングスペースとして使うこともできますね。

ダイニングセットを置かない分少しスペースに余裕があるので、2~3人掛けのソファを、キッチンと反対側のコーナーに配置すると良いでしょう。

そしてその向かいの壁にテレビを置き、ソファのテレビの間にテーブルを配置すれば、小さいリビングをつくることができます。

もしダイニングセットを配置したい場合は、キッチンにくっつけるようにダイニングセットを配置します。

このときどちらかの椅子をソファに替えても良いですね。

そしてソファの向かいの壁側にテレビを置けば、リビング兼ダイニングとなるレイアウトが完成です。

2DKのダイニングキッチンは最大でも9畳ほどなので、すべての家具を配置すると窮屈になりやすいです。

ここでご紹介したように、必要な家具だけ配置し、過ごしやすい空間をつくってみてください。

2DKが壁付けキッチンの場合のレイアウト例

つぎは、2DKのキッチンが壁付けキッチンの場合をみていきましょう。

壁付けキッチンであれば、対面キッチンよりも家具を配置できるスペースが広くなります。

そのため、1~2人用であれば、ダイニングセットとテレビ・テーブル・ソファを配置することもできるでしょう。

もしこれらすべてを配置する場合は、キッチンのすぐそばにダイニングセットを配置します。

そしてさらにテレビ・テーブル・ソファを、ダイニングセットの隣にレイアウトします。

そうすれば、2DKのダイニングキッチンを、リビングとも兼用して使うことができますよ。

より開放的なダイニングキッチンにしたい場合は、前の項でご紹介したような、ダイニングセットのどちらかの椅子をソファに替えると良いでしょう。

そうすれば、リビング用のテーブルを配置せずに済むので、より広々としたダイニングキッチンにすることも可能です。

過ごしやすいレイアウトがどうであるか、よく考えたうえで決めてみましょう。

2DKの顔!ダイニングキッチンのレイアウトを考えよう

2DKの顔とも言える、ダイニングキッチンのレイアウト例をご紹介しました。

キッチンの種類は大きく2パターンあるので、それに合ったレイアウトを考えてみましょう。

レイアウトを考える際は、お話ししたポイントを意識して決めると、過ごしやすいレイアウトになると思いますので、ぜひ取り入れてみてください。