狭い1DKの賢いレイアウト!キッチンスペースを無駄にしない

1DKはコンパクトで使い勝手がよく家賃が安いことも多いので、一人暮らしの方には持ってこいの間取りです。

新生活をスタートするときは、「自分だけの特別な部屋にしたい!」と思う方が多いのではないでしょうか。

一口に「1DK」と言っても、キッチンや部屋の広さは物件によって異なるため、レイアウトに悩んでしまうことがあるかもしれません。

そこで今回は、コンパクトなダイニングキッチンでも快適に使うことのできるレイアウトのポイントや、居室の使い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1DKで二人暮らし!レイアウトを工夫して快適に暮らそう!

同棲などの理由で二人暮らしをする場合、「居室が2二部屋」をイメージする方も多いでしょう。1D...

窓を簡単DIY!憧れの格子窓にするにはどうしたらいいの?

部屋のイメージを変えるために、DIYを考えている方もいらっしゃるでしょう。部屋の雰囲気はイン...

窓からの隙間風を阻止!ボードや隙間テープで対策してみよう

寒い季節になると、隙間風が気になる方もいるでしょう。外の冷気が室内に入れば、当然室温にも影響...

長押と鴨居の違いって?賃貸ではどう活用するべき?

長押(なげし)と鴨居(かもい)、言葉自体を聞いたことはあっても、その違いを具体的にご存知でしょう...

DIYで窓の枠を塗装する前に知っておきたい知識をご紹介

窓枠の塗装の剥がれ、黒ずみ、気になりませんか?様々なダメージを受けやすい場所であるにも関わら...

長押裏の隙間から虫や隙間風が!埋めるためにはどうする?

昔ながらの日本家屋の特徴として、長押(なげし)が挙げられます。長押あっての和室とも言え、...

アパートの窓にすだれを設置!フックを用いた方法をご紹介!

一戸建て住宅では、暑い夏が訪れると、窓にすだれを設置する家が多いですよね。すだれを窓に設置す...

おすすめ納戸収納術!3畳の納戸の活用法もご紹介

皆さんは納戸を有効に使えていますか?納戸と一口に言っても広さは様々で、0.5畳ほどの狭いもの...

窓に断熱フィルムを施工して効果を実感!DIY方法もご紹介

夏にエアコンで部屋を冷やした時、冷えづらく感じたことはありませんか。室温が一定に保たれな...

2LDKはレイアウトしやすい!子供に合わせたレイアウト方法

子育てをスタートさせることを考えると、「どのような間取りが子育てしやすいのか」ということを考える...

2LDKの賃貸アパートで2人暮らし!家具の配置はどうする?

カップルや夫婦が賃貸アパートに住むのなら、2LDKの間取りを選ぶことをおすすめします。ま...

1DKのレイアウトはどうする?暮らしに合わせた家具配置を

1Kには無いダイニングが備わっている1DKは、一人暮らしはもちろん、カップルの住まいとしても選ば...

1LDKのレイアウト!縦長「LDK」ならではの家具の置き方とは

1LDKは、広めの部屋を2部屋確保できるため、一人暮らしの方にとっては快適に住める間取りです。...

窓のゴムパッキンを修理したい!ゴムパッキンの交換方法は?

窓のゴムパッキンにカビや汚れが詰まっていても、掃除をするにはなかなか腰が重いことでしょう。し...

真冬の窓から冷気!防寒するにはプチプチシートがおすすめ!

冬場の「窓からの冷気をなんとかしたい!」と思いませんか?いくら暖房しても窓の近くは、「冷え冷...

スポンサーリンク

キッチンのレイアウトで悩む!「1DK」ってどんな間取り?

一人暮らしをスタートさせる際、不動産会社などで、どのような間取りがいいか悩んでしまうこともあるでしょう。

そんなときに「一人暮らしの人に向いている部屋」ということで、1DKを紹介されるかもしれません。

また、他にも一人暮らし向きの部屋として、1Kや1LDKの部屋も紹介されることがあるでしょう。

1Kは1つの居室があり、その他にキッチンスペースがある間取りです。

1DKとの違いは、「キッチンのあるスペースの広さ」です。

1LDKとの違いも同様ですが、「1K<1DK<1LDK」の順になっており、具体的には次のようになっています。

・4.5畳未満:1K

・4.5畳以上8畳未満:1DK

・8畳以上:1LDK

このように、1DKのダイニングキッチンの広さには幅があります。

これほどまでに広さが異なると、おすすめするレイアウトについては難しいところですが、今回はどちらかというとコンパクトな物件を対象としてお話ししていきます。

狭くてもダイニングキッチンを快適に使えるレイアウトのポイントを、次項からご紹介していきます。

コンパクトなダイニングキッチン!1DKレイアウトのポイント

コンパクトなダイニングキッチンのある1DKで一人暮らしをスタートさせる場合、快適に使うには少々工夫が必要になってきます。

このように聞くと「不便だから、工夫しなければならないのか」と考えてしまいそうですが、一概にそうは言えず、工夫の仕方によっては、広いキッチンよりも使い勝手のいい空間になるかもしれません。

1DKで生活を始めたら、帰宅してまず目に入ってくるのがダイニングキッチンであることがほとんどです。

そのため、ここがまとまりがなかったり散らかってしまっていると、決していい気分ではないでしょう。

そこで、どのようなレイアウトをすることで、使い勝手のいいダイニングキッチンにすることができるのかご紹介していきましょう。

近年では、100円ショップで販売されているものをはじめ、キッチンで使うと大変便利なものが多く販売されています。

例えば、小さなシンクでも問題なく使うことができる折り畳み式の水切りラックや、伸縮できるスライドラックなどです。

これらを使うことで、キッチンで調理をしないときにはスッキリと見せることができます。

また、冷蔵庫とキッチンの間にわずかな隙間がある場合も、そこに合った大きさのキャスター付きラックを使うことで収納スペースを確保することができます。

1DKだとダイニングテーブルが邪魔!?カウンターをテーブル代わりに

コンパクトな1DKのダイニングスペースでは、ダイニングテーブルを置くのが難しいことがあります。

先ほどもお話したように、小さな1DKの場合では約4.5畳~の広さになるため、テーブルを置くとそれだけで部屋がいっぱいになってしまいます。

このような場合、レイアウトに悩んでしまうことでしょう。

こういった間取りの部屋では、まずキッチンスペースに注目してみます。

キッチンにカウンターがついているようであれば、そこをダイニングテーブルの代わりとして使いましょう。

カウンターをダイニングテーブルの代わりにすることで、必要になるのはスツールだけなのでスッキリと見せることができます。

ここで注意したいのが、「テーブル代わりにカウンターを使っているため、不要な小物(雑誌やペンなど)を置いてしまう」ということです。

このようになってしまうと、食事をとるスペースが確保しにくくなってしまう上に、乱雑な印象になってしまいます。

この場所はあくまでも「キッチン」ですので、このようなものはカウンターに置かないようにしましょう。

ダイニングキッチンにカウンターがない1DK!折り畳み式家具が便利

1DKのキッチンに必ずしもカウンターがあるというわけではありませんよね。

ダイニングテーブルを置くことが難しく、キッチンにもカウンターがない場合には、折り畳み式のテーブルとチェアを使うことがおすすめです。

これは、キャンプ用品やガーデンテーブルとして販売されていることが多いです。

近年では、おしゃれなデザインのものが多く販売されているので、ダイニングスペースを素敵にレイアウトすることができます。

特に、キャンプ用品として販売されているものは、強度がありながらおしゃれに作られています。

しかも使わないときには畳んで部屋の片隅に収納しておくことができるので、ダイニングを広く使うことができます。

このように工夫することで、ダイニングキッチンがコンパクトであっても、快適に過ごすことができます。

1DKでおすすめ!ダイニングキッチンをリビングとしても使うレイアウト

ここまで、1DKのダイニングキッチンのレイアウトのポイントなどについてお話してきましたが、まだ具体的に「どうレイアウトしたらいいのかわからない」という方も少なくないでしょう。

そこで、コンパクトな1DKのダイニングキッチンレイアウトの例をあげてみます。

もちろん、物件や好みによって使い方は様々ですが、おすすめは「ダイニングを小さなリビングとして使う」という方法です。

ダイニングキッチンの他にある1つの居室は、寝室として使うことが多いでしょう。

つまり、1DKの間取りの部屋というのは、そもそもリビングに当たるスペースがありません。

4畳ほどのダイニングではなかなか難しいかもしれませんが、少し広めであれば、ダイニングを中心とした生活をすることも可能です。

例えば、小さめのテーブルやチェアをダイニングに置き、そこからの視線の先にテレビが見えるようにレイアウトするといった感じです。

この他にも、テーブルは小さめで背の低いものにして、床にはラグを敷き、クッションなどを揃えてみるとリラックスできるレイアウトになるでしょう。

1DKの居室のレイアウト!ベッドを中央に

ここまで、1DKのダイニングキッチンのレイアウトについてお話してきましたが、最後に居室の使い方についてもお話していきます。

先ほどもお話したように、この居室は寝室として使うことが多いです。

仕事や勉強をして疲れて帰ってきたら、寝室で良質な睡眠を取りたいですよね。

快適な寝室として使うことのできるレイアウトには、どのようなものがあるのでしょうか。

ある程度の広さがある居室なら、ベッドを部屋の片隅にレイアウトする方法がおすすめです。

しかし、コンパクトな居室で、ベッドを部屋の片隅にレイアウトしてしまうと不自然な印象になってしまうこともあるので、その場合は思い切って中央に置いてみましょう。

ベッドの両サイドに照明をつけると、グッとおしゃれな雰囲気になります。

また、居室を広く見せたい場合には、ローベッドを選ぶことをおすすめします。

このようなものであれば視線を遮りにくく、圧迫感を感じにくいでしょう。

1DKのダイニングキッチンは工夫次第で快適に!

1DKのダイニングキッチンがコンパクトな場合、収納スペースに悩んでしまうことはもちろん、その使い方にも悩んでしまうことが多いものです。

一人暮らし初心者の方であればなおさら、レイアウトに苦戦してしまうかもしれません。

しかし、ちょっとした工夫で快適に過ごせる部屋となります。

自分の使いやすい部屋になるようにレイアウトをしてみましょう。