用途地域の効率的な覚え方をマスターして簡単に点を取ろう!

不動産業を営む人が最低限資格として取得しておきたいのが宅地建物取引士です。

その資格試験が年に1回、10月に行われます。

おおよそ受験者の15%~20%程度が合格しますが、毎年出る問題の一つが「用途地域」です。

今回は、用途地域の内容や簡単な覚え方などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不動産登記に委任状はなぜ必要?捺印する印鑑の種類にも注意

不動産に何かしらの変更があった時、不動産登記の手続きを取る必要があります。この登記の申請...

ロフトを造るときの注意点!高さや床面積に制限がある!?

マイホーム購入は大抵一生に一度のことなので、設計からこだわる人が多いでしょう。そして家づくり...

購入したら登記は絶対必要?登記が不要の建物もあるの?

不動産(土地・建物)を財産としてお持ちの方もいるでしょう。これらを所有すると、必ずというほど...

管理会社と賃貸借契約を直接結ぶメリットとかかる費用

賃貸物件を探そうとするとき、管理会社や取引様態など見慣れない言葉を目にすることが多くあります。...

借主が家賃を延滞!延滞金の計算方法は?督促はどう行う?

賃貸物件を所有していると、借主が家賃を延滞してしまうリスクが少なからずあります。もしも、...

家賃で支払う管理費や共益費には消費税がかかるのか?

マンションやアパートといった居住用賃貸物件あるいは事務所・店舗などの事業用賃貸物件の家賃は、「賃...

敷金を返還してもらえるのはいつ?返還に関する注意点は?

賃貸物件に入居するときに、家賃の他にも敷金と礼金を支払うのが一般的です。敷金は賃貸借契約にお...

2LDKは同棲に必須?快適に同棲するための部屋割りとは?

結婚を見据えたカップルなどは、同棲するという選択肢が出てくることがあるのではないでしょうか。...

登記を知る!新築に必須の手続きは自分でできる?できない?

新築住宅の手続き中で、必ず行わなくてはならないのが「登記」です。新築住宅の登記では、金融機関...

住宅の火災保険の正しい選び方!失敗しないためのポイント

新築すると、万が一に備えて火災保険に入る方がほとんどです。不動産会社や融資を受けた銀行に...

農地転用の前に行う土地の分筆!その流れと費用について解説

所有する農地の一部に家を建てたいと思ったとき、農地転用の手続きが必須です。しかし農地転用の前...

1LDKを理想の住まいに!インテリアでおしゃれに暮らす

リビング・ダイニング・キッチンと、もう1つの部屋が付いた1LDKは、1人暮らし、2人暮らしの方に...

夜に洗濯機を使いたい!何時から何時までなら許容範囲?

日常生活で、欠かさず行わなければならない家事の中の一つに「洗濯」があります。洗濯は、その人の...

大家さんとして入居者に挨拶は必要か?かけるべき言葉とは?

投資用の不動産を購入した場合、家賃収入のために賃貸に出すことが多いです。そうなると自分は物件...

広々とした1LDKは一人暮らしにおすすめ!ネックは家賃の高さ

初めて一人暮らしをする方、または、今住んでいるお部屋が手狭になってきて引越しを考えている方、どん...

スポンサーリンク

用途地域を分かりやすく簡単に説明

まず、「用途地域」とはどういったものでしょうか?

これは、都市計画法の中の地域分けのことで、簡単に言うと、用途地域ごとに建てられる建物と建てられないものがあるということです。

地域の中には、何でも建てて良い未指定の地域や、基本的には住宅や商業用の建物が建てられない「市街化調整区域」などがあります。

用途地域が定められた地域内の土地であっても、基本的に建物は建てて良いのですが、様々な制限が発生します。

例えば、「この地域には住宅は建てて良いけれど、3階建て以上のマンションは建ててはいけません」、「この場所には工場は建てられません」などです。

街づくりにおいては、「どんな地域にもどんな建物でも建てて良いですよ」となってしまったら、街として非常に整合性が取れなくなります。

例えば、学校の隣にトラックが頻繁に往来する工場が建つと子供の登下校時に危ないなどのように危険が伴ってきます。

そのため、きちんと区分けをして、住む人が安心できる快適な街づくりを目的として用途地域の制限がされています。

そして、大まかに用途地域は3つに分けられています。

「住居系」「商業系」「工場系」に分類されます。

さらに12種類の地域に分かれ、それぞれに地域に対しての決まりごとがあります。

不動産を扱う場合は、用途地域は必ず覚えておかないといけない重要なポイントですので、自分なりの効率的な覚え方できちんと覚えておくことが必要です。

宅建試験の現状や合格率

既に不動産会社に勤務している人ならば、宅建資格を持っていなくても働くことは出来ますが、業務内容に制限が出てきます。

例えば、不動産の売買やマンションの賃貸契約を交わす際には、契約前にお客様に重要事項の説明を行わなければなりません。

この説明に関しては、宅地建物取引士しか行えませんので、資格を持っていない人には行えないという制限が出てきます。

また、業務を行う場合、不動産事務所の5人に1人は宅地建物取引士がいないと業務が出来ません。

そのため、不動産会社に勤務しようと考えている人は、宅建資格を持っていた方が、就職に非常に有利です。

合格点はその年によって異なりますが、おおよそ50点満点で35点前後が合格点になっています。

合格率は毎年15%~20%と、決して誰でもが簡単に受かる試験ではありません。

だいたい20万人受験して、3万人程度受かっているようです。

その中で、用途地域に関しての問題は、毎年必ず最低1問は出題されています。

基本的に、暗記しておけば簡単に点数が取れる程度の難易度ですので、あまり時間をかけない効率的な覚え方をマスターすれば、合格への大きな一歩となります。

宅建では必ず出題される用途地域

では、何故、用途地域が宅建では必ず出題されるのかというと、宅地建物取引士が必ず知識として覚えておかなければならない重要なポイントだということが一つ挙げられます。

建物を建てる為に購入しようとする土地に対して、その地域の制限を知らなかったら話になりません。

大きなマンションを建てる為に土地を購入したのに、「その土地には用途地域の制限がかかっていて、希望の建物が建てられない」ということになれば、目も当てられません。

そうなれば、購入の際に関わった不動産会社は大きな疑問を持たれてしまいます。

このようなトラブルを無くす為や用途地域の重要性をしっかりと認識させるという意味合いもあり、必ず試験に出題されています。

もう一点は、試験問題として出しやすいということがあります。

似たような制限がかかっている用途地域の正解を求める問題や、この地域に病院は建てることが出来るかのような形式の問題など、出題内容が幅広いので、問題が出しやすいという点があります。

毎年出題される確率が高いのが、用途地域です。

但し、多くて2問程度、概ね1問程度の出題傾向ですので、効率良く簡単な覚え方でマスターして、他の問題もしっかり解いていくことが合格への近道だと感じます。

用途地域は覚え方次第で簡単に取れる得点源

12種類の用途地域を全て完全に頭の中に叩き込むのが合格する為には大事ですが、限られた時間の中で合格を目指さないといけませんので、それなりに効率性を重視しないといけません。

しかし、毎年出題される用途地域に関する問題は、「難易度もそれほど高くはなく、きちんと覚えてさえいれば簡単に取れるレベル」だと言われています。

自分に合った覚え方で暗記して用途地域を覚えておけば、外すことはないと言えるでしょう。
基本は暗記です。

前にも述べた通り、「住居系」「商業系」「工場系」に大きく分かれていますが、このカテゴリーの中での用途地域はややこしく範囲が多いです。

この3つのカテゴリーの中での区分けをしっかり理解することが、得点獲得の近道の一つです。

暗記モノにはいくつかの覚え方がある

また、用途地域の暗記に限ったことではないですが、暗記の方法にはいくつかの覚え方があります。

まず、覚え方の方法の一つとして丸暗記という方法があります。

非効率かもしれませんが、一番確実な覚え方です。

勉強する時間が十分にある方は、丸暗記することをお薦めします。

但し、宅建の試験は範囲も広く、覚えなければいけない範囲は非常に多いです。

確実に得点が取れる方法ではありますが、あまり時間をかけないやり方で覚えることも考えた方が良いでしょう。

「住居系」「商業系」「工場系」の大枠のカテゴリーの違いは覚えやすいので、そこはしっかり覚え、あとは過去問での出題傾向で判断するという覚え方が、丸暗記するよりは簡単な方法と言えるでしょう。

過去問だけをしっかりと勉強して、過去問で出た範囲だけ覚えるのもいいですが、多少山勘的な部分もあるので、あまりお勧めは出来ません。

過去問で間違えた部分を集めて、自分なりの問題集を作成して覚えるやり方や、間違えそうな部分だけ覚えるなど、自分に合った暗記方法を取り入れてしっかり暗記した方が良いでしょう。

簡単な覚え方は語呂合わせ

また、用途地域の覚えやすい覚え方のひとつが、「語呂合わせ」です。

実際、私が学生時代に受験勉強をしていた頃、歴史の年号を覚えるときに語呂合わせを使うことによって多くの歴史年号を覚えることが出来ました。

用途地域も一区域毎に覚えるものがいくつかあるので、一文にして語呂合わせで覚えるとよいです。

私だけでなく、多くの人が語呂合わせを使った覚え方で用途地域を覚えているようです。

使う人によっては簡単に覚えられるので、よく利用されています。

私も語呂合わせで用途地域を覚えて、宅建に合格しましたので、語呂合わせの方法が自分にとっては一番効率的な勉強法でした。

これから宅建の受験をする方は、語呂合わせを活用して用途地域を簡単に覚え、ぜひ、合格を目指してください。

用途地域をしっかり覚えて宅建合格をより確実にしよう!

用途地域は、宅建試験でも必ずと言っていいほど一問は必ず出ますので、重要な箇所です。

簡単な覚え方をマスターすれば、出題される問題に関しての難易度は高くないので得点源にもなります。

但し、試験問題に出るから覚えるのではありません。

今後、宅地建物取引士の資格を活用する為にも、用途地域をしっかり理解して使えるようにしておくのが良いでしょう。