新築のキッチンの背面収納はしっかり考えておくのが吉!

新築の住宅で気になるのが「収納」ではないでしょうか。

クローゼットなどの収納も大切ですが、毎日使うキッチンの収納も忘れてはなりません。

当記事では、人気のキッチンの背面収納の魅力から、失敗しないための選び方のポイントについてご紹介していきます。

ぜひ、ご自身の使い勝手に合う背面収納に出会ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンション火災保険!おすすめの補償など選ぶポイントとは?

一戸建てを購入した際には、「火災保険」が必ず検討事項に入ることでしょう。しかし、分譲マン...

狭いマンションの玄関でもインテリアを工夫しておしゃれに!

マンションの玄関は一般的に狭いことが多く、ものが溢れ、雑多な印象であることも多いのではないでしょ...

一戸建ての購入費用の目安とその内訳は?

住宅購入の際にはかなりの費用がかかりますが、いくらくらいあれば一戸建てを手に入れる事ができるのか...

マンションの騒音は上の階でも下の階からでも起こりうる

マンションの騒音トラブルというと、上の階の音が下の階に響くことによって起こるものと思われがちです...

マンションのキッチンを使いやすくするにはレイアウトが重要

お住まいのマンションのキッチンが使いにくいと感じている方もいるのではないでしょうか。もしかし...

マンションの収納が足りない!マンション収納の不満解消法!

一戸建てと比べると、マンションの収納は少ないことが多いです。収納が足りないとものがあふれかえ...

マンションは南向きより東向きがいい!?後悔しない物件選び

物件を探す際、日当たりのよさを気にする人も多いです。そのため「南向き」であることを条件と...

一戸建ての購入を決めたら知っておきたい中古一戸建ての価値

一戸建ての購入は人生における大きな買い物のひとつと言えます。一戸建ては新築にするのか、中...

新築内覧会は慎重に臨むべき!チェックリストで確認

大切な家が引き渡しされる前に、契約どおりきちんと建てられているかチェックをする「新築内覧会」。...

マンションのリフォームはご近所への事前の挨拶が大切!

マンションのリフォームが決まったら、忘れてはいけないのがご近所への挨拶です。今まで、ご近所と...

マンション建て替えの費用負担はマンションの区分所有者!

築年数が古いマンションは、耐震性に不安があったり設備が古くなってしまったなどの理由で建て替えるこ...

新築のリビングの広さはどれくらい?リビング設計の注意点

新築住宅を建てることが決まると、どのような家にするかワクワクしますよね。家族でほとんどの...

2LDKの相場が知りたい!東京でマンションを探す時のポイント

東京で2LDKの住まいを探すとなると、まずはどこの沿線上に住みたいかをある程度定めておく必要があ...

新築するならweb内覧会が掲載されているブログをチェック!

もしも、これから家の新築を考えられているなら、ブログに掲載されているweb内覧会をチェックしてみ...

一戸建てを新築したら火災保険に入るべき?相場はどれくらい

マイホームとして一戸建てを新築したら、火災保険に加入するべきか悩まれる方も多くいます。火災保...

スポンサーリンク

新築のキッチンの背面収納!こだわりはある?

皆さんは、キッチンの背面収納にこだわりはありますか。

これまでのキッチンの背面には、市販の食器棚やスチール棚などを使って食器や調理家電の収納をしていることが多くありました。

しかし、近年ではキッチンとおそろいの収納が登場していたりと、見た目がいいだけではなく、使い勝手もよくなってきています。

そんなキッチンの背面収納を、新築の家に取り入れることを考えている方も多くいるのではないでしょうか。

キッチンの背面収納がない場合には、同じような色合いの食器棚などを使っていても、何となく生活感が感じられてしまい、「おしゃれ」と思うことは少ないかもしれません。

しかし、背面収納があることでおしゃれに、きれいに収納することが可能になるのです。

では、新築のキッチンの背面収納を失敗させないためには、どうしたらいいのでしょうか。

新築のキッチンの背面収納は大きくし過ぎないで!

新築の住宅が完成し、キッチンを使い始めてから不具合や使い勝手の悪い場所が見つかっても、簡単に仕様を変えることはできません。

このことから、新築の住宅を建てる際には、背面収納などについてよく吟味しておく必要があります。

背面収納を取り入れる利点については、「シンクで洗った食器をすぐに収納することができる」ということがあげられます。

シンクで後ろを振り向けば収納棚なので、片付けや取り出しに便利です。

そのため、料理の準備をする際にも大変便利でしょう。

このように便利なことが多くあげられるキッチン背面収納ですが、失敗してしまいがちなこともあります。

例えば「壁いっぱい背面収納にしてしまう」という方法は意外とやってしまいがちです。

一見すると、「壁いっぱいの収納があるのであれば、使いやすいのでは?」と思ってしまうところですが、実はここが盲点なのです。

キッチン収納について考えた時、一体だれがキッチンを頻繁に使うのかについて考えてみてください。

近年では、料理を男性が行うことも多くなってきましたが、やはり女性がキッチンに立つことが多いものです。

そのため、床から天井いっぱいの背面収納にしてしまうと、どうしても天井に近い部分に手が届かないので使わなくなってしまうことが考えられます。

せっかくのキッチン背面収納がこれでは勿体ないですよね。

このような場合には、高く収納を作るのではなく、横に長くなるように収納を作ると、より便利になるでしょう。

新築のキッチンの背面収納でやりがちな失敗例

床から天井まで壁いっぱいをキッチン背面収納にしてしまうということは、意外とやってしまいがちということはおわかりいただけたかと思います。

この他にもやりがちな失敗例というものはあります。

例えば、背面収納を奥行きがあるものにしてしまうことです。

もちろん、ある程度の奥行きがないと収納はできなくなってしまうので、奥行きは必要です。

しかし、あまりに奥行きがあると、奥に収納したものが取り出しにくくなってしまいます。

そのため、新築のキッチンの背面収納では、奥行きを取り過ぎないことをおすすめします。

もし、奥行きのあるものを設置する場合には、取り出しの際や収納の際に簡単に行えるように工夫しておくといいでしょう。

また、キッチンと背面収納までの間にスペースがない場合に重宝する引き戸タイプの収納ですが、これも棚の中で何かが引っかかってしまうと、スムーズに開閉ができなくなってしまいます。

キッチン背面収納を選ぶ際には、「実際に生活が始まったら、使い勝手はいいのか」ということをよく考えて、選ぶようにしましょう。

新築キッチンの背面収納に引き戸を!メリット・デメリットは?

新築の住宅にキッチン背面収納に引き戸を採用する人も増えてきています。

キッチンの背面収納では、引き戸タイプのものと開き戸タイプのものが販売されています。

引き戸タイプのものであれば、場所を選ぶことなく使うことができます。

一方、開き戸タイプのものでは、扉の前に何かがあると、開閉がスムーズにはできなくなってしまいます。

このようなことを考えると、引き戸タイプのものが使いやすいということが分かります。

また、引き戸タイプのものにはこのほかにもメリットがあります。

それは、「棚の中が見やすい」ということです。

引き戸タイプのものであれば、料理の最中でも、扉を開けてしまうことで、棚の中すべてを見渡すことができます。

そのため、「どの食器が必要になるのか」をすぐに確かめることができるのです。

新築でキッチンの背面収納を考えた時はメーカーで選ぶべき?

新築の住宅でキッチン背面収納を考えた時には、メーカーで販売しているものを選ぶべきなのか、自分好みのものにするために、オーダーメイドにするべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

「どちらがいい」と一概にいうことはできませんが、どちらもメリット・デメリットがあります。

まずメーカーで販売されているものです。

メーカーで販売されているものは、デザインや仕様が完成されていますので、キッチンのデザインや使い勝手を基準に選ぶことができます。

価格は高いものからそうでないものと幅広いですが、自分の好みに近いものを選ぶことができるでしょう。

しかし、好みに近いものがない場合には、なかなか選ぶことができないことが考えられます。

では、オーダーメイドの場合ではどうでしょうか。

オーダーメイドであれば、自分好みものができ上がる可能性は高いでしょう。

ただし、価格が高くなってしまいやすいことがデメリットとしてあげられます。

価格を気にするあまり、耐久性などが犠牲になっていれば、使い勝手としては悪くなってしまいます。

オーダーメイドを考える際には、予算とよく相談しましょう。

キッチンの背面収納はインテリアの一部

キッチンの背面収納で忘れてはならないのが「リビングからどう見えるか」についてです。

家族と会話がしやすいことや、子供の様子が見られるなどの理由から、対面式カウンターキッチンが主流になりつつあります。

このことから、リビングからキッチンを見た時、目に付くのが背面収納になります。

そのため、キッチンはきれいにしていても、背面収納が片付いていないと、散らかって見えてしまうでしょう。

新築の住宅に引っ越してきたばかりであれば、なおさらきれいに見せたいものです。

また、キッチン背面収納には大きく2つのタイプがあります。

・備え付け棚
・カスタマイズ可能な棚

これらは「こっちの方がきれいに見える」とは一概に言えませんが、比較的スッキリと見やすいのは備え付け棚の方です。

これは、備え付け棚の方が背面収納として一体感を出すことができるからです。

しかし、調理家電などを収納する際に、棚の大きさに合ったものでないと、収納ができなくなってしまうことがデメリットとしてあげられます。

このデメリットを最小限にするには、あらかじめ余裕をもった造りにしておく必要があるでしょう。

新築のキッチンは背面収納でスッキリきれいに!

キッチンの収納というのは、新築の住宅の間取りなどを決める際に忘れてしまいがちですが、背面収納を採用することで、スッキリと見せることができます。

また、背面収納をきれいにしておくことで、対面式カウンターキッチンを採用した住宅では、部屋全体がスッキリとして見えます。

新築の住宅を検討している方は、背面収納にもこだわってみてはいかがでしょうか。