家賃の値上げの通知が届いた!どのように対応したらいいの?

同じアパートに長年住んでいると、ある日、家賃の値上げをお願いする通知が手元に届くこともあるでしょう。

どれほどの値上げをお願いされるのかはその物件によって様々ですが、毎月の家計に響いてくるため、どのように対応したらいいのか、悩んでしまうという方も多いかもしれません。

そこで今回は、通知が届いたらどうしたらいいのか、なぜ家賃を値上げするのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃の値上げは更新時が多い?!確認すべきことは?

家賃は毎月の固定費として考え、生活をやりくりする方が多いでしょう。ところが、契約の更新時に家...

複数の用途地域にまたがる土地!有効採光面積の算出方法とは

マイホームを建てるためには、土地も購入しなくてはなりませんね。土地を購入する際に注意しなけれ...

登記情報を閲覧したい!インターネットを使って見れるの?

マイホームを購入する際は、必ず登記が必要になります。登記された後に自分が所有している不動産登...

木造の家は寒いって本当?寒さの原因とその対策方法とは?

よく「木造の家は寒い」と聞きませんか?冬が訪れると気温も低くなりますから、外出先から帰宅...

アパートの家賃の目安はどのくらい?手取り15万円を例に解説

社会人としての生活がはじまる際、同時に一人暮らしがはじまる方もいることでしょう。そのとき賃貸...

容積率・建蔽率とは?前面道路の幅員規定や角地緩和を解説

家を新築する際、建築基準法や都市計画法に則って住宅の大きさなどを決めなくてはなりません。...

土地の登記を理解しよう!必要書類と手続きのポイントは?

不動産の取引において「不動産登記」は必ず発生します。その目的は、不動産(土地や建物)の所有者...

新築時の登記とは?手続きの流れと必要なものを把握しよう!

新築の建物が完成した際には、登記をする必要があります。新築住宅の完成ともなると、他にもさまざ...

1DKで念願の一人暮らし!インテリアはどうしたらいい?

春などは新生活がスタートし、一人暮らしを始めるという方も多いのではないでしょうか。そんな...

登記情報を閲覧する費用を紹介!インターネットからも取得可

ただ情報を確認したいだけでも、公的な書類の閲覧ということになると無料というわけにはいかない場合が...

マンション最上階のメリット・デメリット!暑いときの対策法

マンションに住むにあたり、一度は最上階に住むことに憧れた方も多いのではないでしょうか。マンシ...

準防火地域だけど外壁を板張りにしたい!方法はある?

家を新築する際、外観にこだわりたい方は外壁を板張りにしたいというご希望もあることでしょう。し...

法人登記とは何?会社・自宅の住所欄にマンション名は必要?

働き方改革や雇用の不安定さから、「自分で会社を設立し経営したい」と考える人が増えていると言われて...

賃貸物件の退去時に敷金以上の請求がされるのはどんな時?

賃貸物件の退去時、入居の際に支払った敷金以上の金額を請求される場合があります。それはいったい...

賃料の値上げに応じる必要はある?納得した上で更新しよう

数年暮らしたアパートやマンションの更新時期に、賃料値上げの連絡がくることがあります。毎月支払...

スポンサーリンク

家賃の値上げの通知書が!何で値上げをするの?

多くの方は、「家賃は値段が変わらずにあるもの」と考えてしまいがちです。

確かに、他の日用品などと比較して、そうそう価格が変化するものではありません。

しかし、長年住み続けていると家賃の値上げの通知が届くことがあります。

では、なぜ家賃の値上げが行われるのでしょうか。

その理由は大きく3つ挙げることができます。

順番に見ていきましょう。

①地価の値上げ

アパートなどの賃貸住宅に限らず、建物は「土地」に建てられていますよね。

そんな土地には、土地の価格を示す「地価」が決められています。

これは土地を購入する際には注目することですが、賃貸住宅を契約する際にはあまり意識しないことでしょう。

そんな地価ですが、時折変動し、高くなってしまうことがあります。

すると、固定資産税も値上がりすることになり、それを補うために家賃の値上げを求められることがあります。

②経済事情の変動

物価が上がったなどの理由で、家賃も値上げされることがあります。

③近くの同じような物件よりも家賃が安い

似たような間取りで同じような地域の物件というのは、家賃も同じくらいであることが多いです。

同じような物件よりも大幅に家賃が安い場合に、その差をなくすために家賃の値上げを行うことがあります。

家賃の値上げの通知が来やすい場合とは?

ご説明したような理由から家賃の値上げが行われることが多いですが、実は値上げの通知が来やすい場合というのがあります。

【入居態度】

普段から入居態度があまりよくないと、印象がよくありませんよね。

これは大家さんももちろん感じていることなので、注意しても改善されないような場合、値上げの理由になる可能性があります。

とはいえ、もちろん「入居態度が悪いから」という理由であるとははっきり言われないでしょう。

あくまで先述したような理由で通知されるでしょうし、それも嘘ということはないでしょう。

しかし、理由のひとつ、きっかけになる可能性はあるので、理解しておく必要があります。

【契約更新時】

家賃の値上げの通知が来るタイミングとして最も多いのが契約の更新時です。

これは単純に区切りがいいためです。

契約の途中で突然値上げの通知が来ても、入居者としては「今の金額で契約は済んでいる」と考えますので、受け入れがたいのが普通です。

しかし、更新時であれば、新しく契約し直すわけなので、受け入れてもらいやすいです。

そのため、大家さんとしても値上げしやすいタイミングです。

ただし、入居態度に問題がなく、契約更新前でも、値上げが行われることはあります。

通知が来たからといって、「大家さんに嫌われている」、「追い出されようとしている」などとは決めつけないでください。

家賃の値上げの通知が来たら拒否はできるの?

毎月払っている家賃が「値上げをします」という通知が来たら、家計に重くのしかかってきますので、拒否したくなるところですよね。

家賃の値上げは、貸主・借主双方の同意がないと行うことができないため、借主が拒否すれば値上げはできません。

「部屋を貸してもらっている側だから応じなければならないのでは」と思ってしまいますが、家賃を毎月支払っているのであれば、貸主とは立場は対等です。

そのため、貸主だけの意向で値上げをすることはできないのです。

しかし、いくら値上げを拒否したいからといって、断固として話を聞かないのは得策ではありません。

貸主側としても、当然理由があっての値上げのはずですので、まずは話を聞いてからです。

家賃の値上げを知らせる通知が来たら

先ほどもお話したように、家賃は頻繁に値上げをするものではありません。

そのため、いきなり値上げの通知が届くと、驚いてしまいますし家計にも大きな影響を与えます。

このような通知が来た場合にまず行うことは、アパートを借りるときに交わした「賃貸借契約書」の「賃料」についての確認です。

多くの場合、「貸主・借主が協議し、賃料を改定することができる」といった内容が記載されているでしょう。

このことを確認したのち、なぜ家賃を値上げするのか理由を聞いて協議します。

値上げの理由が適切である場合には、値上げに応じることが多いですが、納得がいかない場合や話がこじれてしまうこともあるかもしれません。

こういった場合には、専門家に間に入ってもらったり、違う物件に引っ越すことも検討する必要が出てくるでしょう。

専門家に依頼する場合には、まずは無料相談を利用して、アドバイスをもらってみるのも1つの方法です。

家賃の値上げを拒否したい!そんなときはどうしたら?

ご説明してきたように、貸主が家賃の値上げを通知してくるには様々な理由が考えられます。

その理由が納得できるものであれば、もちろんそれに応じて家賃を支払うことになります。

しかし、場合によっては「拒否したい!」と考える方も少なからずいるのではないでしょうか。

そういった場合の対処方法としては以下のようなこと取れます。

【書面対応】

基本的に、こういった場合では書面で対応することになります。

手元に届いた通知に返答するような形で対応を行います。

多くの場合、値上げの通知にはそれに同意するための署名・捺印をする箇所がありますが、同意しないときには記名押印はしません。

また、返答内容を記載したらコピーを取っておくなどすると、証拠資料として役立ちます。

【電話】

基本的には「言った・言わない」を防ぐために書面でやり取りを行うのですが、電話で家賃の値上げに同意するよう伝えられることもあります。

その場合、書面でやり取りしたい旨を伝えるようにしましょう。

家賃の値上げに応じないと更新できない?

まれに、契約更新時に家賃の値上げの通知が来て「値上げに応じないと、契約の更新ができない」といったことを伝えられることがあります。

このように言われると不安になってしまいますが、こういったことは認められません。

基本的に貸主が一方的に契約を終了することはできないのです。

借地借家法によると、貸主側から契約を終了させるには次の条件が必要です。

・6ヶ月以上前には申し出ること
・正当事由があること

また、契約書の記載についても、上記に反するような内容は無効とされています。

なお、正当事由とは、アパートの老朽化などによって建物が崩壊する恐れがあり、賃貸住宅として経営を行っていくことが難しい、というような理由のことを言います。

つまり、「家賃の値上げに応じないから」というだけの理由で契約の更新が行えないというのは違法になります。

家賃の値上げの通知が来ても焦らずに

家賃の値上げの通知が来たら、「どうしたらいいの?」と焦ってしまうこともあるでしょう。

しかし、まずは落ち着いて、賃貸借契約書やアパートを借りる際の重要事項説明書に目を通してみてください。

内容が難しいため、一度読んだだけでは理解できないこともあるかもしれませんが、焦らず「自分に不利なことは記載していないか」を確認してみましょう。

トラブルを避けるためにも、契約書の内容は把握しておいてください。