隣地境界線の塀はブロックとフェンスでシンプルなデザインに

家を新築すると同時に、外構も考えなくてはなりません。

家のデザインに合わせてどのような外構デザインにするのかも楽しみのひとつですね。

しかし、境界線は隣接する近所との兼ね合いもありますから、話し合いが必要になります。

この記事では、境界におすすめなブロックやフェンスをご紹介するとともに、門周りについての外構デザインについてもお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

買取金額に納得ができない場合

買取業者が提示する買取金額に納得できなかった場合に、あなたが採ることができる選択肢についてまとめまし...

地目が雑種地の土地に家を建てるのは可能?その流れと注意点

注文住宅で家を建てようと考えている場合、土地を探すことからはじめるでしょう。土地ひとつひとつ...

誰でもできる?!土地を個人売買するための流れと注意点

不動産をお持ちの方は、不動産を売却するタイミングが大切です。土地や家屋、マンションなどの不動...

【保存版】借地権について説明します

・借地権とはどのような権利か・借地権には「土地賃借権」と「地上権」の2種類がある・借地権を定...

登記の地目が畑である土地に家を建てるために必要なこと

家を建てるために土地を購入した場合、その土地によっては建築に制限があったり、建築できなかったりす...

地目が公衆用道路の土地を所有?売買価値やその注意点とは?

公衆用道路は、その地目名からして民間人が個人で所有しているという印象はあまり無い土地でしょう。...

マイホーム用の土地はどれくらい必要?そもそも1坪は何m2?

マイホームを注文住宅で建てるにしても、その前に必要になるのは「土地」ですね。しかし、「どのく...

正しい位置に境界杭を設置したい!種類や費用について解説!

土地を区別する「境界線」は、目に見えないものですよね。そこで重要になるのが、目印の役割を果た...

気になる地番の調べ方!無料で調べるための3つの方法!

不動産の登記で必要になる地番ですが、日頃お使いの住所とは違うことも多く、どのように調べたらいいか...

土地の価格を計算する時に利用する路線価を知ろう!

土地を購入する時や相続、贈与によって土地を取得する際、その土地の価格を調べる必要があります。...

【境界トラブル】塀や樹木の越境はどう対処すべきなの!?

住居の密集している地域では、土地の境界をめぐるトラブルが起きやすいとされています。もし隣地か...

地目が畑の農地を相続した場合「駐車場」として活用するには

地目が畑などの農地を相続したときに、自分に農業を継ぐつもりがなく、駐車場にして活用しようとした場...

地目が原野!家を建てて宅地にすることはできる?登記と現況

「家を建てたい」と考えて、いろいろと調べていくと、地目によっては家を建てることができないというこ...

借地契約書がない場合

借地契約においては、書面で契約書が残っていないというケースがあります。原契約は数十年前に交わ...

教養ある大人として覚えておきたい!住所の正式な書き方

住所の書き方を意識する場面は少ないでしょう。住所は伝わりさえすればいいものだと考えている...

スポンサーリンク

境界線って?

まず、境界線についてご説明します。

「敷地境界線」は建物が建っている敷地内の外周のことです。

敷地境界線は、「隣地境界線」と「道路境界線」に分けることができます。

隣地境界線は、所有の土地と隣接するの土地との境を示します。

道路境界線は、所有の土地と道路との境を示します。

境界線で、特にトラブルになりやすいのが隣地境界線でしょう。

土地にはほどんどの場合、境界杭というものが埋め込まれています。

その境界杭に基づき、隣接する土地との境界線がわかるようになっています。

境界杭について不明な点がある場合は、公共機関に問合せしましょう。

そして、隣地境界線にブロックやフェンスを建てることにより、はっきりと境界がわかるようになるので、自宅敷地内を自由に使うことができます。

例えば、境界線があいまいであると、物を置いたとき、隣の敷地に入り込んでしまう場合もあるでしょう。

そういった事態を防ぎ、良好なご近所づきあいをする上で、隣地境界線にブロックやフェンスを建てることはとても大切といえるでしょう。

隣地境界線にブロックやフェンスなどの塀を建てるためには?

隣地境界線である部分にブロックやフェンスで塀を設置する場合、お互いの話し合いが必要になります。

片方の独断で、隣地境界線上に塀を建ててはトラブルのもとになります。

トラブルを避けるためにも、必ず話し合いをしましょう。

お互い納得の上、ブロックやフェンスなどの塀を建てることになった場合、費用も共同で負担することになります。

一方、話し合いの末、どうしても同意が得られない場合でも、民法のルール内のもの(板塀、竹垣など)であれば、隣地境界線上に塀を建てることは可能です。

しかし、ブロックやフェンスを用いた塀を設置するとなる場合、建てる側が費用を負担することになります。

塀そのものの持ち主は、建てた側の所有になりますので、もし修理が必要になった際は、その修理費用を負担しなければなりません。

また、隣地境界線上に建てる塀の高さは2メートル以内という制限があります。

では、隣地境界線の塀となるブロックやフェンスはどのようなものを選んだらいいのでしょうか。

隣地境界線にはシンプルなブロックとフェンスがおすすめ!

隣地境界線上に塀を建てることになった場合、トラブルになりやすいのがフェンスの向きです。

フェンスによっては、表と裏があるものがあります。

費用負担を共同でするとなると、どちらかが表でどちらかが裏となると気持ちいいものではありません。

そのため、表裏のないようなデザインのフェンスを選ぶといいでしょう。

また、デザイン性の高いフェンスやブロックはその分、費用も高くなります。

お互いの話合いで納得できるならそれも可能ですが、多くの場合、かかる費用から考えてもシンプルなデザインのフェンスやブロックが無難といえるのではないでしょうか。

例えば、化粧ブロックに縦格子のフェンスなどはいがかでしょうか。

コンクリートブロックでももちろんいいのですが、少々味気ないと思う方もいるでしょう。

コンクリートブロックより、化粧ブロックのほうが断然おしゃれですね。

縦格子のフェンスはシンプルでありながら、格子の数を選ぶこともできます。

格子の本数が増えることに目隠し効果も期待できます。

なお、メッシュフェンスも表裏がないタイプと、表裏があるタイプがあります。

お互いが費用を出し合う場合は、偏りのないフェンスのデザインを選ぶようにするのがおすすめです。

一度建てると、建て替えは簡単ではありません。

後悔のないようにしっかりと検討する必要があります。

隣地境界線より内側にブロックやフェンスを建てる場合は?

隣地境界線に塀を建てることが同意してもらえなかったり、どちらかがデザイン性の高いブロックやフェンスで塀を作りたいというような希望があったりする場合、共同での設置は難しくなりますね。

その場合は隣地境界線より内側、つまり敷地内でフェンスを建てることになるでしょう。

その場合、やはりトラブルを避けるためにも、敷地内に塀を建てるということはあらかじめ隣近所に話しておくとトラブルを避けられるでしょう。

敷地内に塀を建てる場合は、隣地境界線のような「高さ2メートル以内」という制限はありません。

しかしながら、常識の範囲内での高さにするようにしましょう。

あまりに高い塀の場合、隣の日当たりに影響してしまうことになります。

さらにその高い塀が倒れて隣の建物などを傷つけてしまうといった事態も想定できますから注意が必要です。

門周りはこだわりのデザインを!

隣地境界線では多くの場合で、シンプルなデザインであるブロックやフェンスが選ばれるようです。

しかし、門周りは個性的なデザインにしたいと思う方も少なくないでしょう。

門周りではどのようなデザインの塀が人気なのでしょうか。

例としていくつかご紹介します。

●鋳物フェンスとレンガ

鋳物フェンスとは、鋳型にアルミの熔材を流して作られたのもです。

デザイン性のあるフェンスです。

近年では人気キャラクターを用いたデザインのものもあります。

レンガとの組み合わせは洋風の家に合う、おしゃれな印象となります。

●竹垣フェンス

和風の家なら、竹垣フェンスがおすすめです。

岩や植栽との相性もよく、目隠しつつも、庭を飾ることができるフェンスです。

竹垣とはいえ、数種類の中から選ぶことができます。

木目を楽しむフェンスもおすすめ

木目調のフェンスは、木のぬくもりを感じられるデザインとなっています。

門周りや、道路境界線に取り入れることでおしゃれな外構になります。

●木目調フェンス

化粧ブロックと木目調フェンスを組み合わすことで、木目の風合いを楽しむことができます。

木目調フェンスは、表は木目調で、裏側はアルミとなっているものがあります。

隣地境界線上では、表裏のあるデザインは選びにくいですが、門周りや、道路境界線の内側なら、表裏のあるようなデザインのフェンスも設置できます。

また、表も裏も木目調が楽しめるフェンスもありますが、お値段も少々高めでしょう。

●枕木風の角材

実際の枕木を使うとなると、重さやシロアリの被害といったリスクが考えられますからおすすめできません。

そこで、木のようなデザインが施された「アルミ製の枕木風の角材」なら、低コストでデザイン性の高い門周りを演出できます。

枕木風の角材を縦に埋め込み、並べて設置するだけでフェンス代わりになります。

適度な目隠しにもなる上に、風通しは邪魔しません。

植栽との相性もよく、デザイン性の高いフェンスといえるでしょう。

隣地境界線はシンプルに!道路境界線は個性的に!

隣地境界線に設置するフェンスやブロックは、シンプルで表裏のないデザインを選ぶといいでしょう。

なお、隣地境界線より内側に設置する場合は、自由度が高いブロックやフェンスを取り入れることができます。

そして、道路境界線や門周りは、こだわりのあるデザインを選ぶことで個性的な外構にすることができます。

長く住むことになる敷地内のことですから、隣地境界線のブロックやフェンスといった塀については、隣近所としっかり話し合って決めるようにしましょう。