分筆すると土地の評価額が下がるって本当?分筆について解説

分筆すると土地の評価額が下がるということを耳にされたことはありますか?

この記事では、複雑な分筆についてわかりやすく解説していきます。

相続等で分筆を検討されている方は、ぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

合筆登記のノウハウ!合併して土地を所有する方法とは

いくつかに分筆された複数の土地を所持していた場合、それを一筆にまとめる作業を合筆といいます。...

土地を取得したら行う登記とは?自分でも行うことは可能?

土地などの不動産を取得すると必須ともいえるのが、不動産登記ですね。しかし日常生活において...

借主が家賃を延滞!延滞金の計算方法は?督促はどう行う?

賃貸物件を所有していると、借主が家賃を延滞してしまうリスクが少なからずあります。もしも、...

家賃の支払いは口座振替か口座振込か!?手数料などの特徴は

アパートの家賃の支払いは、口座振替か口座振込かなど、原則として貸主の意向に沿った方法で行います。...

毎月の家賃は口座振替が便利!退去のときは解約が必要?

賃貸物件に住む場合、毎月の家賃を支払うことが必須となります。毎月、忘れずに家賃の支払いをしな...

賃貸物件を契約期間の途中で解約可能?違約金は発生する?

賃貸物件の契約期間は主に二年契約であることが多いですが、さまざまな事情で途中解約をしなくてはなら...

農地転用の費用はどれくらい?市街化調整区域は転用できる?

農業人口が減りつつある日本ですが、課題となっているのが農地の活用方法です。農業を営んでいた親...

「私道持分」について不動産売買で気を付けることとは?

不動産売買で気を付けなければならないことのひとつに「私道持分」があります。一見、公道と思われ...

公道と私道の見分け方やそれぞれの道路の特徴

同じ道路でも、公道と私道で意味合いが大きく異なります。隣接する道路に対して、建てられる建築物の...

木造の家は寒いって本当?寒さの原因とその対策方法とは?

よく「木造の家は寒い」と聞きませんか?冬が訪れると気温も低くなりますから、外出先から帰宅...

登記を行うのは所有権公示のため!登記要・不要の違いは?

土地や建物などの不動産を購入すると、登記を行います。登記を行う際には手間や時間、費用がかかり...

登記の委任状は実印を押すの?委任状についての基礎知識

登記の委任状を書くことになり、参考に雛形を見てみると、「印」のみで何も書かれていないことがほとん...

木造の賃貸物件は騒音トラブルが多い?騒音対策をしよう!

アパートやマンションにお住まいの方なら、騒音の問題で悩んだ経験が、一度や二度ある方も多いのではな...

賃貸連帯保証人でも負いきれない?トラブルによる解除の可否

賃貸契約における連帯保証人が決定することは、借主にとって一つの安心材料となります。しかし、賃...

1LDKで快適な寝室を作る!レイアウトで気を付けることとは?

賃貸物件で、リビングダイニングともう一部屋ある1LDKの住まいは、ひとり暮らしなら広々としてゆっ...

スポンサーリンク

そもそも分筆とは?

普段生活しているうえで「分筆」という言葉を使う場面がほとんどないので、どのような意味なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そもそも分筆とは、一つの土地を二つ以上に分割して登記することです。

反対に、複数の土地を一筆に統合することを合筆登記といいます。

一つの土地を分割して登記する分筆の目的は、以下のようなものがあります。

●分割した土地それぞれの権利について登記することができる

一筆の土地を複数の相続人で相続する場合等、それぞれの持ち分について分筆登記することで権利関係をはっきりとさせることができます。

●分割した土地それぞれで異なる地目(ちもく)を登記する

土地には「地目」が必ずあります。

地目とは、その土地の種類のことです。

一筆の土地につき一つの地目しか登記できないので、地目を分けたい事情がある場合は土地を分筆する必要があるのです。

また、分筆することで場合によっては土地の評価額が下がるとも言われています。

その件に関しては、次項でご説明いたします。

なぜ分筆することで土地の評価額が変わる?

基本的に、固定資産税はその土地の評価額が高いほど納税額も高くなります。

例えば、主要道路に面している土地や角地は評価額が高いとされています。

そのような土地を分筆するとしましょう。

主要道路に面している土地や角地は評価額が高いのに対し、主要道路に面していない土地や角地でない土地の方の評価額は下がることになります。

単純に考えると、もともとの土地を二筆に分筆したとしても、その二筆を合計すると評価額は一緒になるのではないかと思われることかと思います。

しかし、土地の評価額の計算方法は複雑ゆえ、「もともとの土地の評価額=分筆した二筆の土地の評価額の合計」とはならないのです。

(具体的な計算方法などは割愛させていただきます。)

そのため、分筆することで評価額が変わってしまうということになるのです。

ちなみに、一つの道路に面した土地を綺麗に等分して分割する場合(同じ道路に同じ幅分それぞれ土地が接している場合)の評価額は変わりません。

そして、分筆した土地の評価額については注意すべきことがあります。

その件につきましては次項でお伝えいたします。

分筆した土地の評価額についての注意点

一筆の土地を分筆することで、固定資産税の納税額が安くなる可能性があるということをお伝えしましたが、注意していただきたいことがあります。

それは、分筆する際のいずれかの土地の面積が極端に狭い場合です。

例えば、200m²の土地を10m²と190m²に分筆し、相続したとしましょう。

このような場合は、片方の土地が10m²と極端に狭く、もともとの200m²で評価額が計算されることになります。

また、道路に面していない土地は評価額が下がります。

これを目的に土地を分筆した場合も、もとの土地の評価額となりますので注意が必要です。

つまり、合理的で明確な理由がなく節税のためだけの分筆だと判断される場合は、もとの土地の評価となります。

さらに、分筆した土地の境界線上に建造物があるなど、分筆しているはずの土地が一筆の土地として利用されているといった場合にも注意が必要です。

この場合の土地の評価額は、分筆してるかどうかにかかわらず土地一体となって計算される可能性があるのです。

ですから、単純な節税目的だけで土地を分筆することはできないということを覚えておくようにしましょう。

また、相続した土地を分筆することで節税の意味を成すのは、分筆後の土地の所有者がそれぞれ別な場合です。

所有者が同じである場合は節税にはなりませんので注意しましょう。

分筆して評価額が下がるとしても分筆せずに売却した方がいい場合がある!?

土地を相続して分筆をし、それぞれの土地の評価額が下がることで節税できたとしても、その土地を売却する際にも注意が必要です。

一つの土地を分筆すると、もとの土地より面積が小さくなるのは言うまでもありません。

その土地を売却する際は、当たり前ではありますが売却価格も安くなってしまうのです。

つまり、場合によっては、もとの大きな土地のまま売却した方が節税できた分を踏まえても結果的によかったということもあり得るのです。

そのため、目の前の節税だけにとらわれるのではなく、土地の売却も一つの手段として考える必要があるとも言えるでしょう。

しかし、自分たちではこれらのことを考えるにも限界があるのは確かです。

そのため、不動産会社などに相談してみるといいのではないでしょうか。

土地を分筆登記する際の流れ

これまで、分筆することで土地の評価額が変わってくることなどについてお話ししてきました。

ここでは、土地を分筆する際はどのような流れとなるのか見てまいりましょう。

①境界画定のための測量

境界が画定されていない土地は、そもそも分筆ができません。

そのため、いずれの場合もまずは境界画定測量を行うことになっています。

測量は素人が行うことはできませんので、土地家屋調査士などに依頼して行います。

②境界標の設置

土地の境界を示すために、境界標を設置します。

③分筆登記のために必要な書類を用意

分筆登記を行う際には、いくつかの必要書類があります。

「登記申請書」「筆界確認書」「地積測量図」などです。

④分筆登記

必要書類を法務局へ持参の上、手続きを行います。

完了すると、登記済証が交付されます。

分筆登記を個人で行うことも可能です。

しかし、不備のため一度で登記申請が完了しないことも多いようですから、費用がある程度かかることを考えても、専門家に依頼する方が得策かもしれません、

土地を分筆登記する際にかかる費用

最後に、土地を分筆登記する際にかかる費用についても触れておきます。

まず、前述しました境界画定のために土地家屋調査士などに測量を依頼する費用がかかります。

この費用の中には、事前調査や図面などの書類作成、境界標を埋めるための工事費用が含まれています。

もちろん、業者間によっても金額は異なりますが、境界標をいくつ埋めるかなどでも大きく費用は変わってきます。

また、法務局への分筆登記申請を専門家に依頼する場合は、その費用もかかります。

一般的には約5万円~15万円ほどが相場のようですが、実際の金額につきましてはご自身で確認することをおすすめします。

さらに、自分たちで分筆登記を行う際は、登録免許税がかかってきます。

(専門家に依頼する場合ももちろんかかりますが、費用に含まれていることがあるので確認しましょう。)

登録免許税は、分筆後の土地一筆につき1,000円です。

先ほども申し上げましたが、専門家に依頼する場合はある程度の費用がかかり、また、その金額についてもさまざまですので、口コミなどの評価の良いいくつかの業者から見積もりを取って比較検討するといいでしょう。

分筆か売却か結果的に何がベストなのかよく考えよう

土地を分筆することで、場合によっては評価額が下がることがあります。

しかし、合理的かつ明確な理由がなく節税のためだけに分筆したと判断されると、分筆前の土地で評価されることになります。

また、二筆の土地の境界線上に建造物がある場合も、その土地一体で評価される可能性があるということも覚えておきましょう。

さらに、分筆ではなく、土地を売却してしまうというのも方法のうちの一つです。

いずれにせよ、土地の分筆をお考えの際はどのようにすることが結果的にいいのかをよく検討することをおすすめします。