中古マンションをリフォームして好みの部屋に間取り変更

近年では、中古マンションを購入して、間取り変更のリフォームをする方が増えてきています。

中古マンションをリフォームするのは、価格の面など多くのメリットがあります。

ただ一戸建てとは異なり、マンションの一室をリフォームするには、制限がある場合もあります。

リフォームしやすいマンションの構造とはどういったものなのかと併せて、人気の間取り変更の事例などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの電気契約は受電形態に注意!電力自由化との関係

電力が自由化されて以降、私たちは自由に電力会社が選べるようになりました。マンションの購入...

マンションか戸建てか?新築か中古か?東京で購入するなら?

マイホームは人生で最も大きな買い物だと言っても過言ではないでしょう。だからこそマンション...

マンションはどんな間取りが人気か?それぞれの特徴は?

これからマンションを買おうとしている方は、どんなことを条件にマンションを選んでいますか?マン...

印象も様変わり!マンションの床をリフォームして快適に!

しばらく暮らしているマンション、老朽化や気分を変えたいということで床のリフォームを検討されている...

新築の内装は「収納」が重要!失敗例から使える収納を学ぶ!

家を新築することは、人生の大きなイベントの一つですね。安い買い物ではありませんから、後悔...

マンションのインターネットが遅い!どうしたらいいの?

マンションにお住まいの方で、インターネットの速度が遅いとご不満のある方もいらっしゃるかと思います。...

選ばれる2LDKマンションを建てる!賃貸経営は計画的に

2LDKの賃貸マンションは、どのような方々が選ぶことが多いのでしょうか。安定した賃貸経営を目...

新築マイホームに太陽光はつけるべき?デメリットはあるの?

マイホームの新築を検討されている方のなかには、太陽光パネルを一緒につけるべきか悩む方もいるかと思...

住宅購入にはさまざまな諸費用が!どのくらいかかるの?

例えば、マイホームとして新築一戸建てを購入するときの費用は、土地と建築費だけだと思ってはいません...

新築のマイホームに和室は必要?4.5畳の和室の活用方法とは

新築一戸建てのマイホームを建てようとする際、多くの方が「和室は必要なのか?」と悩むでしょう。...

アパートの名義変更は速やかに!一般的な手続き方法をご紹介

アパートには名義人が存在し、もし名義人の名前が変わったり、別の人が名義人となる場合は、名義変更の...

マンションでインターネットが繋がらない!原因と対処法とは

マンションなどで、スマートフォンを使ってインターネットをしようとしても、「接続できません」と表示...

新築住宅の壁紙を失敗しないために!選び方のポイントとは?

新築住宅の部屋で、大きな割合を占めるものの中に壁紙があります。壁紙は部屋の雰囲気を大きく変え...

マンションの管理組合を機能させ理事会で問題を解決しよう!

マンションの「管理組合」や「理事会」などと言うと、「面倒くさそう」「できればやりたくない」などの...

新築で人気のオプションとは?おすすめを一挙にご紹介!

新築一戸建てを購入する場合、すべてのものが標準設備としてもともとついているわけではありません。...

スポンサーリンク

マンションでリフォームをする目的

マンションを購入して生活をしていても、様々な生活の変化においてリフォームをする必要が出てくることがあります。

マンションでリフォームをする目的はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、居住人数の変更による間取り変更のリフォームが挙げられます。

居室の数を増やしたり、リビングを広くしたり、和室を洋室に変えたりするなどのリフォームです。

続いて、築年数が経ってくると設備も古くなります。

例えばキッチンをシステムキッチンに変えるなどの、水回りのリフォームをして最新設備を入れるリフォームもよくある事例です。

そして高齢化に伴い、段差をなくしたり手すりを付けたりする、バリアフリー化を目的としたリフォームも挙げられます。

また、中古マンションを購入した場合に多く行われるリフォームが、天井や床、壁の経年劣化のリフォームです。

経年劣化のリフォームと同時に、壁のクロスなどを変えて、部屋の雰囲気を自分好みにするという方も多くいらっしゃいます。

このような目的などで、マンションでリフォームは行われています。

ただしリフォームには大きなお金がかかります。

そのためリフォームをする際には、何を目的とするのかをはっきりさせておくことが、後悔しないためにも重要です。

マンションでリフォームができる範囲

マンションでも所有権があれば、間取り変更など室内をリフォームすることができます。

しかし一戸建てのように、全て自分の好きなようにリフォームができるわけではありません。

マンションで自由にリフォームできるのは、専有部分のみです。

専有部分とは、居住スペースの床や天井、内装、設備、部屋と部屋の間のコンクリートではない壁などのことで、その部分であれば自由に変更することができます。

反対に、自分の意志でリフォームできないのがマンションの共有部分になります。

バルコニーやパイプスペースは共有部分であることはよく知られていますが、注意が必要なのが、玄関ドアとサッシです。

専有部分のように思えますが、玄関ドアもサッシも共有部分なので個人的にリフォームすることは難しいと言えます。

ただ玄関ドアに関しては、内側のみの塗装などは認められていることもあります。

また、部屋と部屋の間の壁もコンクリートであれば、壊してリフォームすることができない場合がほとんどです。

床も専有部分なので基本的には自由にリフォームできますが、防音の問題があるため、規約でリフォームを制限しているマンションもあります。

マンションでリフォームをする場合は、規約などをよく確認してからリフォームの計画を立てるようにしてください。

間取り変更のリフォームがしやすいマンションの構造

マンションの専有部分であれば、個人でリフォームすることができますが、マンションの構造によってはできることが限られてしまうことがあります。

建築物の構造には、柱と梁を組み合わせているラーメン構造や壁の面でマンションを支える壁式構造があります。

間取り変更のリフォームをしやすいのは、ラーメン構造のマンションです。

ラーメン構造は柱と梁で骨組みを造っているため、コンクリートの壁は少なく、部屋と部屋の間の壁の多くが取り外しても問題がないタイプの壁です。

そのためラーメン構造のマンションであれば、間取りを大きく変更するようなリフォームがしやすいと言えます。

壁式構造は、壁そのものがマンション構造の一部となってしまっているため、壁を動かすことができないことがほとんどです。

ただ、壁式構造であっても全くリフォームができないということではありません。

敢えて壁を利用したインテリアにしたり、動かせない梁をアクセントとして使用するなど、壁式構造の特徴を生かしておしゃれにリフォームをすることも可能です。

中古マンションを購入した後にリフォームを考えている場合は、そのマンションの構造を調べておくとスムーズです。

中古マンションを購入して間取り変更のリフォームをするメリット

近年はマンションを購入する際、中古マンションを購入してリフォームする方が増えてきています。

それはメリットがたくさんあることが理由ですが、中古マンションをリフォームするメリットはどこにあるのでしょうか。

まず挙げられるのが、マンションそのものの価格です。

中古マンションを購入してリフォームしても、新築マンションより30%前後価格が抑えられる場合がほとんどです。

同じ価格を出すのであればより広い部屋に住むことも可能になります。

また新築マンションは土地の確保が難しいため、立地条件がよいところは数が少なく競争率が高くなります。

そのため、希望の立地条件の中で希望の間取りの部屋を探すのは困難になりがちです。

中古マンションを選択肢に入れることで、立地条件のよいマンションが見つかる可能性が広がることもメリットのひとつです。

立地条件のよいマンションを低価格で購入し、内装を好みのものにしたり、好きなように間取り変更のリフォームをしたりすることが可能になります。

自分好みの部屋が、新築マンションよりも低価格で手に入れることができるという点が、大きなメリットと言えます。

ただマンションは、リフォームできる範囲に制限があることも多いため、購入前に実現できるのかをよく調べることが重要です。

人気の間取り変更事例

間取り変更のリフォームには、いろいろなパターンがあります。

その中でも、人気の間取り変更のリフォーム事例をご紹介します。

まず、築年数が経っているマンションに多いのが、独立型キッチンの間取りです。

その独立型キッチンをカウンタータイプのキッチンにし、LDKとして一体化する間取り変更のリフォームは人気があります。

また、リビングのない2DKや3DKの間取りを1LDKや2LDKにして、リビングを広くするリフォーム事例も多くあります。

続いて、部屋と部屋の間の壁をなくしてから、間にどちらの部屋からも入れるウォークインクローゼットを新設するリフォームが近年はよく見られます。

収納を設置するリフォームはとても人気があり、元々の和室全体をウォークインクローゼットにしてしまう事例もあります。

その他には、トイレを少し広くしてウォシュレットを入れたり、浴室をユニットバスにしたり、給湯設備交換など、水回りのリフォームをする方も多くいらっしゃいます。

大きなリフォームばかりではなく、壁にアクセントクロスを使用して部屋のイメージを大きく変えて自分好みの内装にするリフォームもあります。

構造によってもできるリフォームが異なり、挙げてきた事例の他にもたくさんの成功事例があります。

リフォームを考え始めたら、インターネットで調べたり、業者に施工事例を見せてもらったりしてみてください。

賃貸マンションでもリフォームはできる?

中古マンションのリフォームについてご紹介してきましたが、賃貸マンションでもリフォームはできるのでしょうか。

賃貸マンションでは管理会社に、釘を打ってもいいか、エアコンを新規で取り付けてもいいか、浄水器を付けられるかなどといった問い合わせがよくあります。

法律で明確に規定があるものではないので、そういったリフォームをどこまでしてよいかは貸主の判断によります。

例えリフォームの了承が得られても、契約時の契約書や重要事項説明書に「原状回復義務」があれば、退去時には入居時と同じ状態に戻す義務があります。

そのような賃貸マンションが多い中で、2014年に国土交通省が賃貸借契約についてのガイドラインを発表しました。

そのガイドラインには、従来通り原状回復義務がある賃貸契約の形の他に、貸主が修繕義務を負わない代わりに、借主が自己負担で部屋の修繕や模様替えができる賃貸契約の形が明記されました。

実際には貸主と事前に、リフォームができるのか、間取り変更や設備などどこまで手を加えてよいのか、退去時はどうするのかなどの話し合いをする必要があります。

確認が取れた後は、賃貸マンションでも自分好みの部屋にリフォームすることができるようになります。

まだまだ市場に出ている数は少ないですが、賃貸でも理想の部屋を作ってみたいという方は、DIY可の物件を探してみてはいかがでしょうか。

中古マンションをリフォームすることで希望通りの部屋に

マンションを探すとき、中古マンションを選択肢に入れると、立地条件や価格の面でも好条件の部屋が見つかる可能性が広がります。

間取りが希望通りではなくても、好きな部分だけ間取り変更のリフォームをすることも可能です。

新築マンションよりも低価格で希望通りの部屋に住めるのが、大きなメリットです。

中古マンションを購入する場合に限らず、賃貸マンションでもリフォームできる物件も出てきています。

リフォームもぜひ選択肢に入れて、希望通りの部屋を見つけてください。