マンションに住むなら賃貸にする?購入する?徹底比較

マンションに住むのであれば、賃貸マンションにするのか、購入する方がいいのか迷う方が多くいらっしゃることでしょう。

賃貸でも購入でも、それぞれメリットとデメリットがあり、ライフスタイルなどによってもどちらがいいのかが変わってきます。

それぞれのメリットとデメリットを挙げ、コスト面でも比較しながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

修繕積立金はなぜ値上げされる?反対の前にその原因を知ろう

マンションの修繕積立金の値上げは、多くの管理組合が抱える問題です。理事会の審議のもと、計画的...

新築住宅の基礎工事の時、大工さんへの差し入れはどうする?

自分の家を建てるのは、多くの方の夢ですよね。しかし、新築住宅の基礎工事中には、その時ならでは...

狭いマンションの玄関でもインテリアを工夫しておしゃれに!

マンションの玄関は一般的に狭いことが多く、ものが溢れ、雑多な印象であることも多いのではないでしょ...

一戸建を賃貸併用住宅に!二世帯住宅を収益物件にする

一戸建の二世帯住宅というと、親世帯や子供世帯との同居が思い浮かびます。異なる世代との二世帯同...

夢の「一戸建て」を実現!後悔しない間取りのつくり方とは?

オーダーメイドで一戸建てをつくるときは、間取りや配線位置などのプランニングが重要になります。...

新築の引き渡し前は重要!チェックリストを参考に確認しよう

夢の新築マイホームを購入すると、引き渡しの前に内覧会が行われることが多いでしょう。その内覧会...

アパートに月途中で入居・退去!家賃の支払いは日割り計算?

アパートの家賃は、1ヶ月毎に集金されることがほとんどですよね。それでは、アパートに月途中で入...

新築で人気の床材は?種類別に床材のおすすめをご紹介!

たくさんの時間を過ごすわが家は、できるだけ心地いい空間にしたいものですよね。もしもこれから新...

申請をスムーズに!マンションの車庫証明の取り方をご紹介

車庫証明は、自分で取ろうとしても、その取り方が分からないという方も多いのではないでしょうか。...

老後のための資産形成?マンション投資をするメリットとは?

長期に渡って安定的な収入が得られるマンション投資は、近年益々人気の投資となっています。特に、...

マンションのベランダを収納スペースに!最適な物置とは?

マンションに大抵ついているベランダですが、洗濯物を干すだけで、意外と有効に活用できていない場合が...

新築のインテリアをおしゃれに!実例を参考にしよう!

これから新築を予定されている方は、どのようなインテリアにしようかわくわくされていることと思います...

マンションの名前が人気を左右する?名前を決めるポイント

賃貸もしくは分譲マンションを建てることになったとき、悩むことのひとつが「マンションの名前」ではな...

アパートの管理費に消費税はかかる?何が課税対象になる?

アパートを借りると、毎月家賃と一緒に管理費も支払いますね。ではそんな管理費に、消費税はかかる...

マンションの購入を決めたのはどんなタイミングが多いのか?

マンションの購入は、人生における大きな出来事の一つになるでしょう。ビッグイベントであるマンシ...

スポンサーリンク

購入するより賃貸マンションに住むメリット

賃貸マンションか購入か、どちらかに決めるときには、それぞれのメリットとデメリットを知っておくことが重要です。

ここではまず賃貸マンションのメリットからご紹介します。

賃貸マンションに住む上で最大のメリットといえるのが、引っ越しをしやすいという点です。

最初は単身であっても、人生の様々な節目において、いっしょに居住する人数が変わることがあります。

そのように人数の増減があっても賃貸であれば、引っ越しで間取りを変えながら柔軟に対応していくことができます。

また何かで隣人や近所とトラブルになっても、解決できずどうしようもなくなれば引っ越すことも容易です。

続いて、設備のメンテナンスや共有部分の清掃などは管理会社がやってくれるので、自分でしなくてもよいという点もメリットとして挙げられます。

賃貸マンションのメリットは、手軽さにあると言えます。

次の項では、賃貸マンションのデメリットについてご紹介しましょう。

賃貸マンションに住むことによるデメリットとは

賃貸マンションは手軽さがメリットではありますが、デメリットもあります。

まず賃貸マンションに住むデメリットとして挙げられるのが、自由度が低いという点です。

リフォームなどができないのはもちろん、エアコンを新しく部屋に取り付けたり、インターネットの回線工事であっても必ず許可が必要になります。

許可が下りても、退去の際には原状回復をしなくてはならない場合がほとんどです。

また、マンションを購入した場合に比べると、賃貸の場合は入居者の入れ替えが多くあります。

入居当初は何もトラブルがなくても、新しく引っ越してきた人とトラブルになる可能性も出てきます。

更に、賃貸は家賃がなくなることはないので、老後に年金生活になっても家賃は払い続けなければならない点もデメリットのひとつであると言えます。

賃貸マンションと比較した購入のメリット

続いて、マンションを購入する場合のメリットを見ていきます。

まず、賃貸で住む場合と比べると自由度が高いことが挙げられます。

大掛かりなリフォームや共有部分でなければ、壁に穴をあけて絵や時計を掛けたり、衣装フックを取り付けることも許可なくできます。

賃貸の場合、壁や床に傷を付けると退去時にその回復費を請求されることもありますが、購入した場合はその心配がいりません。

リフォームをしたい場合は、手続きをきちんとすれば、間取りの変更なども自分好みにできます。

立地条件やマンション自体が気に入っていても、間取りが居住人数に合わず引っ越しせざるを得ないという事態は避けられます。

そして、賃貸と比較した場合の購入のメリットは、ローンの返済が終われば管理修繕費や駐車場代以外かからなくなるという点です。

年金生活になってからのことを考えると安心できる要素と言えます。

また、マンションを購入すると団体信用生命保険に加入することができます。

ローンを支払っている人に万が一のことがあっても、残された家族はローンの支払いを心配をすることなく住み続けることができる点も大きなメリットです。

次の項では、マンションを購入した場合のデメリットについてご紹介します。

知っておきたいマンション購入のデメリット

賃貸マンションに比べて、購入したからこそ出てくるデメリットもあります。

まず、気軽に引っ越しができないという点が挙げられます。

居住人数に変更があってリフォームをしても手狭であっても、近所トラブルになってもすぐに引っ越しをすることは困難です。

更に年収が下がってしまったときも、家賃の低いところに引っ越しをすることはできず、ローンの額は変わらないというリスクもデメリットです。

続いて、住宅設備に不具合が出たときのメンテナンスや交換などに違いがあります。

賃貸であれば、管理会社に連絡をすれば修理してもらえます。

また、経年劣化が原因であればオーナー負担で新品のものに交換してもらえることもあります。

購入の場合は、全て自分で手配しなくてはならず、保証期間が過ぎていれば実費がかかる場合もあります。

購入した場合は、引っ越しのハードルが高いことと、手間がかかることが多いことがデメリットと言えます。

マンションは購入?賃貸?コスト面からの比較

マンションに賃貸で住むのか、購入するのかそれぞれのメリットとデメリットを挙げてきました。

賃貸と購入を、コストの面から比較するとどうなのでしょうか。

まず、賃貸の場合にかかる費用を見ていきます。

敷金と礼金、家賃、共益費や管理費、駐車場代がかかり、場合によっては退去時に原状回復費が追加請求されたり、クリーニング代がかかることもあります。

また入居時に鍵交換費用、2年ごとの保険代、入居前の引っ越し代なども必要です。

そういった費用は、賃貸マンションに住む限りかかってくるものです。

続いて、購入した場合にかかる費用を見ていきます。

一般的に、マンション購入の際には頭金などを含め初期費用として数百万円位用意しておくことが多いようです。

そして入居前の引っ越し代、ローン返済、管理修繕費、駐車場代と固定資産税がかかってきます。

どちらがコスト面で得なのかは、何回引っ越しをするか、家賃がどのくらいなのか、更新料がかかるマンションなのかなどの条件によって変わってきます。

そのため、一概にどちらが得とは言い切れません。

購入か賃貸かそれぞれに合うタイプとは

マンションに賃貸で住む方が良いのか、購入する方が良いのかは、現在のライフスタイルなどによっても変わってきます。

どちらに向いているのか、合うタイプの例をご紹介します。

賃貸マンションに向いているのは、まずいつか実家に戻るなど、将来住む場所が決まっている方です。

購入して売却する方法もありますが、資産価値が下がるリスクなどを考えると賃貸マンションの方が気軽に引っ越しをしやすいのでおすすめです。

続いて、転勤など引っ越しが多い場合も賃貸マンションの方が対応しやすいといえます。

また設備などは新しい方がいいと思う方や、忙しくて自分で外回りの掃除をする時間が取れない方なども賃貸の方が向いています。

続いて、マンション購入の方が向いているのは、まず老後の住宅を確保しておきたい方です。

ローン返済が済めば管理修繕費と固定資産税はあるものの、賃貸の家賃に比べると低価格で住むことができます。

内装などにこだわりたい方や部屋を自分好みにしたい方は、購入した方が自由度が高くなります。

賃貸でも購入でもそれぞれ一長一短です。

自分にとってどちらがいいのか見極めて、自分に合ったマンションを見つけてください。

賃貸でも購入でも向いているタイプはそれぞれ

賃貸マンションとマンションの購入、それぞれのメリットとデメリットを挙げてきました。

どちらが合うのかは住む方のライフスタイルや考え方によるため、どちらの方がいいとは一概には言えません。

またコスト面においても、様々な条件によりどちらが得なのかも変わってきます。

資産計画をたて、自分のライフスタイルに合った方を選択し、後悔のないマンションライフを送ってください。