マンションに住むなら賃貸にする?購入する?徹底比較

マンションに住むのであれば、賃貸マンションにするのか、購入する方がいいのか迷う方が多くいらっしゃることでしょう。

賃貸でも購入でも、それぞれメリットとデメリットがあり、ライフスタイルなどによってもどちらがいいのかが変わってきます。

それぞれのメリットとデメリットを挙げ、コスト面でも比較しながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの広さの平均はどれくらい?広さ別の間取りも紹介

分譲マンション等を選ぶ際、値段とともに気になるのが、「どれくらいの広さがあるか」ということでしょ...

狭さを味方に!アパートで快適なリビング収納を叶える方法

アパートの間取りによっては、リビングが狭いことも多いものです。このような場合、収納の仕方によ...

アパートの退去時の連絡はいつする?やっておくこととは?

アパートからの退去が決まったとき、どのような流れで退去をしたらいいのか、分からないという方もいる...

住宅の建て替えとリフォームで迷う?かかる費用とは?

何十年と住み続けた家が住みづらくなってきたと思った場合、建て替えやリフォームを検討しはじめること...

収納の少ないアパートをDIYで改造!棚の増設がポイント

アパートの収納が少ないことが原因で、荷物があふれかえり困っている方はいませんか?もし、そのよ...

念願叶って新築!満足度の高い庭にするなら施工例を参考に!

念願が叶ってマイホームを新築したのなら、庭も満足度の高いものに仕上げたくはありませんか?ここ...

マンションの寿命はどこで判断?建て替えを検討するポイント

多くの住人が住むマンションでは、所有者の立場としても各住人の安全性を確保することが重要です。...

新築のインテリアとしても最適!?テレビは壁掛けにしよう!

数ある家電製品の中でも、目覚しい進化を遂げているのがテレビです。テレビは、従来の置き型テレビ...

1000万円台で家を建てたい!憧れの平屋は建築可能?

近年、平屋は住みやすい住宅として、人気が高くなっています。平屋を新築したいと考えた時、ど...

マンションの大規模修繕はどのくらいの年数で行われる?

購入したときは新築だった分譲マンションも、年数が1年増えるごとにさまざまな部分が劣化していきます...

新築住宅のキッチンにおすすめ!背面収納の魅力と選び方とは

注文住宅で家を新築するとなれば、キッチンも間取りを含め、一から決めていくことになります。近年...

意外と高い!?賃貸アパートでの名義変更にかかる費用相場

賃貸アパートに住んでいて、やむを得ない理由により名義変更を行うことがあります。しかし、いざ手...

「旗竿地」に家を建てるなら!駐車場トラブルには要注意!?

「旗竿地(はたざおち)」という土地は、少し変わった形状をしています。そのメリットやデメリ...

マンションは売るべきか貸すべきか?賢い不動産投資とは

マンションなどの不動産は、利益率の高い投資資産として知られています。初期費用のかかる1棟マン...

一戸建ての購入時は自己資金などの資金計画を立てておこう!

いよいよマイホームの購入を検討するという方もいるのではないでしょうか。理想をつめこんだ夢いっ...

スポンサーリンク

購入するより賃貸マンションに住むメリット

賃貸マンションか購入か、どちらかに決めるときには、それぞれのメリットとデメリットを知っておくことが重要です。

ここではまず賃貸マンションのメリットからご紹介します。

賃貸マンションに住む上で最大のメリットといえるのが、引っ越しをしやすいという点です。

最初は単身であっても、人生の様々な節目において、いっしょに居住する人数が変わることがあります。

そのように人数の増減があっても賃貸であれば、引っ越しで間取りを変えながら柔軟に対応していくことができます。

また何かで隣人や近所とトラブルになっても、解決できずどうしようもなくなれば引っ越すことも容易です。

続いて、設備のメンテナンスや共有部分の清掃などは管理会社がやってくれるので、自分でしなくてもよいという点もメリットとして挙げられます。

賃貸マンションのメリットは、手軽さにあると言えます。

次の項では、賃貸マンションのデメリットについてご紹介しましょう。

賃貸マンションに住むことによるデメリットとは

賃貸マンションは手軽さがメリットではありますが、デメリットもあります。

まず賃貸マンションに住むデメリットとして挙げられるのが、自由度が低いという点です。

リフォームなどができないのはもちろん、エアコンを新しく部屋に取り付けたり、インターネットの回線工事であっても必ず許可が必要になります。

許可が下りても、退去の際には原状回復をしなくてはならない場合がほとんどです。

また、マンションを購入した場合に比べると、賃貸の場合は入居者の入れ替えが多くあります。

入居当初は何もトラブルがなくても、新しく引っ越してきた人とトラブルになる可能性も出てきます。

更に、賃貸は家賃がなくなることはないので、老後に年金生活になっても家賃は払い続けなければならない点もデメリットのひとつであると言えます。

賃貸マンションと比較した購入のメリット

続いて、マンションを購入する場合のメリットを見ていきます。

まず、賃貸で住む場合と比べると自由度が高いことが挙げられます。

大掛かりなリフォームや共有部分でなければ、壁に穴をあけて絵や時計を掛けたり、衣装フックを取り付けることも許可なくできます。

賃貸の場合、壁や床に傷を付けると退去時にその回復費を請求されることもありますが、購入した場合はその心配がいりません。

リフォームをしたい場合は、手続きをきちんとすれば、間取りの変更なども自分好みにできます。

立地条件やマンション自体が気に入っていても、間取りが居住人数に合わず引っ越しせざるを得ないという事態は避けられます。

そして、賃貸と比較した場合の購入のメリットは、ローンの返済が終われば管理修繕費や駐車場代以外かからなくなるという点です。

年金生活になってからのことを考えると安心できる要素と言えます。

また、マンションを購入すると団体信用生命保険に加入することができます。

ローンを支払っている人に万が一のことがあっても、残された家族はローンの支払いを心配をすることなく住み続けることができる点も大きなメリットです。

次の項では、マンションを購入した場合のデメリットについてご紹介します。

知っておきたいマンション購入のデメリット

賃貸マンションに比べて、購入したからこそ出てくるデメリットもあります。

まず、気軽に引っ越しができないという点が挙げられます。

居住人数に変更があってリフォームをしても手狭であっても、近所トラブルになってもすぐに引っ越しをすることは困難です。

更に年収が下がってしまったときも、家賃の低いところに引っ越しをすることはできず、ローンの額は変わらないというリスクもデメリットです。

続いて、住宅設備に不具合が出たときのメンテナンスや交換などに違いがあります。

賃貸であれば、管理会社に連絡をすれば修理してもらえます。

また、経年劣化が原因であればオーナー負担で新品のものに交換してもらえることもあります。

購入の場合は、全て自分で手配しなくてはならず、保証期間が過ぎていれば実費がかかる場合もあります。

購入した場合は、引っ越しのハードルが高いことと、手間がかかることが多いことがデメリットと言えます。

マンションは購入?賃貸?コスト面からの比較

マンションに賃貸で住むのか、購入するのかそれぞれのメリットとデメリットを挙げてきました。

賃貸と購入を、コストの面から比較するとどうなのでしょうか。

まず、賃貸の場合にかかる費用を見ていきます。

敷金と礼金、家賃、共益費や管理費、駐車場代がかかり、場合によっては退去時に原状回復費が追加請求されたり、クリーニング代がかかることもあります。

また入居時に鍵交換費用、2年ごとの保険代、入居前の引っ越し代なども必要です。

そういった費用は、賃貸マンションに住む限りかかってくるものです。

続いて、購入した場合にかかる費用を見ていきます。

一般的に、マンション購入の際には頭金などを含め初期費用として数百万円位用意しておくことが多いようです。

そして入居前の引っ越し代、ローン返済、管理修繕費、駐車場代と固定資産税がかかってきます。

どちらがコスト面で得なのかは、何回引っ越しをするか、家賃がどのくらいなのか、更新料がかかるマンションなのかなどの条件によって変わってきます。

そのため、一概にどちらが得とは言い切れません。

購入か賃貸かそれぞれに合うタイプとは

マンションに賃貸で住む方が良いのか、購入する方が良いのかは、現在のライフスタイルなどによっても変わってきます。

どちらに向いているのか、合うタイプの例をご紹介します。

賃貸マンションに向いているのは、まずいつか実家に戻るなど、将来住む場所が決まっている方です。

購入して売却する方法もありますが、資産価値が下がるリスクなどを考えると賃貸マンションの方が気軽に引っ越しをしやすいのでおすすめです。

続いて、転勤など引っ越しが多い場合も賃貸マンションの方が対応しやすいといえます。

また設備などは新しい方がいいと思う方や、忙しくて自分で外回りの掃除をする時間が取れない方なども賃貸の方が向いています。

続いて、マンション購入の方が向いているのは、まず老後の住宅を確保しておきたい方です。

ローン返済が済めば管理修繕費と固定資産税はあるものの、賃貸の家賃に比べると低価格で住むことができます。

内装などにこだわりたい方や部屋を自分好みにしたい方は、購入した方が自由度が高くなります。

賃貸でも購入でもそれぞれ一長一短です。

自分にとってどちらがいいのか見極めて、自分に合ったマンションを見つけてください。

賃貸でも購入でも向いているタイプはそれぞれ

賃貸マンションとマンションの購入、それぞれのメリットとデメリットを挙げてきました。

どちらが合うのかは住む方のライフスタイルや考え方によるため、どちらの方がいいとは一概には言えません。

またコスト面においても、様々な条件によりどちらが得なのかも変わってきます。

資産計画をたて、自分のライフスタイルに合った方を選択し、後悔のないマンションライフを送ってください。