マンションの水漏れ原因は?早期対応で下の階への被害防止を

マンションで時々起こるトラブルの一つに、水漏れがあります。

その原因には様々なものがありますが、原因によっては自分が責任を取ることもあるため注意が必要です。

特に、下の階の部屋にまで影響を及ぼすような大きな水漏れの場合、高額な修繕費が必要になるケースもあるでしょう。

そのため、マンションでの水漏れに繋がる行為を避けることはもちろん、水漏れを確認したら早期に対応するなど被害を拡大させないことが大切です。

今回は、マンションで水漏れを起こしてしまった場合についても詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築の引き渡し後は近所への挨拶回り!ポイントを押さえよう

新築して引き渡しが完了したら、引っ越しや住所変更などの手続きが必要となります。それらに追われ...

マンションに地震保険は必要か?万が一への備え方・考え方

自然災害が多い国・日本ですが、特に大規模な地震に関しては近い将来必ず起こるとも言われています。...

マンションは売るべきか貸すべきか?賢い不動産投資とは

マンションなどの不動産は、利益率の高い投資資産として知られています。初期費用のかかる1棟マン...

ニッチは玄関に合ったサイズにリフォームし実用的にしよう!

所有する賃貸マンションのリフォームをしようと考えている大家さんもいるかもしれません。その際、...

新築内祝いランキング上位は?喜ばれるギフトを贈ろう!

親しい友人や親族から、気持ちのこもった新築のお祝いが届いたら、嬉しいものです。同様に、大切な...

マンションのベランダには決まりが多い!バーベキューは可?

マイホームとしてマンションを購入した方もいることでしょう。その場合マンションでの生活を楽しみ...

マンションの内覧会を成功させるためのチェックポイント

マンションの内覧会当日は、遂に部屋を見られることもあってワクワクしますね。期待も膨らむ楽しい...

買うならどっち?「マンション」と「一戸建て」を徹底比較!

マイホームの購入を考えたときに、マンションにするか一戸建てにするかで迷う方は多いようです。マ...

アパートの入居日を変更はできるの?早めに入居したい時は?

新生活を始めるために、新しいアパートを探している方も多いでしょう。しかし、何らかの理由か...

効率よくマンションのベランダを掃除するための準備と方法!

お部屋の中は毎日掃除をしていても、ベランダのお手入れはなかなか頻繁にはできないものですよね。...

新築の窓は意外と難しい!後悔しないポイントとは?

新築の注文住宅の中で、意外と見落とされがちなのが「窓」についてです。図面上で考えている段階で...

新築のリビングの広さはどれくらい?リビング設計の注意点

新築住宅を建てることが決まると、どのような家にするかワクワクしますよね。家族でほとんどの...

新築ブログに書かれている後悔には何が多いのか確認しよう

自宅を注文住宅にした人は、建築している最中のことをブログで書いていることがよくあります。こだ...

アパートの立ち退きをはどうお願いする?老朽化で解体の場合

老朽化したアパートは入居者が減少するだけではなく、安全性上の観点から取り壊しを検討されている方も...

マンション最上階の角部屋は夏暑い?原因と対策を知ろう

マンションは、階数が上がるほど「夏の暑さが過酷」とも言われます。特に最上階の角部屋ともな...

スポンサーリンク

いつの間にか下の階まで水が!マンション住人の過失による水漏れ

マンションで水漏れが起こった場合、原因には様々なものがありますが、マンションの住人の過失か、設備不良かに大きく分かれます。

ここではまず、マンションの住人の過失が原因で起こった水漏れの例を見てみましょう。

意外に多いマンションでの水漏れとして、洗濯機のホース外れが挙げられます。

洗濯に使われる水の量は多いため、床が水浸しになるだけで済めば良いですが、下の階の部屋まで被害が広がってしまうケースもあります。

また、ガーデニングが趣味の方などは、水をあげすぎたりすると水漏れの原因になったりします。

これらはほんの一例に過ぎず、キッチンの排水溝に使用済みの油を流すなど、マンションの水漏れの原因となり得る行為には多くのものがあります。

マンションの設備不良による水漏れは下の階へ被害が及びやすい

次に、マンションで水漏れが起こる原因として設備不良を見ていきましょう。

マンションの設備不良で起こる水漏れとして、マンションの排水管などが原因として挙げられます。

排水管などが原因の水漏れの場合、まず経年による腐食などが関係していることがあります。

それ以外にも、排水管そのものに問題がなくとも、接続に問題があることもあります。

排水管などは複数の管が接続されて繋がっているものですが、その接続部分がずれていたり、隙間ができていたりすることが原因で水漏れが起こることがあります。

マンションで水漏れに気づいた際、まずは水漏れを止めることが先決ですが、排水管などの状態は素人では判断することが難しく、それをすぐに止めることは困難と言えるでしょう。

このケースの場合、水漏れを止めるためには専門業者を早急に手配しなければならず、時間を有します。

そのため、水漏れを止めるまでの間に被害の範囲が広がり、下の階の部屋まで影響を及ぼすこともあります。

マンションの小さな水漏れ!見過ごすと下の階へ被害を及ぼす!?

マンションでの水漏れは、前項まで述べたような確認されてからすぐに早急な対応を有するケースばかりではありません。

例えば、蛇口を閉めても水が数秒に1滴ほど滴るような状態も、小さな水漏れとして判断できます。

キッチンの蛇口であればシンクに水が滴る音で気づくものの、蛇口はマンションの室内に複数あるため、それらの水漏れには気づかないケースもあるでしょう。

また、蛇口の接続部分からもわずかに水漏れが起こっていることもあります。

それだけでなく、トイレの場合には便器と床の接続部分や、排水管の接続部分などからわずかに水漏れを起こしていることがあります。

このような小さな水漏れは、見過ごされてしまうケースもあります。

しかし、すぐには被害が出ないと考えられるような小さな水漏れが、後々下の階の部屋にも被害を及ぼすことがあるため、確認したらできるだけ早く対応することが望ましいでしょう。

マンションの水漏れによる下の階への被害は精神的苦痛も与える

水漏れがマンションで起こった場合、特に深刻な被害として下の階の部屋まで影響してしまうケースが挙げられます。

ここでは、実際にあるマンションで起こった下の階の部屋への被害についてご紹介しましょう。

・下の階の部屋にあった家具が台無しに

マンションの2階の部屋で、トイレからの水漏れが発生し、それが原因となって、下の階の部屋に置いてあった家具が濡れてしまい、故障させてしまったのです。

その際の故障が元となり、その家具は機能が著しく落ちてしまったため、2階の住人が責任を取る形で家具代などを弁償したのです。

さらに、その家具は高価なものであったため、弁償の相当額は2階の住人にとってとても大きい負担となりました。

このような、マンションの水漏れにより下の階の部屋へ被害を及ぼしたケースは多くあります。

家具だけでなく、服飾関連のアイテムを濡らしてしまい、同様に弁償を求められたケースもあります。

また、マンションで水漏れにより下の階の部屋へ被害を及ぼした場合、弁償したとしても被害にあった側の気持ちは晴れません。

愛用していたアイテムが使えなくなることは、下の階の部屋に住む住人に精神的な苦痛を与えるになってしまうのです。

結果として、下の階の部屋に住む住人とその後に関わることがあったとしても、互いにとって複雑な心境になってしまうことが考えられます。

マンションでの水漏れは原因により責任の所在が異なる

述べた通り、マンションでの水漏れの原因には大きく分けて住人の過失か設備不良かに分かれます。

マンションでの水漏れは、原因がどちらかによって責任の所在も変わってきます。

まず、マンションの住人の過失による水漏れの場合、その責任は当事者である住人が負うことになります。

特に、下の階へ被害を及ぼし修理が必要になるような水漏れの場合、その金額をすべて負担するとなると相当な額になることが考えられます。

しかし、マンションの場合は保険の加入により負担額が軽減されることが多いです。

また、加入しているからといって何も手続きをしなければ保険は下りませんよね。

保険会社またはマンションの管理会社などに水漏れを起こしてしまったことを連絡し、請求手続きをするようにしましょう。

一方の設備不良によるマンションの水漏れの場合、管理組合の責任ということになります。

しかし、マンションの契約内容によっては例外もあるため、入居前に取り交わす契約書などをよく確認しておくことをおすすめします。

マンションの保険は水漏れ加害者・被害者両者のケースを想定して

前項でも触れましたが、マンションで水漏れを起こしてしまった場合、それに関わる修理費などの負担を軽減するためにも保険が役立ちます。

しかし、保険内容によっては水漏れに対応していないものもあるため、加入当初によく確認しておくようにしてください。

また、マンションでは水漏れの被害者側になる場合もあることを想定して保険を選ぶことも大切です。

例えば、マンションの上の階の部屋に住む住人が、過失により水漏れを起こしたとします。

その下の階の部屋に自分が住んでいて、水漏れの被害にあった場合にはその責任は上の階の部屋に住む住人にあります。

その際、マンションの上の階の部屋に住む住人が保険に加入していない、もしくは加入していたとしても水漏れに対応していないものの場合、負担額は相当なものになるでしょう。

結果として、修理費用などの支払いに時間がかかってしまうことも考えられます。

その際、自分が水漏れの被害に会った場合にも補償してくれる保険に加入しておくことで、それをカバーすることができるのです。

マンションは集合住宅!水漏れの被害が他者に影響する認識を

マンションで水漏れが起こった際、その原因が自分の過失である場合にはその責任を負うことが考えられます。

水はどのような素材にも浸透しやすいという性質を理解し、水漏れに繋がるような行為に普段から注意することを心掛けましょう。

また、マンションは集合住宅のため、自分が起こした水漏れにより下の階の部屋へも被害が及ぶこともあるという認識を持つことも大切です。

もしもマンションで水漏れを起こしてしまった場合、水漏れに対応している保険が役立ちます。

これからマンションの保険に加入する方はもちろん、すでに加入済みの方も、もしものためにも今一度保険内容の確認をすることをおすすめします。