賃貸物件の家賃は前払い?後払い?どちらが多いの?

賃貸物件を借りる際、気になるのが家賃の支払いでしょう。

そのタイミングが、前払いなのか後払いなのか気になりますよね。

前払いと後払い、家賃の支払いはどちらの方法が多いのか、その理由についてもお話ししていきます。

この記事では、家賃の支払いが前払い、後払いにまつわることを中心にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃に消費税がかかるって本当?賃貸物件を法人契約する場合

アパートなどの賃貸物件は個人で賃貸借契約を結ぶこともあれば、法人契約されることもありますね。...

敷金は支払い・返金で領収書の有無が違う?代わりの証明は?

敷金については、賃貸契約時の支払いによる貸主からの領収書、また退去時であれば返金による借主からの...

1LDKで家族全員分の洋服などの荷物を収納するおすすめの方法

マンションやアパートの1LDK物件はリビングが広く、単身者のみならず夫婦やファミリー世帯に人気が...

「登記供託オンライン申請」の手順や添付書類について

「登記供託オンライン申請システム」とは、自宅やオフィスなどから、簡単にオンラインで申請や請求を行...

木造住宅の階高・天井高・床高の標準は?吹き抜けのメリット

マイホームで「木造住宅を建てたい」と考えている、または新築分譲マンションの購入を考えている方は、...

家賃滞納があって退去することになったら分割で払えるの?

毎月の家賃を支払えずに滞納してしまっていて、「もっと安い物件に引っ越そう」と考えることもあるでし...

賃貸物件の壁がコンクリートでも大丈夫!時計や絵を飾る方法

賃貸物件では、壁が石膏ボードかコンクリートであることが多いです。壁がコンクリートだと、時...

家賃が引き落としされたがいつの分かわからない時は?

賃貸マンションやアパートあるいは事務所・店舗では、毎月定められた期日までに家賃を支払います。...

1LDK賃貸をレイアウト!赤ちゃんが過ごしやすい空間を目指す

夫婦で1LDKの賃貸に住んでいた場合、赤ちゃんを授かったという理由で、慌てて引っ越す必要はありま...

相続登記申請で「委任状」と「印鑑証明書」が必要な場合とは

不動産を相続する場合、登記手続きが必要になります。登記手続きは誰でも行うことができますが...

準防火地域に指定されている場合は外壁が鉄骨であれば安心?

住宅を建てるにあたり、「防火地域」や「準防火地域」という言葉を耳にしたことがありませんか?こ...

登記に添付する住民票!個人番号の記載はあったほうが良い?

不動産登記申請の際、住民票を添付することは多くあります。近年では住民票取得時に個人番号の...

家賃滞納の時効成立とは?連帯保証人にも成立するって本当?

賃貸借契約の連帯保証人になっていると、「家賃が支払われていないので支払いをお願いします」との連絡...

賃料と管理費にはなぜ消費税はかからない?例外にも注意

今の世の中、何に対しても消費税がかかりますが、私たちが住まいとする賃貸ではどうでしょうか。住...

最上階・角部屋でもデメリットがある?マンションを選ぼう

マンションを購入したい、または賃貸マンションに引っ越しをしたいと決めたならば、「マンションのどの...

スポンサーリンク

家賃の前払いと後払いについて

賃貸物件の家賃の支払いのタイミングですが、前払いと後払いという2通りの方法があります。

前払いとは、翌月分の家賃を当月支払うことです。

後払いとは、当月分の家賃を当月支払うことです。

民法614条には、動産、建物、宅地の賃料は毎月末に支払わなければならないと記載されています。

家賃は後払いが原則となっていますが、契約自由の原則により賃貸契約書の内容が優先される場合が多いとされています。

そのことから現在、賃貸物件の家賃においては、圧倒的に「前払い」が多いようです。

ただ、前払いしかないのではなく、後払いとしている不動産会社もあります。

どちらか知りたい場合は、賃貸契約書を確認するようにしましょう。

家賃の前払いが後払いより多いのはなぜ?

家賃の支払いについて、前払いが後払いより圧倒的に多いとお伝えしました。

家賃を前払いとしている物件は、9割ほどといわれるくらい多いのです。

これは、大家さんが、当月になる前に家賃が入金されているほうが安心ということや、確実に回収するという考えから、そのようにされているようです。

後払いの場合、当月になるまで入金されませんから、大家さんにとっては少々不安要素となります。

これらのことから、万が一のトラブルを防ぐため、前払いとしている大家さんが多いようです。

賃貸契約書の内容を確認し、支払項目の部分に「翌月分の家賃を前月●日までに支払う」という文言が記載されていれば、前払いとなります。

一方、「当月分の家賃を当月●日までに支払う」という文言がある場合は、後払いとなります。

なお、支払時期の記載がされていない場合は、民法614条に従い後払いとなります。

しっかりと賃貸契約書に目を通して、借りる物件の支払いのタイミングがどちらなのかを把握しておきましょう。

家賃の「後払い」は可能?

家賃は前払いが後払いより多いとされていますが、借主側の都合により、どうしても後払いがいいという場合もあるでしょう。

その場合、後払いを選べるのか気になりますよね。

後払いは、不可能というわけではなく、大家さんに相談することで対応していただける場合もあるようです。

しかし、最初から後払いを受け付けるということではなく、大家さんとある程度のお付き合いがある上で、信頼関係がある場合に相談にのっていただけるようです。

大家さんにとっても後払いはリスクがありますから、後払いにしたいという明確な理由を伝えて、理解してもらわなければなりません。

やはり、前払いが多い中で、後払いの方法にするのは難しいといえるでしょう。

特に最初から後払いをしたいという借主にとっては、他の方法を考えなくてはなりません。

その場合、後払いの物件を検討するのもいいかもしれません。

家賃が後払いの上、礼金、保証金、更新料、仲介手数料がかからない物件もあります。

ただ、入居資格や希望の土地で見つかるかという点がありますので選択肢の一つにしてみてはいがかでしょうか。

次項では、最初から後払いにしたい場合、自分でできる方法についてお伝えしていきます。

後払いは可能?!自分でできる方法とは?

前払いの家賃を後払いで支払いたいと思う方も少なからずいるのではないでしょうか。

前項でお伝えした方法は、大家さんとの信頼関係がなければ相談しにくいことですし、希望の物件が見つかるとも限りません。

つまり、最初から前払いの家賃を後払いにしたいというのはとてもハードルが高いといえます。

その場合、家賃の後払いは不可能と思ってしまいますが、自分でできる方法で後払いにすることが可能です。

それは、クレジットカードを利用することです。

現在、賃貸物件を借りる際、初期費用や家賃をクレジットカード払いを可とする不動産会社も増えてきています。

クレジットカード払い可能な物件は増加の傾向にあり、今後も増えていくことでしょう。

そのクレジットカード払いにすることで、前払いの家賃が、実際に引き落としされるのは翌月、もしくは翌々月になります。

ですから、後払いという方法をとらなくても、実質後払いということになります。

次項では、家賃をクレジットカード払いにすることについての注意点をお伝えします。

前払いが実質後払いとなるクレジットカードのメリットとデメリット

家賃をクレジットカード払いにできる物件は増加傾向にありますが、限られているのも事実です。

クレジットカードに対応することで、大家さんはクレジットカード会社に手数料を支払うことになります。

つまり、その手数料がかかる分、家賃に手数料が上乗せされる場合もあります。

その場合、家賃が高く設定されることがあります。

また、使えるカード会社が限られている場合もありますから注意が必要になります。

上記の部分がデメリットと考えられることです。

では、メリットをご紹介しましょう。

前項でお伝えしました通り、前払いである家賃が翌月の引き落としとなることで、実質後払いにすることができます。

公共料金の支払いも対応しているクレジットカードで、家賃もクレジットカード払いにするとポイントやマイルをためることができます。

また、初期費用などまとまったお金がなくても契約できることや、家計に合わせて支払方法を選択することも可能です。

しっかりと管理したうえで、クレジットカードを活用するようにしましょう。

前払いの家賃は退去時にどうなる?

退去が決まった際、前払いとなっている家賃はどうなるのでしょうか。

退去時は契約書に記載された期間にもよりますが、多くの場合1ヶ月から2ヶ月前には退去の連絡をしなければならない場合が多いようです。

前払いの場合、退去月の家賃はすでに支払っているので退去月には支払いはありません。

そのことから、次の物件にうつる際、家賃の支払いが重ならないので、金銭的な負担を軽くできるのが前払いのメリットともいえます。

また、賃貸借契約書には「1ヶ月に満たない期間の賃料は、1ヶ月を30日として日割り計算した額とする」と記載されていることが多いです。

その場合は、月の途中で退去となる場合は日割り計算となり、差額が返金されます。

ただ、賃貸契約書に「日割り計算はしない」という記載がある場合は、賃貸契約書通り、退去日に関わらず、1ヶ月分の家賃を支払うことになります。

このような問題は、後払いの家賃より前払いの家賃に多いトラブルとされています。

退去前は事前に管理会社に連絡を入れ、賃貸契約書の確認もしておきましょう。

家賃は後払いより前払いが多い!

お伝えしました通り、賃貸物件の家賃は、前払いが多いです。

なお、後払いは大家さんとのお付き合いや信頼関係にもよりますが、可能な場合もあります。

また、前払いの家賃でもクレジットカードを利用すれば、実質翌月以降の後払いにすることができます。

前払い家賃は初期費用がかかる一方、退去月は支払いがないか日割りの差額が返金されることもありますから退去時は金銭的な負担を軽くすることができるでしょう。