アパート・マンションで一人暮らし!間取り情報はブログから

賃貸マンションで女性が一人暮らしを始めようと物件探しをするとき、頭に浮かぶのが「間取り」という方も多いでしょう。

ご自身の好みや状況などにによって、選ぶ部屋の間取りが変わってきますよね。

この記事では、社会人の女性がアパート・マンションで一人暮らしを始めるときに知りたい間取りを中心に、ブログで取り上げれていることを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの換気口の掃除方法は?仕組みを知って掃除しよう

住宅には「24時間換気システム」という換気機能が設けられており、マンションなどの賃貸住宅でも「換...

マンションの窓はリフォームできる?その方法と注意点とは

マンションに住んでいると、特に室内の寒さに直結する窓の断熱対策をあれこれ考えますよね。窓...

アパートのメゾネットなら足音の騒音が気にならない!?

アパート物件の中では、メゾネットタイプの物件があります。メゾネットとは簡単に言うと、2階や3...

マンションの管理組合を機能させ理事会で問題を解決しよう!

マンションの「管理組合」や「理事会」などと言うと、「面倒くさそう」「できればやりたくない」などの...

アパートの隣人の騒音がひどい!騒音の対処法と注意点

アパートなどの集合住宅に住んでいると、隣人の騒音問題に悩むことがあるかもしれません。直接...

アパートを解約!退去月の家賃は日割りで計算してもらえる?

人生の節目などで、引っ越しを考える方は多いでしょう。引っ越しに伴いさまざまな費用が発生し、高...

「マンション」と「一戸建て」結局どっちを購入すべきなの?

「マンションと一戸建て、どっちを購入するか迷っている」という方は、多くいらっしゃるはずです。...

アパートの入居日を変更はできるの?早めに入居したい時は?

新生活を始めるために、新しいアパートを探している方も多いでしょう。しかし、何らかの理由か...

マンションをリフォームしてフローリングに!基礎知識を学ぶ

古くなった、傷みがひどいなどの理由で、マンションの床材をリフォームしようとお考えの方もいらっしゃ...

新築一戸建てへの引っ越し作業をスムーズにする準備と段取り

完成した新築一戸建てへの入居はわくわくするものですが、それに伴う「引っ越し」そのものは案外面倒で...

新築分譲住宅の特徴は?他にどのような種類の戸建てがある?

マイホームを購入するときは、注文住宅や分譲住宅、建売住宅、中古住宅など、選択肢がいろいろあります...

マンション管理人って具体的にはどんな仕事?その給料は?

定年後の年配者の方が就くイメージのあるマンション管理人ですが、最近では40~50代の働き盛りの方や、...

マンションは中古がお得?中古マンションのススメ・東京編

これまでの日本においての住宅購入事情では、新築がよしとされてきた傾向がありました。しかし...

おしゃれな新築にするには外壁が重要!人気のある外壁は何?

おしゃれな新築にするには、外観の見た目のよさは欠かすことはできません。「外観の見た目のよさ」...

アパートの騒音で夜も眠れない!どうすればいい?

アパートで快適に暮らせるかどうかは、お部屋の条件にもよりますが、隣人との相性にも左右されます。...

スポンサーリンク

アパートとマンションの特徴!女性の一人暮らしにおすすめなのは?

一人暮らしをするとき、賃貸のアパートやマンションを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

そこで、間取りについてお伝えする前に、この二つの特徴を確認していきましょう。

アパートは、一般的にマンションよりも家賃が安い傾向にあるようです。

「自分が希望するレベルの物件が予算内の家賃で収まる」という感想が書かれているブログもあります。

なるべく家賃を抑えたいといった方にもおすすめです。

また、一棟の世帯数がマンションに比べて少ないことが多く、小さいコミュニティーで顔の見える近所づきあいを好む方に向いています。

マンションは、一般的にアパートと比べて規模が大きいのが特徴の一つです。

沢山の世帯に紛れて生活することから、「個人の気配を出さずに静かに暮らしたい」といった方に向いているといえるでしょう。

また、オートロックやダブルロックの物件も多く、アパートに比べて防犯性が高いのも特徴です。

高層階であればベランダからの侵入される可能性もかなり低くなります。

防犯面を考えると、女性の一人暮らしにマンションは適しているといえるでしょう。

構造が鉄筋コンクリート造のマンションであれば、防音効果も期待できそうです。

しかしその分、アパートと比べると家賃が高くなっているともいえます。

ご自身の状況や何を優先させるかに合わせて決めていきましょう。

次の項では、賃貸物件の選び方についてご紹介します。

賃貸アパート・マンションの選び方!3つのポイントをチェック!

では、物件を選ぶ時のポイントを確認していきましょう。

まず最初に、家賃についてです。

家賃は、毎月の固定費として支払わなければならないため、無理のない範囲で考えていきましょう。

一般的に給料の手取りの3割が、家賃の上限といわれていわれているようなので参考にしてください。

続いてのポイントは、場所です。

勤務先へスムーズにできるだけ時間をかけずに通うことができるかどうかは、物件選びの大切なポイントです。

もし、電車を利用する場合は、アパートやマンションから駅への所要時間・勤務先への乗り継ぎなども確認し、ご自身が負担に感じるようであれば再検討してください。

三つ目のポイントが間取りです。

基本的に、一人暮らしをするとき「20平方メートル以上」あると、ある程度快適に過ごすことができるといわれています。

しかし、20平方メートルの専有面積があったとしても物件によって居室部分の面積が異なります。

ブログには、「天井の高さや窓の大きさによっても、広さが違って感じる」といった記載もあります。

選ぶ際は、数字だけを見るのではなく、必ず実際物件を見てから選ぶようにしましょう。

20代から30代の独身女性の8割が住んでいる賃貸物件の間取り!ブログおすすめは?

20代から30代の独身女性が多く住んでいるアパート・マンションの間取りをご紹介しましょう。

・1R
・1K
・1DK
・1LDK

これらの部屋以上の大きさの間取りは、家賃も高額の物件が多いため住む方が少ないようです。

1R(ワンルーム)とは、キッチンと居室に仕切りがなく、つながっているタイプの間取りのことです。

仕切りがないため、部屋を広く使うことができますが、キッチンから料理の匂いなどが広がってしまうのが難点といえるでしょう。

1Kは、キッチンと居室の間に仕切りがあり、キッチンが独立している間取りのことです。

キッチンからの料理の匂いが気になることがなく、冷蔵庫の置き場所もしっかり確保されてきます。

しかし、居住スペースは、1Rに比べると狭くなってしまう傾向がみられます。

とはいえ、キッチンが完全に独立している部屋は独身女性に人気で、ブログにも「限られたスペースの中で好きなインテリアやレイアウトを楽しめる」として紹介されています。

次の項では、広めのスペースが確保できる1DKと1LDKの間取りについてご紹介します。

ブログおすすめ!マンションでゆったりとすごせる間取りの1DK・1LDK!

続いて、1DKと1LDKの間取りについてお伝えします。

1DKは、居室とダイニングキッチンで構成されている間取りをさします。

ダイニングキッチンは広さが4.5帖から8帖未満あるので、ゆっくりと料理を作ることができそうです。

広めのダイニングキッチンであれば、小さめのダイニングテーブルの他にテレビ等を配置してリビングのようにして使うことも可能です。

1LDKは、居室の他に8帖以上のリビングダイニングキッチンがついている間取りです。

1DK同様、料理を楽しめるのはもちろんのこと、ダイニングテーブルやソファーを配置したり、好みの家具やインテリアを置ける、より自由度の高い間取りといえます。

1DK・1LDKは昨今、特に女性に人気の間取りで、ブログでも「おすすめ」として取り上げられています。

生活スペースと寝室を分けることができ、ブログには「生活にメリハリがついた」との記載も見られました。

広いスペースで、ゆっくりと過ごすことができるのも、魅力の1つといえるでしょう。

女性は荷物が多い方も少なくないので、そのような場合にもおすすめです。

例えば、防犯性が高いのが特徴の1つであるマンションで、ゆったりと過ごせる間取りであれば生活にもゆとりが生まれそうですね。

ブログおすすめの間取り!1DKのアパート・マンションに向いている人とは?

では、女性の一人暮らしにおすすめとブログに紹介されている、アパート・マンションの1DKと1LDKの間取りに「向いている人」についてお話ししていきましょう。

1DKに向いている人は以下の通りです。

・部屋の広さ重視

・築年数は気にならない

・和室が好き

・食事を居室でとりたくない

1DKは、前述したようにゆとりあるダイニングキッチンが居室の他にあるため、間取りにゆとりが生まれます。

ダイニングキッチンで食事ができるので、居室に匂いが広がる心配もありません。

その分居室に広いスペースがうまれ、ブログでは好みのソファーベッドを置いてくつろいでいる方も見受けられました。

1DKは一般的に築年数が古く、家賃が安いことが多いのもうれしいですね。

特に「和室」であるほど家賃が安いことが多いようです。

和室が好きな方や、和室・洋室どちらでも構わないといった方におすすめです。

ブログでは「高額な家賃は無理だけど、ゆとりのスペースがある部屋に住みたい」という方におすすめと紹介されています。

1LDKの間取りの部屋に向いている人!築浅マンションなら防犯性が高い!

続いて、アパート・マンションの1LDKの間取りに向いている人をご紹介しましょう。

・収入にある程度のゆとりがある

・設備重視

・部屋の広さ重視

・築年数が浅めがいい

・荷物が多い

・友人を呼びたい

・在宅ワークをしている

1DKに比べると一般的にリビングスペースが広く、大型家具や家電を配置することも可能です。

部屋に広さがあり、収納も充実しているため、特に荷物が多い方でも安心です。

1LDKの築浅マンションの場合、オートロックが取り入れられているなど、防犯性の高い物件が多いのも特徴です。

また、アパート・マンションに限らず、独立洗面台やシステムキッチンといった設備が充実していることも多いようです。

かなりゆとりのあるスペースが確保できるので、在宅ワークの方でも、リビング・寝室のどちらに仕事机を配置して集中して作業することができそうです。

リビングをより広めに確保したい場合に、ブログがおすすめするソファは「L字型」です。

部屋の角に沿って置くことによって、部屋の真ん中のスペースを広く使うことができるのでぜひ参考にしてください。

ブログを参考にご自身にぴったりの部屋を見つけよう!

一人暮らしの女性におすすめの間取りについて、ブログを参考にご紹介しました。

ある程度、ゆとりあるスペースを確保したいなら、1DKや1LDKといった間取りがおすすめです。

1DKであれば、家賃を抑えて広いスペースを確保できます。

ある程度、収入に余裕がある場合は防犯性に優れた築浅マンションの1LDKなどがおすすめです。

ご自身の好みや状況に合わせて、ぴったりの物件を選んでくださいね。