憧れの最上階角部屋賃貸マンション!メリットデメリットは?

マンション住まいをするならば、多くの方が最上階の角部屋に憧れるのではないでしょうか。

マンションの最上階であれば見晴らしもよく、しかもそれが角部屋であれば、隣人に必要以上に気をつかうことなく暮らせるような気がします。

しかし、最上階かつ角部屋の賃貸マンションを借りることには、メリットもあればデメリットもあります。

この記事では、そのメリットデメリットをお伝えしていきます。

また、最上階以外の部屋や中部屋についても触れていますので、参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸物件の敷金と保証金は償却されることも!償却って何?

アパートなどの賃貸物件に入居する際、初期費用として敷金や保証金を支払うこともあります。こ...

土地や建物の登記簿謄本はどのように取得する?取り方を解説

さまざまな場面で、土地や建物の登記簿謄本が必要になることがあります。その際、どのように取得す...

家賃の日割り計算は退去の時にも必ず行われるのか?

賃貸マンションやアパートに月の途中から入居した時、その月の家賃を日割り計算して支払った方が多いと...

木造の家は寒いって本当?寒さの原因とその対策方法とは?

よく「木造の家は寒い」と聞きませんか?冬が訪れると気温も低くなりますから、外出先から帰宅...

1LDKで快適な寝室を作る!レイアウトで気を付けることとは?

賃貸物件で、リビングダイニングともう一部屋ある1LDKの住まいは、ひとり暮らしなら広々としてゆっ...

アパートの家賃を値上げ!トラブル防ぐには告知方法がカギ?

様々な理由により、アパートの家賃を値上げする貸主がいます。その際には、トラブルに発展すること...

賃貸物件の床にできたへこみ!原状回復をめぐるトラブルとは

賃貸物件に長く住んでいると、生活している中で床を傷つけてしまうことはよくあります。例えば、模...

農地転用して家を建てる!分筆が必要な場合の流れは?

郊外の地域においては、農地である土地に家を建てるというケースは少なくないでしょう。しかし、そ...

家賃の支払いを引き落としに!その手続き方法と注意点とは?

アパートなどの賃貸物件の家賃を支払う方法はいくつかあります。そのひとつには「引き落とし」があ...

家賃の自動引き落としは安心・手軽!その手続き方法とは?

毎月の家賃はどのような方法で支払っていますか。この記事では、便利で安心の「自動引き落とし」に...

登記の申請人が法人の場合!資格証明書の提出は省略できる?

不動産登記の申請人は個人の場合もありますが、法人の場合もあります。ただし、法人が不動産登記の...

住宅の火災保険の正しい選び方!失敗しないためのポイント

新築すると、万が一に備えて火災保険に入る方がほとんどです。不動産会社や融資を受けた銀行に...

礼金などには消費税がかからない!?居住用の場合は非課税に

アパートなどの賃貸物件に入居することになると、まず初期費用の高さに驚く方もいるかと思います。...

仲介手数料には消費税も?賃貸でおすすめの費用の工夫

賃貸契約を結んだら、初期費用の支払い準備が必要です。賃貸の初期費用には仲介手数料も含まれます...

賃貸の名義変更で同居人を名義人に!求められる能力や注意点

賃貸では、同居人と住んでいる方や、現在1人暮らしであってもこれから同居人が増えるという方も多いも...

スポンサーリンク

賃貸マンション最上階角部屋のメリット

賃貸物件の中で、マンション最上階の角部屋は「一番いい部屋」と世間一般に思われているのではないでしょうか。

それもそのはずです。

最上階であれば、眺望がいいことが多いです。

マンションのまわりに遮るものがなければ開放感もあり、気持ちよく過ごすことができるでしょう。

さらに、角部屋ならば窓が他の住戸より多いため、日当たりもいいのです。

マンションの向きが北でも、最上階角部屋への日の入り方は問題ないことが多いでしょう。

窓が多いと、換気がスムーズにできるという利点もあります。

また、隣り合う住戸が一戸なので、生活音が聞こえにくいというメリットもあるのです。

上階からの生活音もないですから、生活音に関してはストレスがあまりなく暮らすこともできるのではないでしょうか。

しかし、このようにメリットばかりではありません。

それでは、次の項ではマンション最上階角部屋のデメリットをお伝えしていきます。

メリットばかりではない!賃貸マンション最上階角部屋のデメリット

賃貸マンション最上階角部屋はメリットしかないようにも思えますが、必ずしもそうとは限りません。

まず、賃貸料が比較的高額になってしまうというのが一番大きなデメリットと言えるでしょう。

最上階の角部屋にはさきほど申し上げたような利点があることから、賃貸料が高額になってしまうのは仕方のないことですよね。

また最上階角部屋は、外気の影響を受けてしまいやすいというデメリットもあります。

他の住戸より窓が多いことがメリットでもあるのですが、窓が多いことにより外気の影響を受けやすく、暑い季節には日射しが強くて室内がかなり暑くなってしまうことがあるのです。

寒い季節には、冷気の影響を受けやすくもなります。

そのため、エアコンなどの冷暖房費がかさんでしまう可能性があります。

また、外気の影響を受けやすいことから窓に結露ができてしまいやすくもあります。

結露はしっかりと拭いておかないとカビてしまいますから、注意が必要です。

さらに、もしもマンションが幹線道路などの近くにあるならば、窓が多いことから外の騒音が気になりやすいというデメリットもあります。

賃貸料を抑えたいのなら最上階ではない角部屋がおすすめ

マンションの最上階角部屋は、どうしても賃貸料が高くなってしまいがちです。

賃貸料は毎月支払うものですから、できるだけ金額は抑えたいものではないでしょうか。

もしも、「最上階」を諦めることができるのであれば、最上階以外の角部屋はいかがでしょうか。

最上階でなければ、ある程度家賃の減額は見込めます。

上下階から生活音が聞こえてくるかもしれないことは否めませんが、隣り合う住戸は一戸なので、隣人の生活音はそこまで気にならないかもしれません。

特に、一階の物件であればエレベーターを使用することがないので、引っ越し時には料金が安くなるというメリットもあります。

さらに、災害時にはエレベーターが使用できないということもあります。

最上階であれば非常階段を使って避難することになるかと思いますが、一階であればそのまますぐ外に避難できるという利点もあります。

ただし、一階ということから日当たりがあまりよくないというケースも多々あります。

また、道路から目線も気になるところでもあります。

それぞれメリットもあればデメリットもありますので、ご自分が優先したい事柄でどのような物件がいいか検討するようにしましょう。

賃貸料を抑えられる中部屋にもメリットあり!

前項では、賃貸料を抑えたいのなら最上階以外の角部屋がおすすめとお話ししてきましたが、角部屋ではなくで「中部屋」も場合によってはおすすめです。

最上階の中部屋は、角部屋の賃貸料より多少安価に設定されています。

最上階以外であれば、さらに賃貸料は安くなるでしょう。

また、中部屋は角部屋と比べると窓が少ないので、気密性が高いというメリットがあります。

つまり、暑い季節は涼しく、寒い季節は暖かく過ごすことがき、エアコンなどの冷暖房費がかかりにくいのです。

さらに、窓が少ないことから、結露が原因のカビに悩まされることも少ないと言われています。

また、家具を配置しやすいのも中部屋のメリットではないでしょうか。

角部屋は、家具の置き場所の少なさが意外な盲点もであります。

その角部屋の家具の置き場所については、次項でもう少し詳しくお話ししていきます。

中部屋にももちろんデメリットがあることを忘れてはなりません。

それは、言わずもがな両隣に他の住戸があることです。

そのため、生活音が響きやすいのが最大のデメリットでしょう。

また、窓が少ない分日当たりが悪くなるとも言えます。

さらに、中部屋だと住戸前の人の往来が角部屋より多くなってしまいまうケースが多いです。

そのため、「人の気配」にストレスを抱えてしまうこともあるようです。

角部屋も中部屋も一長一短ですので、どんなことを優先したいのかよく考えることをおすすめします。

意外な盲点!角部屋は「家具の置き場所」に注意!

景色がよく開放感のある最上階角部屋には、意外な盲点もあります。

それは、「家具の置き場所」です。

角部屋の場合、片側がどの住戸とも接していないためその部分は窓となります。

つまり、横と縦の壁それぞれに窓が設置されているということになります。

窓の前に家具を置いてしまうと窓が開けられないばかりでなく、開けられたとしても採光や通風に影響が出てしまいます。

そのため、これまで使用していた家具の数が多い方は、物件内覧時に家具が設置できるかを確認することをおすすめします。

また、新しく家具を購入しようとお考えの方も、家具の置き場所は事前に考えておく必要があるでしょう。

最後の項では、賃貸マンションの最上階角部屋を借りたいときの注意点についてお話ししていきます。

マンション最上階角部屋を借りたいときの注意点

これまでお話ししてきたメリットデメリットを踏まえ、マンション最上階角部屋を借りたい場合には注意していただきたいことがあります。

まず、そのマンション最上階はどのような日当たりになるのか周辺の状況を確認しましょう。

もしも、マンションからの視界をまったく遮る建物がなければ、眺望はいい代わりに冷暖房費が余計にかかることを念頭に置おておく必要があるでしょう。

付け加えて、幹線道路の近くではないかなど、騒音の原因としてなりそうなものがマンションの近くにないかをチェックしましょう。

賃貸物件では、最上階角部屋は人気があります。

そのため、借りたいときに必ずあるような物件でもありません。

このことから、時間に余裕を持って物件を探すことをおすすめします。

マンション最上階角部屋にはメリットデメリットがあることを知ろう

マンションの最上階角部屋は賃貸物件の中でも賃貸料が高く設定されていることもあり、メリットしかないと思われがちかもしれません。

しかし、ここでお伝えしてきましたようにメリットだけではなくデメリットもあります。

また、最上階以外や角部屋以外の住戸にもそれぞれメリットデメリットがあることがおわかりいただけたことと思います。

ご自分がどの点を優先したいのかをよく考えて、賃貸物件を探すことをおすすめします。