気になるマンションの騒音問題!防音リフォームはどう行う?

複数の住戸が暮らすマンションでは、しばしば騒音について問題が出ます。

隣戸や上階の物音が気になったり、自分たちの生活音で近隣の方に迷惑をかけていないかなど、実際にお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マンションでは防音リフォームを行う方も増えてきているようですが、それはどのように行うのでしょうか。

詳しくみてまいりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの1階は寒い?簡単にできる対処法とは!

アパートの1階に住み始めて、「こんなに寒いの!?」と驚くこともあるかもしれません。すべてのア...

アパートの壁にフックを取り付けたい!注意することは?

お部屋のコーディネートを楽しむためや便利な暮らしにするために、アパートなどの賃貸物件の壁に「フッ...

マンションに引越してテレビを設置する時にアンテナは必要?

「引越先のマンションにテレビを設置したが映らななかった」となると困りますね。テレビを見る...

新築ブログに書かれている後悔には何が多いのか確認しよう

自宅を注文住宅にした人は、建築している最中のことをブログで書いていることがよくあります。こだ...

マンションのモデルルームを購入する際のメリットデメリット

新築マンションには多くの場合、モデルルームが設けられています。モデルルームは内覧用のもの...

アパートの名義変更は速やかに!一般的な手続き方法をご紹介

アパートには名義人が存在し、もし名義人の名前が変わったり、別の人が名義人となる場合は、名義変更の...

アパートの騒音で夜も眠れない!どうすればいい?

アパートで快適に暮らせるかどうかは、お部屋の条件にもよりますが、隣人との相性にも左右されます。...

マンション建て替えの費用負担はマンションの区分所有者!

築年数が古いマンションは、耐震性に不安があったり設備が古くなってしまったなどの理由で建て替えるこ...

新築住宅を購入!カーテンとブラインドどちらがいいの?

新築住宅を購入すると、せっかくだからと家具やインテリアを新調する人は少なくありません。中でも...

いざ転勤!家具付きマンションの賃貸を選んで福岡の魅力満喫

福岡に転勤することが決まり、暗い気持ちでアパートを探している人もいるかもしれません。しか...

家を建てるならブログを参考に!平屋のメリットとデメリット

これから家を建てることを検討されているのであれば、多くの情報が載っているブログを参考にしてみまし...

アパートなどの賃貸で家賃前払いの特徴を生活にも生かそう!

アパートなどの賃貸では、家賃の支払いが前払いか後払いかに分かれます。双方は違う特徴をもってい...

アパート一階のベランダで視線が気になる!目隠し対策を紹介

アパートの一階部分のベランダは、通行人からの視線が気になりますよね。そのため、「ベランダに洗...

新築のマイホームに和室は必要?4.5畳の和室の活用方法とは

新築一戸建てのマイホームを建てようとする際、多くの方が「和室は必要なのか?」と悩むでしょう。...

住人の過失?設備の劣化?マンションで水漏れが起こる原因

多くのマンションは鉄筋コンクリートでできているため、気密性が高く、水漏れとは無縁の建物だと考えて...

スポンサーリンク

「音の種類」によってマンションの防音対策は異なる

騒音が一度気になってしまうと、それ以降ずっと気になり続けるものです。

毎日騒音を気にして生活していると、気分も滅入ってしまいますね。

騒音問題は、近隣トラブルの原因にもなりがちです。

自宅で快適に過ごすためにも、防音対策は大切なものだと言えるでしょう。

マンションで問題になる騒音としては、

・話し声
・足音
・楽器の音

などです。

これらは「音の種類」が違うので、防音対策にも多少の違いがあります。

ですから、どのような「音」にお困りなのかを検証したのち、防音リフォームを行うようにするといいでしょう。

もしも、話し声やテレビの音が気になるのであれば、「壁」に防音対策をする必要があります。

また、足音が気になるのであれば、「床・天井」に防音対策が必要です。

さらに、楽器の音が気になるということであれば、「窓」に防音対策を施しましょう。

それでは、それぞれの箇所のリフォーム方法について解説していきます。

マンションにおける壁の防音リフォーム方法

マンションでは、隣戸との境目にあるコンクリートの厚さがあまりなければ、話し声やテレビの音は漏れやすくなってしまいます。

また、マンションの内装はコンクリートなどの上に下地ボードを貼ってからクロスを貼るので、その際に使用する接着剤が原因で下地ボードが浮いてしまい、音が響きやすくなってしまうという現象が起きることもあります。

ですから、これらを防ぐために壁の防音リフォームが必要になります。

リフォーム方法は、コンクリートと下地ボードの間に遮音シートや吸音材を入れるというものです。

これだけで、話し声やテレビの音などの騒音はやわらぎます。

ただし、遮音シートや吸音材を壁に入れることで、部屋の中が多少狭くなってしまうのがデメリットでもあります。

しかし、壁全面をリフォームせずとも、音が気になる壁だけでも十分効果は期待できますので、騒音にお悩みの方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

業者によって費用は異なりますが、壁の防音リフォームは一般的に6畳の戸境壁でだいたい20万円前後のことが多いようです。

壁の防音リフォームに関心のある方は、費用について詳しくお調べになってみてはいかがでしょうか。

足音が気になるなら床や天井を防音リフォーム!

マンションなどの集合住宅で起こりがちな騒音問題で、「足音」は上位にくるものでしょう。

上階から聞こえてくるどんどんという足音が気になったり、子供が走ったりジャンプする音で下の階の方に迷惑をかけてはいないかと気が気ではないですね。

このような場合は、床や天井を防音リフォームしましょう。

前の項でご説明した話し声やテレビの音と、足音の衝撃音ではそもそも「音」のメカニズムが異なります。

足音が響かないようにするには、遮音性のある床材や防音性のあるクロス下地や遮音シートで床や天井をリフォームします。

ただし、上階からの足音が気になる場合は、そのお宅の床材をリフォームしてもらうのが一番効果があります。

もしも可能であれば、管理組合経由で上階の方と話し合ってみるといいかもしれません。

床と天井の防音リフォームに関しても業者によってかかる費用は異なりますが、10畳ほどの部屋の床面をリフォームするには30万円前後かかる見込みのようです。

マンションで楽器を楽しみたいなら窓をリフォーム!

楽器が趣味の方であれば、自宅で思い切り楽しみたいことでしょう。

しかし、楽器は音がかなり響きますから、近隣の方に迷惑をかけないよう対策をする必要があります。

楽器の音漏れを軽減するには、これまでご紹介した壁や床、天井への防音対策に加え「窓」をリフォームしましょう。

ただし、窓はマンションでは共有部分にあたり、勝手なリフォームは許されていません。

ですから、もともとある窓の内側にもう一枚窓をつけて、防音対策をしましょう。

二重窓にすると楽器の音漏れだけではなく、外から聞こえてくる自動車や電車の騒音も防ぐことができるでしょう。

ただし、二重窓にする場合は、サッシのメーカーによってデザインのバリエーションが少なかったり、サイズが合わなかったりすることもあります。

こちらに関しても費用にバラつきがあるのは否めず、窓の大きさによっても費用はかなり異なります。

そのため、窓をリフォームされたい方は、直接業者に問い合わせてみることをおすすめします。

思い切って防音室をつくるのもあり!

マンション住まいだけどどうしても思う存分楽器を楽しみたい、大音量で音楽を聴きたいということであれば、ご紹介した防音対策だけでは不安なので、思い切って防音室をつくってしまうのも方法の一つです。

マンションの一部屋を防音室にリフォームすることもできますが、組み立ててつくる防音ボックスを設置するだけというリフォーム方法もあります。

ただし、一部屋まるごとを防音室にリフォームするにはそれなりの費用がかかることを覚悟しなくてはならないでしょう。

場合によっては数百万円かかることもあります。

また、防音ボックスに関してもその大きさによって異なりますが、費用はかなりかかります。

どちらにしても費用が多くかかってしまいますので、予算と目的との兼ね合いをよく考えてリフォームすることをおすすめします。

マンションをリフォームせずに防音対策できることも!

騒音問題は気になるものの、大規模なリフォームを避けたい事情もあるかもしれません。

また、防音リフォームは費用もある程度かかるものなので、できるだけお金をかけないようにもしたいものです。

そこで、マンションをリフォームすることなくできる騒音対策についてご提案いたしますので、少しでも参考になりましたら幸いです。

まず、話し声やテレビの音が気になるのであれば、その壁の前に大き目の家具を置いてみましょう。

例えば、天井近くまである大きさの本棚やクローゼットなどですね。

そうすることで家具が吸音し、多少なりとも騒音を軽減することができます。

足音が気になるということであれば、ジョイントマットなどを敷いてみましょう。

それだけで、ある程度の足音は気にならないようになるかと思います。

ただし、当たり前ですが、この方法だと自分の家から出てしまう足音の対策にはなるものの、上階から聞こえてくる足音の対策にはなりませんのでご注意ください。

また、窓から聞こえてくる騒音に関しては、遮音カーテンをかけてみてはいかがでしょうか。

そもそもカーテンは吸音しやすい性質がありますが、遮音カーテンであればさらにその効果を期待することができます。

騒音の種類によって対策は異なる!

マンションのような集合住宅に住んでいると、騒音問題に頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。

騒音は「音の種類」によって対策が異なりますので、どのような音に困っているのかよく検証して防音対策を講じるようにしましょう。

その防音対策にも、自分で簡単にできるものから、大規模なリフォームが必要になるものまでさまざまです。

目的と予算を照らし合わせて、騒音問題を解決していきましょう。