マンションで一人暮らしをしたい女性が安心して暮らすために

女性が一人暮らしをするとなると、まず不安に思うのは、セキュリティの面ではないでしょうか。

女性の一人暮らしには、どうしても危険がつきまとってしまうため、万全の対策が必要です。

一般的にアパートよりもマンションの方がセキュリティ性が高い物件が多いと言えます。

そういったセキュリティ性が高いマンションを選ぶ際に気を付けたいことや、あると安心なおすすめの設備などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートのガスコンロがつかない!まずは備え付けか確認

ガスコンロは経年劣化していきますので、急につかなくなることも多々あります。賃貸アパートやマンシ...

住人の過失?設備の劣化?マンションで水漏れが起こる原因

多くのマンションは鉄筋コンクリートでできているため、気密性が高く、水漏れとは無縁の建物だと考えて...

新築住宅の収納に後悔しない!そのためのアイディアをご紹介

注文住宅で家を新築した方の中には、「こうすれば良かった」などと後悔する方が多くいます。新築の...

2LDKのマンションで暮らす!分譲と分譲賃貸の違いとは?

2LDKの分譲マンションは、夫婦と子ども1~2人の家族や、あえて子どもを持たないDINKSにも人...

新築なのに結露するのは欠陥!?考えられる結露の原因とは?

念願の一戸建てが完成し、入居したときに「結露で窓がびしゃびしゃ…」なんてことになっていたら、本当...

アパートでの音楽鑑賞は何時まで認めるかについて考えよう!

アパート経営で考慮すべき点は沢山あります。相場に合わせた家賃や、管理費の設定はもちろんで...

マンションでの掃除機使用は、何時までなら許される?

長時間大きな音がする掃除機は、苦情が出やすい生活音のひとつです。しかし、お仕事などで日中家に...

新築のエアコンの配管穴はいつ開ける?工事はどうやるの?

近年の日本では、夏は40度近くなり、対して冬は凍えるほど寒く、1年を通しての気温の差が激しくなっ...

満足のいく新築を!間取りの成功・失敗例を参考にいい家造り

日常生活を送るうえで、「間取り」が自分たちの生活スタイルに合っていないと不便な思いをします。...

新築のカーテンに失敗しない!おすすめの選び方をご紹介!

家を新築したときに失敗した点で挙げられるもののひとつが「カーテン」です。まだ家を建てたこ...

1LDKのマンションで快適な一人暮らし!賃貸探し中の方必見!

一人暮らしの部屋探しで、賃貸マンションの間取りについて迷っている方も少なくないでしょう。もし...

アパートは騒音対策が必須!床を防音して階下へ響く音を軽減

アパートの2階に住んでいる方で、騒音対策をしている方はいらっしゃいますか。していない方は、気...

マンションのテレビが映らない!その原因と対処法とは?

マンションにお住まいの場合、テレビが映らないと自分の家だけのことか、ほかの部屋も同じく不具合が生...

マンションのインターネットが遅い!原因や対処方法はある?

インターネット回線は、日々の生活に欠かすことのできないインフラとなりました。そんなインターネ...

マンション建て替えの費用負担はマンションの区分所有者!

築年数が古いマンションは、耐震性に不安があったり設備が古くなってしまったなどの理由で建て替えるこ...

スポンサーリンク

女性が一人暮らしをする際に考えられる危険

女性の一人暮らしには、危険が潜んでいることは、容易に想像できます。

一人暮らしをするからには、自分の身は自分で守らなくてはなりません。

女性の一人暮らしに実際にあった危険な事例を挙げてみます。

まず、よく聞くのが、不審者に後をつけられたという事例です。

こういった場合は、家に逃げ帰らず、コンビニや喫茶店に寄る、それでも危険を感じたら、歩ける距離でも迷わずタクシーを使う方が賢明です。

次に、セールスマンを名乗る人や、ガス点検業者を名乗る人が訪ねてきて、ドアに足を挟んでいつまでも帰らない、という事例もあります。

こういうことをできる限り避けるため、後述する、セキュリティ性の高いマンションを選んでおくことも重要です。

女性が一人暮らしをするには、自分が犯罪者のターゲットになりやすいということを常に忘れず、気を抜かないことが大切です。

防犯対策をしっかりして、気を抜かずにいれば、快適な一人暮らし生活を送ることができます。

女性の一人暮らしで物件を選ぶ際に気を付けたいこと

女性が一人暮らしの物件を探すとき、立地条件はとても重要なポイントです。

家までの道のりが、夜になると店が閉まって暗くなってしまったり、空地などの側で街灯があまりなかったりすると、犯罪被害にあいやすくなってしまいます。

そのほかに、一見安全な一軒家が立ち並ぶ住宅街なども、夜になると人通りが少なくなるので注意が必要です。

そのような場所を避けるため、候補の物件が決まったら、実際に夜道を見ておくことをおすすめします。

また、忘れがちですが、駐車場・駐輪場もしっかりと見ておきたい場所です。

道路から見えるところにあるか、照明がついているかどうかも確認します。

防犯カメラがあれば、なおさら安心ですね。

次に、部屋まで上がる階段の位置も大切なチェックポイントです。

道路などから、階段を上るところや、踊り場が見えると安心です。

違う時間帯で候補の物件やその周辺をよく見て回ること、住人が出入りしていたら、どのような人が住んでいるのかも忘れずにチェックしてください。

一人暮らしのマンションにあると安心な設備

女性の一人暮らしには、防犯対策がしっかりとしたセキュリティ性の高いマンションが安心です。

実際、どのような設備があるといいのでしょうか。

まず挙げられるのが、マンション出入口のオートロックです。

万全ではないものの、侵入しにくいという点で効果が期待できます。

次に、防犯カメラです。

マンションの出入口、ごみ集積所、駐車場や駐輪場に防犯カメラが設置してあると、侵入の抑止力になります。

以上のような設備に加え、管理人常駐のマンションならば、よりセキュリティ性は高くなります。

続いて、室内設備も見ていきます。

まず、玄関の鍵はピッキング対策のものになっているか、窓の鍵はダブルロックになっているかということは、特に低層階に住む場合非常に重要です。

そして、モニター付きインターホンもあると安心です。

誰が来たのかが返事をする前に見られ、必要であれば居留守を使うこともできます。

録画機能が付いたものだと、より安心ですね。

それ以外では、室内洗濯機置場があることが挙げられます。

下着を盗まれるなどの被害にあわないためにも、チェックしておきたいポイントです。

物件を見に行くときには、設備も必ず細かくチェックしてください。

マンションで一人暮らしを始めたら気を付けたいこと

物件が決まったら、今度は実際に生活をする上で気を付けたいことを見ていきます。

まず、洗濯物はできる限り室内に干すこと、もしどうしても外に干す場合でも、女性が一人暮らしをしていることを悟られないように、男性用のものを一緒に干すといった工夫が大切です。

他の洗濯物は外に干したとしても、下着は室内に干すようにした方が安心です。

続いて、カーテンなど、外から見えるものをピンク色や花柄など、女性が一人で住んでいるのではないかと思わせるような色や柄を避けることです。

また、春や秋の外の風が心地よい季節であっても、窓を開けっぱなしにして過ごすのは危険です。

特に低層階に住む場合には注意が必要です。

窓の開け閉めは空気の入れ換え程度にとどめ、出かけるときには鍵がかかっているか必ずチェックしてください。

帰宅が夜遅くなりそうなときは、部屋の照明を付けて出かける方が安心です。

夜に一人で帰宅して電気が付くのを見られると、一人暮らしをしていることがわかってしまうからです。

そして、マンションに付いているオートロックやエレベーターにも注意が必要です。

オートロックは、人が出入りする際にいっしょに入れてしまうため、マンションに入るときは、後方を確認するようにします。

また、エレベーターで誰かといっしょになったら、非常ボタンの側に立つこと、自分の部屋がある階で降りないなどの工夫も大切です。

少し注意を払うだけで、防犯意識も高まり、より安心な生活が送れるようになります。

女性専用マンションとは?女性専用マンションのメリット

女性専用マンションとは、女性だけが契約し、住むことができる賃貸マンションのことです。

女性専用マンションには、多くのメリットがあります。

そのメリットをご紹介していきます。

女性が一人暮らしをする際には、セキュリティがしっかりとしているかということは、とても重要なポイントです。

そこで、女性専用マンションのメリットの一つは、一般の賃貸マンションに比べるとセキュリティ性が高いことが挙げられます。

居住しているのが女性ばかりなので、エレベーターに乗る際や部屋に入る際に、必要以上に警戒をせずに済み、安心です。

また、女性専用マンションは、オートロックや防犯カメラなどの設備のほかに、ホームセキュリティシステムを搭載している物件も多くあります。

更に、24時間管理人が常駐しているマンションも一般に比べて多い傾向があります。

そのようなセキュリティ面だけではなく、女性専用マンションは外観や内装が清潔でおしゃれであったり、設備が女性向けになっている物件も多くあります。

これから物件を探す方は、女性専用マンションも一人暮らしの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

決める前に知っておきたい女性専用マンションのデメリット

女性専用マンションはセキュリティ性が高い物件が多く、安心できるというのが特徴ですが、その反面、女性専用ということがデメリットになってしまうことがあります。

今は、インターネットで物件のことを簡単に調べることができるため、その物件が女性専用だということが外部にわかってしまいます。

窃盗など、女性専用マンションだけを狙った犯罪も事例があるので、注意が必要です。

また、マンション自体はセキュリティ性が高くても、マンションまでの道中はやはり危険です。

女性専用マンションで一人暮らしだということがばれてしまうと狙われやすくなるため、後をつけられないように常に警戒をしておくことが大切です。

その他には、男性は絶対に入れないという規則のあるマンションがあることもデメリットの一つです。

安心である反面、家族やボーイフレンドが遊びに来ても、入れないという問題が起こってしまいます。

男性が中に入ることは全面的に禁止、数時間遊びに来る程度なら中に入れる、泊まることもできるなど、マンションによって規則が違うため、事前に調査が必要です。

住み始めた後に後悔しないように、デメリットもよく考えて物件を探してください。

女性の一人暮らしはまず安心を確保して快適な生活を!

女性の一人暮らしはセキュリティ対策がとても重要で必要以上に気を使いますが、設備を選び、施錠など基本的なことを忘れずしっかりとしていれば、快適な生活ができます。

自分好みのインテリアにしたり、優雅なバスタイムを過ごしたり、楽しいこともたくさんあって夢が広がります。

物件を決める前に何度も下見して、常に気を抜かないことを忘れず、すてきな一人時間を過ごしてください。