土地や建物の登記簿謄本はどのように取得する?取り方を解説

さまざまな場面で、土地や建物の登記簿謄本が必要になることがあります。

その際、どのように取得すればいいか分からないという方もいれば、そもそも登記簿謄本がどのようなものか、詳しく知らないという方もいるかと思います。

そこでこの記事では、登記簿謄本についてや、登記簿謄本の取り方についてご説明していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKでも子育てはできる?間取りのメリット・デメリットとは

新婚夫婦でアパートなどの賃貸住宅に住むことになった時、1LDKの部屋を選ぶこともあるでしょう。...

不動産登記における補正とは?期限や補正方法について解説!

不動産登記を申請するには、管轄の法務局の窓口に書類などを提出することが一般的といえるでしょう。...

青地・白地とはどういう意味?農地転用に関わる農振除外

農地の中には「青地」「白地」というものがあり、普段生活する中ではなかなか知る機会がありません。...

登記事項証明書で床面積の記載はどこにある?見方を知ろう!

建物を新築したり改築したりすると、不動産登記を行うことが必須とされています。特に建物表題登記...

賃貸物件の床にできたへこみ!原状回復をめぐるトラブルとは

賃貸物件に長く住んでいると、生活している中で床を傷つけてしまうことはよくあります。例えば、模...

教養ある大人として覚えておきたい!住所の正式な書き方

住所の書き方を意識する場面は少ないでしょう。住所は伝わりさえすればいいものだと考えている...

土地の購入前に要チェック!土地購入の際の注意点とは?

新築一戸建てを建てる際の土地は、親や祖父母などから譲り受ける場合や購入する場合などがあります。...

増築したら登記は必須!手続きの流れや必要書類について解説

マイホームを建てた数年後に、増築やリフォーム(改築)をすることもあるでしょう。増築や改築...

仲介手数料は値引きできる?賃貸アパートの場合は?

アパートなどの賃貸物件を契約する際に、不動産会社に支払うものの1つに「仲介手数料」があります。...

敷金が返金されるのは一体いつ?返金されやすくする方法とは

アパートなどの賃貸住宅から退去するときに気になるのが、「敷金がいつ返金されるのか」ということでは...

敷金を返還してもらえるのはいつ?返還に関する注意点は?

賃貸物件に入居するときに、家賃の他にも敷金と礼金を支払うのが一般的です。敷金は賃貸借契約にお...

登記を知る!新築に必須の手続きは自分でできる?できない?

新築住宅の手続き中で、必ず行わなくてはならないのが「登記」です。新築住宅の登記では、金融機関...

建築基準法の「居室」!台所に採光計算は必要?必要ない?

建築士を目指したり、住宅の設計に興味を持たれたりする方の中には、「台所の採光問題」が気になる方も...

アパートの契約書をなくしたら!契約は無効になってしまう?

無事アパートの賃貸契約が締結され、借りることが決まれば、その後賃貸借契約書を渡されるかと思います...

支払う賃料は同じ!家賃に管理費を含むor別にしているはなぜ

賃貸物件を探すとき、予算内の家賃である物件に自然と目がとまることでしょう。しかし、よく見てみ...

スポンサーリンク

意外と必要になることが多い!土地や建物の登記簿謄本とは?

「登記簿謄本」という言葉は知っていても、詳しい内容までは分からない方も多いかと思います。

この記事では、土地や建物の登記簿謄本の取り方までご説明しますので、ぜひ参考にみてくださいね。

はじめは、登記簿謄本がどのようなものかについてお話ししていきます。

土地や建物などを所有すると、不動産登記をしなければなりません。

登記申請をすると、その登記事項を管轄の法務局の登記官によって、登記用紙に縦書きで記入されていきます。

そして、この登記用紙は各法務局でファイリングされ保管されるのですが、このファイリングされたものを「登記簿」と呼びます。

不動産登記簿には、土地登記簿と建物登記簿の2つがあり、それぞれの登記簿の中には、土地や建物に関する所在や面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係などといった内容が記載されています。

この登記簿の登記用紙をコピーした写しのことを「登記簿謄本」といい、多くの場面で必要となるのです。

例えば、職場へ提出したり、確定申告や融資の書類に使ったりするときに必要となります。

ほかにもさまざまな場面で必要になるため、取得する機会が多いものなのです。

登記簿謄本は別の名称に変わっている!?

前項でご説明した土地や建物の登記簿謄本は、コンピュータ化により「登記事項証明書」という名称に変わりました。

以前は、登記簿をコピーした写しを登記簿謄本としていましたが、登記簿も紙ではなくデータで保存されるようになったのです。

そのため、データによって発行される登記簿の証明書は、「登記事項証明書」と呼ばれるようになりました。

ただし、登記事務をコンピュータ化していない登記所もあります。

また、名称が変わっても「登記簿謄本」と呼ぶ方も多くいます。

名称は変わったものの、登記簿謄本も登記事項証明書も根本的には同じものです。

取り方についてもほとんど同じですが、登記事項証明書のほうが楽に取得できるといわれています。

どのように取得するかは、次の項からお話ししていきましょう。

土地や建物の登記簿謄本の取り方とは?大きく3種類!

ここからは、土地や建物の登記簿謄本(登記事項証明書)の取り方についてご説明していきます。

大きく3種類ありますので、ひとつずつご説明していきましょう。

まずは、「法務局の窓口で取得する方法」です。

以前までの紙媒体での登記簿のときは、管轄の法務局でしか登記簿謄本を取得することはできませんでした。

しかし、データ化されたことにより、どの法務局へ行っても登記簿謄本を取得することが可能になりました。

そのため、極端にいえば、北海道の法務局の窓口で、沖縄にある不動産の登記簿謄本を取得することができるのです。

しかし、注意しなければいけないのが、法務局には窓口時間があるということです。

法務局の窓口時間は月曜日~金曜日の8:15~17:15ですので、この時間内に行かなければ申請することができないということを覚えておくといいでしょう。

法務局の窓口で登記簿謄本を取得するために必要なものとは?

法務局で土地や建物の登記簿謄本を取得するためには、交付請求書を提出しなければなりません。

この書類は法務局においてありますので、出向いた際に記入します。

ここで必要になるのが、土地の場合は「地番」、建物の場合は「家屋番号」です。

こちらが分からないと交付請求書を記入することができませんので、事前に調べておくようにしましょう。

権利証があれば、その中に地番や家屋番号が記載されていますので確認してみてください。

さらに、交付請求書には収入印紙の添付もしなければなりません。

登記簿謄本は、1通につき600円かかります。

もし、土地と建物の登記簿謄本を取得する場合は、それぞれ600円ずつかかりますので、合計1,200円のお金が必要です。

交付請求書と収入印紙がそろったうえで、法務局の窓口に申請し、登記簿謄本を取得しましょう。

次の項では、郵送での登記簿謄本の取り方についてお話しします。

郵送での登記簿謄本の取り方はどのように行うの?

こちらでは、土地や建物の登記簿謄本(登記事項証明書)の取り方についてご説明します。

登記簿謄本は郵送でも請求できます。

仕事で法務局の窓口時間に行けない人には、郵送での取得はおすすめといえます。

基本的な取得方法は、法務局の窓口で申請する方法と同じです。

交付請求書に必要事項を記入し、収入印紙を添付します。

収入印紙は、法務局の印紙売り場以外でも購入が可能で、郵便局やコンビニでも手に入れることができるでしょう。

そして、返信用切手も用意し、これらを一緒にまとめて法務局へ送付します。

特に問題がなければ、この手続きだけで登記簿謄本を取得することができますよ。

ただし、郵送での取得で注意していただきたいことが、電話やメールでは対応してくれないということです。

必ず、交付請求書・収入印紙・返信用切手をセットにして、法務局へ送付するようにしましょう。

土地や建物の登記事項証明書の取り方もご紹介!

最後に、土地や建物の登記簿謄本をオンラインで取得する方法をご紹介しましょう。

お話ししてきましたように、登記簿は近年の間に紙媒体からデータ化に変わりましたので、データによる登記簿の写しは、「登記事項証明書」という名称となりました。

そして、データ化されたことにより、オンラインでも登記簿謄本、つまり登記事項証明書を取得することが可能となったのです。

当然、法務局に出向かなくても申請から取得まで可能ですので、郵送同様、法務局の窓口時間に行けない方にはおすすめといえます。

オンラインでの登記事項証明書の請求は、専用の申請システムから行います。

利用可能時間は、月曜日~金曜日の8:30~21:00です。

窓口時間よりも遅い時間まで申請することができますので、仕事が終わった後に申請することもできるでしょう。

さらに、登記事項証明書の受け取り方を選ぶことができ、法務局の窓口か郵送かを選択することができます。

オンライン申請で法務局の窓口で受け取る場合にかかる費用は480円、オンライン申請で郵送で受け取る場合は500円かかります。

どちらにしても、お話ししてきた2つの方法よりも費用が安く済みますので、費用の面からみてもオンラインでの取得はおすすめです。

とはいっても、あまり知識がないと申請のしかたが合っているか不安に感じる方も多いと思いますので、そのような方は時間を作って法務局の窓口で申請するほうが良いといえるでしょう。

登記簿謄本の取得に不安な方は法務局で申請しよう!

土地や建物の登記簿謄本の取り方についてお話をしてきました。

大きく3種類あり、近年では登記簿がデータ化されたことで、オンラインで申請し取得することも可能となりました。

しかし、申請には書類が必要で、合っているかどうか不安に感じる方もいるかと思いますので、そういった方は法務局の窓口で申請することをおすすめします。

登記簿謄本を取得する際は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。