新築キッチンのおすすめは?キッチン選びにお悩みの方必見!

毎日の食生活を支える場所であるキッチン。

新築を建てるのであれば、キッチンはぜひともこだわりたい場所の一つでもあります。

キッチンは意外と奥深いですから、キッチン選びに悩まれる方も多いことでしょう。

そこで、この記事ではキッチンの型やレイアウト、さらにはおすすめのキッチンをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2LDKの相場が知りたい!東京でマンションを探す時のポイント

東京で2LDKの住まいを探すとなると、まずはどこの沿線上に住みたいかをある程度定めておく必要があ...

必見!マンション投資で失敗する6つの理由

自分の資産を手堅く増やしていく手法のひとつに、マンション投資があります。マンション投資は株式...

マンションで騒音問題が起きたら!管理会社に相談するべき?

多くの人が生活する賃貸マンションでは、しばしばトラブルが起きることもあるでしょう。マンション...

少しでも高く!一戸建やマンションが高く売れる条件とは

一戸建やマンションを売却しようと思ったら、できる限り希望価格に近い価格で売りたいですね。...

マンションで犬を飼いたい!集合住宅でおすすめの犬種は?

マンションやアパートなどの集合住宅で暮らしていると、犬を飼いたくても、鳴き声や足音などで他の住人...

マンション相場の推移を知って「売買」のタイミングを測る!

マンションなどを購入して利益を上げる不動産投資は、「安い時に買って高い時に売る」のが基本です。...

アパートの更新料が高い!支払い義務と交渉の余地について

アパートの契約期間満了の時期になると、更新料の支払いが求められることがあります。地域によって...

気になるマンションの耐震性!マンション築年数との関係は?

新築マンションであっても中古マンションであっても、マンションで生活する上で、耐震性は気になるとこ...

二世帯住宅の価格は、土地ありでも状況によって変わる!

近年、共働きが当たり前になった影響からか、不動産業界では二世帯住宅のニーズが高まっています。...

マンションを名古屋で購入!新築物件で賃貸経営する前に

名古屋には何度か行ったことがありますが、出会いに恵まれたのか「いい人が多い」というイメージがあり...

アパートに月途中で入居・退去!家賃の支払いは日割り計算?

アパートの家賃は、1ヶ月毎に集金されることがほとんどですよね。それでは、アパートに月途中で入...

住民票を移動しアパートで同棲!世帯主は1人?それとも2人?

アパートで同棲を始めるにあたり、世帯主をどちらか1人にするか、もしくは2人とも世帯主になるかとい...

憧れのニッチを我が家にも!玄関は横長ニッチで決まり!

注文住宅を検討している方の中には、「おしゃれな家でよくみかけるニッチを我が家でも取り入れたい!」...

選ぶのが大変でも大丈夫!新築の失敗しないクロスの選び方

クロスをいざ選ぶとき、その種類の多さに驚かれる方も多いことでしょう。これからずっと住み続ける...

新築の玄関もこだわろう!機能的・おしゃれにするポイント

注文住宅で家を建てる際、リビングやキッチンにこだわるように、玄関にもこだわっているでしょうか。...

スポンサーリンク

キッチンの型の種類にはどんなものがある?

生きていくうえで欠かせない、毎日の食事を用意する場所であるキッチンは大切な場所です。

家を新築されるのであれば、ぜひキッチンにこだわっていただくことをおすすめします。

どのようなキッチンにするか決めるにはまず、キッチンの型から決めていきましょう。

キッチンには以下の四つの型があります。

●I型キッチン

一般的によく見る形のキッチンです。

シンク、調理機器、調理台がまっすぐ横に並んでいる形状です。

●Ⅱ型キッチン

シンク、調理機器、調理台を前後二つに分けた形状のキッチンです。

作業スペースが広く動線がいいものの、ある程度の広さを必要とします。

●L型キッチン

シンク、調理機器、調理台がL字に配置されているキッチンです。

Ⅱ型キッチンと同様に作業スペースが広く動線がいいものの、L字のコーナーの部分が使いにくいというデメリットもあります。

●U型キッチン

シンク、調理機器、調理台がU字(コの字)に配置されているキッチンです。

四つのキッチンの中で一番動線がいいので、効率よく調理できるのが特長です。

Ⅱ型キッチンと同様に、設置するには広いスペースが必要になります。

キッチンのレイアウトの種類はどんなものがある?①

キッチンの型が決まったら、レイアウトを決めていきましょう。

新築する場合は一番最初に間取りを決めていきますが、その時点でキッチンの型とレイアウトを考える必要があります。

それでは、具体的にどのようなレイアウトがあるのかみていきましょう。

●対面式

対面式は一般的によく見るレイアウトですね。

最近では、賃貸物件でも対面式キッチンである場合が多くなっています。

対面式のキッチンは調理しながら家族と会話したり、テレビを観ることができるのが特長です。

キッチンの対面部分に高さを付けて手元の目隠しにしたり、そこにニッチを作って調味料を置いておくこともできます。

●壁付け式

ひと昔前の賃貸物件でよく見たレイアウトですね。

部屋を少しでも広く使いたいのであれば、このレイアウトがおすすめです。

ただし、壁付けの場合はキッチンがすべて丸見えになってしまうのがデメリットでもあります。

キッチンのレイアウトの種類はどんなものがある?②

●アイランド式

アイランド式はキッチンが独立しているレイアウトです。

部屋の中でもキッチンをメインとしたい場合や、見た目にこだわりたい方におすすめです。

キッチンのまわりをぐるぐると行き来でき、いろいろな方向から作業することができるので、夫婦や親子、友人などと一緒に調理したい方には最適なキッチンレイアウトでしょう。

ただし、囲いが何もないので、調理中のニオイや油はねがしやすくなることがデメリットとなります。

●クローズ式

リビングなどから独立しているレイアウトのキッチンです。

キッチンだけの部屋があるような状態です。

一人で調理に集中したい人におすすめのキッチンです。

その反面、調理中に家族の様子が見られないという点があります。

子育て世帯には不向きなキッチンかもしれませんね。

このように、キッチンのレイアウトも大きく分けて四つあります。

新築される際は、自分たちがキッチンをどのように使いたいのかを考えつつ、間取りと一緒に検討するようにしましょう。

新築におすすめのキッチン:リクシル

それではここから、新築におすすめの人気メーカーのキッチンをご紹介していきましょう。

まずは「リクシル」です。

●リシェルSI

高価なキッチンにもかかわらず、その洗練されたデザインと使いやすさから人気を集めています。

リシェルSIの最大の特長が、調理台がセラミックだということです。

調理台がセラミックだと、熱い鍋をそのまま置いても、まな板なしで具材を切ってもOKなのです。

さらに、汚れが付きにくいものの、もしも汚れが付いたらさっと拭くだけでよく、お手入れもしやすいのが人気のポイントです。

さらに、キッチン収納がとても使いやすくできており、デッドスペースをなくすことでたくさん収納できる構造となっています。

また、水栓がハンズフリーなので、調理中に汚れてしまった手で蛇口を触ることなく効率的に調理できるというポイントもあります。

新築におすすめのキッチン:クリナップ

引き続き、新築におすすめのキッチンをご紹介していきましょう。

次は「クリナップ」です。

●セントロ

ステンレスキッチンにこだわりのあるクリナップでは、このセントロが最高級ランクのキッチンとなります。

どのキッチンでも調理機器はIHかガスコンロどちらかに統一されることが多いですが、セントロではIHとガスコンロを一台の調理機器で使い分けることが可能です。

また、収納も豊富にあり、使いやすく設計されています。

キッチンの扉はたくさんのカラーから選択することができます。

さらに、調理台はステンレス、人工大理石、セラミックの中からお好みのものを選ぶことができます。

水栓の形状もスタイリッシュで、浄水器兼用で使用できるものもあります。

キッチンに付けることのできる食洗機は、扉をノックすれば自動的に開くという便利な機能もあります。

新築におすすめのキッチン:ウッドワン

新築におすすめのキッチン、最後のご紹介は「ウッドワン」です。

●スィージー

スィージーは、本物の無垢材で作られたキッチンです。

「ニュージーパイン」「オーク」「メープル」「ウォールナット」の樹種から選ぶことができます。

本物の無垢材でできているので、キッチンの見た目にこだわりたい方にはおすすめのキッチンです。

無垢材でできているというとお手入れの心配もありますが、表面がお手入れしやすいように加工されているので、万が一汚してしまった際にもさっと拭くだけで大丈夫です。

シンクや調理台はステンレスや人工大理石から自由に選ぶことができます。

さらに、調理機器やレンジフードもキッチンの樹種に合ったお好みのものを選択することが可能です。

また、スィージーにはドイツ製の食洗機「ミーレ」を付属させることができます。

ミーレは大容量の食洗機なので、食器のみならず調理後の鍋も入れることができるのです。

ここでは以上の三つのキッチンのみご紹介させていただきましたが、キッチンにはもっとたくさんの種類があります。

有名なところではパナソニックの「L-クラス」や「ラクシーナ」、トーヨーキッチンの「iNO」や「CORE」などですね。

キッチンメーカーだけで言うと、TOTOやタカラスタンダード、トクラスなどがあります。

たくさんの選択肢がある中から一つだけ選ぶのは大変ですが、一生付き合っていくキッチンですから、後悔のないように検討してみてくださいね。

納得のいくキッチン選びを!

納得のいくキッチンにするには、まずはどのような型とレイアウトにするかを決め、その後は使い勝手のよさ、機能性、デザインなどからお好みのものを選ぶといいでしょう。

また、間取りに合わせて考えることも重要です。

さらに、キッチンは家の設備にかかる費用の中でも大きな金額を占めるものでもあるので、理想と費用を照らし合わせて納得のいく選択をするようにしましょう。