アパートのベランダでバーベキューはダメ!子供にも教えよう

「外が騒がしいと思って窓から見てみたら、ベランダで和気あいあいとバーベキューをやっていた…」

そんなことがあったらベランダに干していた洗濯物は取り込むでしょうし、換気したくても窓を閉めますよね。

バーベキューの肉の焼ける香りが好きなら窓は開けておくかもしれませんが、煙が入ってくるのは避けたいところです。

ベランダでバーベキューをしてしまう住民がいる場合の対処法を、その他の「アパートのベランダでしてはいけないこと」もご説明しつつお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築にテレビアンテナを設置しよう!工事はいつ行うべき?

念願のマイホームとして家を新築し、引き渡しが終われば、次は引っ越しです。しかしこのとき、テレ...

新築でテレビは契約しないと観られない?観るための方法とは

マイホームを新築した方で、多くの方の盲点となっているのが「テレビ」です。アンテナを設置したり...

新築の内覧会での注意点は?どのような流れで行う?

新築物件が完成したら、すぐに移り住みたいところですが、その前に「内覧会」があります。内覧会を...

アパートを契約更新する場合!更新手数料に消費税はかかる?

住んでいるアパートの契約期間が満了に近づき、その際契約を更新する方もいることでしょう。そのと...

おしゃれな空間を演出!新築の上手な壁紙の選び方とは?

その家の印象を大きく左右する「壁紙」。壁や天井は、床と同じく家の中で面積を多く取る部分ですか...

マンションを売る際の流れと高く早く売るコツ・注意点とは?

所有しているマンションを売ることになった場合、どうしていいかわからない方も多いのではと思います。...

マンションのリビングをおしゃれにコーディネートしてみよう

マンションへ引っ越しをしたら、生活するためのお部屋づくりをするかと思います。その際、「せっか...

新築のインテリアとしても最適!?テレビは壁掛けにしよう!

数ある家電製品の中でも、目覚しい進化を遂げているのがテレビです。テレビは、従来の置き型テレビ...

アパートの入居審査!電話連絡がきたときの対応をチェック!

アパートを借りるためには「入居審査」を受けますが、審査の一環として電話連絡がかかってくることもあ...

マンションにロフトを!リフォーム具体例からプランを練ろう

お住まいのマンション、広さは足りていますか?マンションは一戸建てとは違い、自由に増築すること...

新築の内装をおしゃれに!おしゃれアイデアを部屋別にご紹介

新築一戸建てを建てるなら、人とは違うおしゃれな家にしたいものですよね。しかし、おしゃれにする...

マンションを探す!賃貸で住みやすい名古屋のエリアは?

転勤などで他地域から名古屋に引っ越す場合、どこに住んだら良いのか困っている方も多いと思います。...

新築のリビングをおしゃれにコーディネート!そのコツとは?

新築住宅が建つと、どんなコーディネートをしようかウキウキしながらも、悩んでしまうものですよね。...

新築の外観を調査!人気の色・デザイン!失敗しないためには

生涯の宝物になる新築マイホームを建てるなら、なるべく妥協したくないですよね。一昔前には個性的...

憧れの新築は平屋に!理想の家にするには外観にこだわりを!

憧れの新築は、少しでも理想の家に近づけたいものですよね。もしも、新築を平屋にとお考えであれば...

スポンサーリンク

アパートのベランダでバーベキューはNG

アパートのベランダでバーベキューするのはマナー違反ですし、賃貸契約書に禁止事項として書かれていることも多いでしょう。

ベランダはもちろん、階段や駐車場など共用部分で迷惑な行為をしてはいけないことになっています。

アパートのベランダやバルコニーには避難経路としての役目もあり、住民の共用部分とみなされていますので、危険な行為は慎むべきです。

また、話し声や笑い声が近所迷惑になりますし、においや煙が他の部屋に流れていきます。

他の部屋の住民がベランダでバーベキューをしているからといって、それに参加したり真似をしたりすることはおすすめできません。

子供がいると興味を持ってベランダに出て、食べ物を分けてもらおうとするかもしれません。

しかし、そこで分けてもらってしまうと注意しにくくなるので、「ベランダでバーベキューをしてはいけません」と言い聞かせてください。

アパートのベランダでバーベキューをしている人を注意するべき?

同じアパートの住民が、ベランダや部屋の前、駐車場、道路などでバーベキューをしているのを見かけたら、「注意したほうがいいのかな?」と悩むこともあるでしょう。

しかし、大人数で集まっている中に一人で行くのは気が引けるものですし、外国人など日本語が堪能ではない場合もあるかもしれません。

普段から親しくコミュニケーションをとって顔見知りになっている場合は別ですが、直接苦情を言いに行くのは避けたほうがいいでしょう。

後で管理会社や大家さんに連絡し、注意してもらったほうが安全です。

ベランダでバーベキューしてはいけないということを知らなかったか、理解できなかっただけであれば、注意した後に止めてくれるかもしれません。

とはいえ、「告げ口がバレたらどうしよう」と不安に思うこともあるでしょう。

賃貸物件にお住まいの人は、「何か嫌がらせをされたら…」と不安になり、言いたいことを我慢していることも多いようです。

管理会社に連絡したのが自分であると知られてしまう状況で、絶対に大丈夫だと断言することはできませんが、共有部分でのバーベキューの場合は、連絡するべき理由があります。

アパートの管理会社か大家さんに連絡すべきなのはなぜ?

ベランダや玄関の前でバーベキューをしているのを発見した際に、管理会社などに連絡するべき理由を考えてみます。

・火事の危険性

不注意によって火事になってしまう可能性もありますし、アパートの柱や壁を焦がしてしまうことも考えられます。

火が燃え広がれば、そのアパートだけではなく周辺の建物も被害を被ることになるでしょう。

・アパートの価値が下がる

壁や柱が焦げていたり、外にバーベキューセットが置いてあるアパートを見て、住みたいと希望する人は少ないと思います。

その時点で入居している人が引っ越すことを考え始めても無理はありません。

・子供に常識を教える

子供は常識を言い聞かせても、なかなか覚えてくれないものです。

ベランダでバーベキューをしている住民の子供と仲良くなると、「バーベキューに誘われた」と言って行きたがるかもしれません。

・「貸主側に連絡した」という事実を作ることができる

非常識な行動を注意しても、止めてくれない人もいます。

そうした人を強制的に退去することが難しい場合、ストレスを感じている側が引っ越すこともあるでしょう。

つらい思いをしていることを伝えることによって、条件の良い引っ越し先を紹介してもらえるなど、相談に乗ってくれることもあるかもしれません。

「ベランダでバーベキューしていた」と報告する前に

アパートのベランダや駐車場、部屋の前でバーベキューをしている住民のことを管理会社に報告する際には、いくつかの注意点があります。

まずは、先述の通り、その住民に注意することでトラブルが大きくなる可能性が低いのか、大きなトラブルに発展するリスクがあるか見極めることです。

会えば笑顔で挨拶をかわすような住民で、子供もいるのであれば、そこまで大きなトラブルになるとは考えにくいですよね。

バーベキューをしているのを見つけて、管理会社に連絡できる時間帯ならすぐにでも電話していいでしょう。

火の不始末が原因で火事になるリスクもゼロではありませんので、早めに止めてもらうほうが安心です。

一方、反社会的な傾向がある住民で、逆恨みされる可能性があるようなら、管理会社に連絡する際に匿名で自分だと分からないように注意してもらうことはできるか確認したほうがいいかもしれません。

また、そのアパートの近隣住民や、市区町村の公害相談窓口などにも相談できるでしょう。

自分の中だけでストレスを溜め続けるのではなく、誰かに相談することをおすすめします。

アパートのベランダでしないほうがいいこと

アパートのベランダなどの共用部分では、バーベキューの他にも注意の対象となることがあります。

騒音、ゴミの放置、爆発する危険性があるものを置くこと、子供だけで遊ばせることなど、アパートによって基準が違うためケースバイケースではありますが、注意されることが多いでしょう。

花壇を作ってガーデニングしたり、小さな物置を置いたり、除草剤を撒いたりすることも貸主への確認と許可が必要です。

子供がいる場合、三輪車や遊具などをバルコニーやベランダなどに置きたくなるかもしれませんが、基本的には、共用部分には私物は置かないほうがいいようです。

ビニールプールで遊ばせるのも、水漏れトラブルや騒音の原因となりますので、多くのアパート・マンションでは注意の対象となります。

迷惑をかける側になっているかも?アパートのマナー

子供がいると、「階段や廊下で走りまわったり、ベランダでシャボン玉や水鉄砲で遊ばせるくらい大丈夫」と思うかもしれません。

ファミリー向けのアパートや古いアパートなら、よほどの迷惑行為でなければ、厳しくとがめられることは少ないかもしれません。

しかし、シャボン玉液が階段に落ちて滑りやすくなったり、水鉄砲が人や車に当たって苦情の原因になることも考えられます。

車に水鉄砲が当たって乾くと跡が残ってしまいますので、後で連絡が来ることもあるかもしれません。

マナーを教えるのは大変ですが、できるだけ見守ってあげましょう。

この他にも、「布団の干し方」「物干し竿の設置」「ペットの飼い方」など、さまざまなことで迷惑にならないように暮らしていく必要があります。

バーベキューは明らかに迷惑行為だと分かりますが、こうした細かなところは判断が難しく感じるものです。

マナーを完璧に守って生活するのは窮屈に感じる人もいますし、ある程度のマナー違反は「お互い様」と、許容範囲として考えられていることも多いでしょう。

アパートやマンションを選ぶ段階で、自分の性格やライフスタイルに合ったところを選ぶことができれば、それに越したことはありません。

これから引っ越す計画があるなら、内覧時によく観察し、気になる点は管理会社にしっかり確認してください。

ベランダバーベキューは非常識!管理会社に相談してみよう

アパートのベランダでバーベキューをしているのを発見したら、管理会社に連絡して相談してみましょう。

賃貸物件の場合には、一般的に「迷惑で危険な行為」とされていますので、早めに注意してくれると思います。

相手にバレてしまうと怖いからと悩んでいるなら、その住民がどんな人か、少し観察してから判断してもいいでしょう。