1LDKでひとり暮らし!大阪市で賃貸物件を探しやすい地域は?

転勤などの事情で、大阪市でひとり暮らしをすることになった場合、何を重視して賃貸物件を探しますか?

物件探しには、家賃や交通アクセス、治安や生活のしやすさなど、さまざまなポイントがあります。

そこで、大阪市で1LDKの賃貸物件を探すときのポイントについてご紹介していきます。

見落としがちなことや、賃貸物件を探しやすいおすすめの地域など詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アートなポスターで大変身!おしゃれにインテリアを彩ろう

部屋の模様替えをしたいけれど、雰囲気を変えるために家具をすべて取り替えるのは難しいですよね。...

おしゃれな窓風インテリア!100均グッズで手軽に制作

お部屋の雰囲気を変えたいときにおすすめなのが、「窓風インテリア」です。窓風ということから、フ...

2LDKに家族で暮らす場合の大阪の賃貸物件のおすすめ地域は?

大阪出身であったり大阪で暮らしたことがあったりする方は別ですが、転勤等で初めて子供を含む家族全員...

家を建てるなら知っておきたい!軽量鉄骨と木造の違い

ハウスメーカーの展示場などでは、外観や室内の間取りなどの目に見えるところに注目しがちです。...

一人暮らしで人気の1LDKを比較!東京で家賃が安い地域は?

東京で一人暮らしをするにあたり、お金の面での一番の不安は家賃ではないでしょうか。できれは安い...

1LDKで二人暮らしに向いている人と必要なインテリアとは?

1LDKの部屋で二人暮らしをしようと考えている人は多いのではないでしょうか。どのような人が1...

1DKと1LDKの違いって何?どんな人におすすめの間取りなの?

アパートやマンションを借りる際、物件情報を見ていると、「1DK」や「1LDK」などと書かれていま...

2LDKの使い方!2人暮らしの場合でシミュレーションしてみた

リビング・ダイニング・キッチンの他に、部屋が2つ設けられているのが「2LDK」です。2人暮ら...

建物構造でよく見るRC造とS造とは?その見分け方は?

物件を探そうとするとき広告チラシなどを見てみると、建物の「構造」という言葉が出てきます。その...

鉄骨造に対する耐火被覆の必要性とは?火災から家を守る!

防火地域や準防火地域に住む方は、「耐火被覆」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。...

2DKに住みたい!東京で2DKの賃貸の家賃相場はどれくらい?

2DKは、これから同棲を始める人や、結婚して夫婦で住む家を探している人たちに人気の間取りです。...

サイディングのビス打ちで建物を長持ちさせるポイント

サイディングは、建物の断熱性と防水性を高めてくれる外壁材です。施工するには、建物の壁にビス打...

2LDKの間取りで二階建ては可能?採光を重視する二階リビング

これから新築する予定の方の中には、都心部での建築を検討している方もいらっしゃるでしょう。...

鉄骨造は耐火被覆で耐火建築物に!防火地域の仕様規定に注意

マイホームを建てるとき、地域によっては建物を「耐火建築物」にしなければない仕様規定がありますが、...

こだわりの新築一戸建て!駐車場のデザインもおしゃれに!

新築一戸建てをこだわりぬいて建てるなら、外構のデザインにもこだわって、おしゃれなものにしたいです...

スポンサーリンク

大阪市で賃貸物件を探す前に大阪のことを知ろう!

大阪市は大阪府の真ん中にある府庁所在地で、政令指定都市です。

市内には、北区、中央区、阿倍野区、浪速区などをはじめとした、24区があります。

大阪市は、天領となった江戸時代には「天下の台所」と言われ、国の中心である江戸をしのぐほど、金融や商業などの経済面や、陸路や海路などの交通面でも大変発展しました。

また、明治には繊維を中心とした工業都市となり、「東洋のマンチェスター」と称されました。

その流れは現在でも脈々と続き、仙台市や横浜市、福岡市など全国に20の政令指定都市がありますが、その中でも大阪市は市内総生産がもっとも高くなっています。

このように昔から商業や工業が発展しているので人口も多く、国勢調査では大阪市の人口は横浜市に次いで全国2位です。

このように、もともと人口の多い街ですが、昼間は通勤や通学のために他地域から人が通ってくるので、さらに人口が増えます。

交通アクセスも良く、JR東海、JR西日本をはじめ、大阪メトロ、阪急電鉄など、多数の鉄道会社が乗り入れています。

また、バスターミナルも充実していて、大阪市内はどこへ行くにも便利に利用できます。

空の便も、近くに伊丹空港、関西国際空港、神戸空港の「関西3空港」があります。

このように大阪市内は交通アクセスが良いので、1LDKの賃貸物件に住む場合は、どこの地域で暮らしても、それほど不便さは感じないでしょう。

1LDKの賃貸物件はひとり暮らしにおすすめ!メリットとは?

賃貸でひとり暮らしをするときに、おすすめしたい間取りは1LDKです。

1LDKであれば独立した部屋を確保できるので、それを寝室に使うことができます。

先程もお話ししたように、大阪市は人も多く、通勤にストレスを感じることも多いと思います。

独立した寝室があることで、疲れた体を癒し、良質な睡眠をとることができるでしょう。

また、LDK部分が広いので、食事をする場所とくつろぐ場所の区別がつけられます。

ワンルームや1Kの間取りでは、寝室と食事をする場所が同じなので、気分的に落ち着かないということもありますし、衛生面でも問題が出てくる可能性があります。

1LDKのように部屋の中を住み分けることができると、生活にメリハリが出てきますし、衛生面の心配も軽減されるでしょう。

来客があったときも、スペースがあるのでゆったりと迎えられますし、寝室を見られることもありません。

1LDKであれば、趣味に没頭したい方は趣味のスペースを作ることができますし、洋服など物が多い方は収納スペースを広くとることができます。

また、2000年代から1LDKの賃貸物件の人気が高まりはじめ、実際に大阪市内の1LDKの物件数も多くなっています。

そのため、1LDKの賃貸物件は築年数も浅く、立地の良い場所に多く建っていることが多いので、住みたい地域で探しやすい間取りと言えるでしょう。

大阪市内で1LDKの賃貸物件を探す!ひとり暮らしに人気の地域

それでは、大阪市内でひとり暮らしに人気の地域を見ていきましょう。

ご紹介するのは、大阪市内でも1LDKの賃貸物件が比較的多い地域です。

【梅田駅周辺】

大阪市北区にある梅田駅は街の中心です。

阪神本線や宝塚線、大阪メトロ御堂筋線などをはじめ、10路線が利用できるので、どこへ出るにもとても便利です。

梅田駅北東の茶屋町方面には、ショッピングセンターや飲食店街、古書店街があり、食事や買い物が気軽に楽しめます。

北西のうめきた方面には、有名百貨店や大型商業施設が並んでいます。

また、駅周辺には交番が多数あり、警察官が夜も巡回しているので、治安も良く、安心して暮らすことができます。

【なんば駅周辺】

なんば駅は、大阪市の中央区と浪速区の近接地にあります。

JR関西本線、大阪メトロ御堂筋線、千日前線など、7路線が乗り入れていて、心斎橋駅まで1分、梅田駅へも16分とアクセスが良い地域です。

カフェやレストランなどが多く、外食が多い方には便利な地域でしょう。

駅周辺には、スーパーや大型商業施設があり、毎日の買い物には困りません。

【天王寺駅周辺】

天王寺駅は、大阪市の天王寺区と阿倍野区の近接地にあります。

JR大阪環状線、阪和線、大阪メトロ御堂筋線など、5路線が利用でき、なんば駅まで6分、梅田駅へも17分で出られます。

きれいな町並みの住宅地と、商店街や大型商業施設がバランス良く融合している地域です。

大学の附属病院もあり、安心して住める地域と言えるでしょう。

大阪市内で1LDKの賃貸物件を探す!ひとり暮らしにはこの地域がおすすめ!

これからご紹介するのは、大阪市内では「賃貸物件の家賃が安い」と言われている地域なので、家賃を抑えつつ、1LDKでひとり暮らしをしたい方にはおすすめです。

【平野駅周辺】

大阪市平野区にある平野駅は、JR関西本線が通っていて、天王寺駅、なんば駅、梅田駅など、主要駅まで乗り換えなしで行けるので便利です。

駅周辺はスーパーや飲食店が多いので、日常の買い物や食事には困りません。

外灯が多く設置されていて、夜も明るく治安も良い地域なので、女性のひとり暮らしにもおすすめです。

また、病院も内科や外科など充実しているので安心です。

【淡路駅周辺】

淡路駅は大阪市東淀川区にあり、阪急京都本線と千里線の2路線が利用できます。

また、急行停車駅なので、急行を使えば梅田駅へは3駅15分で行けますし、なんば駅へは20分、天王寺駅は25分で出られます。

駅前には商店街やスーパーがあるので、毎日の買い物には困りません。

治安も比較的良いので安心して暮らせるでしょう。

【塚本駅】

大阪市淀川区にある塚本駅は、JR東海道本線が利用でき、大阪駅まで1駅4分で行けるアクセスの良さが魅力です。

駅周辺には大手スーパーがあるので、買い物にも便利です。

また、淀川が近くにあるので、自然を満喫しながらウォーキングやジョキングが楽しめます。

大阪市に住む!賃貸物件選びで外せないポイントとは

次に、大阪市で暮らす場合に限ることではありませんが、「賃貸物件を探すときに外せないポイント」を失敗例から考えていきましょう。

【立地だけを重視してしまった】

知らない街で賃貸物件を探すときに、「駅近」や「商業施設が近くにある」などの立地条件を重視しすぎて、周辺の環境や物件の設備を見落としてしまうことがあります。

そのため、駅近で便利だけど、「夜騒がしい」「ネオンの明かりがうるさい」「思ったより物価が高い」ということになりかねません。

また、部屋や共用スペースの設備をよくチェックせずに契約してしまい、「防犯整備が足りない」「収納スペースが少ない」「ゴミが出しづらい」「バイク置き場がなかった」などという失敗例もあります。

特に女性で1LDKでひとり暮らしをする場合、防犯設備がしっかりしているかどうかは重要です。

部屋探しのポイントは、「駅まで実際に歩いてみて周辺の様子をチェックすること」「住むことを想定して部屋をチェックをすること」そして、できれば「昼と夜の様子をチェック」できると良いでしょう。

陽当たりや外からの騒音、ネオンの明かりの具合、夜の治安など、昼と夜の差が大きい地域もあるので注意してください。

大阪市内は繁華な場所が多いので、便利な街ほど夜の状況もチェックしておきましょう。

大阪市内で快適なひとり暮らしをするための賃貸選び

賃貸物件選びで、先程とは逆パターンで失敗してしまった例を見てみましょう。

【生活面だけを重視してしまった】

賃貸物件の設備や周辺環境などの条件が良く、立地よりも生活面を重視したために、「駅から微妙に遠い」「利用できる駅は多いがどの駅からも遠い」「職場まで乗り換えが多い」などの問題が出てくることがあります。

契約時は、「ほんの少し駅から遠い」ことくらいは気にならないかもしれません。

「乗り換えは多いけれど、通勤時間が短いから大丈夫」と思う方もいるでしょう。

しかし、その少しが毎日となるとストレスに感じる方が多いようです。

また、先程もお話ししたように、大阪市内には他地域から通ってくる人も多いので、ターミナル駅は大変混雑します。

そのため、乗り換えが多いとストレスを感じるでしょう。

【見た目を重視してしまった】

「天井が高い」「窓が大きい」「水回りが充実」など、見た目や機能を重視したために使いにくさを感じることも多いようです。

天井が高いために冬は寒かったり、窓が大きいため夏は暑く冬は寒かったり、また、1LDKで水回りが充実しているとその分収納が少ないこともありますので、よく確認して選んでください。

1LDKの賃貸物件を大阪市内で探すポイント!

ひとり暮らしにおすすめの1LDKの賃貸物件は、築年数が浅く、立地の良いものが多いので、比較的探しやすい間取りです。

しかし、立地が良いだけに周辺が騒がしかったり、治安が悪い地域もあります。

周辺環境のチェックは、住むことを想定しながら駅まで歩くなど、しっかり行ってください。

大阪市内は比較的交通アクセスが良いので、乗り換えがない、使える路線が多いなど、通勤が楽かどうかを重視して探すのもおすすめです。