1人暮らしで人気の1DK!家具レイアウト法で6畳居室を快適に

1人暮らしの方に人気の高い間取りの1つとして、1DKがあげられます。

1DKは2つの居室がある間取りのため、家具のレイアウト次第で快適に生活することが可能です。

では、居室の大きさが一般的な「6畳」だった場合、どのようにレイアウトしたら良いでしょうか。

今回は、1DKで6畳居室のおすすめレイアウトなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKで快適な二人暮らしを送るには家具選びと配置に注意!

結婚を視野に入れたカップルで、これから二人暮らしをするためのアパート探しをする方はいらっしゃいま...

1LDKはソファのレイアウトで印象が変わる!?参考例をご紹介

1LDKのアパートやマンションにお住みの方もいれば、これから入居する方もいるかと思います。こ...

窓の遮光シートははがせるタイプで!貼り方とオススメ5選!

夏場、「クーラーをかけているのに、なかなか部屋が涼しくならない…」ということはありませんか?...

1LDKで「二人暮らし」!快適に過ごせるレイアウトとは?

夫婦やカップルで二人暮らしを始めるとき、お互いがストレスなく快適に過ごせるように部屋のレイアウト...

気になる黒カビ対策!知って得するユニットバスの扉の外し方

ユニットバスを使っていると、どうしても気になるのが知らない間に発生する黒カビです。こまめ...

2LDKの賃貸物件はスペースを有効活用したレイアウトにしよう

賃貸物件に恋人や友人、家族で住む場合、おすすめなのは2LDKの間取りです。その2LDKに...

1LDKで同棲を始める!快適に暮らせるレイアウトとは?

1LDKは一人暮らしだけでなく、同棲カップルにも人気の間取りです。人気の間取りですが、一人暮...

アパートの窓にすだれを設置!フックを用いた方法をご紹介!

一戸建て住宅では、暑い夏が訪れると、窓にすだれを設置する家が多いですよね。すだれを窓に設置す...

窓に断熱フィルムを施工して効果を実感!DIY方法もご紹介

夏にエアコンで部屋を冷やした時、冷えづらく感じたことはありませんか。室温が一定に保たれな...

2DKレイアウトをご紹介!ファミリーで快適に暮らすポイント

間取りが「2DK」の賃貸アパートにファミリーで住むのは、少し手狭だと感じる人も多いでしょう。...

窓に貼られた粘着シートの簡単で確実な剥がし方

窓用のシートは用途によりたくさんの商品が売られています。目隠し、遮光、防犯、デザインなど、そ...

窓に冷房を取り付けたい!窓の冷房の使い心地はどう?

暑い夏には必須アイテムになる冷房ですが、一般的によく使われている壁掛けのエアコンが使えない場合も...

秋に済ませたい窓&ベランダ掃除!効果的な掃除方法をご紹介

窓やベランダの掃除は、室内に比べるとどうしても億劫になりがちで、ついつい後回しにしてしまうもので...

窓を効率良く掃除したい!撥水効果は家の窓にも有効?!

家の窓の掃除、どのような方法でしていますか?毎日拭くのは億劫だけど、長く放置していると汚れは取...

窓を簡単DIY!憧れの格子窓にするにはどうしたらいいの?

部屋のイメージを変えるために、DIYを考えている方もいらっしゃるでしょう。部屋の雰囲気はイン...

スポンサーリンク

1DKの居室の大きさは6畳が一般的?

まずは、1DKの間取りについてくわしく見ていきましょう。

1DKとは、ダイニングキッチン(DK)と、居室が1つある間取りのことを言います。

1人暮らしの方などに人気の高い間取りになっており、DKの大きさは4.5畳~8畳の間と決められていますが、居室に関しては大きさの決まりは特にありません。

しかし、一般的な居室は「6畳」とされていることが多い傾向にあります。

居室よりもDKの方が広いスペースになっている物件もあるため、家具のレイアウト次第でさまざまな居室の活用法があるでしょう。

1DKの活用法の例をあげると、次のようになります。

・寝室と活動する部屋(DK)を分けることができる

・仕事部屋を設けることができる

・趣味の部屋を作ることができる

このほかにも、居室が広いためインテリアにこだわれる、寝室とDKを分けられるため友達を気軽に呼べる、などのメリットがあります。

2人暮らしをするには少し狭い間取りですが、1人暮らしであれば広い空間を自由に使うことができるため、家具のレイアウトを楽しめる間取りでしょう。

6畳居室の基本!「大きいサイズの家具からレイアウトする」

1DKにはさまざまなレイアウト方法がありますが、ここでは6畳居室のレイアウトから考えていきましょう。

まず、6畳居室は上から見た時、長方形の形をしています。

この時、縦横のどちらか一方が264cmで、もう一方は352cmとなっています。

また、生活をしやすくするには、6畳居室の大きさに合った家具を選ぶことが大事です。

家具を購入する際は、必ず先にサイズを確認し、廊下を通れる大きさであるか・居室に対して大きすぎないかなど、頭の中でシミュレーションしてみましょう。

気に入ったデザインだからといって、考えなしに購入しないように注意してください。

そして居室にレイアウトする家具ですが、「大きいサイズの家具からレイアウトする」のが最大のポイントです。

大きいサイズの家具が決まれば、次に置く家具のレイアウトもおのずと見えてくるはずです。

中でも、居室に置く1番大きい家具といえば、多くの方が「ベッド」を思い浮かべるでしょう。

次項でベッドのレイアウト方法を見ていきます。

1DKでは場所が限られる?6畳居室のベッドレイアウト

1DKの6畳の居室にベッド置く際の、レイアウトについてご紹介していきます。

まずベッドですが、1人暮らしの方の傾向として、金銭的な事情から安物のマットレスやベッドを購入する方がとても多いです。

安物のマットレスはすぐにへたってしまうことが多く、寝心地も良いとは言い切れません。

ベッドは1日の疲れを取るための重要な家具のため、長く使うことを考えて、自分の体にフィットするこだわりのベッドを購入してください。

そして、そんなベッドのレイアウト方法ですが、6畳居室では場所がかなり限られてしまいます。

以下の2パターンのどちらかになります。

●居室の短い方(264cm)にベッドのサイドを密着させる

このレイアウトだと、上から見た時、ベッドを除いた場所が正方形の大きなフリースペースとなります。

ほかの家具がレイアウトしやすいため、おすすめの方法です。

●居室の長い方(352cm)にベッドのサイドを密着させる

このレイアウトだと、上から見た時、ベッドを除いた場所がL字のフリースペースとなります。

ほかの家具のレイアウトは難しいですが、ベランダへの同線や、居室のクローゼットの位置によっては、こちらの方法がおすすめの場合もあります。

1DKの居室に置くテレビ台のレイアウト

1DKの6畳居室でベッドの位置を決めたら、次はテレビ台をレイアウトしましょう。

DKだけにテレビを置く方もいるでしょうが、居室にテレビを置けば、ベッドでくつろぎながらテレビやゲームなどを楽しむことができるためおすすめです。

以下で2パターンのテレビ台のレイアウトをご提案します。

●テレビ台とベッドを平行にする

先にレイアウトしたベッドと並行になるように、テレビ台を壁に付けてレイアウトする方法です。

この場合、テレビ台とベッドの間に小さなテーブルを置けば、ベッドによりかかりながらテレビを視聴することができるでしょう。

●テレビ台とベッドを直角にする

ベッドとテレビ台を、上から見た時に直角になるようにレイアウトする方法です。

居室が広く使えるので、ソファや座椅子などを利用してテレビを楽しみたい方におすすめです。

いずれの場合も、居室の圧迫感を軽減するため、テレビ台はコンパクトなデザインを選ぶようにしましょう。

6畳居室におすすめなソファとレイアウト方法

ベッドやテレビ台の次に大きい家具と言えば、ソファを思い浮かべますよね。

ソファがあれば居室でテレビを見る時などに、ゆったりとくつろぐことができます。

しかし1DKの6畳ほどの小さな居室に、ソファを置くことはできるのでしょうか。

その場合、2人掛けなどのコンパクトなソファであれば問題はありません。

なおかつ、背が低く、足が細いものを選べば、狭い居室でも圧迫感を与えづらいためおすすめです。

そんなソファですが、6畳居室ではどのようにレイアウトすれば良いでしょうか。

おすすめなのは、先ほど置いテレビ台と並行するようにレイアウトすることです。

「テレビ台とベッドが直角」になっていれば、テレビの前にソファを問題なく置くことができるでしょう。

6畳の居室は一見して狭いと感じますが、注意すれば、ベッド、テレビ台、ソファは問題なくレイアウトすることができるでしょう。

DKをレイアウト!収納を工夫しよう

ここまで、1DKの6畳居室のレイアウトをご紹介してきましたが、DKのレイアウトにも注目してみましょう。

DKは主に食事を作って食べる場所になりますが、1DK自体に収納が少ないこともあり、DKはもので溢れかえることが多い傾向があります。

そこで、DKにものをたくさん収納できる場所を作ってみましょう。

以下で2つの収納術をご提案します。

●洋服を収納する簡易クローゼット

大きなラックを用意し、ハンガーに洋服をかけたら、DKの壁際に並べてレイアウトします。

天井に届く長さの突っ張り棒を2本用意し、目隠し用のカーテンを設置します。

これだけで、お手製の簡易クローゼットが完成します。

お気に入りの模様のカーテンを吊るせば、気分も上がるでしょう。

ダイニングテーブルを置くだけのDKはスペースが意外と余りがちなため、おすすめの収納術です。

●ワンルームにして間仕切りに収納棚をレイアウト

1DKの扉が外せるタイプであれば、大きなワンルームの居室として使うのがおすすめです。

その際、扉があった場所にシェルフなどをレイアウトすれば、収納兼間仕切りとしての役目も果たします。

扉というデッドスペースを利用した収納術となるため、空間を有効活用することができるでしょう。

ただし、賃貸の場合は大家さんに相談してからにしましょう。

1DKの間取りはレイアウトを工夫しよう

1DKの居室は6畳ほどであることが多いですが、レイアウトを工夫すれば、ベッドやテレビ、ソファまでもレイアウトすることができます。

その際は、ベッドなどの大きな家具からレイアウトするように注意してください。

また、テレビ台やソファは背が低く、圧迫感を与えないデザインのものを選び、ベッドも値段だけで選ばないように注意してください。

1DKで快適に生活するためには、レイアウトする家具にもこだわって選ぶと良いでしょう。