マンション暮らしを東京で!条件に合う賃貸物件を探そう!

東京で賃貸マンションを探すとき、通勤・通学に合わせて物件を探すことが多いのではないでしょうか。

また、それ以外にも希望の条件がある人もいるでしょう。

そこでこの記事では、特徴のある賃貸マンションとはどのようなマンションなのか、いくつかご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニッチは玄関に合ったサイズにリフォームし実用的にしよう!

所有する賃貸マンションのリフォームをしようと考えている大家さんもいるかもしれません。その際、...

アパートの1階は寒い?簡単にできる対処法とは!

アパートの1階に住み始めて、「こんなに寒いの!?」と驚くこともあるかもしれません。すべてのア...

アパートの壁からも音は伝わる!防音効果を高める方法とは?

賃貸アパートに住みはじめると、隣室などから音が漏れ出してくることもあるでしょう。このとき、多...

アパートの1階に住めば騒音加害者にはならない?!

賃貸アパートに入居する際、「うちは小さい子どもがいるから2階以上に住むと迷惑をかけるかも?」と、...

マンションの玄関をおしゃれに演出!人とは違う特別な空間に

玄関は、出かける際に一番最後に通る場所、帰宅した際には一番最初に通る場所です。ですから、気持...

狭さを味方に!アパートで快適なリビング収納を叶える方法

アパートの間取りによっては、リビングが狭いことも多いものです。このような場合、収納の仕方によ...

マンションのテレビが映らない!その原因と対処法とは?

マンションにお住まいの場合、テレビが映らないと自分の家だけのことか、ほかの部屋も同じく不具合が生...

賃貸マンションにエアコンを取り付けたい!どうすればいい?

最近の賃貸マンションでは、最初からエアコンが備え付けられている物件が多くなりました。しかし、...

マンションでペットと暮らしたい!飼いやすいペットとは?

日本のペット関連市場は成長を続けてきていて、ペットへの関心の高さが伺えます。これからペットを...

一戸建てを新築したら火災保険に入るべき?相場はどれくらい

マイホームとして一戸建てを新築したら、火災保険に加入するべきか悩まれる方も多くいます。火災保...

子育て世代が木造アパートに住む際の注意点!子供の騒音対策

子育て世代の方で木造アパートにお住まいの方、または木造アパートへの引っ越しを予定している方は多く...

新築のリビングの広さはどれくらい?リビング設計の注意点

新築住宅を建てることが決まると、どのような家にするかワクワクしますよね。家族でほとんどの...

アパートの賃貸契約や契約更新は無職でも問題なくできる?

無職だと、アパートの賃貸契約をすることはできないのでしょうか?はたまた、アパートの賃貸契約時...

「旗竿地」に家を建てるなら!駐車場トラブルには要注意!?

「旗竿地(はたざおち)」という土地は、少し変わった形状をしています。そのメリットやデメリ...

新築内祝いってどういうもの?のし紙にも決まりがあるの?

家を新築すると、親戚や友人などから新築祝いをいただくこともあるでしょう。お祝いをいただいたら...

スポンサーリンク

東京でおしゃれなデザイナーズマンションに住みたい!

東京都内には多数のデザイナーズマンションがあります。

デザイナーズマンションとは、建築家やデザイナーがコンセプトを決めて設計やデザインをしたものをいいますが、全てのデザイナーズマンションがそうとは限りません。

一般的に、おしゃれなマンションをデザイナーズマンションと呼ぶことが多いです。

東京には、賃貸でもさまざまなデザイナーズマンションがあります。

例えば、

●白を基調としたホワイト内装の物件

●白と黒を基調にしたシンプルモノトーンの物件

●むき出しのパイプがアクセントの物件

●ヒノキを使用し、木のぬくもりを実感できる物件

●コンクリート打ちっ放しで無機質な物件

このような特徴は一例で、上記以外にもさまざまな特徴のあるデザイナーズマンションが東京にはたくさんありますから、自分好みのデザイナーズマンションを選んでみてはいかがでしょうか。

東京でロフトつきの賃貸マンションに住みたい!

ワンルームなどの賃貸物件を借りる場合、かぎられたスペースを有効活用するためには、上の空間を利用するロフトがある物件がおすすめです。

ロフトつきの賃貸マンションは、東京でも多数の物件のなかから探すことができます。

特に、学生や社会人といった一人暮らしの方に人気があるようです。

ロフトは、寝室にしたり、収納にしたりと使い方はさまざまです。

ワンルームであっても、ロフトがある分だけ空間にゆとりがあるのでその分、快適に生活することができます。

例えば、書斎としてみるのはいかがでしょうか。

小さめの机と椅子を用意してロフトに設置することで、読書や勉強、仕事をすることができます。

また、筋トレができるスペースとして使うのはいかがでしょうか。

ヨガマットなどを敷いて体を動かしてみるのもいいですね。

東京で2部屋使える物件を借りるとなると少々家賃が高くなってしまいますが、ロフト付きのワンルームを選べば家賃も経済的ですね。

ただ、ロフト部分は熱がこもりやすい特徴があるので、季節によっては注意が必要になります。

東京の賃貸マンションでペットと暮らそう!

大好きなペットと一緒に東京の賃貸マンションで暮らしたいと思う方もいるでしょう。

一人暮らしでもペットと暮らせるとなると日常が癒されますね。

東京でペットと暮らせる物件は多数あります。

しかし、条件をしっかり確認する必要があります。

例えば、

●猫は飼育可能でも犬は飼育不可

●大型犬は飼育不可

●小動物のみ飼育可能

など、賃貸マンションの物件によってさまざまな条件があります。

犬の場合は、毎日の散歩も必要になる場合があるでしょう。

東京の場合、路地が狭い場所もありますし、交通量も非常に多いでしょう。

そのようななかで毎日の散歩が安全にできるか、公園が近くにあるかなどにも気を配って物件を探してみることも必要になってきます。

さらに、東京ではマンション同士が密集して建っていることも多く、窓を開ければすぐに隣のマンションが建っているという場合、ペットのにおいや鳴き声が伝わってしまうといった問題もあるようです。

そして、家を留守にする可能性がある方は、預けられるペットホテルが近辺にあるかということも調べておきましょう。

DIY賃貸の物件は東京に多い!?

海外では賃貸物件を借主の好みに改装して住むというスタイルが定着していますが、日本ではなかなか進みませんでした。

しかし近年、DIY賃貸と呼ばれる物件が増えはじめ、東京では多くの物件から選ぶことができます。

DIY賃貸の物件とは、借主が自分好みの改修をして住むことができる物件です。

物件によりどこまでの改修が可能なのかという条件は違いますが、照明や壁紙を自分好みにしたり、設備や間取りの変更をしたりすることも可能です。

このような物件は築年数が経過している一軒家やアパート、マンションといった物件から選ぶことができます。

工事費用は貸主負担、借主負担、折半といったケースがあります。

また、原状回復の義務がないという場合もありますが、貸主と借主が結ぶ契約時の取り決めをしっかりと確認して守るようにしましょう。

今後、古いマンションの再生が進むことで東京以外の場所でも物件数が増加することを期待できるのではないでしょうか。

設備の充実した高級賃貸マンションで快適に暮らそう!

賃貸マンションのなかでも、ハイグレードマンションと呼ばれる高級賃貸マンションなら、より快適に暮らすことができます。

東京都内では、非常に多い物件のなかから選ぶことができます。

では、高級賃貸マンションとはどのような特徴があるのかご紹介します。

●ホテルさながらのエントランスとロビー

品のあるソファーや家具が置かれたロビーはまるでホテルのようです。

●コンシェルジュ常駐

フロントにはコンシュルジュが常駐し、入居者の要望を受け付けます。

例えば、宅配便を預かったり、来訪者の受付や案内、ゲストルームの予約、タクシーの手配などです。

さらには、ハウスクリーニングやゴミ出しといったサービスが受けられる場合もあるようです。

●共有スペースが充実

・フィットネスジムやプール、大浴場
・パーティールームや会議室
・図書館
・ラウンジバー

共有スペースにはこのような設備が備わっています。

●防犯、防災対策

防犯対策として、ダブルオートロックや防犯カメラの設置などがされていたり、24時間有人管理や警備会社との提携により、部外者の侵入は難しいでしょう。

また、免震や耐震といった構造や、高硬度コンクリート構造を取り入れた工法で地震対策もされているので安心です。

このように、高級賃貸マンションではさまざまなサービスを受けることができますが、なかには有料である場合もあります。

快適な暮らしを送れる一方で、家賃や管理費は東京都心部程、高額になります。

東京の賃貸マンションに家族で暮らすなら?

東京都内に家族で暮らしたいと思う方もいるでしょう。

家族で暮らすための賃貸マンションは、3DK以上の間取りの物件から選ぶのがおすすめです。

東京都内でファミリー向けの賃貸マンションを23区内と市部でご紹介します。

●23区内であれば「練馬区」

ファミリー向けの賃貸マンションを23区内で探すとなると、練馬区がおすすめです。

物件数が多いので、選べる幅が広がります。

東京の西に位置する練馬区は、緑あふれる環境で公園も整備されています。

練馬区の北東部では、商業施設や飲食店があり、賑わいがあり家族で楽しく生活することができますね。

●23区外であれば「八王子市」

ファミリー向けの賃貸マンションを23区外で探すとなると、八王子市がおすすめです。

市部のなかでも、特に八王子市は多くの物件があり、都心から離れているので家賃も安い傾向にあります。

八王子市内は路線バスが充実しているので駅まで楽に移動でき、都心まで電車で40分程で行くことができますから、通勤や通学も心配ないでしょう。

駅の付近には商業施設が充実している一方、八王子市の南西部には高尾山があるので自然も楽しめます。

東京はさまざまな特徴の賃貸マンションが選べる!?

東京の賃貸マンションで暮らすなら、自分の条件に合う物件を選びたいですよね。

通勤や通学がしやすいことに加え、条件に合った特徴を取り入れることでより快適に暮らすことができるでしょう。

一度契約したら、しばらくは住み続けることになる賃貸マンションですから、後悔のないようにしっかり検討してくださいね。