2DKの物件を東京で探したい!家賃の安い物件を探すには?

東京で暮らすことを考えたとき、「家賃の安い物件に住みたい」と多くの方が考えることでしょう。

同棲などを視野に2DKの物件を探している場合もあるかもしれません。

一体、どのようにしたら家賃の安い物件が見つかるのでしょうか。

また、東京で家賃の安いエリアにはどのような場所があげられるのでしょうか。

家賃が安い物件について、注意点も踏まえながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2LDKにはどんな間取りがある?賃貸物件でよく見るタイプとは

夫婦やカップルで賃貸物件を探すとき、「2DK」と「2LDK」は候補に挙がる間取りではないでしょう...

木造住宅で吹き抜け構造を取り入れたい!その注意点は?

CMや雑誌では、開放感あふれる吹き抜けのあるモデルハウスがおしゃれに取り上げられており、木造住宅のマ...

2DKのインテリアは子育てに重要?成長に合わせて選ぼう

2DKの賃貸物件は、数が豊富にあり、2LDKの物件に比べて家賃が安い傾向があります。その2D...

1LDKでの一人暮らしは快適!男性におすすめコーディネート術

1LDKは、夫婦やカップルに人気の間取りです。しかし、一人暮らしで1LDKを借りる方も多くな...

新築にすべり出し窓を採用!操作ハンドルは回すほうが良い?

注文住宅でマイホームを建設となれば、各部屋に付ける窓も一つ一つ自分で選ぶことになります。...

新築・リフォームするなら窓のデザインの画像を要チェック!

新築やリフォームをする際に、家全体のデザインにこだわりたい方が増えています。その中でも「...

人気の町家のリノベーション!費用の相場はどのくらい?

町家をリノベーションして、そこに住んだり店舗にしたりすることが、今、多くの人の人気を集めています...

新築時は窓にも目を向けよう!額縁の色はどのように決める?

新築時には、多くのことを決めなくてはなりません。その一つに「窓」があり、新築した人たちの多く...

窓用の換気扇は小型でも大活躍!一体どんなもの?

「換気扇」と言われたら、部屋の天井部分についているものや、壁についているものを思い浮かべることが...

ラーメン構造と壁式構造の違い!メリットとデメリットとは

建物に興味を持つと、ラーメン構造と壁式構造の違いについても、知りたくなってくるのではないでしょう...

ガス給湯器はつけっぱなしよりも日常の行為が危険に繋がる?

ガス給湯器といえば、お風呂やキッチンなどのお湯はもちろん、ものによっては床暖房への熱の供給ができ...

1LDKで寝室にエアコンをつけなくても快適に過ごせる?

1LDKの賃貸物件に住む時に、気になるのはエアコンの位置とその間取りでしょう。1LDKは...

2LDKは広さが魅力!一般的なイメージよりも万人におすすめ?

誰かが「1人暮らしで2LDKのアパートに住んでいる」などと聞くと、人によってはその部屋数や広さな...

納戸はクローゼットにもなる!有効使用で他家と違いを図る

住まいの中の、いわゆる居室と言われる場所は、ある程度の使用方法が決まっています。一方、使用方...

サイディングのビス打ちで建物を長持ちさせるポイント

サイディングは、建物の断熱性と防水性を高めてくれる外壁材です。施工するには、建物の壁にビス打...

スポンサーリンク

東京23区の2DKに住みたい!家賃が安いエリアはここ!

通勤や通学などの関係で、東京に住むことを考えているという方は少なくないでしょう。

その中には、冒頭で述べた通り同棲などで2DKに住むことを検討している方もいるかもしれません。

しかし、日本の首都である東京は、2DKに限らず家賃が高い傾向があります。

家賃は家計にも直結するお金ですので、できれば安い方が嬉しいというのが多くの方の本音でしょう。

また、「東京」というだけで家賃がどこでも高いのではなく、比較的安いエリアというのは存在します。

まずは23区内で、二人暮らしをするのに向いている間取りである1LDK・2K・2DKの平均家賃が10万円以下のエリアをご紹介します。

・葛飾区…8.44万円
・足立区…86.0万円
・江戸川区…9.11万円
・練馬区…9.65万円

東京の2DKで家賃が安いエリアは?23区外ならここ!

先ほどは、東京23区内での家賃の安いエリアについてご紹介しました。

しかし、一口に「東京」と言っても場所は様々です。

23区外では、同じ2DKの間取りであっても、家賃に開きがあります。

前項同様の、二人暮らしをするのに向いている間取りである1LDK・2K・2DKの平均家賃が10万円以下のエリアをいくつかまとめました。

・青梅市…5.77万円
・あきる野市…5.90万円
・福生市…6.73万円
・羽村市…6.74万円

このように、23区内よりも安いことが分かります。

そのため、「どうしても23区内でないと都合が悪い」というわけではないのであれば、23区外のエリアから、2DKの物件を探してみてもいいでしょう。

東京で家賃の安い2DKの物件を探すコツ!

やはり、東京で2DKの物件を探す際には、家賃の高い・安いに注目しながらということになるでしょう。

では、家賃の安い物件を探すコツにはどのようなことがあげられるのか、順番にご紹介していきます。

【インターネットを駆使する】

近年では、インターネット上で簡単に物件を探すことができます。

住宅情報サイトを見ながら物件を探す際には、たくさんの物件を取り扱っているサイトを閲覧するようにしましょう。

その理由としては、同じ物件が複数のサイトに載っていることがあるためです。

他のサイトに掲載されていない物件を確認し続けることで、効率よく家賃の安い物件を探すことができます。

【家賃の安い時期に部屋選び】

進学・就職などで多くの方が引っ越しを行う時期といえば、1~3月です。

この時期が過ぎた4~6月というのは、閑散期にあたり、比較的家賃が安くなりやすい時期です。

この閑散期に、気に入った2DKの物件を扱う不動産会社や大家さんに家賃交渉を行うことで、応じてもらいやすくなります。

【最寄り駅や築年数を気にしない】

東京に限ったことではありませんが、「最寄り駅から物件までが近い」というのは、家賃が高くなる要因の1つです。

そのため、逆に「最寄り駅から物件までに距離がある」ということであれば、家賃が安い場合があるのです。

また、築年数も同様で、新築に近ければ近いほど家賃も高額になっていきます。

近年では、リフォームなどが入り、築年数が経過していても内装がきれいな物件が多くなっています。

このようなことも考慮しながら、物件選びをしていきましょう。

東京で安い物件に住むならこんなところもおすすめ

東京に住むことを考えた時、「絶対に2DKの物件でないとダメ!」「民間の賃貸住宅でないとダメ」という方でないのであれば、これからご紹介するような物件もおすすめです。

【ルームシェア・シェアハウス】

恐らく、一度は耳にしたことのある物件なのではないでしょうか。

これは、他人と同じ物件に入居し、リビングや水周りなどは共有しながら生活するものとなります。

このような物件であれば、家賃だけでなく光熱費も安く済ませることが可能です。

【UR賃貸物件】

UR賃貸物件とは、「都市再生機構」という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅を指します。

家賃自体が「安い」というわけではありませんが、礼金・手数料・更新料・保証人が不要なので、入居する際の初期費用が安いことが大きな特徴です。

【特定優良賃貸住宅】

2DK以上のファミリー層向けの物件で、国や自治体から補助金が出るため安い家賃で借りられるのが魅力です。

東京の2DKの物件が格安!それには訳がある?

ここまで、東京の物件に住む際に、安い物件を探すコツなどをご紹介しましたが、あまりにも家賃が安い場合には注意が必要です。

・欠陥や不具合

階数のある物件にもかかわらずエレベーターが無い、防犯対策が行われていない、また欠陥が見られるなどの場合には、家賃が格安になっていることがあります。

これらのことは、生活に大きく影響することですので、よく確認しておきましょう。

・管理費や駐車場代などが含まれていない

例えば、「同じ2DKの間取りで家賃が65000円と67000円」という物件があったとしましょう。

これだけの情報で物件を選ぶとするならば、65000円の物件を選びたくなりますよね。

しかし、家賃のほかにもかかる「管理費」が65000円の物件では5000円、67000円の物件なら2000円であれば、トータルの費用は、67000円の物件の方が安くなります。

物件を探す際には、家賃のことだけでなく、それ以外にどれくらい費用がかかるのかについてもしっかり確認をしておきましょう。

・環境があまりよくない

家賃の値段というのは、建物そのものだけで決まるのではなく、その周辺環境でも決まります。

同じ2DKの物件だったとしても、幹線道路沿いや墓地が近い物件、風俗店やパチンコ店の近くなどといった場所は家賃が安くなりやすいです。

このような環境も、日々の生活に大きく影響するものですのであらかじめ確認しておきましょう。

東京から近いエリアであればこんな場所も!

ここまで、東京での家賃の安い物件探しについてお話してきましたが、東京の近くで2DKの物件を探してみるというのもひとつの方法です。

始めにもお話したように、東京は家賃が比較的高いエリアが多いです。

しかし、東京から少し離れるだけで、同じ2DKの物件でも家賃が安い物件というのはたくさんあるのです。

そこで最後に、「東京ではないけれど、東京から近いおすすめのエリア」についてお話していきます。

【千葉県】

・浦安市

東京メトロ東西線・JR京葉線を利用することで東京駅・品川駅方面へのアクセスがしやすいです。

・市川市

JR総武線・JR武蔵野線・JR京葉線・都営新宿線など7路線があるため、東京までのアクセスは大変良好です。

JR総武線の快速を利用した場合では18分で東京駅に行くことができるため、非常に便利です。

【埼玉県】

・川口市

JR京浜東北・根岸線、JR武蔵野線、埼玉高速鉄道が通っているため、池袋駅・新宿駅へのアクセスが良好です。

また、JR京浜東北線であれば、乗り継ぎなしで東京駅まで行くこともできます。

東京へのアクセスが良いにもかかわらず、家賃も安いことが大きな特徴です。

・戸田市

JR埼京線が通っているため、池袋駅・新宿駅へのアクセスが良好です。

こちらも、アクセスが良好な上に家賃が安い物件が多いです。

・和光市

ここには、「和光市駅」のみしかありませんが、この駅には東武東上線、東京メトロ有楽町線、副都心線があるため池袋駅までのアクセスが良好です。

また、有楽町・銀座一丁目、新宿三丁目駅、渋谷駅方面へのアクセスも良好です。

【神奈川県】

・川崎市

JR東海道線やJR横須賀線を始め、なんと15路線があり、駅の数も55駅あるためどこへ行くにも大変便利な場所といえるでしょう。

東京で2DKの物件を探す際にはエリアにとらわれずに

東京で物件を探す際には、家賃の高い・安いにばかり目が向いてしまいがちです。

しかし、あまりにも安い物件にはそれなりの理由がある場合も考えられます。

素敵な2DKの物件を探すためにも、「東京のこの場所でないとダメ」というのではなく、東京以外の場所も含め、広いエリアから探すのも方法の1つです。

また、シェアハウスなども視野に入れてみてもいいでしょう。

家賃が安く、なおかつ素敵な物件が見つかるよう探し方も工夫してみましょう。