窓の冷気は隙間テープでシャットアウト!効果的な貼り方は?

冬は、窓からの隙間風が辛い季節です。

いくら部屋を暖めても、窓の隙間から入ってくる冷気で、部屋の温度が思うように上がらないこともあるでしょう。

「防寒は窓から」と言われるように、窓の防寒は大切です。

そんな隙間風対策の強い味方が「隙間テープ」です。

それでは、隙間テープの実力と効果的な貼り方をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓を効率良く掃除したい!撥水効果は家の窓にも有効?!

家の窓の掃除、どのような方法でしていますか?毎日拭くのは億劫だけど、長く放置していると汚れは取...

ベランダ用窓のカーテンの長さは?カーテンの採寸と選び方!

カーテンを選ぶとき、窓の大きさに合わせて選ぶことが多いですよね。では、ベランダ用窓のカーテン...

窓にステッカーって貼れるの?貼り方やデコアイデアをご紹介

窓にステッカーなどで素敵にデコレーションされている家を見たことはありませんか?ハロウィー...

つくりの複雑な納戸の収納棚は日曜大工で見せる収納に!

マンションによっては納戸がついている物件もあります。しかし、納戸のつくりが複雑で「収納しずら...

窓にプチプチを貼るとメリットが!結露防止に寒さ対策まで

インターネットで買い物をしたときなど、商品を梱包するために使われている「プチプチ」と呼ばれるアイ...

窓の隙間は隙間テープで防ぐ!正しい貼り方で保温・防音効果

冬、暖房をつけても部屋が温まりにくかったり、風が入り込むような感覚を感じたことはありませんか。...

1LDKで子供1人のレイアウト!家事が楽で人を呼べる部屋へ

幼い子供にとっては、家が狭いということは大きなストレスではないでしょう。いつも親を近くに感じ...

1LDKで子供との生活!レイアウトや暮らし方のコツを知る

「1LDKで子供と暮らすのは狭いのでは?」と感じる方もいるかもしれません。また、子供の年齢が...

長押は無印良品がおすすめ!機能的で玄関やリビングで大活躍

北欧をモチーフにした生活雑貨が多い無印良品は、ファンの方が多いブランドです。無印良品には...

狭い1DKの賢いレイアウト!キッチンスペースを無駄にしない

1DKはコンパクトで使い勝手がよく家賃が安いことも多いので、一人暮らしの方には持ってこいの間取りです...

1LDKのキッチンとリビングを仕切りたい!おすすめの方法は?

1LDKのアパートやマンションは、くつろぐためのリビングがキッチンと同じ一部屋におさまっています...

1LDKでの子育て!赤ちゃんの部屋作りのポイントは?

ついこの間まで寝ていたと思っていた赤ちゃんが、生後数か月でずりばいやハイハイをし始めます。ず...

気になる黒カビ対策!知って得するユニットバスの扉の外し方

ユニットバスを使っていると、どうしても気になるのが知らない間に発生する黒カビです。こまめ...

防音カーテンが効果的?犬の鳴き声が漏れ出さないためには

アパートで起きるトラブルは、「音」が原因であることが多いです。トラブルの元となる音の原因...

窓ロックで子供の転落事故を防ぐ!補助錠を付ける重要性とは

小さな子供が窓から誤って転落するという痛ましいニュースを耳にします。それらは窓に十分な対策を...

スポンサーリンク

窓からの隙間風を防ぐ「隙間テープ」とは?

基本的な「隙間テープ」は、ポリウレタンフォームの片面に粘着剤が付いたもので、粘着保護シールを剥がして使います。

隙間風が気になる窓の隙間に貼って、外気の侵入を防ぎ、防寒するのが主な目的です。

「隙間テープ」は安価なもので、100均でも手に入り、自分で手軽に隙間対策出来るのが魅力です。

また、外気と一緒に入ってくる、土や砂、ホコリ、虫なども「隙間テープ」が防いでくれます。

さらに花粉などの目に見えない細かいものを防ぎたい場合は、「毛付き隙間テープ」を使うと良いでしょう。

毛足があることで、目に見えない細かいものの侵入をより防ぐことが出来ます。

このように、隙間を埋めることで省エネ対策が出来、ホコリや花粉などの侵入も防ぐ「隙間テープ」ですが、貼り方を間違えると効果が半減してしまいます。

次項からは、効果的な貼り方について見ていきましょう。

窓からの隙間風を防ぐ!隙間テープの効果的な貼り方「準備編」

では、「隙間テープ」の効果的な貼り方をご紹介しましょう。

「隙間テープ」を貼るときには、事前準備が大変重要です。

【隙間風の位置を知る】

まずは、隙間風が窓のどこから入ってくるのか調べましょう。

やみくもに「隙間テープ」を貼っても効果は期待出来ません。

手をかざすとスーッと冷気を感じる箇所があるはずです。

窓を閉めたときに、窓ガラスと窓枠との間からなのか、下のレール部分からなのか、窓ガラスが重なる部分からなのかなど、隙間風が入ってくる場所を的確に押さえ対処していきましょう。

【窓枠の掃除】

「隙間テープ」は、文字通りテープなので、ホコリなどが付いたままですと、剥がれやすくなってしまいます。

凸凹している部分があると、同様に剥がれやすくなるので、平らになるように汚れを取り除いてください。

ブラシなどを使い、細かい部分も念入りに掃除しましょう。

中性洗剤を使って拭き掃除をし、しっかり汚れを落として、乾いた布で水気を完全に取ってから、「隙間テープ」を貼ります。

この掃除がきちんと出来ていないと「隙間テープ」の効果も半減してしまいます。

窓からの隙間風を防ぐ!隙間テープの効果的な貼り方①

準備が整ったら、いよいよ「隙間テープ」を窓に貼っていきます。

「隙間テープ」を貼るときは、粘着保護シールを一気に剥がしてしまうのではなく、貼る位置を確認しながら、少しずつ剥がしながら貼っていきましょう。

【窓枠に貼る】

隙間風やホコリなどが入りやすい窓枠に「隙間テープ」を貼りましょう。

粘着保護シールを少し剥がして、窓枠の上からスタートします。

少しずつ、粘着保護シールを剥がしながら、「隙間テープ」を押さえていきます。

多少よれてしまっても大丈夫です。

窓枠の溝に上手くはまるように貼り、最後はハサミで切って終了です。

最初は、ポリウレタンの厚みで窓が閉まりにくかったり、カギが掛かりにくかったりするかもしれませんが、何度か開閉するうちに馴染むので心配ありません。

【窓の下、レール部分に貼る】

冷気が入りやすい、窓の下レールの溝の部分に「隙間テープ」を貼りましょう。

窓の開閉を考え、溝の深さも考慮して「隙間テープ」を購入してください。

毛付きタイプですと、ポリウレタンタイプより、窓の開閉が比較的楽なようです。

この部分は、冷気が入りやすいので、レールの溝の部分だけでなく、窓の内側部分にも「隙間テープ」を貼ると、さらなる防寒が期待出来ます。

窓からの隙間風を防ぐ!隙間テープの効果的な貼り方②

最後に気付きにくい個所と、虫対策に「隙間テープ」を使う場合をご紹介します。

【窓ガラスが重なる部分に貼る】

窓ガラスが重なる部分、つまり、カギを掛ける部分の隙間風は、案外気付きにくいのですが、冷気が侵入しやすい部分なのです。

ここにも「隙間テープ」を貼りましょう。

ここは、ガラスが触れやすい部分でもありますので、窓の開閉に支障が少ない、「毛付き隙間テープ」が向いています。

ここの隙間風を防ぐことが出来れば、風で窓ガラスがガタガタするのも軽減されるでしょう。

【虫対策には網戸の隙間に貼る】

忘れてはならないのが、網戸と窓の隙間です。

ここからは、虫が侵入しやすいので、夏場はもちろん、冬場も換気のときに虫が入ってこないように「隙間テープ」を貼っておきましょう。

貼り方は、先程と同じで、窓と網戸が重なる部分に貼ります。

このように、「隙間テープ」を貼っておけば、冷気やホコリ、花粉、虫もシャットアウト出来るでしょう。

おすすめ!窓用隙間テープ

ここからは、おすすめの窓用「隙間テープ」をご紹介していきましょう。

【ニトムズ 耐久ソフトテープ 20×30 ブラウン】

・耐久性が高く、クッション性長持ち

・剥離紙がなく貼りやすい

・剥がすとき、きれいに剥がせる補強フィルム入り

・隙間風を防ぎ、防音効果を高める

・厚さ×幅×長さ(mm):20×30×2000

・参考価格 523円(税込)

【ニトムズ 気密パッキンテープ(ドア・窓用)】

・EPDMゴムを主成分とし、耐候性・耐久性に優れています。

・木・金属・塗装枠など、さまざまな窓枠に貼り付け可能

・隙間風の防止だけでなく、遮音にも効果があり

・厚さ×幅×長さ(mm):4~7×9~10×6000

・対応隙間:2.0mm~3.5mm

・参考価格 1,111円(税抜)

【槌屋 花粉すき間モヘヤシール ブルー】

・わずかな隙間にもフィットする緻密なモヘア

・抗アレルギー物質機能を付与したナイロン繊維を使用

・モヘアに付着したアレルギーの原因となるアレル物質を吸着、無害化

・玄関ドア・サッシ窓の隙間の花粉対策

・厚さ×幅×長さ(mm):6×6×2200

・参考価格 525円(税抜)

おすすめ!100均窓用隙間テープ!

本格的に「隙間テープ」を貼る前に、とりあえず試してみたい方には、100均の「隙間テープ」がおすすめです。

厚さも10㎜前後としっかりしていますし、幅も15㎜のものや30㎜のものなど、サイズも揃っているので、窓のタイプや隙間具合によって選べますね。

また、防水タイプもあるので、雨戸やシャッターなどにも使えます。

長さは、窓1枚分の150㎜や200㎜にカットされたものが多いようです。

しかし、お試しと考えれば充分な長さでしょう。

また、隙間テープは戸当たりの音を和らげる効果もあるので、小さなお子さんがいるお宅などでは、100均の隙間テープをふすまなどの引き戸に貼っておくと防音にもなります。

そして、このように家の中で使われる隙間テープですが、車の「ウエザーストリップ」としても使えます。

車のドアやトランク、ボンネットの内側など、雨やホコリを防ぎたい場所や、衝撃を和らげたいところに100均の防水用隙間テープを貼ると「ウエザーストリップ」になります。

このように、100均の「隙間テープ」もさまざまなタイプがあるので、目的にあったものを選んで試してみてください。

窓の冷気は隙間テープで解決!

このように、窓の隙間風は、「隙間テープ」を使うと簡単に防ぐことが出来ます。

「隙間テープ」を貼るときには、ホコリや凸凹を取り除くなど、準備が大切です。

その効果を最大限に生かすために、掃除をしっかり行ってください。

ご紹介してきたように、「隙間テープ」には、さまざまなタイプがあるので、目的に合ったものがきっと見つかるでしょう。