窓の冷気は隙間テープでシャットアウト!効果的な貼り方は?

冬は、窓からの隙間風が辛い季節です。

いくら部屋を暖めても、窓の隙間から入ってくる冷気で、部屋の温度が思うように上がらないこともあるでしょう。

「防寒は窓から」と言われるように、窓の防寒は大切です。

そんな隙間風対策の強い味方が「隙間テープ」です。

それでは、隙間テープの実力と効果的な貼り方をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKの壁付けキッチンは収納が狭い!おすすめ収納術をご紹介

1LDKは1人暮らしやカップルの同棲にも人気の間取りで、多くの人が1LDKの賃貸物件に住んでいま...

賃貸でも簡単にできる窓の防寒対策とおすすめの断熱ボード

「朝起きると部屋が冷え込んでいて暖房も効きが悪い」という経験が、一度はあるのではないでしょうか。...

木造の新築は音漏れしやすい?防音対策をして快適な住まいへ

木造住宅は、重量鉄骨やコンクリート造の建物と比べると音漏れしやすい傾向にあります。それは木材...

窓のクレセント錠がガタガタしてる!自分で修理してみよう!

どこのお宅にでもあるであろうアルミサッシ窓ですが、そこに付いているカギがクレセント錠です。こ...

2DKレイアウトのポイント!幼い子供との3人暮らしには2DK!

家族3人暮らしで賃貸物件を探す際、どのような間取りにしようか悩まれることかと思います。しかし...

窓の暑さ対策!手軽な100均グッズで電気代を節約しよう!

日差しが強くなる季節になると、窓からの熱気が気になりませんか。窓を閉め切ってエアコンを使って...

窓のパッキンの交換方法とは?パッキンが長持ちするポイント

窓掃除を行っていると、窓のパッキンに目が留まることもあります。新築や引っ越してきたばかり...

狭い1DKの賢いレイアウト!キッチンスペースを無駄にしない

1DKはコンパクトで使い勝手がよく家賃が安いことも多いので、一人暮らしの方には持ってこいの間取りです...

人目が気になる窓に目隠しルーバーをDIYで取り付けてみよう

窓は換気や採光のために必要なものですが、お風呂やトイレ、キッチンなどの窓が人通りの多い道路に面し...

1LDKの部屋にソファーを配置!暮らしやすいレイアウトとは?

1LDKの部屋で新生活をスタートさせる時に欠かせないのが、インテリアの配置ですよね。様々なイ...

狭いベランダの洗濯機置き場を快適に使うための収納術!

古い賃貸物件の中には、洗濯機置き場が外にある場合があります。洗濯機置き場が外にあるような物件...

窓のゴムパッキンを修理したい!ゴムパッキンの交換方法は?

窓のゴムパッキンにカビや汚れが詰まっていても、掃除をするにはなかなか腰が重いことでしょう。し...

1DKは二人では狭い?二人暮らしを快適にするには収納が鍵!

1DKの間取りで二人暮らしをしている方も多いかと思いますし、これから二人で暮らそうと考えている方...

2LDKはレイアウトしやすい!子供に合わせたレイアウト方法

子育てをスタートさせることを考えると、「どのような間取りが子育てしやすいのか」ということを考える...

2LDKのレイアウトに悩む方必見!一人暮らしする際のポイント

2LDKの間取りの部屋で、一人暮らしをするという方もいるでしょう。一般的に2LDKは、一...

スポンサーリンク

窓からの隙間風を防ぐ「隙間テープ」とは?

基本的な「隙間テープ」は、ポリウレタンフォームの片面に粘着剤が付いたもので、粘着保護シールを剥がして使います。

隙間風が気になる窓の隙間に貼って、外気の侵入を防ぎ、防寒するのが主な目的です。

「隙間テープ」は安価なもので、100均でも手に入り、自分で手軽に隙間対策出来るのが魅力です。

また、外気と一緒に入ってくる、土や砂、ホコリ、虫なども「隙間テープ」が防いでくれます。

さらに花粉などの目に見えない細かいものを防ぎたい場合は、「毛付き隙間テープ」を使うと良いでしょう。

毛足があることで、目に見えない細かいものの侵入をより防ぐことが出来ます。

このように、隙間を埋めることで省エネ対策が出来、ホコリや花粉などの侵入も防ぐ「隙間テープ」ですが、貼り方を間違えると効果が半減してしまいます。

次項からは、効果的な貼り方について見ていきましょう。

窓からの隙間風を防ぐ!隙間テープの効果的な貼り方「準備編」

では、「隙間テープ」の効果的な貼り方をご紹介しましょう。

「隙間テープ」を貼るときには、事前準備が大変重要です。

【隙間風の位置を知る】

まずは、隙間風が窓のどこから入ってくるのか調べましょう。

やみくもに「隙間テープ」を貼っても効果は期待出来ません。

手をかざすとスーッと冷気を感じる箇所があるはずです。

窓を閉めたときに、窓ガラスと窓枠との間からなのか、下のレール部分からなのか、窓ガラスが重なる部分からなのかなど、隙間風が入ってくる場所を的確に押さえ対処していきましょう。

【窓枠の掃除】

「隙間テープ」は、文字通りテープなので、ホコリなどが付いたままですと、剥がれやすくなってしまいます。

凸凹している部分があると、同様に剥がれやすくなるので、平らになるように汚れを取り除いてください。

ブラシなどを使い、細かい部分も念入りに掃除しましょう。

中性洗剤を使って拭き掃除をし、しっかり汚れを落として、乾いた布で水気を完全に取ってから、「隙間テープ」を貼ります。

この掃除がきちんと出来ていないと「隙間テープ」の効果も半減してしまいます。

窓からの隙間風を防ぐ!隙間テープの効果的な貼り方①

準備が整ったら、いよいよ「隙間テープ」を窓に貼っていきます。

「隙間テープ」を貼るときは、粘着保護シールを一気に剥がしてしまうのではなく、貼る位置を確認しながら、少しずつ剥がしながら貼っていきましょう。

【窓枠に貼る】

隙間風やホコリなどが入りやすい窓枠に「隙間テープ」を貼りましょう。

粘着保護シールを少し剥がして、窓枠の上からスタートします。

少しずつ、粘着保護シールを剥がしながら、「隙間テープ」を押さえていきます。

多少よれてしまっても大丈夫です。

窓枠の溝に上手くはまるように貼り、最後はハサミで切って終了です。

最初は、ポリウレタンの厚みで窓が閉まりにくかったり、カギが掛かりにくかったりするかもしれませんが、何度か開閉するうちに馴染むので心配ありません。

【窓の下、レール部分に貼る】

冷気が入りやすい、窓の下レールの溝の部分に「隙間テープ」を貼りましょう。

窓の開閉を考え、溝の深さも考慮して「隙間テープ」を購入してください。

毛付きタイプですと、ポリウレタンタイプより、窓の開閉が比較的楽なようです。

この部分は、冷気が入りやすいので、レールの溝の部分だけでなく、窓の内側部分にも「隙間テープ」を貼ると、さらなる防寒が期待出来ます。

窓からの隙間風を防ぐ!隙間テープの効果的な貼り方②

最後に気付きにくい個所と、虫対策に「隙間テープ」を使う場合をご紹介します。

【窓ガラスが重なる部分に貼る】

窓ガラスが重なる部分、つまり、カギを掛ける部分の隙間風は、案外気付きにくいのですが、冷気が侵入しやすい部分なのです。

ここにも「隙間テープ」を貼りましょう。

ここは、ガラスが触れやすい部分でもありますので、窓の開閉に支障が少ない、「毛付き隙間テープ」が向いています。

ここの隙間風を防ぐことが出来れば、風で窓ガラスがガタガタするのも軽減されるでしょう。

【虫対策には網戸の隙間に貼る】

忘れてはならないのが、網戸と窓の隙間です。

ここからは、虫が侵入しやすいので、夏場はもちろん、冬場も換気のときに虫が入ってこないように「隙間テープ」を貼っておきましょう。

貼り方は、先程と同じで、窓と網戸が重なる部分に貼ります。

このように、「隙間テープ」を貼っておけば、冷気やホコリ、花粉、虫もシャットアウト出来るでしょう。

おすすめ!窓用隙間テープ

ここからは、おすすめの窓用「隙間テープ」をご紹介していきましょう。

【ニトムズ 耐久ソフトテープ 20×30 ブラウン】

・耐久性が高く、クッション性長持ち

・剥離紙がなく貼りやすい

・剥がすとき、きれいに剥がせる補強フィルム入り

・隙間風を防ぎ、防音効果を高める

・厚さ×幅×長さ(mm):20×30×2000

・参考価格 523円(税込)

【ニトムズ 気密パッキンテープ(ドア・窓用)】

・EPDMゴムを主成分とし、耐候性・耐久性に優れています。

・木・金属・塗装枠など、さまざまな窓枠に貼り付け可能

・隙間風の防止だけでなく、遮音にも効果があり

・厚さ×幅×長さ(mm):4~7×9~10×6000

・対応隙間:2.0mm~3.5mm

・参考価格 1,111円(税抜)

【槌屋 花粉すき間モヘヤシール ブルー】

・わずかな隙間にもフィットする緻密なモヘア

・抗アレルギー物質機能を付与したナイロン繊維を使用

・モヘアに付着したアレルギーの原因となるアレル物質を吸着、無害化

・玄関ドア・サッシ窓の隙間の花粉対策

・厚さ×幅×長さ(mm):6×6×2200

・参考価格 525円(税抜)

おすすめ!100均窓用隙間テープ!

本格的に「隙間テープ」を貼る前に、とりあえず試してみたい方には、100均の「隙間テープ」がおすすめです。

厚さも10㎜前後としっかりしていますし、幅も15㎜のものや30㎜のものなど、サイズも揃っているので、窓のタイプや隙間具合によって選べますね。

また、防水タイプもあるので、雨戸やシャッターなどにも使えます。

長さは、窓1枚分の150㎜や200㎜にカットされたものが多いようです。

しかし、お試しと考えれば充分な長さでしょう。

また、隙間テープは戸当たりの音を和らげる効果もあるので、小さなお子さんがいるお宅などでは、100均の隙間テープをふすまなどの引き戸に貼っておくと防音にもなります。

そして、このように家の中で使われる隙間テープですが、車の「ウエザーストリップ」としても使えます。

車のドアやトランク、ボンネットの内側など、雨やホコリを防ぎたい場所や、衝撃を和らげたいところに100均の防水用隙間テープを貼ると「ウエザーストリップ」になります。

このように、100均の「隙間テープ」もさまざまなタイプがあるので、目的にあったものを選んで試してみてください。

窓の冷気は隙間テープで解決!

このように、窓の隙間風は、「隙間テープ」を使うと簡単に防ぐことが出来ます。

「隙間テープ」を貼るときには、ホコリや凸凹を取り除くなど、準備が大切です。

その効果を最大限に生かすために、掃除をしっかり行ってください。

ご紹介してきたように、「隙間テープ」には、さまざまなタイプがあるので、目的に合ったものがきっと見つかるでしょう。