窓から侵入する虫をなんとかしたい!小さい虫除け対策とは?

暖かい季節になるにつれ、外の虫達も活発的に動き始めます。

特に、夏の暑い季節になると、小さい虫が窓から入ってくることはよくある光景です。

しかし、誰にとっても虫の侵入はできれば阻止したいものですし、虫嫌いな方にとっては尚更です。

この記事では、窓から入ってくる小さい虫除け対策について、詳しくまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一石二鳥?1LDKの壁付けキッチンとリビングは家具で仕切る!

1LDKの賃貸物件に住んでいる方の中には、キッチンが壁付けになっているという方も多くいることでし...

賃貸一人暮らしの窓防犯対策には防犯ブザーが効果的!

賃貸アパート・マンションは、大家さんの許可を得ないと窓自体に手を加えることはできません。防犯対...

ニッチは玄関に合ったサイズにリフォームし実用的にしよう!

所有する賃貸マンションのリフォームをしようと考えている大家さんもいるかもしれません。その際、...

窓を簡単DIY!憧れの格子窓にするにはどうしたらいいの?

部屋のイメージを変えるために、DIYを考えている方もいらっしゃるでしょう。部屋の雰囲気はイン...

窓のビートとはどのパーツ!?カビ取りや交換方法もご紹介!

窓のパーツの中にはビートというものがありますが、それについて詳しくご存知ない方も多いでしょう。...

1LDKで同棲を始める!快適に暮らせるレイアウトとは?

1LDKは一人暮らしだけでなく、同棲カップルにも人気の間取りです。人気の間取りですが、一人暮...

窓に日よけ対策をして快適に!100均グッズではじめてみよう

日差しの強い夏の日には、室内にも外の熱気がこもりますよね。この熱気は、主に窓から入ってくると...

木造と鉄筋コンクリートそれぞれの魅力とは?音対策もご紹介

昨今の戸建てやアパートなどを見ると、様々な工法で建てられていることが分かります。住宅の構造と...

1人暮らしで人気の1DK!家具レイアウト法で6畳居室を快適に

1人暮らしの方に人気の高い間取りの1つとして、1DKがあげられます。1DKは2つの居室がある...

1LDKで快適な二人暮らしを送るには家具選びと配置に注意!

結婚を視野に入れたカップルで、これから二人暮らしをするためのアパート探しをする方はいらっしゃいま...

つくりの複雑な納戸の収納棚は日曜大工で見せる収納に!

マンションによっては納戸がついている物件もあります。しかし、納戸のつくりが複雑で「収納しずら...

内窓に飾り棚!DIYでリメイクして窓をおしゃれで実用的に

今DIYで、おしゃれな窓枠を作り、インテリアと一体感をもたせたリメイクを楽しむ人が増えています。...

窓の遮光シートははがせるタイプで!貼り方とオススメ5選!

夏場、「クーラーをかけているのに、なかなか部屋が涼しくならない…」ということはありませんか?...

窓のUVカットフィルムが多機能?ニトリでは売られているのか

窓の紫外線対策商品として挙げられるもののなかに、UVカットフィルムがあります。その名の通りU...

1DKの賃貸物件レイアウト!縦長の間取りだったらどうする?

1DKの賃貸物件を探していると、縦長の間取りを見かけることがあります。個室とダイニングキッチ...

スポンサーリンク

窓から入ってくる嫌な虫!小さい虫の正体は?

窓を網戸にしていても、いつのまにか小さい虫が部屋に入ってくることがありますよね。

特に、小さい虫が大量に侵入してくると、誰にとっても気分の良いものではありません。

なんとかして窓からの侵入を阻止したいものですが、そもそもあの小さい虫は、どのような虫なのかご存知でしょうか?

窓から入ってくる虫は、主に2種類に分けられます。

①ユスリカ

まず、最もよく見られる虫の一つは、「ユスリカ」です。

ユスリカはハエの仲間に属し、一見すると「蚊」によく似ています。

蚊は血を吸う一方で、ユスリカは血を吸いません。

大きさは4~5mm程で、足が長く、背中にはボーダー柄があるのが特徴です。

また、蚊とは異なり、群れをなす性質があります。

②チョウバエ

アパートなどの集合住宅によく見られます。

キッチンや風呂場といった、水回りなどの湿気の多い場所に好んで生息します。

チョウバエの発生は、下水処理場や浄化槽のろ床から起こり、特に集合住宅では窓からは勿論、排水溝から上ってくることも多いです。

一度発生してしまうと厄介な虫です。

上記の2種類の虫は、侵入してくる虫にお困りの方であれば、既に見たことがあることでしょう。

網戸をしているのになぜ小さい虫が?網戸の正しい開閉方法

では、なぜ小さい虫が窓から侵入してしまうのでしょうか?

虫の侵入については、主に2つの原因が挙げられます。

まず一つ目は、「網戸の開閉方法」です。

網戸をしているのにも関わらず、窓から虫が入ってきてしまう場合は、網戸の開閉方法が間違っている可能性があります。

と言うのも、網戸には正しい開閉方向があるからです。

一般的に、網戸は向かって右側に配置するのが正しい閉め方です。

窓の構造を見てみると、外側から網戸、左側の窓、右側の窓の順に並んでいるのが分かります。

正しい開け方通りに、右側の窓を開けて網戸にした場合、窓ガラスとサッシによって隙間ができない仕組みになっています。

しかし、左側の窓を開けて網戸にしてしまうと、網戸と窓の間に隙間が生じてしまい、虫の侵入経路を作ってしまうことになります。

網戸にしていても小さい虫が入ってくる場合は、網戸の開閉について一度よく確認してみましょう。

窓から虫が入ってくるのはなぜ?網戸の穴が原因かも

虫が窓から侵入してくる2つ目の原因は、「網戸の穴」です。

網戸を正しく閉めているのにも関わらず、窓から虫が入ってくる場合は、網戸に穴が空いている疑いもあります。

網戸は常に日光や雨風にさらされているため、どうしても劣化は避けられず、寿命は3~5年とも言われています。

また、猫や犬などのペットが原因で、気が付いたら網戸に穴が空いている場合があります。

もし網戸に穴が空いていれば、小さい虫は勿論、大きな虫の侵入まで許すことになるので、気が付いたらすぐに補修しましょう。

網戸の修理におすすめなのは、「網戸補修シール」です。

使い方としては難しくなく、穴の空いた部分を中心に、網戸補修シールを貼るだけです。

ただし、粘着性を良くするためにも、シールを貼る前には、網戸の埃や汚れを綺麗に掃除しておきましょう。

また、この網戸補修シールは、ホームセンターや100円ショップでも気軽に入手することができます。

シールのサイズや色も様々なため、補修したい部分に合わせて購入するようにしましょう。

窓からの小さい虫を阻止!網戸の目を小さくする

これまでに、小さい虫が窓から入ってくる原因についてご説明してきました。

しかし、これらの原因を改善しても、小さい虫はしぶとく窓をすり抜けて入ってきます。

では次に、このようなしぶとい虫を阻止する対策方法について、3つに分けてご紹介していきましょう。

まず一つ目の対策方法は、「網戸の目を小さくすること」です。

一般的に、網戸の目は「18メッシュ」であることがほとんどで、この目の大きさは約1.15mmになっています。

最初にご紹介した虫であれば、侵入するには小さすぎる隙間ですが、名前も知らない更に小さい虫になってくると、この網戸を突破してくる可能性があります。

そのため、そのような小さい虫に対しては、更に目の細かい網戸に張り替えることで、防虫効果を高めることができます。

網戸のメッシュは細かさが様々で、例えば24メッシュであれば、目の大きさは約0.84mmまで密度になります。

つまり、18メッシュのおよそ2倍の密度なので、小さい虫だとしても突破には限界がある狭さです。

張り替えにベストな網戸は、風通しにも優れた24メッシュがおすすめと言えます。

また、張り替え用の網は、ホームセンターで購入することができるので、小さい虫が気になる方は是非チェックしてみてください。

窓の虫除け対策に!網戸用の防虫剤を使おう

窓の虫除け対策の2つ目は、「網戸用の防虫剤」です。

網戸への防虫剤の使用は、虫の大きい小さいに関わらず使うことができるので、虫除け対策の中では、最も手間がかからない方法と言えます。

防虫剤のタイプとしては、主に以下の種類がメジャーになっています。

・引っかけタイプ

網戸に引っかけて、防虫効果を発揮するタイプです。

網戸の外側から引っかけた方が、より効果的です。

・スプレータイプ

網戸、もしくはガラス戸に直接スプレーするタイプです。

ガラス戸にスプレーをかけても、曇ったりべたつくことがないので、気にすることなく使えます。

また、虫に直接かけても効果があります。

・塗るタイプ

網戸やガラス戸に対して、スポンジなどを使って塗るタイプです。

上記3つの防虫剤は、市販で気軽に購入することができます。

基本的には、一回の使用で1~2ヶ月の持続効果があるため、窓の虫対策には重宝されることが多いです。

窓からの虫除け対策を考えている方は、是非これらの防虫剤も使用してみてくださいね。

虫の習性を知って対策!LED照明の使用

3つ目の窓の虫除け対策方法は、「LEDの使用」です。

夜道の街灯に小さい虫が集まるように、虫には照明に含まれる紫外線に集まる習性があります。

そのため、夜になると紫外線を求めるように、窓から家の中に侵入しようとします。

一般的に使用されている明かりを見てみると、その多くが蛍光灯や白熱灯であり、これらの電灯は紫外線を多く放っています。

それに比べ、LED照明は紫外線をほとんど発しないので、引き寄せられる虫を少なくすることができます。

蛍光灯と比べると、LED照明はややハイコストですが、長く使うことができるので、その分防虫メリットも享受することができます。

また、前項でご紹介した網戸の防虫剤の中には、紫外線を遮断する「紫外線吸収剤」が含まれているタイプもあります。

窓から入ってくる虫を減らすためにも、LED照明の使用についても是非検討してみましょう。

まずは原因の追究を

窓の虫除け対策方法を考える上では、まずは原因を探してみることが大切です。

網戸をしているのに虫が入ってくる場合は、網戸の穴や網戸の開閉方法について、もう一度確認してみてください。

もしそこに問題がなければ、網戸の網目を小さくしたり、防虫剤をうまく活用することで、窓の虫除け対策を行っていきましょう。