防犯のために窓をロックするなら100均グッズを活用しよう!

現在、借り手がいなくて空いている部屋の、防犯は万全でしょうか?

部屋の中には何もないからと安心していると、思わぬ事態に遭遇するかもしれません。

かといって、後から防犯対策をするのも大変なものです。

そこで、手軽に防犯できる100均グッズを活用してみましょう。

100均グッズで窓をロックすれば、侵入者を防げるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKで一人暮らし!家具を配置する際に知っておきたいこと!

一般的に1LDKで一人暮らしであれば、ゆとりある生活が送れるでしょう。家具にもある程度こだわ...

音の響く部屋を自分で改善!簡単にできる防音対策をご紹介

アパートなどの賃貸に住んでいると、物件の構造によっては隣人の生活音が部屋に響くことがあります。...

1LDKで「二人暮らし」!快適に過ごせるレイアウトとは?

夫婦やカップルで二人暮らしを始めるとき、お互いがストレスなく快適に過ごせるように部屋のレイアウト...

窓の防犯性をUP!遮光フィルムと100均グッズを併用しよう!

賃貸アパートやマンションで暮らしているのであれば、防犯対策は大切です。例え高層階に住んでいた...

窓だけでなく網戸も掃除したい!外し方って決まりがあるの?

年末の大掃除や花粉の時期が少し落ち着いたころなど、網戸の掃除を考える人もいるでしょう。拭き掃...

1LDKの一人暮らしの快適な家具配置は?レイアウト例をご紹介

1LDKで一人暮らしをしたいと考えている人にとって、気になるのが家具の配置をどうするかということ...

窓からの泥棒の侵入を防ぐ!「窓ロック」を種類別にご紹介!

泥棒や空き巣の侵入経路の多くは窓からだと言われています。ガラスを少しだけ割って、鍵を外し、窓...

1LDKのキッチンの配置に悩んだら…レイアウト方法をご紹介

1LDKでこれから新生活をスタートさせるという方もいらっしゃるでしょう。部屋に配置するイ...

ベランダ用窓のカーテンの長さは?カーテンの採寸と選び方!

カーテンを選ぶとき、窓の大きさに合わせて選ぶことが多いですよね。では、ベランダ用窓のカーテン...

おすすめ納戸収納術!3畳の納戸の活用法もご紹介

皆さんは納戸を有効に使えていますか?納戸と一口に言っても広さは様々で、0.5畳ほどの狭いもの...

1DKで二人暮らし!レイアウトを工夫して快適に暮らそう!

同棲などの理由で二人暮らしをする場合、「居室が2二部屋」をイメージする方も多いでしょう。1D...

2DKで一人暮らし!インテリアを配置する際のコツとは?

一人暮らしをを考えた時、2DKであれば1Kや1DKなどと比べてゆとりある生活を送れそうですよね。...

窓のカーテンレールはDIYできる!機能やデザインが豊富

新居の窓にカーテンレールを取り付けようとお考えの方もいるでしょうまた、お使いのカーテンレ...

窓のサッシは隙間風に注意?対策方法と隙間風の原因

窓が原因と言われるトラブルの中に、サッシの隙間による隙間風が挙げられます。隙間風は特に、冬な...

窓から聞こえる厄介な隙間風の音!その原因や対策とは?

窓を閉めているのに、「ピューピュー」と笛のような音が聞こえてくることはありませんか?一度気に...

スポンサーリンク

空いている部屋の窓をロックする理由とは

所有していて借り手がいない状態のアパートやマンションの防犯はとても大事です。

なぜなら、空いている部屋を利用し、犯罪を企てることがあるからです。

たとえば、ストーカーがその部屋に侵入し、隣に住む人を監視したり、盗聴をしたりするかもしれません。

現実に、そういった事件も起きているのです。

また、犯罪グループの隠れ家にされる危険性もあります。

こういった犯罪者が、無人の部屋に侵入する手口のほとんどは、窓ガラスを割るというやり方だといわれています。

ドアのピッキングは思ったよりも多くなく、あるデータによると、1%未満だということです。

つまり、窓の防犯を徹底すれば、かなりの確率で侵入を防げるというわけです。

しかし、専門業者に頼むと予算がかかってしまいますし、入居者が決まった時に、簡単に取り外せないことも考えられます。

そこで、簡単に窓をロックできる100均グッズを使用してみましょう。

100均グッズなら複数の部屋で防犯に使っても、専門業者に頼むより費用をかなりおさえられます。

また、手軽にセットできて、簡単に外すことが可能なグッズがほとんどなので、急に入居者が決定しても大丈夫です。

100均で買える窓ロックの定番といえばこれ!

100均ショップで販売されている窓をロックできる商品は、簡単に窓の防犯に使えるグッズとして人気になっています。

サッシのレールにはめ込むだけで、引き戸を外から開けられなくしてくれます。

ワンタッチで取り付け、取り外しが可能な点もポイントが高いのです。

ただし、取り付ける場所がクレッセント錠の真下になる場合が多いので、侵入を企てる人間がこの窓ロックを知っていた時には、効果が半減してしまいます。

そこで、ひとつでは不安な時には、上下に取り付けるとよいでしょう。

下にある窓ロックは見えても、上の窓ロックを発見するのは難しいからです。

もちろん、時間をかければ発見されるでしょうが、侵入者はあまり時間をかけたくないものです。

ある調査では、5分以内にロックを解除できない時には、諦めて立ち去ることが多いというデータが出ています。

このグッズには侵入者を5分間阻む効果が、十分にあるのではないでしょうか。

また、窓ロックが見えないように、ガラスに保護シートを貼るというやり方もあります。

窓にセットする防犯用ブザーも効果的

100均ショップによっては、防犯警報器というような商品も扱っています。

この警報器は、サッシ窓の窓枠に本体を設置し、マグネット部分を窓に取り付けて使用します。

窓が閉まっている時には、本体とマグネット部分が密着していますが、窓を開けるとマグネット部分が離れるので、警報機が作動するという仕組みです。

もちろん、オン、オフの切り替えは簡単なので、無人になる時だけオンにすればよいのです。

ただし、電池がなくなれば作動しなくなるので、電池の確認を定期的におこなう必要があります。

また、本体とマグネットの両方とも両面テープで貼り付けるので、その状態もチェックしなければなりません。

さらにこの警報器には、もうひとつ考慮すべき点があります。

人が住んでいる部屋ならいいのですが、無人の部屋に設置した場合、もし作動して音が鳴り響いても止める人がいません。

そのため、空き部屋に付ける場合はどちらかというと、窓ロックの方が利便性が高いといえるかもしれません。

もし窓の構造上、窓ロックの設置が困難なら、この警報器を設置してみましょう。

取り付け自体簡単ですし、作動した時には侵入者のほとんどは逃げ去るでしょう。

防犯に役立つ網戸のロックの仕方はこれ!

100均ショップで購入できる防犯グッズには、網戸をロックするという商品もあります。

これは、子供や猫が勝手に網戸を開けないようにするためのグッズですが、防犯効果も十分に期待できるのです。

実際に取り付けると分かりますが、網戸だけではなく、窓も開かなくなります。

そのため、ガラスを割ってクレッセント錠を解除しても、窓枠を動かせなくなるというわけです。

網戸のロックと解除はワンタッチで操作できます。

もちろん、網戸を破れば解除されてしまいますが、網戸上部の狭い部分に設置するので、これがなかなか難しいのです。

時間をかけたくない侵入者にとっては、やっかいな代物だといえるでしょう。

つまり、網戸が付いているサッシ窓の場合には、窓ロックよりもこちらの方が有効かもしれないのです。

ただし、網戸自体を取り外すのは簡単なので、網戸の上下部分をガムテープなどで固定する必要があります。

内側から見た美観という点と、取り外しの容易さでは窓ロックに軍配があがります。

ここまででご紹介した3つのグッズは、窓の種類やカギの状態、網戸の有無などを考慮し、どれを使用するのか判断することをおすすめします。

ベランダに出るドアも100均グッズでロックしよう!

ベランダに面した壁に掃き出し窓が付いておらず、腰高窓だけということもあるでしょう。

そういった場合には、ベランダに出るドアがあるものです。

腰高窓にロックがかけられていたら、侵入者はそのドアから入ろうとするかもしれません。

ピッキングには技術を擁するので、サムターン(ツマミ)を外から回してドアを開ける方法を用いられる可能性があります。

100均ショップには、そういった心配がある場合に有効な防犯グッズも置いてあります。

サムターンにキャップできるような商品は、ドアのサムターンに被せると、外からドアを開けられなくなります。

ドアに電気ドリルで穴を開けてサムターンを回し、侵入するケースは意外に多いものです。

そのためホームセンターでも、1,000円くらいするサムターンにキャップやカバーをする商品を販売しています。

頑丈さでは、やはりホームセンターの防犯グッズの方が勝りますが、100均グッズには手軽に設置できるという利点があります。

これもドアの素材やカギの種類によって、使い分ける必要があります。

どちらにしても、侵入者に時間をかけさせれば防犯として十分なので、とりあえず100均グッズで対策をするのもよいでしょう。

窓の防犯シートや防犯ステッカーは100均でも購入できます!

部屋の防犯の基本は、窓から中があまり見えないようにすることです。

しかし、人が住んでいるのならカーテンを設置するでしょうが、無人の場合は何もない状態で、外から丸見えになっていることが多いものです。

また、窓から中が丸見えだと、窓のカギも見られてしまいます。

窓ロックを設置していても、発見されては効果が半減します。

そこで、カーテンがない部屋でも中が見えないように、窓ガラスに目かくしするシートを貼ってみましょう。

目かくしシートも100均で購入できます。

キレイなモザイクシールで、見た目も優れています。

窓ガラスを割れにくくする保護フィルムも100均で売っていますが、部屋の中は丸見えです。

目かくしシートを貼り、窓ロックなどを設置する方が防犯的にはよいと思われます。

もうひとつ、防犯に有効なのが「防犯ステッカー」です。

ステッカーには、「防犯ベル設置」や、「防犯ビデオ作動中」などと書かれていて、侵入を抑制する効果が期待できます。

より効果的なものは警備会社のステッカーですが、ステッカー単独では市販されていません。

100均のステッカーでもある程度の抑制効果が見込めるので、窓ロックなどと併用するとよいでしょう。

大切な不動産だからこそ防犯に取り組もう!

大切な不動産を犯罪に使用されないように、防犯には力を入れたいものです。

完全な防犯効果がなくても、ある程度の時間をかけさせれば、侵入者を防ぐことができます。

今回ご紹介した100均の防犯グッズは、そういった目的に最適な商品です。

費用があまりかからず、手軽に設置できるのが、大きなおすすめポイントです。

こういった防犯グッズを活用し、不埒な侵入者を防ぎましょう。