盛土と切土の見分け方は?大規模盛土造成地マップの公表状況

自然のままの地盤の上に土砂を盛って高くする盛土。

地盤を削って低くする切土。

この2つの見分け方は、周辺の地盤より高いか低いかで判断することができるケースもありますが、パッと見ただけでは分からないこともあります。

盛土か切土か知る方法についてまとめましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

境界立会いを拒否?依頼する側される側のトラブル回避策

土地を売却したり、分筆する際には境界を確定する必要に迫られることでしょう。その際には、隣...

地目が雑種地の土地に家を建てるのは可能?その流れと注意点

注文住宅で家を建てようと考えている場合、土地を探すことからはじめるでしょう。土地ひとつひとつ...

土地の購入前に要チェック!土地購入の際の注意点とは?

新築一戸建てを建てる際の土地は、親や祖父母などから譲り受ける場合や購入する場合などがあります。...

地目が田の土地を駐車場として使いたい!何か手続きは必要?

土地には一つ一つ地目が決められています。家などが建っている土地であれば地目は「宅地」、用...

地目が原野の土地を所有の方は要注意!売買に関するあれこれ

固定資産税通知書には納税額だけでなく、現況地目も記載されているため、自身がどのような土地を所有し...

「地番」と「住居表示」住所には異なる表記の仕方がある!?

「地番」と「住居表示」は、同じものではないことをご存知ですか?同じものでないとしたら、「...

土地売買で不動産会社を通すと必要な仲介手数料!計算方法は

土地の売買を行う場合、一般的には不動産会社が仲介することが多いです。不動産会社が仲介する...

購入前に知っておこう!土地の売買契約の流れと注意点とは?

マイホームを建てるためには、土地が必要なのはいうまでもありませんね。しかし多くの方にとって土...

隣家との境界線トラブル!ブロック塀は境界線ではないの?

一戸建てにお住まいの方で、隣家との境界線を意識して生活しているという人は少ないのではないでしょう...

土地の購入の流れを理解しよう!気をつけるポイントは?

土地や建物といった不動産は、人生で最も高価な買い物であると言われています。現在は色々なところ...

地目が山林の土地を売却したい!農地転用が必要なケースも

持て余した山林を売却したいと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、活用しづらい...

地目が畑の土地を売買するにはどのような手続きが必要なのか

「農地を相続したが農業を続ける気がない」「高齢で農業が続けられない」など、農業従事者の後継者不足...

【地番の調べ方】法務局への電話の仕方・地図で見る方法

「かしこまった場所に電話するのは緊張する…」という方も多いのではないでしょうか。地番の調べ方...

擁壁のある住宅を購入する前に!水抜き穴の構造チェック!

夢のマイホームの購入を検討しているとき、擁壁という言葉を始めて耳にする方もいます。擁壁は、斜...

地番を検索したい!地図が見やすい登記情報提供サービスとは

地番は、インターネットからも検索できるということをご存知でしょうか。登記情報提供サービス...

スポンサーリンク

盛土と切土の見分け方

盛土なのか、切土なのか、はたまた盛土と切土の境界なのか。

盛土や、盛土と切土の境界は不安定だと言われることがありますので、簡単な見分け方があれば知りたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

特定の地域が盛土か切土か知りたいわけではなく単純にそれぞれを見てみたい、ということであれば簡単です。

実は盛土は鉄道用語でもあります。

土が盛り上がっているところがあり、その上を電車が走っているのを目にする機会があるのではないでしょうか。

明治・大正時代には「築堤」と呼ばれました。

線路を地上よりも高くするために土を運び、締め固めて崩れないように補強して造られています。

また、切土についても、山道を走っていれば目にすることがあります。

丘陵地に開発された高速道路や建築された住宅に目を向ければ、切土がどのようなものか観察することができるはずです。

ただ、盛土と組み合わせられている場合もあり、どこからどこまでが切土で、どこからが盛土か見分けるのは難しいでしょう。

盛土と切土の見分け方は難しい?さまざまな盛土の事例

現場に行って自分の目で見た場合に、切土と盛土の見分け方というと「高いか低いか」ということになりますが、判別できない場合も多いです。

盛土が行われたところだけ土の色が変わっていればいいのですが、経年により周辺の地盤と溶け込んでいる場合がほとんどです。

平地で、もともと周囲の地盤よりも低い場所に家を建てる場合にも、盛土が行われることがあります。

何メートルも盛り上げたのではなく20cm程度の造成もあり、そうなると周囲との違いが分からないことになるでしょう。

丘陵地で造成する場合、部分的に削って部分的に盛り、ひな段状に宅地を作る場合もあります。

階段をイメージしていただけると分かりやすいのですが、のぼっていくときに、つま先部分(壁付近側)は切土、かかと部分(落ち込み付近)は盛土になっている、という風にイメージしていただくといいでしょう。

盛土と切土の、地形図を使った見分け方!地理院地図も参考に

現場を見て判断する、ということでなければ、地形図を使った盛土と切土の見分け方が挙げられます。

大正時代までさかのぼり、古い地形図を手に入れて、現在の国土地理院地形図と比較する方法です。

標高が低くなっていれば切土、高くなっていれば盛土と考えられます。

しかし、こうした手間がかかる作業を行わなくても調べる方法はあります。

地理院地図には「切土」「盛土」「厚い盛土」というように区別されているマップがあります。

すべての場所において完璧に調査されたものではありませんが、意外と身近なところに大規模な盛土があって驚くこともあるでしょう。

国土交通省の「防災に役立つ地理情報」も参考になります。

実は、こうした造成情報が公表されるようになったのは、2011年の東日本大震災が関係しています。

震災で大きな被害を被ったのが大規模造成地の盛土部だったので、盛土に対して危機感が高まっていったのです。

大規模盛土造成地なら公表されている?調べてみた

国土交通省のサイトや地理院地図は参考になる防災情報を多く載せていますが、盛土と切土の完全な見分け方はありません。

しかし、大規模盛土造成地であれば各都道府県・市町村で個別に公表されているケースが多いです。

例えば「栃木県庁」のサイトには、「県内16市町村における大規模造成地マップの公表について」というページがあります。

調査された市町村が一覧で出てきて、盛土数が多い市を知ることができますし、別ファイルを開けば、地図で造成地の確認をすることができます。

また、山々に囲まれた長野県で調べると、「安曇野市」「松本市」「千曲市」などのマップが出てきます。

しかし、多くの市町村については、まだ着手されていません。

※長野県の「宅地造成等規制法」というページを確認すると、長野県内には宅地造成工事規制区域・造成宅地防災区域として指定されている区域はない、と明言されています。

●宅地造成工事規制区域

宅地造成の際に、災害が発生する可能性が高い区域として、都道府県知事等と関係市町村長で話し合い、指定する地域です。

1mを超える崖が生じる盛土、2mを超える崖が生じる切土などがあります。

●造成宅地防災区域

宅地造成規制法に基づいて、都道府県知事が市町村の意見を聞き、宅地造成にともなう災害によって大きな被害が懸念される造成宅地を防災区域として定めたものです。

大規模盛土造成宅地を公表しない都道府県もある

上記の長野県以外でも、大規模盛土造成宅地を公表していない自治体はあります。

盛土造成地の調査が進まないことについては過去にニュースで取り上げられたことがあります。

調査が進まない原因としては、予算の問題が挙げられます。

山地の多い県では特に、調査には莫大な費用がかかります。

同じく社会問題である液状化対策や、その他の防災対策にも力を入れる必要があると、そこまで手が回らないということがあるでしょう。

調査したとしても、公表はしない場合もあります。

特定の地域の住民が、過度の不安感を感じる可能性がありますし、土地の資産価値に少なからず影響を及ぼすおそれがあるのです。

盛土造成地マップによって切土と盛土の見分け方が簡単になれば、災害被害を少なくしたり、防止できるようにもなると考えられています。

防災意識の高まりによって危険性のある区域が公表されていく

国土交通省の「大規模盛土造成地マップの公表状況等について」のデータでは、大規模盛土造成地の公表が進んでいることが分かります。

2019年3月のデータを参考にしますと、2018年11月から約6.8%の公表率が上がったとされています。

そして、2012年から比べますと、公表率100%の都道府県も増えました。

しかし、大規模盛土造成地というのは、谷を埋めた造成地で面積3,000平方メートル以上、または傾斜地などで高さ5m以上・20度以上の造成を行った地盤のことです。

それ以下でも危険性の高い盛土はありますので、大規模盛土造成地マップだけで判断することはできないといえるでしょう。

2018年の北海道地震では、大規模盛土造成地マップで示されていなかった区域でも陥没被害があったことが分かっています。

今後も、切土と盛土の見分け方を知りたい、盛土がどこなのか知りたいというニーズがある限り、少しずつですが、公表状況が改善していくことが期待できます。

大規模盛土造成地だけでなく、リスクの高い土地について、より多くの情報が公表される可能性もあるでしょう。

盛土かどうか調べる方法はある

切土と盛土は、よほど分かりやすい状態でない限り、見分けるのは難しいようです。

地理院地図や、各都道府県・市町村の大規模盛土造成地マップを見ることによってリスクの高い区域を知ることはできます。

しかし、大規模盛土造成地マップを見ると分かりますが、公表されている区域の範囲は極めて狭く、知りたい情報が入手できないこともあるかもしれません。

その他には、古い地形図と新しい地形図で標高を比較する方法もあります。