マンションの水回りトラブルを回避!排水管の構造を知ろう

マンションは階下の部屋や隣の部屋が近い分、水回りのトラブルが起こると、被害が拡大しやすい傾向があります。

そのため、水まわりのトラブルを防ぐために、マンションの排水管の構造がどうなっているのか、あらかじめ知っておくことが重要です。

そこで今回は、マンションの排水管について、構造や詰まりの原因などについて、くわしくお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションのインターネットが遅い!原因や対処方法はある?

インターネット回線は、日々の生活に欠かすことのできないインフラとなりました。そんなインターネ...

アパートでの音楽鑑賞は何時まで認めるかについて考えよう!

アパート経営で考慮すべき点は沢山あります。相場に合わせた家賃や、管理費の設定はもちろんで...

アパートの更新料が高い!支払い義務と交渉の余地について

アパートの契約期間満了の時期になると、更新料の支払いが求められることがあります。地域によって...

マンションを東京で購入したい!中古と新築はどっちが良い?

マンションに住み替えようと考えたとき、できるだけ良いものを購入したいと思うことでしょう。特に...

マンションの中古物件を神奈川で購入する場合のおすすめ地域

マイホームを神奈川で購入することを検討する場合、「一戸建てではなくマンションを」という方も多いの...

マンションの通気口はなぜある?フィルター掃除は定期的に!

マンションの各部屋に取り付けられている通気口。単純に「部屋の換気のため」と思われている方も多...

新築時の引っ越しにはお金がかかる!?費用はどれくらい?

待ちに待ったマイホームが完成した後に、待ち受けている大仕事が引っ越しです。引っ越しは荷物の梱...

アパートの管理費に消費税はかかる?何が課税対象になる?

アパートを借りると、毎月家賃と一緒に管理費も支払いますね。ではそんな管理費に、消費税はかかる...

賃貸アパートの退去費用!6年間住んだ場合はどうなる?

アパートに長く住んで退去する場合、部屋のクロスなどに傷が目立ったり汚れがひどい時「退去費用はどの...

新築住宅の窓の種類と選び方は?基準別のおすすめをご紹介

住宅を新築する際に気になることはいくつもありますが、窓選びもその1つでしょう。どんな窓を付け...

新築で失敗だと思うのはどんな点?後悔しない家づくりとは?

家を新築する際は、理想や希望に満ち溢れ、これからの楽しい生活を思い描いていることでしょう。し...

一戸建て分譲住宅の魅力とは?購入時の流れと注意点もご紹介

近年マイホームとして一戸建てを購入する手段として、「分譲住宅」を選ぶご家庭も増えてきています。...

新築内祝いランキング上位は?喜ばれるギフトを贈ろう!

親しい友人や親族から、気持ちのこもった新築のお祝いが届いたら、嬉しいものです。同様に、大切な...

アパートを契約したいけど保証人がいない!契約するには?

アパートの賃貸契約を結ぶ際、保証人が必要になるケースがほとんどです。しかし、中にはさまざまな...

マンションで騒音!音の伝わり方が原因でトラブルに発展?

マンションに住むにあたって、「木造住宅とは違うから、騒音も少ないだろう」と考えている方もいるかも...

スポンサーリンク

種類により通る排水管が違う!マンションにおける排水の排出構造

まず、マンションの排水を排出する構造についてお話ししていきましょう。

私たちが使用した水は、排水として、排水管を伝って下水道へと流れることとなります。

この時、排水の種類によって、排出の仕方が異なります。

排水は、キッチン・洗面所・浴槽などからの「雑排水(ざっぱいすい)」、トイレからの「汚水(おすい)」、ベランダや屋上から流れてくる「雨水(うすい)」の3つに分けることができます。

雨水のように、自然界で発生する排水に関しては、専用の排水管を使って排出されることとなります。

また、雑排水と汚水に関しては、マンションによって排出の仕方が異なります。

マンションの排水管には「合流式」と「分流式」があり、雑排水と汚水をまとめて排出する排水管を合流式と呼びます。

一方の雑排水と汚水を別の排水管でそれぞれ排出する方法が分流式です。

なお、これとは別に、排水トラブルの多いキッチンの排水管だけを別に設置するマンションも存在します。

これらの排水はすべて、敷地排水管を通って、下水道へと流れつくことになります。

マンション敷地内に浄化槽がある場合は、そこを経由してから排水路へと流れることとなります。

排水管の構造に重要!排水トラップとは?

ここでは、マンションの排水管の構造に欠かせない、「排水トラップ」について見ていきましょう。

排水トラップとは、排水管の途中に必ずついているもので、下水からの悪臭や、害虫の部屋への侵入を防ぐ重要な部分になります。

洗面台やキッチンのシンクの排水管を正面から見ると、くるっとまわった形になっているのが確認できるはずです。

その部分が排水トラップで、まわっている部分には水が溜まっています。

この溜まった水を「封水」と呼び、経路に水で蓋をして塞いでくれているのです。

排水トラップは、キッチンや浴槽などの場所により形が異なります。

洗面所には、Sの形をした「Sトラップ」や、Pの形をした「Pトラップ」、浴槽やキッチンなどは「椀トラップ」や「ドラムトラップ」を採用するのが一般的です。

洗面所のSトラップの場合、排水は下へ向かって排出される構造となりますが、Pトラップに関しては排水は横の壁方向へ向かって排出されます。

これはマンションの部屋によって異なるようです。

いずれの排水トラップも、長期間家を空ける際は、封水切れにならないように注意が必要です。

通気設備はマンションの排水管の構造に欠かせない!

マンション内での排水は、排水管を伝って下水へと流れていく構造となりますが、排水管には「通気設備」も欠かせない重要な部分です。

この時の通気設備とは「通気管」のことを指し、排水管の上部に設置されているものになります。

通気管があることで、排水管の内部の気圧をコントロールして、排水が排出される流れをスムーズにすることができます。

イメージとしては、水の入ったストローの上部を、指で塞ぐと、水は下へと流れ出ませんよね。

ここで指を離すと、空気が抜け、水は一気に下に流れ落ちます。

このように、配管内の空気を通気管で開放することで、排水が排出される流れをスムーズにすることができるのです。

マンションの通気管は、「伸頂通気方式」および「特殊継手システム」が採用されています。

伸頂通気方式とは、排水管の大きさを特に変えずにそのまま上に延長して伸ばしたものです。

この部分から、配管内に溜まった空気を排出することができるのです。

また、特殊継手システムという継手を排水管に取り付けることで、よりスムーズに排水の排出を行うことができます。

排水管にダメージ!行ってはいけないこと

マンションの排水管の構造には、排水トラップや通気設備が欠かせないということがわかりました。

ここでは、排水管を長く使うため、普段の生活で注意すべきことをまとめました。

●排水管に油を流さない

キッチンの排水管を詰まらせる原因の中で、最も多いと言われているのが排水管に油を流す行為です。

キッチンのシンクに油を直接流す人はいないでしょうが、フライパンや食器に付着した油汚れも、配管にこびりついて固まってしまいます。

油はなるべくふき取ってから、シンクで洗うように心掛けてください。

●トイレでティッシュペーパーを使わない

トイレットペーパーが不足したからといって、トイレでティッシュペーパーを使い、それを流すことは避けましょう。

トイレットペーパーは水に溶けやすいですが、ティッシュペーパーは水に強い造りをしているので、排水管が詰まる原因となります。

●髪の毛を排水管に流さない

洗面台に落ちた髪の毛を、排水管に流してしまう人もいるでしょう。

しかし、洗面所の排水管のつまりの原因は髪の毛が最も多く、この髪の毛に石鹸カスなどが付着すると、雑菌の繁殖に繋がります。

雑菌は臭いのもとにもなりますので、注意が必要です。

マンションの排水管は定期的に洗浄した方が良いの?

よく、マンションの水回りのトラブルとして、排水管の詰まりがあげられます。

排水管が詰まる原因は先述の油汚れや髪の毛、または食べ物のカスや細かいゴミなどです。

これらは、排水管の構造上すべてを排出することは難しく、蓄積していくことも考えられます。

そのため、これらを取り除くためには、「排水管の洗浄」をすることをおすすめします。

トイレからの汚水に関しては、排水管の口径が太いため、洗浄をする必要はほとんどありません。

しかし、キッチン・洗面所・浴槽などからの雑排水が通る排水管に関しては、1年に1回程度は洗浄した方が良いでしょう。

マンションの排水管は、給水設備などとは異なり、定期的な法的点検は存在しません。

そのため、排水管の詰まりを起こす前に、自分で行動に移すことが大事なのです。

マンションの排水管の洗浄方法

マンション排水管は、構造上、素人が掃除をするのは難しいでしょう。

市販の排水洗浄薬剤を使っても良いですが、詰まりを完全に取り除くのは難しいです。

そこで、確実に配管をきれいにできる専門の業者に依頼しましょう。

実際に、どのように排水管を洗浄していくのか、以下でご紹介していきます。

まず、マンションの排水管の洗浄は、「高圧洗浄ポンプを積んだ特殊車両」が行っていきます。

基本的に、1階から2階、3階へと、下から上へと上がりながら順番に高圧水をあてて汚れを落としていきます。

これには、上流から先に進めていくと、万が一下流で詰まりがあった場合、大変なことになってしまうためです。

また、業者に排水管の洗浄を依頼する上で注意することは、管理会社や近所の住人に、排水管の洗浄する旨を知らせておくことです。

住民と共用の横引き管や縦管も洗浄することとなりますから、忘れずに声を掛けておいてください。

マンションの排水管は定期的に洗浄しよう

マンションにおいて、排水管が詰まりを起こしてしまうことは少なくありません。

その時は、市販の排水洗浄薬剤を使うのも良いですが、専門の業者に排水管洗浄を依頼することをおすすめします。

また、そうならないためにも、排水管の構造をよく知り、油や髪の毛を排水と一緒に排出することを控え、排水管にダメージを与えないように心掛けることが大事です。