境界線にフェンスを立てる際の注意事項!高さに制限はある?

念願のマイホームを手に入れた時に気になるのが、隣家との境界線ではないでしょうか。

建売住宅を購入すると、初めから外構工事が完了しているケースが多いので、隣家との境界にフェンスが立てられていることが多いかもしれません。

しかし、土地から購入した場合、まだ隣家との間にフェンスが立てられていないケースは多々あります。

その際に、どのような手順を踏んでフェンスを設置するに至るのでしょうか。

また、フェンスの高さには制限があるのかなどの疑問にお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

擁壁の補修は自分でできる?症状を見てDIYで補修してみよう

家に長いこと住んでいると、擁壁にひび割れや汚れなど、経年劣化による傷みが生じてきます。一般的...

地目変更手続きはどこで何を行う?専門家に依頼した際の費用

地目変更の手続きは、必ずしもプロに依頼しなければいけないというものではありません。自分で行え...

意外な盲点!地目が「山林」の土地を売買する際の注意点!

土地にはそれぞれ地目がありますが、その中でも地目が「山林」となっている土地を売買する際には注意し...

地目が畑の土地を売買するにはどのような手続きが必要なのか

「農地を相続したが農業を続ける気がない」「高齢で農業が続けられない」など、農業従事者の後継者不足...

土地の境界線はブロックやフェンスではっきりさせよう!

所有の土地と隣接する土地で境界線ははっきりしていますか。ブロックなどがなく境界線があいまいだ...

地目が田でも住宅を建てられる?地目が田である場合の注意点

家族から譲り受けた土地の地目が「田」である場合、住宅は建てられるのでしょうか?ここでは、住宅...

土地の購入前に要チェック!土地購入の際の注意点とは?

新築一戸建てを建てる際の土地は、親や祖父母などから譲り受ける場合や購入する場合などがあります。...

視点が違えば評価も変わる!?土地の評価額の調べ方

土地の評価額について表すときに、「一物四価」、あるいは「一物五価」という言い方をします。これ...

土地の価格が知りたい?実勢価格(時価)の調べ方とは?

不動産売買をしたい場合や、支払う税金を知りたいときなどに土地の価格を調べることがあるでしょう。...

地目(原野など23種類)の読み方!間違えやすい不動産用語

23種類の地目の読み方は、簡単なものもあれば、難しいものもあります。原野、井溝などはもちろん...

隣家との境界線トラブル!ブロック塀は境界線ではないの?

一戸建てにお住まいの方で、隣家との境界線を意識して生活しているという人は少ないのではないでしょう...

地目が雑種地の土地に家を建てるのは可能?その流れと注意点

注文住宅で家を建てようと考えている場合、土地を探すことからはじめるでしょう。土地ひとつひとつ...

この土地の名義人はだれ?調べるにはどうすれば良いの?

あるとき、「この土地の名義ってだれなんだろう?」と疑問に思うこともあるでしょう。このとき、ど...

地番を検索したい!地図が見やすい登記情報提供サービスとは

地番は、インターネットからも検索できるということをご存知でしょうか。登記情報提供サービス...

土地の名義を夫婦にすることのメリット・デメリットとは?

土地を購入すると、「所有者移転登記」を行います。もしも、夫婦共同で土地を購入する場合は共有名...

スポンサーリンク

境界線について知ろう

マイホームを手にするうえで、隣家とのトラブルを防ぐために、境界についての知識を深めておくことは大切です。

境界線とは、自分の敷地と隣家の敷地の境目をはっきりと分けるための線です。

この境界が曖昧な状況になっていると、いずれ何かしらのトラブルを発生させる原因となります。

そのようなトラブルを防ぐために、境界線は存在します。

境界は地積測量図に記載されており、それに沿って、隣地との間に境界標となる四角い杭が打ち込まれています。

しかし、自然災害などが原因で、境界標が行方不明になってしまうと、境界線をめぐってのトラブルが生じてしまうことがあります。

また、境界線上に塀やフェンスが建てられていればわかりやすいですが、これから設置する予定の場合は、境界について、隣家としっかりと確認してから塀やフェンスを設置する必要があります。

その際に、フェンスの高さやデザインなども双方できちんと話し合うことが大切です。

境界線にフェンスを立てる際の注意点とは?

それでは、境界線にフェンスを立てる際の注意点についてご説明しましょう。

境界線にフェンスを設置する場合、基本的には費用は隣家と折半になります。

この場合、土地の高さが同じであることが条件です。

しかし、隣家の土地の所有者がなかなか決まらないというケースもあります。

フェンスは境界を仕切るだけでなく、防犯として必要とする場合もあるため、できるだけ早くフェンスを立てたいという方もいるでしょう。

その場合は、自分の敷地内にフェンスを建てるのであれば問題ありません。

もちろん費用は自身で持つことになりますが、フェンスが壊れた際や取り壊す時などに、折半だと何かとトラブルが発生しやすいというデメリットがあるので、考え方によってはこちらの方が良いとも言えます。

そのため、折半でフェンスを設置するケースが減ってきているようです。

また、敷地内に建てるのであれば、フェンスのデザインも好みのタイプを選ぶことができます。

次章では、土地の高さに段差が発生して、一方の土地が高くなっている場合の境界に建てるフェンスについて、ご紹介します。

土地の高さが重要!段差のある土地の境界線へのフェンスの設置とは?!

隣家との土地に段差がある時の境界についてご説明します。

もしも、自身の土地の方が、隣家よりも高さがある場合は、高い土地側の方が土留めを作る必要があります。

またの名を、擁壁とも言います。

これは土砂崩れを防ぐために必要とされており、その責任は土地の段差の高い側の住宅に課せられてきます。

したがって、フェンスを建てる際には、そちらの擁壁の上に建てることになるため、土地の段差の高い側の負担となります。

つまり、傾斜の段差がある土地の境界は、傾斜がはじまった点から段差の高い側の所有となるので覚えておきましょう。

ちなみに、傾斜がある土地は、その高低差の度合いによって、土地価格も手頃な金額で設定されている場合が多いようです。

境界線のフェンスに高さの制限はあるのか?

では、境界線に建てるフェンスの高さについてご説明していきます。

こちらは、市町村などによって変わってくる部分もありますが、2メートル以下という制限が多いようです。

また、一般的なフェンスの高さは、60センチから80センチの高さのものが広く好まれています。

双方で折半して建てるフェンスであれば、スチール素材の上記の高さのメッシュタイプが、金額的にも購入しやすいため、よく使われています。

こちらのフェンスを選ぶ場合は、隣家との関係が比較的良好であるケースがほとんどです。

また、建売物件などは、最初から境界線にこのタイプのフェンスが建てられていることが多く見受けられます。

住む前から、隣家との境界がしっかりとフェンスで区切られているのは安心ですね。

住宅を選ぶ際のポイントとして念頭に置いておくと良いかもしれません。

目隠しのフェンス!高さやデザインに気を付けよう

フェンスにもさまざまな種類があります。

しかし、選んだフェンスによっては、トラブルを招いてしまうこともあります。

そのようなことが起きないためにも、境界にフェンスを設置する際には以下について気を付けましょう。

●目隠しのための背の高いフェンス

「隣家の庭に日が入らなくなった」などといった弊害が起きる可能性があります。

特に、隣家がガーデニングや畑をされている場合、日照権の問題でトラブルにならないよう、人の背丈ほどの高さのあるフェンスを建てる際には一言、事前に隣家に報告しておきましょう。

基本的に自分の敷地内に建てるのであれば問題はありません。

しかし、倫理的な問題として、どのような弊害がおきるかなどをシミュレーションをすることによって、トラブルを避けることができます。

●裏表のデザインのあるフェンス

フェンスにもさまざまなデザインがありますが、前章でご紹介したスチール素材のメッシュタイプのフェンスであれば裏表の心配がありません。

しかし、なかにははっきりと裏表がわかるようなタイプのフェンスがあります。

そのようなフェンスを選んでしまうと、どちらかの一方が裏側のデザインになってしまいます。

すると場合によってはトラブルになることもあるでしょう。

以上のことを踏まえて、フェンスのデザインを選ぶ際には、トラブルを起こさないように注意してください。

隣家から「境界線が違う!」と言われたらどうする?

無事にフェンスを設置したあとに起こりがちなトラブルとしては、「目隠しのフェンスの高さが邪魔をして、日が入らなくなってしまった」という問題だけではありません。

隣家から「境界線が違う」といったクレームを受けることがあります。

このようなトラブルは避けて通りたいものです。

とはいえ、万が一このような事態に陥ってしまった時には、信頼できる地積測量図に頼る他ありません。

しかし、地積測量図も1977年9月3日以前のものは、現在の基準よりも低い精度のものがあるので、作成年月日に注意する必要があります。

また、2005年3月7日以降に作成された地積測量図は、確定測量図と同等の効力があると言われているので、その時期に作成された測量図を確認すると良いでしょう。

新たに測量をし直さなければならない場合、確定測量図の作成を土地家屋調査士や、測量士に依頼することになります。

費用は、土地の面積や隣地の所有者の人数などで変わってきますが、30坪程の土地で隣地が4件位でも50万円前後はかかる可能性があります。

このようなトラブルに巻きこまれないよう、土地を購入した際には、必ず不動産会社から境界の説明を受けるようにしましょう。

境界線をしっかりと認識してからフェンスを建てよう

ここまで、境界線にフェンスを建てる時の注意点についてご説明してきました。

フェンスを建てる際には、双方で折半をして建てるのか、お互いに自分の敷地内に建てるのかを話し合うことが大切です。

住まいは一生のうちの大きな買い物です。

心地良く暮らしていくためにも、隣家とのトラブルを避ける配慮をしましょう。