アートパネルを使ってインテリアをおしゃれに演出しよう

部屋のインテリアの雰囲気が人々に与える影響をご存知ですか?

家が、心地良くおしゃれな雰囲気を醸し出していたなら、帰宅するのが楽しみになりますね。

そのためには、部屋のインテリアは落ち着きがあり、癒しの空間でなければなりません。

そこで、当記事では、部屋をおしゃれで温かい雰囲気に見せるためのアートパネルについてご紹介します。

これから新築予定や、模様替えをお考え中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしで人気の1LDKを比較!東京で家賃が安い地域は?

東京で一人暮らしをするにあたり、お金の面での一番の不安は家賃ではないでしょうか。できれは安い...

サイディングをビス穴補修するときの基礎知識

サイディングは建物を保護するために重要な役割を果たしていますので、損傷している個所をは適切に対処...

木造住宅の床がきしむ!きしみの原因と対策とは?

木造住宅で生活をしていて床から「ギシっギシっ」ときしむことはありませんか。一度気づくと、気に...

土地を分筆することで生じるメリットとデメリットとは

広い土地を親から相続したので売却したい、土地の一部の地目を変更したいなど、土地を分けたいというよ...

農地転用の前に行う土地の分筆!その流れと費用について解説

所有する農地の一部に家を建てたいと思ったとき、農地転用の手続きが必須です。しかし農地転用の前...

複数の用途地域にまたがる土地!有効採光面積の算出方法とは

マイホームを建てるためには、土地も購入しなくてはなりませんね。土地を購入する際に注意しなけれ...

賃貸の1LDKを海外風のインテリア術でコーディネートしよう

1LDKは、賃貸のアパートやマンションに多い間取りです。そこに住み慣れてくると、部屋の雰囲気...

1DKの間取り!レイアウトを工夫して一人暮らしを快適に!

一人暮らしで1DKの間取りであれば、1Kなどに比べてゆとりある生活が送れるでしょう。レイアウ...

大家さんとして入居者に挨拶は必要か?かけるべき言葉とは?

投資用の不動産を購入した場合、家賃収入のために賃貸に出すことが多いです。そうなると自分は物件...

私道を通るには通行権が必要!車で通行することもできない?

道路には多くの決まりごとが存在します。道路の中でも私道は特に扱いが難しいので、近隣トラブルの...

新築時に必須といえる登記!どのタイミングで行えばいいの?

一戸建てを新築すると、行わなくてはいけないものが「登記」です。しかし、はじめて新築した方の多...

アパートの契約書をなくしたら!契約は無効になってしまう?

無事アパートの賃貸契約が締結され、借りることが決まれば、その後賃貸借契約書を渡されるかと思います...

増築したら登記は必須!手続きの流れや必要書類について解説

マイホームを建てた数年後に、増築やリフォーム(改築)をすることもあるでしょう。増築や改築...

公道・私道とは?地図から読みとる方法とトラブル対策

車両が通れる道路はすべて公道と考えている方は意外に多く、気付かずに私道を通ってしまいトラブルにな...

軽量鉄骨と木造では耐用年数に違いが!?どこがどう違う?

家造りやアパート経営をする時に「耐用年数」というワードが出てくることがよくあります。聞いたこ...

スポンサーリンク

インテリアの救世主!アートパネルとは?

お住まいの部屋が殺風景に感じた時など、絵画を飾りたいと思ったことはありませんか。

しかし、絵画となると金額が高いといったイメージもあり、なかなか手を出しにくいかもしれません。

そのような時に、部屋の雰囲気を変えてくれるお手軽なインテリアがアートパネルです。

アートパネルは額縁に入っていないため、金額が安く設定されているということがまず第一に挙げられます。

さらには、とてもシンプルな方法で作られているため、作品に直接触れることができ、作者の息づかいが聞こえてきそうなほどです。

質感もダイレクトに伝わるため、部屋の雰囲気に合わせ、素地でデザインを選ぶと、ぴったりなものに出会えるでしょう。

アートパネルには、さまざまな種類がありますので、次章では家の雰囲気に合うものをセレクトしてみていきましょう。

アートパネルは部屋の雰囲気に合わせて

アートパネルの存在は、かなり部屋の雰囲気を左右してきますので、設置する部屋に合わせたものを選ぶ必要があります。

もしも、部屋が木材を使用したナチュラルテイストや、カントリー調の雰囲気の場合は、どのようなアートパネルがふさわしいでしょうか。

その場合は、布素材にシンプルな花柄や、チェック柄などのアートパネルを合わせると良いでしょう。

また、和室にアートパネルを飾りたい場合は、和紙素材を使用したアートパネルを飾ることをおすすめします。

まるで、着物の柄のような大正ロマンを彷彿とさせ、和モダンの部屋に早変わりすることでしょう。

他には、ホテルライクをコンセプトにした住宅であれば、思い切って、壁一面に飾る大型サイズのアートパネルにするのもおすすめです。

その場合、アートパネルの色合いもシックでグレーを基調とするようなデザインのものを探すと良いでしょう。

インテリアとして、部屋の雰囲気をいっきに盛り上げてくれます。

インテリアにおすすめのアートパネル!設置する方法とは?

では、アートパネルはどのように設置するのでしょうか。

「壁が傷ついてしまうのではないか」と不安な方もいるかもしれません。

しかし、アートパネルは額縁やガラス素材を使用していないため、軽いというのが特徴でもあります。

そのため、壁に刺すフックの針はとても細いタイプのもので対応できます。

もちろん、パネルの重量によっても変わってきますが、大抵はアートパネルを購入すると付属品として、吊り金具と紐がセットで入っているので、そちらを使用することがおすすめです。

また、無印良品の「針が細い画鋲」を準備しても良いでしょう。

このアイテムは、無機質なデザインになっているため、インテリアのじゃまにならない優れものです。

このピンを壁に差し、そのピンにアートパネルの縁をかけてあげると、しっかりと壁におさまります。

正面から見ても、まったく違和感がなく安定して設置することができ、押しピンを抜いた壁の穴も目立たないサイズなので、お手軽な設置であると言えるでしょう。

アートパネルの設置に便利なニッチ

前章では、壁に小さなピンを刺してアートパネルを飾る方法をご紹介しましたが、小さな穴でもどうしても壁に針を刺すことに抵抗がある方もいるかもしれません。

そのような場合は、ニッチを取り入れると良いでしょう。

ニッチとは壁の凹みのことを言います。

たとえば玄関を入って正面の壁などに、小さめの四角やアーチ形の凹みを見かけたことはないでしょうか。

あの凹みの空間を利用して、絵や雑貨を飾る目的としてニッチを取り入れているのです。

アートパネルもニッチに設置すれば、壁に穴を開けることもなくインテリアとして楽しむことができます。

これから新築予定の方は、ニッチ収納を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、リフォームとしてニッチを取り付けることも可能です。

ニッチは、インテリアだけでなく収納として、タオルや洗剤など生活用品の置き場としても活用されています。

もしお住まいの住宅に、収納が少なくお困りでしたら、専門の業者に相談すると良いでしょう。

アートパネルに限らず絵を飾る時のコツとは

日本の住宅事情を考えると、なかなか大きなアートパネルや絵を飾るような広い部屋に恵まれないこともあります。

しかし、部屋に一枚アートがあるだけで、部屋を広く見せたり、華やかに感じさせることができます。

それには、アートパネルや絵を飾る高さもポイントになり、人が立った時の目線の位置にアートの中心が来るように設置することがおすすめです。

そして、飾るアートも、寒色系を選ぶことで、遠くに後退して見えることから解放感があり、部屋に奥行きを感じさせる効果があります。

また、部屋を華やかに見せたい場合は、暖色系のアートを飾ると、手前に迫ってくるような印象を与えるため、インパクトが強くなり華やかさを感じさせます。

このように、インテリア次第で、部屋の印象はガラリと変わります。

アートパネルも、絵だけでなく、立体的なデザインまで幅広くラインナップされています。

植物を飾りたい方には、壁掛けのアートとしての植物アートパネルというのもあります。

インテリアをおしゃれに魅せる基本の色使いを知っておこう

アートパネル以外でも、部屋をおしゃれに見せるためのインテリアにこだわるのであれば、色使いが鍵となります。

それには、もともとの部屋のテーマを確認しておく必要があります。

温かみのある北欧テイストや、かっこよさが際立つシンプルモダン、ラグジュアリー感のあるホテルライクなど、部屋の雰囲気にはさまざまなバリエーションがあります。

北欧テイストであれば、白地の壁にアクセントでパステル系をところどころに散りばめても良いでしょう。

また、ブラウンやグリーンが入ると、ナチュラルな雰囲気を出すことが可能となります。

シンプルモダンであれば、使う色合いは2色におさえ、白と黒、またはグレーなどのように無彩色がふさわしいですね。

そして、この配色は、部屋を広く見せる効果もあるので人気があります。

部屋をホテルライクに演出するのであれば、壁紙や床にグレーや茶色などのダークカラーを取り入れて、全体的に同系色で揃えることがポイントです。

このように、部屋の雰囲気によって使う色使いも変わってきます。

その色合いに合わせて、アートパネルを選ぶことが重要でしょう。

まずは、これから新築予定の方は、家が建ち上がって全体の雰囲気を確認してから、アートパネルを選ぶようにしてください。

手軽なアートパネルを利用して部屋を素敵に演出しよう

アートパネルは、絵画と違って重量が軽いことから、壁を痛めることなく設置できるインテリアであることがわかりました。

また、部屋の雰囲気を把握してから購入することも大切なポイントです。

ぜひ、アートパネルを取り入れて、理想の部屋に近づけるようにしてみてください。