意外と悩む2LDKの部屋の使い方!新婚夫婦はどうしたら?

新婚生活を2LDKの部屋でスタートさせる方もいるでしょう。

この時に意外と悩んでしまうのが部屋の使い方です。

LDK、寝室は使い方がある程度決まっているとしても、残りの1部屋はどのように使ったら良いのでしょうか。

快適に新生活をスタートさせるための部屋の使い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンション最上階のメリット・デメリット!暑いときの対策法

マンションに住むにあたり、一度は最上階に住むことに憧れた方も多いのではないでしょうか。マンシ...

モルタル外壁に穴をあけたい!穴あけに役立つ知識をご紹介

世間にはDIYが広く浸透し、日曜大工で小規模なリフォームを楽しむ方も多くなってきました。...

賃貸で気を付けなければいけない床の傷!原状回復の範囲は?

賃貸に住んでいると、床を傷付けないよう気を付けて生活しますよね。それでも、不注意で傷を付けて...

木造住宅の階高・天井高・床高の標準は?吹き抜けのメリット

マイホームで「木造住宅を建てたい」と考えている、または新築分譲マンションの購入を考えている方は、...

最上階・角部屋でもデメリットがある?マンションを選ぼう

マンションを購入したい、または賃貸マンションに引っ越しをしたいと決めたならば、「マンションのどの...

農地転用して家を建てる!分筆が必要な場合の流れは?

郊外の地域においては、農地である土地に家を建てるというケースは少なくないでしょう。しかし、そ...

借主が家賃を延滞!延滞金の計算方法は?督促はどう行う?

賃貸物件を所有していると、借主が家賃を延滞してしまうリスクが少なからずあります。もしも、...

モルタルで玄関を仕上げる前に!後悔しないための注意点!

「玄関は家の顔」と言われているように、家族が使うだけではなく、来客を歓迎するための空間でもありま...

1DKのインテリアはどう配置する?快適な2人暮らしにするには

これから賃貸物件に住みはじめる方のなかには、そこで2人暮らしをはじめるという方もいるかと思います...

アパートの家賃の目安はどのくらい?手取り15万円を例に解説

社会人としての生活がはじまる際、同時に一人暮らしがはじまる方もいることでしょう。そのとき賃貸...

登記を知る!新築に必須の手続きは自分でできる?できない?

新築住宅の手続き中で、必ず行わなくてはならないのが「登記」です。新築住宅の登記では、金融機関...

土地の登記を理解しよう!必要書類と手続きのポイントは?

不動産の取引において「不動産登記」は必ず発生します。その目的は、不動産(土地や建物)の所有者...

理想の物件だけど家賃が高い!家計を考え家賃の節約すべき?

希望のエリアで、希望の条件通り…というような理想的な物件は家賃が高い場合が多いですよね。家計...

ベランダに洗濯機を置く際の注意点!雨よけや囲いは必要?

アパートによっては、洗濯機の置き場がベランダであることも少なくありません。通常、洗濯機は家の...

1LDKの賃貸物件を借りるなら!東京のおすすめエリアはどこ?

東京での新生活がはじまるときには、アパートなどの賃貸物件を借りることになるかと思います。そこ...

スポンサーリンク

新婚さんにおすすめ!2LDKとはどんな部屋?

結婚を機に、2人で住むための部屋探しをしているという新婚さんがいるかもしれません。

このように2人で暮らすためには1DK・1LDK・2DK・2LDKと様々な間取りから選ぶことになります。

今回は、使い方にバリエーションの出る2LDKに焦点を当ててみましょう。

2LDKの間取りの部屋は、リビングダイニングキッチン(LDK)と、他に2つの居室のある部屋のことを指します。

この間取りの部屋は、比較的部屋が広く、他の間取りの部屋と比較しても部屋数が多いので、ストレスを感じにくいでしょう。

新婚夫婦とはいえ、「個人の部屋が欲しい」と考えている方には向いている間取りといえます。

また、部屋数が多いことから収納力が高い物件も多いので、2人分の荷物を部屋に入れてもスッキリと収納することができます。

こういったことから、2LDKの部屋は新婚夫婦に人気の間取りとなっています。

新婚夫婦に人気!2LDKの使い方とは?

新婚夫婦に人気となっている2LDKには、どのような使い方ができるのでしょうか。

まずは、LDK以外の居室が和室である場合の使い方を見ていきましょう。

畳を使っている部屋というのは、一点に重さが集中してしまうような家具を置いてしまうと、畳が傷んでしまうことが考えられます。

そのため、そのような家具を置くことはあまりおすすめできません。

また、畳の部屋を寝室として使うことを予定している人の中で「畳の部屋でも、布団ではなくベッドで寝たい」と考えている方もいるでしょう。

畳とベッドでは、一見すると相性が悪いようにも思えてしまいますが、近年では様々なデザインのベッドがありますので、畳でも違和感なく使うことができるものもあります。

この時にベッドを選ぶポイントとしては、フロアベッドのように、床に置いて使うタイプのベッドを選ぶということです。

このようなベッドであれば、重さが分散されるため、畳が傷みにくいのです。

また、2つ居室があるため、1つの居室は寝室として使い、もう一つの居室は趣味の部屋といった使い方もおすすめです。

2LDKの間取りのLDKの使い方は?

先ほどは、新婚夫婦におすすめの2つの居室の使い方についてご紹介しました。

では、2LDKの間取りの部屋で2人で過ごす時間の多いLDKについて見ていきましょう。

LDKの最大の特徴といえば、リビングとダイニングとキッチンが同じ空間にあるということです。

このような空間であると「それぞれを区切っても良いのでは?」と考える方もいるのではないでしょうか。

確かに、のんびりとくつろぐリビングと、食事を摂るダイニング、作るキッチンでは分けている方が生活にメリハリがつくでしょう。

空間を分けたいのであれば、ソファのような家具を使うことをおすすめします。

ダイニングに当たるスペースにソファが背を向けるように配置すると、リビングとダイニングを分けることができます。

あるいは収納家具をこのように使っても問題ないですが、部屋のレイアウトによっては使いにくくなってしまうことが考えられるので注意しましょう。

また、LDKはインテリアを背の低いものに統一することもおすすめです。

このようにすると、視界を遮るものがなくなるので、開放的な空間となります。

新婚で2LDKの部屋に住み始めたけど1部屋余る時の使い方は?

2LDKの部屋に新婚夫婦が住むと、主にLDKと寝室となる居室を使い、1つ部屋が余ってしまうということもあるでしょう。

このように余ってしまった部屋の使い方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

中には、余った部屋を物置部屋として使っているという方もいるようです。

この使い方も決して間違いではありませんが、この他にも使い方があります。

それは、個人スペースとして使えるようにしておくことです。

なぜなら、「新婚だから仲良く2人でずっといられる!」と考える方もいるかもしれませんが、どんなに中の良い夫婦でも、1人になる時間が欲しくなる時があります。

例えば、職場で嫌なことがあり心を落ち着けたい時や、趣味に没頭したい時、夫婦喧嘩をしてしまった時などです。

このような時に1人になれないと、息が詰まってしまうように感じてしまう人もいます。

夫婦喧嘩をした時など特にこのように感じるかもしれません。

余っている部屋を個人スペースとして使うことで、気分を晴らすことができ、落ち着くこともできるでしょう。

余った部屋にはこんな使い方も!

先ほど、「新婚夫婦でも1人になれるように個人スペースとして余った部屋を使う」ということをご紹介しました。

しかし、この他にももちろん別の使い方があります。

ここからはリラックスするための個人スペース以外の使い方を4つご紹介していきましょう。

【仕事部屋】

新婚夫婦の中には在宅で仕事を行っているという方もいるかもしれません。

このような時は、仕事部屋として余っている部屋を使うと便利でしょう。

【客間】

家族や友人など、来客が泊まることが多い方におすすめの使い方です。

普段は、ちょっとしたラグなどを敷いておくと、リラックスできる空間として使うこともできます。

【収納】

先ほども触れたように、余っている部屋を収納として使うのも良いでしょう。

窓もあるため通気性もよく、カビなどの心配も少ないので、ウォークインクローゼットとして使っても良いかもしれません。

【リビングとつなげる】

2LDKでも、部屋によってこの方法ができる場合とできない場合があります。

扉を完全に開けることができる場合には、この方法はおすすめです。

リビングが大きくなるので、大きめのインテリアを置きたい場合にはこのようにしてみても良いでしょう。

新婚夫婦に赤ちゃんが!2LDKで子供部屋を

新婚夫婦が2LDKの部屋で長期間住んでいると、赤ちゃんを迎えることになる場合もあるでしょう。

赤ちゃんが小さなうちは、リビングの一角を赤ちゃんのスペースとして使うと良いかもしれませんが、大きくなってくると、遊ぶためのスペースが必要となってきます。

この遊ぶためのスペースとして、今まで余っていた部屋を使うことをおすすめします。

特にそれが和室であれば、子供が遊ぶ部屋として使い勝手が良いでしょう。

畳はフローリングと比較すると柔らかく、万が一子供が転倒しても怪我をする可能性が低くなるため、子供部屋としての使い方に向いています。

また、余っている部屋を別の用途で使っている場合には、このように子供部屋として使うのが難しいこともあるでしょう。

この場合、リビングの一角に子供のスペースを作ることになります。

赤ちゃんの頃よりも広めのスペースが必要になることが多いです。

床材がフローリングの場合には、子供が怪我をしないようにするためにもジョイントマットを敷くなどの対策を行いましょう。

2LDKの部屋は使い方を確認してみよう

新婚夫婦に人気の間取りとなっている2LDKですが、部屋の使い方については、あらかじめ考えておくと、いざ入居した時に荷物の搬入がしやすいでしょう。

また、入居した後にも、どのように使うかを考えると、部屋を効率よく使えます。

リビングダイニングを含め、どのようにインテリアを配置するかも考えておくと、新生活を快適に過ごせるかもしれません。