一戸建て?マンション?住みやすいのはどちらかを徹底比較

住まいを決めるとき、一戸建てにするかマンションにするかは大きな決断になります。

特徴が異なるため、ライフスタイルなどによってもどちらが住みやすいのかは大きく異なります。

一戸建てとマンションそれぞれのメリットとデメリット、維持費などかかる費用の比較と共に、どちらにするか決め手となるポイントもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築マイホームが完成!引き渡し時のお礼はしたほうが良い?

念願のマイホームが完成し、めでたく引き渡しの日を迎えた際に気になるのがハウスメーカーへのお礼です。...

マンションの広さの平均はどれくらい?広さ別の間取りも紹介

分譲マンション等を選ぶ際、値段とともに気になるのが、「どれくらいの広さがあるか」ということでしょ...

新築の間取りで人気なのは?失敗しないためのポイントとは?

新築の住宅を建てることを考えた時、どのような間取りが良いのか悩んでしまいますよね。これか...

マンションのリフォームはご近所への事前の挨拶が大切!

マンションのリフォームが決まったら、忘れてはいけないのがご近所への挨拶です。今まで、ご近所と...

アパート・マンションで一人暮らし!間取り情報はブログから

賃貸マンションで女性が一人暮らしを始めようと物件探しをするとき、頭に浮かぶのが「間取り」という方...

マイホームを新築したら階段で失敗!?その事例をご紹介!

注文住宅で新築し、実際に住みはじめると、「何でこんな間取りにしてしまったんだろう」と後悔してしま...

マンションの築年数の限界は?売り時・買い時のポイント!

中古マンションを購入するとき、その値段や立地、間取りなども気になりますが、売却時にも関わる築年数...

マンションのクローゼットを使うコツを知って収納上手に!

きれいに整理整頓された部屋であることは、充実した暮らしを送るための重要な要素の一つではないでしょ...

マンションは売るべきか貸すべきか?賢い不動産投資とは

マンションなどの不動産は、利益率の高い投資資産として知られています。初期費用のかかる1棟マン...

賃貸アパートの退去費用!6年間住んだ場合はどうなる?

アパートに長く住んで退去する場合、部屋のクロスなどに傷が目立ったり汚れがひどい時「退去費用はどの...

気になるマンションの耐震性!マンション築年数との関係は?

新築マンションであっても中古マンションであっても、マンションで生活する上で、耐震性は気になるとこ...

アパートの立ち退きをはどうお願いする?老朽化で解体の場合

老朽化したアパートは入居者が減少するだけではなく、安全性上の観点から取り壊しを検討されている方も...

アパートの部屋に壁掛けするには?穴をあけても平気なの?

賃貸アパートに住む場合でも、お部屋をおしゃれに飾りづけしたいものです。ポスターや写真を壁...

新築時に揃える家具・インテリア類どこで買うのがおすすめ?

新築時には、家具やインテリア用品などを新たに購入する方も多いことでしょう。新築の家に新品の家...

一戸建てを買うなら知っておきたい頭金の知識!平均金額は?

自分の収入源を増やすためには、定期預金などに頼るだけではなく、投資をすることが有効です。特に、...

スポンサーリンク

一戸建てをマンションと比較したときのメリット

マンションと比較したときの一戸建てのメリットはまず、音のトラブルが少ないことが挙げられます。

近隣に迷惑となるような大きな音ではない限り、マンションによくある足音や掃除機、音楽などへの苦情はほとんどありません。

また、長く生活をしていると居住人数の変化も考えられます。

そのときに増改築を自由にでき、必要であれば一家族の意思だけで建て替えることも可能なのは一戸建てです。

注文住宅であれば、設計の段階で自分好みの間取りにすることができるのもメリットひとつです。

最近はペットを飼う人も増えていますが、ペット飼育可のマンションが増えているとはいっても、頭数や犬種に制限がある場合がほとんどです。

その点一戸建てならば、好きなようにペットを飼うことができます。

その他の一戸建てのメリットは、マンションと比較すると一般的に専有面積が広いことが挙げられます。

室内だけではなく、土地を生かして庭にしたり、駐車場を広くしたり自由に使えるスペースも広くなります。

以上のことから、一戸建てのメリットは自由度が高いことと言えます。

一戸建てに住むときのデメリット

次に、一戸建てのデメリットを挙げていきます。

一戸建てのデメリットとして、まず防犯面が挙げられます。

セキュリティ性の高いマンションであれば、最初から防犯カメラやオートロックが付いていたり、管理人が常駐しているところなどがあります。

そういったマンションと比較すると、一戸建ては防犯カメラの設置などを自分でやらなくてはならず、手間も費用もかかってしまいます。

マンションは修繕費が余計にかかると思われがちですが、一戸建ても修繕は必要です。

毎月一定の修繕費を払っているマンションとは違い、一戸建ては自分で貯めておかなくてはなりません。

お金が貯められず修繕できないと、建物の寿命が短くなってしまうことも考えられます。

また、庭が付けられることが一戸建てのメリットと先述しましたが、その反面、庭も自分で維持しなくてはならないのはデメリットの一つになります。

放置しておくと雑草だらけになってしまうこともあり、手間がかかります。

以上のことから、一戸建てのデメリットは建物の管理や維持の手間と言えます。

マンションだからこそ!マンションのメリット

一戸建てと比較したときのマンションのメリットは、まずセキュリティ性の高さが挙げられます。

新築マンションでは、オートロックの他に24時間のセキュリティシステムを搭載している物件が増えています。

全てのマンションではありませんが、管理人が常駐しているマンションもあり、セキュリティ面では安心して暮らせます。

続いて、立地条件の良さが挙げられます。

マンションの方が、駅や商業施設に近い便利な場所に建っていることが多いです。

そのような場所の一戸建ては土地代が高くなるため、同じ金額でみれば、マンションの方が利便性が高いと言えます。

また、一戸建てに比べてマンションは、バリアフリーといった点でも優れています。

エレベーターが付いている、室内に階段がないなど、住みやすい物件が多いです。

その他のメリットとしては、バルコニーや専用庭以外の共有スペースの管理を、自分でせずに済むことが挙げられます。

ゴミ置場や駐車場の清掃、共有スペースの電球交換などは管理会社がやってくれるので、手間がかかりません。

以上のことから、マンションに住むメリットは、セキュリティ性と利便性の高さと言えるでしょう。

一戸建てとの比較でわかるマンションのデメリット

続いて、一戸建てと比較したときのマンションのデメリットはどのような部分でしょうか。

まず、駐車場代がかかってしまうことが挙げられます。

一戸建てならば、スペースによっては複数台駐車できることも多々ありますが、マンションは複数台所有すれば、その分駐車場代もかさみます。

駐車場代だけではなく、バイクや原付、自転車にも駐輪代がかかってしまうこともあります。

次に、管理修繕費がかかる点もデメリットの一つです。

前述のとおり、一戸建てもメンテナンスが必要なので、そのためのお金は自分で貯めておかなくてはなりません。

それはデメリットとも言えますが、自分のペースで貯められるので、メリットと捉えることもできます。

一方マンションの管理修繕費は、築年数がたってくると金額が上がってしまうこともあり、支払い総額が当初の予定よりも大幅に増えてしまう可能性があります。

また管理修繕費は、共有スペース部分のためだけの積立なので、専有スペース部分の修繕をするには別途お金がかかります。

さらにデメリットとして、居住人数に変動があったときに、間取りを変えにくいという点があります。

一戸建てとは異なり、大規模なリフォームをするとなると自分の意志だけでは決められず、管理会社や管理人、隣接する部屋の住人の許可が必要になる場合があります。

以上のことから、マンションのデメリットは、別にお金がかかってしまうことと間取りの自由が少ないことと言えます。

一戸建てとマンションにかかる費用を比較

一戸建てとマンションを費用の面から比較すると、どう違うのでしょうか。

購入時にかかる費用、維持費と資産価値を比較していきます。

まず建物そのものの費用は、立地条件などを考えても一戸建ての方が高い傾向があります。

購入時に加入する火災保険も一戸建ての方が高く、マンションにはかからない水道加入負担金も必要になります。

続いて、一戸建てでもマンションでも購入したら必ず課せられる固定資産税はどうでしょうか。

建物の構造や立地条件などにもよりますが、一般的に土地に対する減税措置の方が手厚いため、固定資産税はマンションの方が高くなりがちです。

また、先程もお伝えしましたが、マンションにかかる管理修繕費は新築のうちは安くても、だんだんと金額が上がっていくのが一般的です。

共有スペースで何か修繕した場合、積み立てた修繕費から支払われますが、足りなければ個人負担が出てくることも考えられます。

一戸建ての修繕は全て個人で決められるため、自分で手直しできればコストが抑えられる部分も多々あり、居住期間が長くなるとマンションの方が維持費が高くなります。

さらにマンションは駐車場代もかかるため、一般的に戸建てとマンションの購入費と維持費を比較すると、マンションの方がお金がかかる傾向にあります。

資産価値の点から見てみると、土地の価格は変わらず建物の資産価値が下がってくるため、一戸建ての方が資産価値が高いのが一般的です。

しかし、立地条件が良好なマンションは資産価値があまり下がらない特徴もあり、その場合はマンションの方が資産価値が高くなることもあります。

一戸建てとマンション、どちらに向いているかを比較!

一戸建てとマンションを比較してきましたが、住みたい場所や居住スペース、ライフスタイルによってもどちらが向くかは変わってきます。

そこで、一戸建てとマンションに向くのはそれぞれどのようなタイプなのかをみていきます。

まずは、どのくらいの期間そこで暮らしたいのかによって変わります。

長く居住したい場合は一戸建て、10年ほどで引っ越しや売却の予定がある場合はマンションの方が向きます。

管理費を払っても、建物や外回りの管理を自分ですることを避けたいのであればマンション、管理修繕費の用途を自分で決めたいのであれば一戸建てです。

立地条件など利便性にこだわるならば、マンションの方が希望の物件が見つかりやすいでしょう。

居住中に家族が増える予定があれば、一戸建ての方がリフォームなどもしやすく融通がききます。

以上のことから、一戸建てもマンションもそれぞれメリットもデメリットもあることがわかります。

比較して、一概にどちらがいいとは言い切れません。

自分の、現在と将来のライフスタイルに合うポイントを見つけることが重要です。

一戸建てもマンションも一長一短

一戸建てとマンションそれぞれのメリットデメリットをご紹介してきましたが、どちらも一長一短です。

どのような点を重視していきたいのか、費用をかけてもいいと思うのはどこの部分なのかを明確にすると決めやすくなります。

また、居住人数の変動の可能性など、将来的なことを視野に入れておくことも後悔しないポイントです。

自分のライフスタイルに合う住まいで、快適な生活を送ってください。