おしゃれなモルタル玄関!そのメリットとデメリットとは?

おしゃれな家で最近よくみかけるモルタル床の玄関。

スタイリッシュで憧れますよね。

しかし、モルタルを使うことについてメリットはもちろん、デメリットもあるのです。

それでは、モルタル床についてくわしくせまっていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸の1LDKを海外風のインテリア術でコーディネートしよう

1LDKは、賃貸のアパートやマンションに多い間取りです。そこに住み慣れてくると、部屋の雰囲気...

木造住宅の柱を見直そう!構造上の間隔を上手に活かす方法

木造住宅に限らず、家にとって柱は重要な骨組みです。一定の間隔で柱を建てることで、安定した建物...

2LDKで子育て!名古屋市にある賃貸の家賃相場はどのくらい?

縁もゆかりもない土地で、家族と新生活をスタートさせるのは勇気がいることです。しかし、名古...

鉄骨造は耐火被覆で耐火建築物に!防火地域の仕様規定に注意

マイホームを建てるとき、地域によっては建物を「耐火建築物」にしなければない仕様規定がありますが、...

小中規模向きの軽量鉄骨アパートは費用と耐用年数がポイント

小中規模アパートを経営をするときに、どのような構造の物件が良いのか、分からないという方も多いと思...

鉄骨造の柱には耐火被覆工事が必要!その工法例や特徴とは?

建物が鉄骨造の場合、柱や梁に「耐火被覆(たいかひふく)工事」を行なう必要があります。そこで、...

一軒家を建てて一人暮らし!注文住宅なら間取りを選べる

「落ち着いた環境で一人暮らしがしたい」「DIYでオンリーワンのマイホームを造り上げたい」という夢...

2DKの物件を東京で探したい!家賃の安い物件を探すには?

東京で暮らすことを考えたとき、「家賃の安い物件に住みたい」と多くの方が考えることでしょう。...

トラブルを防ぐために…木造家屋の防音性能を考える

木造の家は日本の風土によく合い、落ち着く空間での暮らしを実現することができます。木造のニ...

新築の一軒家を建てるなら間取りは重要!人気のあるスタイル

新しく一軒家を建てる際には、選んで決めることが数多くあります。なかでも、家族とよく話し合い、...

駐車場が狭いと不便!新築の際は駐車場スペースを考慮しよう

これから新築を予定している方は、駐車場にどれくらいのスペースを確保していますか。都内であれば...

2LDKのインテリアはどうする?家具の選び方や賃貸でのDIY術

2LDKは、一人暮らし・カップル・家族とどのような構成でも住むことのできる間取りです。比...

1LDKの間取りをご紹介!理想的な暮らしができるパターンは?

ワンルームや1Kでの一人暮らしが手狭に感じている方や、これから二人暮らしを始めたい方は、1LDK...

モルタルはセメントと砂を混ぜて作る!職人の作り方と活用法

diyの経験が無く、モルタルに塗りたいところがあるけれど、できるか不安で躊躇している方もいるかもし...

念願のマイホーム!間取りで後悔してしまったケースとは?

念願のマイホームに住み始めて、「あれ?こんなはずじゃなかったのに」と後悔してしまうケースを時々耳...

スポンサーリンク

モルタルとは?

おしゃれなお宅でよくみかけるモルタル床ですが、玄関だけではなく、キッチンなどの室内でも使われることが多くなってきています。

そのモルタル、具体的にどのようなものなのかご存知でしょうか。

モルタルはコンクリートと一緒にされがちですが、両者には違いがあります。

モルタルはセメント・砂・水を混ぜてつくるもののことをいいます。

コンクリートは、セメント・砂・水に、砂利が加わったもののことをいうのです。

そのため、モルタルは砂利が入っていないので表面を滑らかに仕上げることができます。

また、セメントは砂利が入っているため頑丈なので、道路などハードに使われるところに活用されます。

当記事ではこのモルタルに焦点を当ててお話をしていきます。

最近、玄関土間にもよく使われるモルタルですが、実はメリットだけではなくデメリットもあるのです。

それでは、次項からお話をしていきましょう。

モルタルのメリットとデメリット!①

新築だけではなく、中古住宅のリフォームでも玄関によく使われる人気のモルタルですが、玄関だけではなく、他の場所でも使われることが多くなってきています。

しかし、モルタルにはメリットとデメリットがあります。

そのメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。

それでは、いくつかの間取りパターンに分けてご説明します。

【玄関土間にモルタル】

住宅でモルタルを使う、一番多いパターンですね。

広い玄関土間は、外から帰ってきて自転車やベビーカー、アウトドア用品などをそのまま収納できるというものですね。

地震などの災害に備えて、防災グッズを置いておくという方も多いです。

床面がモルタルなので、土や泥で多少汚れても掃除がしやすいのがメリットでもあります。

しかし、当然デメリットもあります。

収納がいろいろできるといっても、あくまでもそこは玄関です。

なんでもかんでも収納していたら、雑多な印象になってしまう可能性があるのです。

玄関は家の中でも一番人目につきやすい場所なので、なるべく整理しておく必要があるでしょう。

モルタルのメリットとデメリット!②

引き続き、モルタルのメリットとデメリットについてお話をしていきましょう。

【キッチン床にモルタル】

室内にモルタルとは意外かもしれませんが、ここ最近人気でもあります。

キッチンは、水はねや油はねがどうしてもしてしまいますよね。

もしも、キッチン床が無垢の木を使ったフローリングである場合、あっという間にシミになってしまいます。

しかし、モルタルであればやはり掃除が容易なのです。

また、キッチンからパントリーにかけての床をすべてモルタルにした場合、ジャガイモやゴボウなどの泥がついた野菜をそのまま置いておくことができます。

もちろん、泥で汚れても簡単に掃除できるからですね。

ただし、モルタル床にすることで、反対にキッチンに土埃が入ってきやすくもなります。

そのため、まめな掃除が必要となるのがデメリットといえるでしょう。

【リビング続きにモルタル】

この間取りも見かけることがありますが、リビングの一部をモルタルにしてしまう間取りです。

そうすると、モルタルのところに薪ストーブを置いたり、室内にいながらDIYなどの趣味を楽しむことができるのです。

リビングの一部がモルタルで、その先に庭があるような間取りであれば気軽に外に出やすく、庭でのBBQなどにも最適です。

ただし、リビングとモルタルの境目には段差がどうしても生じてしまいます。

小さなお子さんや高齢者の方がいる場合は、足元に注意をする必要があります。

玄関土間、キッチン、リビングにモルタルを使用する場合のメリットとデメリットは以上のことが挙げられます。

新築やリフォームでモルタル使用を検討されている方は、参考にしてみてくださいね。

玄関土間にモルタルは寒い?

一般的に、玄関土間にモルタルを使うと「寒い」というイメージがあるのではないでしょうか。

寒い時期、コンクリートやモルタルを触るとひやっとした感覚がありますよね。

その理由は、モルタルの熱伝導率が高いためです。

冷たいモルタルに触ると、そこから体温が奪われてしまうので寒く感じるのです。

しかし、どうしてもモルタルを使いたいという方もいらっしゃることでしょう。

そのような方には、「床暖房」がおすすめです。

意外と思われるかもしれませんが、モルタル床を床暖房にすることが可能なのです。

先ほどもご説明したとおりモルタルは熱伝導率が高いので、一旦温まるとしばらく温かいです。

つまり、効率的に床を温められるということですね。

モルタルのイメージとして、「見た目がおしゃれだけど、寒いのがデメリットだな…」と感じている方も多いでしょうが、工夫次第で快適な場所にすることができるのです。

デメリットの一つ!玄関のモルタル仕上げはクラックに注意

家の顔となる玄関がモルタル仕上げだと、一気におしゃれな家に感じますよね。

しかし、そのモルタルですが寒いということ以外にもデメリットがあるのです。

それはずばり、「クラック」です。

クラックとはつまり、ひび割れのことですね。

モルタルは見た目がおしゃれですが、時間とともにクラックが入ってしまうことがデメリットでもあるのです。

もちろん、それが味になるからとお思いになる方はいいでしょう。

しかし、どうしてもクラックが気になってしまうのであれば、モルタル仕上げの玄関はおすすめできません。

ただし、「どうしてもモルタルがいいけど、クラックはちょっと…」という方には、クラック起こらないようにするために目地を入れる方法もあります。

しかし、目地が入ってしまうと雰囲気が変わってしまいます。

モルタルの一面滑らかな感じがお好みであれば、なかなか悩ましいところではありますね。

玄関はタイルの方がいい?

当記事に目を通して下さっている方の中には、これから新築やリフォームを検討されているという方で玄関をモルタルにするべきかタイルにするべきかを迷っているという方がいらっしゃるのではと思います。

そこで、玄関はモルタルがいいのかタイルがいいのか、お話をしていきましょう。

まず、モルタルに関してはこれまでご説明してきたとおりです。

タイルに関してですが、タイルはたくさんの種類から選ぶことができます。

ですから、家の雰囲気にピッタリのタイルを探すことが可能です。

しかし、モルタルであればグレーで無機質な雰囲気です。

かわいらしいデザインのお宅にはあまりそぐわないなど、家のデザインに左右されるものでもあります。

また、モルタルはタイルよりコストが安くすむので、人によっては安っぽいと感じることもあります。

特にモルタルにこだわりがあるということでなければ、タイルの方が選択肢があっておすすめかもしれません。

ただし、タイルにするならばそれなりのコストがかかることがデメリットですので、見た目なのか、コストなのか重点を置く場所を決めて玄関の床材を決めるようにしてくださいね。

モルタルにはメリットとデメリットがある

モルタル床は、見た目がスタイリッシュでおしゃれですよね。

また、汚れても掃除がしやすく、コストを安く抑えることもできるという嬉しいメリットがあります。

しかし、その反面、熱伝導率が高いことやクラックが入りやすいなどのデメリットがあることも事実です。

家の資材に取り入れる際は、モルタルのメリットとデメリットをしっかりと事前に把握するようにしてくださいね。