おしゃれな新築にするには外壁が重要!人気のある外壁は何?

おしゃれな新築にするには、外観の見た目のよさは欠かすことはできません。

「外観の見た目のよさ」を考えると、外構や窓、ドアなどのデザインが思い浮かびますが、やはり「外壁」のデザインでその家の印象は左右されると言っても過言ではないでしょう。

では、人気のある外壁はどのようなものなのでしょうか。

さっそくご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ファミリー向けマンションに多い中和室!使い方の例をご紹介

ファミリー向けのマンションの間取りの中に、「中和室」と呼ばれる部屋がある物件もあります。では...

マンションの管理組合とは?理事会役員の役割を知っておこう

マイホームとして分譲マンションの購入を検討している方は、「管理組合」という言葉を耳にしたことがあ...

マンションにロフトを!リフォーム具体例からプランを練ろう

お住まいのマンション、広さは足りていますか?マンションは一戸建てとは違い、自由に増築すること...

アパートの壁紙に傷や汚れが!原状回復の対象になるケース

アパートを退去する際は、原状回復を求められます。特に壁紙というものは、汚れや傷がつきやす...

マンションでピアノを弾きたい!どんな防音対策がある?

ピアノは、子供の習い事として長年人気がありますよね。大人になっても趣味として続けられますし、...

不在時でも受け取り可能!マンションの宅配ボックスの使い方

近年多くのマンションに導入されている、宅配ボックス。不在時であっても、荷物を受け取ることがで...

一戸建てとアパートどっちが得?メリット・デメリットを比較

住宅について悩んだことのある方は、一度は「一戸建てとアパートはどっちが得か」について考えたことが...

マンションで起こりがちなトラブルとは?事例と相談窓口

マンションには、多くの人が住んでいます。そのため、住人の間で起こってしまうトラブルが多く...

マンションの築年数の限界は?売り時・買い時のポイント!

中古マンションを購入するとき、その値段や立地、間取りなども気になりますが、売却時にも関わる築年数...

新築ならぜひ取り入れてほしい!おすすめ設備のご紹介!

新築には、どのような設備を付けたらいいのでしょうか。新築の家を建てるとき、外装や内装、間取り...

アパートの入居日を変更はできるの?早めに入居したい時は?

新生活を始めるために、新しいアパートを探している方も多いでしょう。しかし、何らかの理由か...

高さによって決まる!マンションのエレベーターの設置基準

賃貸物件を探している方のなかには、アパートではなくマンションを希望する方もいるかと思います。...

マンションを購入して賃貸に!失敗しない賃貸運営のコツは?

不動産投資と考えた時に、賃貸マンションの運営を思い浮かべる人もいるでしょう。誰にでも住む場所...

憧れのマイホーム!新築か中古一戸建てを東京で購入したい!

一戸建てとなると、土地と家の購入となりますから、高価な買い物になりますね。特に、東京都内...

マンションフローリングの張り替え!知っておくと役立つこと

マンションを購入して年月が流れ、フローリングの傷や汚れが目立つようになると考えるのが「フローリン...

スポンサーリンク

外壁にはどんな種類がある?

新築する際は間取りや内装などにこだわる方も多いでしょうが、外からの見た目を重視するのであれば、どのような外壁にするかは重要なことです。

それではまず、外壁材にはどのような種類があるかをみていきましょう。

●サイディング

金属などの素材を板状にしたもの

●タイル

粘土などの素材を高温で熱して固めたもの

●塗り壁

モルタルや土などの素材を塗りつけるもの

一般住宅の外壁の素材は、基本的にこの三つであることが多いです。

他にはALCという気泡コンクリートを使用した外壁材もありますが、限られたハウスメーカーでしか取り扱いがないため、ここでは触れておりませんのでご了承ください。

上記三つ、どの外壁材も人気ではあるものの、それぞれメリット・デメリットがあります。

それでは、一つずつ具体的にご説明していきます。

新築の外壁選びでは根強い人気!「サイディング」

新築の外壁選びはデザインや予算との兼ね合いでなかなか悩ましいものですが、根強い人気があるのが「サイディング」です。

サイディングには、大きく分けて四つの種類があります。

①窯業系サイディング

セメント質のものと繊維質を混ぜ合わせてつくられています。

近年使用されているサイディングは、この窯業系であることが多いです。

デザインが豊富なので、選択肢が広いことがメリットです。

さらに、性質上火災にも強いので、防災面から見ても人気があります。

また、汚れがつきにくいタイプのものもつくられていますので、メンテナンスに関してもメリットのある素材です。

②金属系サイディング

ステンレスやガルバリウム、アルミニウムなどを使用しているのが金属系サイディングです。

金属でつくられているので、窯業系サイディングと比較すると、さらにメンテナンスの手間がかからないのが特長です。

また、金属であることから水にも強いです。

金属でできていることから冷たい雰囲気に感じてしまうかもしれませんが、それを逆手に取ると、スタイリッシュで雰囲気のある新築になるのではないでしょうか。

近年では、金属系サイディングでもレンガ風やタイル風のものもありますので、選択肢は広がっています。

外壁材で根強い人気のサイディングは種類豊富!

前の項では窯業系サイディングと金属系サイディングをご紹介しましたが、サイディングには他にも種類があります。

③樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは劣化がしにくい性質のため、凍害などにも強いのが特長です。

また、窯業系サイディングと比べるとその重量は約1/10なので、家自体の負担を軽減することができます。

ただし、その軽さや薄さにより、他のサイディングと比較すると遮音性は劣ってしまうのがデメリットかもしれません。

④木質系サイディング

無垢材を使用した外壁材が、木質系サイディングです。

見た目にこだわって新築を建てたい方に人気のサイディングです。

天然の木材を使用しているので、木材自体に濃淡があることから、外壁にも表情が生まれます。

木を使うことで、家が優しい雰囲気にもなります。

また、耐熱性に優れているのも特長の一つです。

しかし、木材であることから水に弱いことがデメリットでもあります。

そのため、定期的にメンテナンスが必要にもなります。

さらに、無垢材を使用していることでコストが高くなるのがデメリットでしょう。

高級感ある新築にしたいなら「タイル」!

外壁材に高級感を出したいということであれば、タイルがおすすめです。

タイル張りにすると、外壁に重厚感が出ます。

タイルは粘土などの素材を高温で熱してつくられているので、傷がつきにくく耐久性が高いのが特長の一つでもあります。

そのことから、メンテナンスもそれほど必要としないので、ランニングコストや手間がそんなにかかりません。

ただし、タイルは価格が高いので、新築時は他の外壁材と比較してコストがよりかかってしまうのがデメリットとも言えます。

さらに、タイルの施工は職人によって、その完成度に違いが出てしまいやすいものでもあります。

場合によっては、タイルが剥がれてきてしまったというケースもあるようです。

そうすると、そのタイルの貼り直しによってムダな出費がかさんでしまうことも考えられます。

タイル張りの外壁は高級感があるので人気ですが、メリット・デメリットを把握したうえで採用したいものです。

雰囲気のある新築にしたい人に人気!「塗り壁」

外壁はその家の印象を大きく左右するものでもありますが、より雰囲気のある外壁にしたい人に人気なのが「塗り壁」です。

「新築するなら塗り壁!」とこだわりを持っている方も多いようです。

塗り壁は、土やセメントを水などと混ぜ合わせたものを塗りつけていくものです。

職人によって手塗りされていくので、その質感が人気の理由の一つでしょう。

また、塗り壁にはサイディングやタイルにはある「継ぎ目」がありません。

継ぎ目がないことで、より美しい見た目となります。

カラーバリエーションが豊富なのも特長です。

しかし、塗り壁はひび割れが起こりやすく、汚れも目立ちやすいというのが難点でもあります。

そのため、メンテナンスも定期的に必要になるので、ランニングコストも多少かかってしまうことを念頭に置いておねばならないでしょう。

外壁材はどう選ぶ?

ここまで、「サイディング」「タイル」「塗り壁」をご紹介してきました。

どの外壁材にもメリットやデメリットがありますが、新築の際、結局はどのように外壁材を選ぶといいのでしょうか。

家の印象を左右する外壁にはこだわりたいという方には、タイルや塗り壁が人気です。

しかし、見た目も気になるものの、外壁にそこまでコストをかけられないというのであればサイディングがおすすめでしょう。

つまり、自分たちが何を一番に優先したいのかで外壁材を決めるということです。

いくら外壁にこだわりたくても、費用面で無理があればそこまでコストをかけることはできません。

反対に、内装を少しランクダウンしてでも外壁材にこだわりたいということもあるでしょう。

それぞれのお宅で事情は異なりますので、それぞれの外壁材のメリット・デメリットを検討したうえで選択することをおすすめします。

また、ハウスメーカーによってどの外壁材が標準仕様になっているかが異なります。

場合によっては希望の外壁材がオプションになることも十分に考えられますので、事前に確認をとっておくようにしましょう。

見た目の希望と費用面を兼ね備えた外壁に!

ここでご紹介してきたように、外壁にはいくつかの種類がありますが、見た目の希望と費用面をクリアした外壁材がおすすめです。

サイディングもタイルも塗り壁もそれぞれ人気の外壁材ではありますが、どの点を重視するかをよく検討して外壁材を決めるようにしましょう。

新築する際は決めることがたくさんあって大変ですが、外壁は家の印象を大きく左右するものですから、楽しみながら納得のいく結果になりますことを願っております。