新築のカーテンに失敗しない!おすすめの選び方をご紹介!

家を新築したときに失敗した点で挙げられるもののひとつが「カーテン」です。

まだ家を建てたことがない方からしたら、カーテンのどんなことで失敗するのかわからないかと思います。

そこでこの記事では、新築時のカーテン選びで起きた失敗例と、失敗しにくいおすすめの選び方についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築マイホームに太陽光はつけるべき?デメリットはあるの?

マイホームの新築を検討されている方のなかには、太陽光パネルを一緒につけるべきか悩む方もいるかと思...

一戸建ては注文住宅で新築?それとも建売を購入?利点を比較

マイホームを検討されている場合、一戸建てを注文住宅で新築するのと、建売住宅を購入するのと、どちら...

住人の過失?設備の劣化?マンションで水漏れが起こる原因

多くのマンションは鉄筋コンクリートでできているため、気密性が高く、水漏れとは無縁の建物だと考えて...

新築ブログに書かれている後悔には何が多いのか確認しよう

自宅を注文住宅にした人は、建築している最中のことをブログで書いていることがよくあります。こだ...

今住宅を購入して大丈夫?タイミングを見極めるポイント

近々マイホームを購入しようと検討している方もいるかと思います。しかし何の計画や考えなしで購入...

マンションのトランクルームの種類とは?収納などの注意点

マンションの中には、トランクルームが付いている物件もあります。トランクルームがあれば、収納す...

新築なのに結露するのは欠陥!?考えられる結露の原因とは?

念願の一戸建てが完成し、入居したときに「結露で窓がびしゃびしゃ…」なんてことになっていたら、本当...

【新築マイホーム】家具・家電の予算はどのくらい見積もる?

新築ホヤホヤのマイホームなら、家具や家電も新品にして新たなスタートを切りたいと考える方が多いと思...

アパートで保証会社の審査に緊急連絡先は必須!ない場合は?

賃貸アパート・マンションの契約時に、保証会社が審査を行いますが、緊急連絡先は必須項目です。では...

一戸建ての住み心地のいい間取りとは?人気の間取りをご紹介

家づくりが始まると、一番最初に悩むのが間取りかもしれませんね。どのような間取りが住み心地がい...

一戸建て分譲住宅の魅力とは?購入時の流れと注意点もご紹介

近年マイホームとして一戸建てを購入する手段として、「分譲住宅」を選ぶご家庭も増えてきています。...

新築建売住宅は購入後も何かとお金が!網戸等の値段はいくら

注文住宅よりも安く家を購入できることが魅力の建売住宅。多くの方が新築建売住宅を購入しています...

新築時の引っ越しにはお金がかかる!?費用はどれくらい?

待ちに待ったマイホームが完成した後に、待ち受けている大仕事が引っ越しです。引っ越しは荷物の梱...

マンションに引越してテレビを設置する時にアンテナは必要?

「引越先のマンションにテレビを設置したが映らななかった」となると困りますね。テレビを見る...

マンションの購入には火災保険がつきもの!その必要性とは?

マンションの購入で住宅ローンを組む際、その条件として求められるのが「火災保険への加入」です。...

スポンサーリンク

新築ではカーテン選びに失敗することも…

家を新築すれば、家具家電を何にするか、レイアウトはどうするかなども部屋ごとに決めていくことになるでしょう。

お部屋をどんなインテリアにするか考えるのも楽しみでしょうが、そのときはカーテンも一緒に決めなくてはなりません。

意外と新築時のカーテン選びに失敗している方は多くいます。

では、実際にどんな失敗例があるかをここでざっとご紹介していきましょう。

・量販店で安価なカーテンを購入したが、お部屋が安っぽい印象になってしまった

・カーテンレールが付いていないときに窓のサイズを測ってカーテンを購入したら、サイズが合っていなかった
・見た目を重視しすぎて、カーテンの機能性まで考えていなかった

・ハウスメーカーのアドバイスに従い、カーテンを専門家にコーディネートしてもらったらかなり高額だった

というような失敗例が挙げられます。

人によって「失敗」と感じる部分は違いますから、これ以外にもカーテンに失敗と感じた例はあることでしょう。

しかしせっかくの新築ですから、ほとんどの部屋にあるカーテンに失敗はしたくないかと思います。

次の項では、新築時のカーテンに失敗しにくいおすすめの選び方についてお話ししますので、ぜひ参考にみてみてください。

新築時におすすめのカーテンの選び方!機能を考える

それではここから、新築時におすすめのカーテンの選び方についてお伝えしていきましょう。

一番はお部屋のテイストにあったカーテンを選ぶことではありますが、新築直後ではなかなか考えるのが難しいかもしれません。

そんなときには、まずは新築の立地や窓の向きなどから、カーテンに必要な機能を考えます。

カーテンにおける大切な機能は、以下のようなものが挙げられます。

・遮熱
・遮光
・遮音
・UVカット
・遮像
・防災
・ウォッシャブル

西日が強そうであるなら遮光機能がついたカーテンを、また紫外線による家具やフローリング等の日焼けを防ぎたいのであればUVカット機能がついたカーテンを選びましょう。

もし外からお家の中を見られたくない場合は、遮像のカーテンをつけることをおすすめします。

部屋の中にまだ何もない状態ですと、どんな機能が必要かイメージがつきにくい部分でもあるかと思いますが、ここで可能な限りイメージをふくらますことが、カーテンに失敗しにくくなるポイントといえるでしょう。

機能を考えた後はカラーやデザインを考えよう!

新築のカーテンに必要といえる機能を考えた後は、カーテンのカラーやデザインを決めます。

カーテンのカラーやデザインによって、そのお部屋の印象は大きく変わります。

そのため、自分がどんなテイストのお部屋にしたいかを考えて、カーテンの色味を決めると良いでしょう。

それでももし、カーテンのカラーに悩んでしまったときは、配置する家具の色味に合ったカラーを選ぶことがおすすめです。

床にラグを敷く場合は、そのラグの色味に近いカーテンを選んでみても良いですね。

お部屋の中に配置するものの色味に統一感があると、お部屋がより一層おしゃれに見え、空間の広がりを演出できることもあります。

万が一、まだ配置する家具やラグを決めていない場合は、フローリングの色味に合ったカラーのカーテンを選んでみてください。

例えば濃いブラウンのフローリングであれば、お部屋が重い印象にならないように、パステルイエローやパステルピンクのカーテンを選ぶのがおすすめです。

薄いブラウンのフローリングであれば、グリーン系のカーテンを選べばナチュラルで落ち着いた印象に、オレンジ系なら温かみのある印象のお部屋になるでしょう。

このように、カーテンのカラー次第でお部屋の印象も変わりますので、カーテンを選ぶうえで、特にカラーは重要なポイントといえそうです。

新築のカーテンを選ぶ前にはサイズを要チェック!

必要といえるカーテンの機能やカラーを決めてカーテンを購入する前には、必ずサイズの確認をしておきましょう。

サイズが合っていないと、幅や丈が短い場合はそのすき間から光が入ってくるでしょうし、長い場合は床に引きずり見た目が悪くなってしまうことも考えられます。

そうならないためにも、お部屋の窓にぴったりのサイズのカーテンを選べるように測っておきましょう。

まず、カーテンの幅は、窓の幅を測るのではなくカーテンレールの幅を測ります。

具体的には、カーテンレールの両端にある固定されたフックの幅を測るのです。

見栄えの良いカーテンの幅は、左右に全体の長さの3~5%くらい出ている状態だとされていますので、先ほど測った長さに「×1.03」と「×1.05」をそれぞれ計算してください。

例えば、カーテンレールの端から端までの長さが300cmだとしたら、

・300×1.03=309
・300×1.05=315

となりますので、見栄えの良いカーテンの幅は「309~315cm」となるのです。

つぎに、カーテンの丈のサイズを測ります。

こちらも窓ではなく、カーテンレールのフックから測りますが、窓の種類によって測る長さが変わります。

掃き出し窓の場合は、床にぴったりの長さよりも少し短いほうが見た目が良いとされていますので、床から1~2cmほど上までの長さを測ることがおすすめです。

また、腰高窓の場合はカーテンの長さが短いと、カーテンの機能が発揮されにくくなってしまい、且つ見た目もいまいちなことが多いです。

そのため、腰高窓であれば、窓枠下から10~20cmほど長くすると良いでしょう。

新築時ではカラーやデザインに目がいってしまいやすいですが、サイズも重要なポイントですので、購入前にはカーテンのサイズもチェックしておきましょう。

リビングならどんな色味のカーテンがおすすめ?

失敗しにくいカーテンの選び方についてお伝えしてきましたので、ここでは新築した家の目玉ともいえる「リビング」におすすめのカーテンをご紹介していきましょう。

リビングは、家族が長い時間過ごす部屋でもありますし、来客をもてなす部屋でもありますね。

ですから、家族の好みだけを考慮するのではなく、ゲストも落ち着けるような色味のカーテンを選ぶのが、リビングでは理想といえます。

ではどんな色味のカーテンを選ぶのが良いのでしょうか。

おすすめは、「アースカラー」です。

アースカラーとは、木や植物など自然物をイメージしたような色味をいいます。

例えば、ベージュやカーキ、ブラウン系、海を感じさせるようなブルー系です。

これらの色に囲まれると、人は心が落ち着きやすいといわれています。

ですから、多くの人が過ごすことになるリビングのカーテンには、このアースカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、お話ししてきたカーテンの機能やサイズの考慮も忘れずにしてくださいね。

小窓にもカーテンを!おすすめはどんなカーテン?

近年では、採光のために小窓をつける新築住宅が増えてきています。

小窓の形も縦長や横長、正方形などさまざまあり、設置場所もリビングダイニングやキッチン、階段などと住宅によって違いがあります。

小窓が並んでいたりすると外観もおしゃれな感じに見えますが、いざ住んでみると、小窓からの光や視線が気になってしまうこともあるようなのです。

そんなとき、小窓にもカーテンをつけようと考えるでしょうが、どんなカーテンを付けたらいいか悩む方もいるでしょう。

もし、小窓が連続して並んでいる場合は、シェードやロールスクリーンをつけることをおすすめします。

各小窓に1つずつつけるのではなく、1つのシェードやロールスクリーンでまとめてつけましょう。

そうすれば開け閉めも楽にできますので、光がほしいときはすぐに開けることができますよ。

1つの小窓が独立しているときは、カフェカーテンがいいですね。

近年では300円均一ショップなどでも取り扱っていて、安価に購入することが可能です。

柄も豊富で、新築住宅の雰囲気に合ったデザインのカーテンを選ぶことができるでしょう。

また、小窓のカーテンのカラーは、お部屋のテイストに合ったカラーを選ぶようにしましょう。

もしお部屋が白で統一されている場合は、小窓のカーテンにアクセントカラーを取り入れてみてもいいですね。

ぜひ、カーテン選びの参考にしてみてください。

新築のカーテン選びは入念に!

新築後に失敗したと感じる部分のひとつに、カーテンも挙げられます。

見た目があまりよくなかったり、サイズが違っていたりと失敗例はさまざまです。

この記事ではそんなカーテンに失敗しにくくなる選び方についてお話をし、特に多くの人が過ごすことになるリビングにおすすめのカラーのご紹介もしましたので、カーテンに悩まれた際の参考にしてみてくださいね。