新築住宅の収納に後悔しない!そのためのアイディアをご紹介

注文住宅で家を新築した方の中には、「こうすれば良かった」などと後悔する方が多くいます。

新築の家で後悔する理由の中で多いもののひとつには、「収納」が挙げられます。

では、収納で後悔した方は、どんな点に後悔しているのでしょうか?

この記事でそれについてお話をし、また、これから家を新築する方に向けて、住んでから後悔しないための収納のアイディアをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの騒音で夜も眠れない!どうすればいい?

アパートで快適に暮らせるかどうかは、お部屋の条件にもよりますが、隣人との相性にも左右されます。...

中古一戸建てを購入するための見落としやすい注意点をご紹介

中古一戸建ての購入前は、「リフォームする時の費用は?」「将来のメンテナンス費用は?」「見えない部...

新築時の引っ越しにはお金がかかる!?費用はどれくらい?

待ちに待ったマイホームが完成した後に、待ち受けている大仕事が引っ越しです。引っ越しは荷物の梱...

アパート一階のベランダで視線が気になる!目隠し対策を紹介

アパートの一階部分のベランダは、通行人からの視線が気になりますよね。そのため、「ベランダに洗...

アパートの契約締結時に重要な書類の契約書!郵送で大丈夫?

賃貸アパートを契約するとき、通常なら借主が不動産会社に出向いて契約を取り交わすのが一般的でしょう...

新築なのに結露するのは欠陥!?考えられる結露の原因とは?

念願の一戸建てが完成し、入居したときに「結露で窓がびしゃびしゃ…」なんてことになっていたら、本当...

快適な1人暮らし!1LDKの賃貸マンションは新築がおすすめ!

賃貸アパートでの1人暮らしの経験が長く、ある程度社会経験も積んでいれば、そろそろ住まいを賃貸マン...

アパートが水漏れ!この時の修繕費用は大家さん負担になる?

賃貸アパートに入居していて、ある時、借りている部屋が水漏れしていることに気づいた経験のある方もい...

アパートの駐車場は2台目トラブル多発!回避・解決方法は?

アパートの駐車場では、トラブルがよく起こります。しかし、そのトラブルは、車上荒らしや、車をこ...

アパートの壁からも音は伝わる!防音効果を高める方法とは?

賃貸アパートに住みはじめると、隣室などから音が漏れ出してくることもあるでしょう。このとき、多...

家を建てる人必見!ブログを参考にローコストな家づくり

今、アパートなどの賃貸物件に住んでいるご家庭の中には、家を建てるか悩んでいる方もいるのではないで...

新築時に重要なカーテン選び!失敗せず長く使うためには?

あこがれの新築に住むとなると心もはずむことでしょう。その新築では、カーテンについても考えなく...

対処法はある?マンションにおける困った駐車場トラブル!

マンションなどの集合住宅に暮らしていると、トラブルに巻き込まれることがあります。騒音、ゴミ出...

マンションにオプションはつけるべき?玄関に鏡はあり?

マンションを購入したとき、悩む問題のひとつには「オプションをつけるべきか」ということも挙げられる...

一戸建ては注文住宅で新築?それとも建売を購入?利点を比較

マイホームを検討されている場合、一戸建てを注文住宅で新築するのと、建売住宅を購入するのと、どちら...

スポンサーリンク

家を新築した方はどんな点で収納に後悔する?

家を新築すると、多くの方がさまざまな理由で後悔をしています。

その中の理由のひとつには、「収納」が挙げられます。

では、収納のどんな点に後悔をしてしまうのでしょうか。

多く挙げられるのが、「収納スペースが少ない点」です。

単に収納スペースをあまり設けなかったということもありますが、その中でもよくあることが、「1階の収納スペースの少なさ」です。

1階には、リビング・キッチン・ダイニング・お風呂・洗面・トイレを配置することがほとんどで、これらを配置するだけで、1階スペースの大半は埋まってしまいます。

そのため、1階に広さのある収納スペースを造ることが難しい場合が多いといえるでしょう。

こういったことにより、収納スペースの少なさに後悔したと感じている方がいるようです。

また、人それぞれ洋服や靴などの荷物の量は違いますが、ご家庭の荷物の量が収まる収納スペースでない点でも後悔につながります。

大きな収納スペースを一つ設けたとしても、荷物ごとにどの部屋に収納するかも違いますから、部屋によっては収納の少なさを感じる場合もあるでしょう。

そこで、これから新築する方が収納に後悔しないように、この記事では荷物が集中しやすい玄関やリビング、キッチンにおすすめの収納アイディアをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

新築で後悔しにくい収納にするためのポイント!

新築におすすめの収納のアイディアをご紹介する前に、新築で収納に後悔しにくくなるポイントもご紹介しましょう。

そのポイントとは、ご家庭の荷物の量と、新築のお家の収納率を把握することです。

先ほども触れましたが、ご家庭の荷物の量が収まる収納スペースを確保しないと、新築のお家で収納に後悔することもあるかもしれません。

後悔しにくい収納にするためには、まずは自分と配偶者、子どもたちの荷物の量がどのくらいあるかを、ある程度把握しておくことが重要です。

また、新築のお家の収納率も確認しておくことをおすすめします。

収納率は、お家の面積に対する収納スペースの割合をいいます。

一般的には、収納スペースの中に十分に収容するには、収納率が10%以上あると良いといわれています。

しかし、多くの既存住宅は6~7%ほどの収納率のため、多くの方が収納の少なさを感じてしまうようです。

ですから、新築で極力収納に後悔しないためには、ご家庭の荷物の量と、新築のお家の収納率を把握しておくと良いでしょう。

新築の玄関にはどんな収納のアイディアがある?

それではここから、新築する際におすすめの収納のアイディアをご紹介していきます。

まずは、玄関の収納のアイディアについてお話ししていきましょう。

玄関は、意外と収納したいものがたくさんあります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

・靴(1人あたり20足)
・ゴルフバッグなどのスポーツ用品
・かさ
・外遊び用の子どものおもちゃ
・車のタイヤ
・自転車
・園芸用品

これらを玄関に収納するには、ただ収納家具を配置するのではなく、新築時、玄関に土間収納を設けるのも良いでしょう。

土間収納とは、玄関から土間続きになっている収納スペースのことをいいます。

1畳ほどでも土間収納を造ると、かさや車のタイヤなどを収納するのに便利です。

また、思い切って2畳の土間収納を造ると、自転車やベビーカーなども収納することができるため、利便性がより高まります。

利便性のある土間収納を新築のお家に設けるならば、下記のポイントも取り入れてみてはいかがでしょう。

●高めの位置にポールを設置する

レインコートや冬のアウターをかけるのに役立ちます。

●奥行の浅い棚を多めに設置する

靴をおく棚の奥行は、30~40cmあると良いとされています。

靴の収納に困らないよう、多めに棚を設置しておきましょう。

●湿気や臭い対策を施す

かさや長靴を使用した場合、水がついたまま玄関に収納することになるでしょう。

そうすると湿気がこもりやすくなってしまいますから、壁を珪藻土にするなどの湿気対策を施すことをおすすめします。

また、臭いがこもらないために、小さい窓を設置しておくと良いでしょう。

ぜひ新築の玄関に、土間収納を取り入れてみてください。

リビングにはどんな収納がおすすめ?

つぎは、リビングの収納アイディアをご紹介していきます。

リビングは家族が集まるお部屋ですから、物が集まりやすい場所ともいわれています。

しかし、多くの住宅ではリビングに収納スペースを設けていないので、片付ける場所がなく、さまざまな物が散らばったままの状態になることもあるでしょう。

リビングに集まる物には、お子さまの学校行事のプリントであったり、爪切りなどの小物であったりと、大きさも種類もさまざまです。

そのため、これらを1箇所にまとめて収納できるよう、新築のリビングには、リビングクローゼットを設けておくと便利です。

そして、家族全員の使い勝手が良いリビングクローゼットにするには、

●服をかけても平気な、50~60cm程度の奥行にする

●爪切りなどの小物が収納できる、引き出しや棚を設置する

●扉は引き戸にする

などを、取り入れてみることをおすすめします。

また、どこにしまったかを忘れないように、収納する物の定位置を、リビングクローゼット内に決めておくと良いでしょう。

新築時でないと、リビングクローゼットを設けることはできませんから、ぜひ新築予定の方は、リビングにも収納スペースを造ってみてはいかがでしょうか。

キッチンの収納のアイディアもご紹介!

キッチンの収納アイディアについてもみていきましょう。

キッチンにも収納したいものは多いですよね。

電子レンジなどの家電をはじめ、調理器具、食器、米・調味料など多く挙げられます。

キッチンは物も多いうえに、入れ替えすることも多いですから、取り出しのしやすい収納スペースを設けることが大切です。

そのため、ここでご紹介する新築する際の収納アイディアは、パントリーです。

多くの住宅でもパントリーを設けていますが、やはりパントリーがあると便利です。

そして、取り出しのしやすい工夫を施すことで、より利便性の高いパントリーになるでしょう。

パントリーのポイントは、下記のとおりです。

●棚の奥行は30~40cmにすること

奥行がありすぎると、奥底に賞味期限切れの食品があふれてしまう恐れがあります。

●棚は可動式にすること

収納したいものに合わせて、棚の高さを変えられると省スペースでも効率的に収納することができますよ。

●家事動線上に配置すること

家事動線上から外れてしまうと、作業効率が悪くなってしまいます。

上記のポイントをおさえて、使い勝手の良いパントリーを新築のキッチンに設けてみましょう。

階段もアイディア次第で収納スペースに変身!

ここまで、玄関・リビング・キッチン、それぞれにおすすめの収納についてご紹介してきました。

これらは荷物が集まりやすい部屋ともいえますから、新築時に収納スペースを設けることで、住んでから後悔しないようにしたいものです。

そして、ここで最後にご紹介するのは、階段にも収納スペースを施すことです。

階段もアイディア次第で、収納スペースとすることができるのです。

例えば、階段の段ごとに引き出しを設けるのです。

新築すると来客も多いでしょうから、来客用のスリッパをこの引き出しの中に収納しておくと便利です。

また、階段下はデッドスペースになりやすいのですが、そのデッドスペースを収納スペースとして活かすことも可能です。

実際に階段下に収納スペースを設けた方の中には、納戸のようにしたり、本棚スペースのようにしたりしていて、アイディア満載です。

新築する家の玄関やキッチンなどに収納スペースを造れる余裕がない方も、階段部分も収納スペースとして活用できますので、設計士さんと相談しながら階段下収納を検討してみてはいかがでしょうか。

収納に後悔しない新築住宅にしよう!

家を新築した方の中には、収納で後悔したという方が多くいます。

これから新築する方が後悔しないよう、この記事では新築の家におすすめの収納アイディアをご紹介してきました。

ここでご紹介した土間収納やリビングクローゼットなどを取り入れ、収納に後悔しない新築住宅にしてくださいね。